ザ・サークルのネタバレレビュー・内容・結末

ザ・サークル2017年製作の映画)

The Circle

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てア…

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になるのだが―。

「ザ・サークル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

序盤は面白そうな雰囲気出してた。
(唯一の褒めポイント)
主人公が「シェア!秘密は嘘と同じ!透明化!」とか言い出したけど始めから終わりまでずーっと説得力がない。あんだけ家族に気まずい思いをさせておいて、幼馴染みまで亡くなって、なのにスンゲェ清々しい顔ENDだったから笑う

このテーマ自体今更やるには古くて、「会社が情報を悪用..云々」とか「社長が実は..云々」な持っていき方しかない。もうテーマに面白さがないのね。あと5年ぐらい早く公開されてたら良かったかもしれない。

だんだんやつれていっちゃうカレン・ギランぐらいです見所。
レビューの中身消してしまった。。。

ただ、レビューするために映画見てるわけではなく、
あくまでも
見た映画をレビューしてそこから
ディスカッション、
新しい発見、
時間をおいても思い出せるのが目的笑

想像とは違った。
気持ち悪さを感じながらも、
自分が会社側の人間になる。
スパイかと思いきやどっぷりで
気づいた頃には遅いし、
その後の「仕返しだ~」って
パートがない。

結局幼馴染みを圧迫→殺人。
監視社会に飲み込まれる。

どんでん返しを期待したし、
もっと気持ち悪くても良かった。
ありえそうな未来。だけど、昭和の人間には共感しにくい。便利だなーって思うところいっぱいあるけど、なぜ実現できるのか?できたのか?創設者がこんなに近くにいて技術あるのに隠れて過ごせてるの?はてないっぱい。
最後はやめるんじゃなくて続けることを選択したのは「えー!?」って思いながらもなんか納得。ただ、最終的な答え見えずに終わったのは腑に落ちません。
全世界の全ての人が全てのことを共有したら、
罪はなくなり、友達と離れることもなく、
平和な世の中になるじゃないか!という
完全主義な考え方の経営者であるベイリー(トムハンクス)に
常にカメラをつけて、生活を透明化することを
半強制的にやらされるメイ(エマワトソン)。
初めは楽しんでいたが、ひどいコメントなどにも心を痛め、
サークル社の新システムで親友を死なせてしまう。
田舎に戻り休憩を取り、サークル社のシステムを
善くするために。と、職場に復帰する。

新システムのスピーチを任されたメイは、
唯一プライバシーを持つベイリー達に
透明化の提案をして映画が終わる。

現代のネット社会で危惧されていることを
現実的に描いた作品。
スノーデンの話を会社がビジネスとして
やっているという感じだった。

キャストはよく、見映えはよいが、
最終的にメイは何を考えているのか、
サークル社のシステムはどうなったのか、
開発者のTyとはどういうやりとりになったのか、
アニーはどうなったのか
など、伏線を回収しきれていなさすぎると感じた。
美女と野獣みて、エマワトソン可愛かったからノリでみた映画だけど、
主人公大丈夫か?って感じだった。
親友鬱になって、友達死ぬまで現状自分が周りをどれだけ不幸にさせているのか気づけないとはさすがに理解できない。
いいねのために人が壊れていくという題材はよかったけど、ぶっ壊れていく方向が斜め上だった気がするが。
冷静にもう少し早めにやばいことに気づいて欲しかった。あとリアリティも欲しかったな。
あっ、これでおわり??これでおわりなの????って気持ちになった🙄

あっさりしてたなあもっと話深く掘り下げるのかと思った

プライバシーがないために追いかけられて自滅して死ぬのって、(この映画内では、車で橋でスピード出しすぎて落ちて死んでった)現実味ないかもしれないけど、今読んでる本で、パパラッチに車で追いかけられてる女優が事故って死ぬシーンがあって、あ、芸能人ってプライバシーないこの映画に似てるな、ぜんぜん現実味あるなって感じた、文にするとむずかしいね🤔☺️

え、ていうか、『いいねのために生きている』ってテーマだけど、そんな描写ぜんぜんなかった気がする
SNSの”シェア”が行き過ぎるとどうなっていくのか…?を描いた作品。テーマとしてはとても面白いとおもった。
が、最後のエマワトソンがどうするのかが不明確なのが引っ掛かった点と、
サークルの幹部が逮捕されてからのストーリーが雑だったことなどわかりにくいところが多々。
結末のストーリーは消化しきれてないから置いておいて、あんな単純に世界が同一化したいと思うだろうか?
私には最初からサークラーの言っていることもやっていることも恐ろしくて気持ち悪いとおもったし、潜在的にそう思う人は少なくないと思う。
今の時点でSNSに縛られているのが嫌って人はいるし、人の幸福度を下げているって唱えている人もいる、ので頭がいい人たちがあそこまでシェア!シェア!シェア!とはならないかなと。
何だかんだシェアはいいことと思いつつ秘密を持っていたいのが人間だから。
というかあんなにみんなに教えたいってなるものとならないものがあって、"みんなは知らない、だからトクベツ"、ってことに人が少なからず価値を置いているからあのままあの社会が実現することはないかなと。

でもああいう世界は少なからずもはや現実になっている節もあって、なんであの影響力や支持が正しい!ていう社会が現実にもあるかというと、お金になるから。
情報とお金が入ってくることによって都合が良くなる人がいて、かつ社会に対して持つ影響力が大きいから。
たぶん知らないうちに情報も取られてるんだろうなと思う。

シェアとプライバシーをうまく使いわけて、リアルじゃないと生み出せないものに気付こうねっていうことを伝えたかった映画(ではないかもしれない笑)と勝手におもってる笑

たぶんSNSに対して問題提起を与えくれる映画だから、自分への戒め的な感じでDVDそばに置いておこうかなって気持ちになった。笑

ちなみにこの映画の広告はかなり不作笑
映画が伝えたいことと違いすぎでしょ、だから日本語訳とかすると話が変わっちゃうと言われてしまうんだと思う笑
とりあえずキャストは良かったです。映画の中で出てくるプレゼンの仕方がかっこよかった。でも全然内容が分からなかったのです。がっかり。これは皆さんもそうなのか、私だけなのだろうか。。。笑
本当の友達をあんな風に殺しておいて、世界中に友達がいるものって言ってるメイがすごく怖い。
>|