未来予想図 〜アイシテルのサイン〜の作品情報・感想・評価

「未来予想図 〜アイシテルのサイン〜」に投稿された感想・評価

yoyo

yoyoの感想・評価

3.8
家族の大切さを感じる映画でした!
何かを頑張るって素晴らしいことだと思いました
泰造さんの演技がとてもお上手で、涙を誘われました…!
完全にミスキャストだと感じた。松下奈緒氏は良かったけど。話の核に触れる原田泰造氏が偏屈で頑固、無口だけと温かい花火師を演じていて好感度大。花火師繋がりで天国の本屋〜恋火を思い出しました。花火師ってロマンがあるよなー。
yezo

yezoの感想・評価

-
王道ラブストーリーで普通によかったです。ガウディはじめスペインのあれこれが織り込まれてて素敵で、ドリカムも泣かせにきてた。
ardant

ardantの感想・評価

3.7
松坂慶子つながりで、発見した映画だ。
べたべたの恋愛映画だと思っていたが、それはそれなりに、結構いいのだ。

松下奈緒演じる雑誌記者が、松坂慶子演じる母との会話、取材先の花火職人一家とのふれあいをとおして、スペインにいる元彼との関係を取り戻していく物語。

福岡で小料理屋を営んでいる母が電話をかけてくる。松下奈緒は言う。「公衆電話からかけてくるのやめて。誰からかと思うやないの。なんか用事あると」。母は、「ううん、元気かねぇーと思ったけん」と応える。実は他に大事な話があった。それほど携帯が普及していなかったあの頃、母には自宅の電話ではなく、公衆電話からでしか、かけらない事情があったのだ。

松下奈緒の取材拒否を続ける、’その花火を一緒に見ると恋が叶う’という花火を作る原田泰造演じる花火職人一家の妻、西田尚美が言う。「取材してもらえばいいのに。家族ほったらかしたまま、花火作ってる花火師だって」。

カップルの二人は、抱き合うだけで、キスシーンさえない。松下奈緒だから、限界はみえているから、そうしたのだろうが、その潔さが返って心地よい。

ラスト、横浜ベイクォーターでの花火シーンは非常に美しい。

どうせなら、悲恋で終わらせれば、もっと良かったのに。

エンドロールを観て、脚本が狗飼恭子であることに気が付いた。彼女の短編小説『冷蔵庫を壊す』は大好きだ。
すず

すずの感想・評価

3.4
日本語が聞きたいっ!
洋画ばっかり観てると、日本語が恋しくなる!笑

邦画ラブストーリーってあんまり観た事になかったんだけど、結構いいじゃん\(◡̈)/←何様?笑
何しろ私の大好きな竹財輝之助様が出てるの♡♡♡
Moon Cryingとかこの夜を止めてよのPVめっちゃ観た!
怨み屋本舗もめっちゃ観た!
とにかくものすんごく男前(*´ `*)

ストーリーは良くある感じなんだけど、主人公が美男美女だし、周りの人達のキャラもいいから飽きない!
付き合いたてのドキドキとか、恋人と夢との間で揺れ動く気持ちとか、懐かしくて何とも言えない気持ちになる(´•ω•`)
スペインまで行ったのに、勘違いのすれ違いが切ない…
とは言えちゃんとハッピーエンドで良かった\(◡̈)/
あんな男前が長い間ずっと自分を想ってくれてたなんて、この上ない幸せだよね♡

原田泰造が良かった!
気難しい職人さんなんだけど、ふと見せるパパの顔が優しくて好き♡
ゆうじ

ゆうじの感想・評価

3.4
男性と女性が釣り合ってない印象💧
松下奈緒がいい女過ぎるのかな?😅
KAORUKO

KAORUKOの感想・評価

3.4
私も頑張って自分しっかりさせればいいやって思ったよ。その時はくるときにくる。
チヒロ

チヒロの感想・評価

3.7
夢と人生。最後に交差するところが途中の伏線(ほどでもないさりげない一言)を回収した感じ、すごく好き。個人的にガウディとか、製図室とか建築関係出てくる感じも好きでした、ラブストーリー的なものは作業BGMで流し見ることが多いけど今度ちゃんともう一回見ようかな。たまにもう一回見たくなる映画になりそう
もんち

もんちの感想・評価

3.5
来月スペインに行くので、良い予習になりました(笑)

松下奈緒嫌いだったけど、そんなに悪くないかも…?

そしてなにより松坂慶子が良い!
こんなお母さんほしい。

西田尚美はいつも通りの役柄。
JAmmyWAng

JAmmyWAngの感想・評価

2.5
主演俳優の何分経ってもこうして変わらぬ貧困な表情を、眺めていたのね日曜だから。一方で、水面に反射するネオンのショットによって、バルセロナと福岡を躊躇なく繋げるマッチカットには目が5回点滅しました。

ただそんな事よりも、勘違いを当事者間できちんと払拭しないままにクライマックスを迎えるものだから、彼女が何を言おうとそれは彼女にとって不倫だし、もっと厳密に言えば自覚的な重婚の決断でもあって、打ち上がりまくる花火はク・リ・ミ・ナ・ルのサインやないですか。

しかしながら、様々なリアリティを捨象する事で、物語は「ほら思った通りに叶えられてく」のであって、それが最終的にはドリカムの歌に結実するというイビツさは、嬉しくも楽しくも大好きでもないけれども正直嫌いじゃないと思いました。
>|