ザ・サークルのネタバレレビュー・内容・結末

ザ・サークル2017年製作の映画)

The Circle

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:110分

3.1

あらすじ

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てア…

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になるのだが―。

「ザ・サークル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

評判通り、そこまでおもしろい映画ではないけど、SNSを題材にした、現代にぴったりのテーマだった。当たり前になったSNSの弊害について考えさせられる。

エマワトソン×トムハンクス

この組み合わせに興味を持った。実際はエマワトソンが主人公。トムハンクスはスティーブ・ジョブズのようなカリスマ的存在な役柄も卒なく演じていたが、全体的にあまり目立っていない。ボイエガがいいポジションで出ていた。

エマワトソンが好きだからポイント増しだけど、結末が微妙。納得の終わり方だけど盛り上がりに欠ける。エンディング画面が、アプリゲームのdotsをパクってるようにしか見えない(笑)

Facebookが20億人に対し、サークルは30億人。Facebookがなくなると関係が断たれてしまう人も多いから絶対になくなってほしくはないけど、サークルみたいに依存してSNS中心の世の中になってしまうくらいなら別にいらない。SNSに依存してしまう人にいいイメージが持てない。メイがあの後もサークルで働く様子が気になる。
つまらない…。
SNSや、インターネット、テクノロジーの発達が行き過ぎたり、使用する人間が暴走したりっていう話は今までもたくさんあって、それを超えられてない。

主人公の心情が全然分からなくて共感もできない
抵抗を感じてる風だったのに、あっさり心酔してるし(意味が分からなくて、何か裏があるのかと思った)、友達が亡くなった後の反応も理解できない

24時間モニタリングさせるっていうのも現実離れしすぎだし、友達が辞めたのは、テーマと関係なくただの過労とストレスっぽいし、ラストも単に中途半端なだけな印象

いいところは、全体的に漂うオシャレ感(好きではないけど)と、エマワトソンがかわいい。
Google叩き映画

上映時間の割にはあんまり、、、って感じでした。
管理社会、現代のSNS文化に一石を、という映画。

なんか前半と後半で実はテーマがぶれてたような。
前半は会社の人全般を不穏に描いてるのに、最後に会社のお偉方をノックアウト!では清算しきれへんと思うよなぁ〜

集団の暴徒化ないし集団の暴走に対しては最後まで肯定的
スマホの光で照らすシーンが象徴的
それでいいんか?と思ってしまう

安易にお偉方を悪役として討伐すべきではなかったと思う
それで話を薄っぺらく見せてしまった
エマワトソン主演、トムハンクスが共演。非常に豪華で魅力的。

現代に生きているかぎり、SNSは生活にかかせない。切っても切れないそんな存在。扱い方を間違えれば、自分が支配・洗脳されてしまうようなそんな時代だからこそこの作品が生まれたのだろう。

お気に入りのシーンは、ちらっと映る「サークル」のゆらゆらと揺れる旗が、白地に大きな赤いCの文字が施されたあのデザインであったこと。もうパッと見は日本の国旗そのもの。非常にドキドキさせられた。

現代の日本も含め、SNSに縛られている世界に向けてのメッセージ性の強い作品だ。みんなそれぞれが人との関わり、途切れないつながりを求めているのだけど、度が過ぎると痛い目にあうよ。みたいなメッセージ。

メイのご両親はしばらく心に深い傷を負ったと思う。しばらくどころじゃなく一生かもしれない。自分たちのプライベートが配信されてしまったこと、娘のメイがあんなふうになってしまったこと、考えるだけで心が痛んだ。
そしてなにより鹿のシャンデリアがきっかけでどんどん追い込まれてしまったマーサー。非常に悲しい結末だった。

「『いいね!』のために、生きている。」ぴったりのキャッチコピーで賞賛したい。

知らなくてもいい情報が目からどんどん入ってくる現代は、一人で物思いにふけったりじっくり考える時間が昔に比べて圧倒的に少なくなってしまった。吸収する情報は日々選んで生きていこうと感じた。
SNSに依存しすぎず上手に活用すること、自分のプライバシーを大切にすること、そんなあたりまえだけど大切なことを改めてこの作品から学んだ。
【ストーリー】
サークルというSNS会社へ友人の紹介で就職することになった主人公のメイ。
サークルはオープン性が大事という考えで、コミュニティにどんどん参加し、社交的になるような人材を育成している。
そんな考え方がどんどん悪い方向に進んでいき、メイは実験対象として、メイのプライベートを全世界の人がいつでも見ることができ、繋がることができるようなシステムを開発。
ほとんど目に付かない小型カメラを街中に設置し、メイはプライベートを全世界の人に発信した。
サークルは人々の個人情報を沢山集めて、その情報を利用し、利益を得ようと企んでいた。
メイはこのシステムを活用することで、全世界の人と繋がり、その人達の力で誰でも探したい人を見つけることができるということを試す為に、公開実験を行った。1人目は3人の我が子を餓死させ、逃亡中の犯人。それをサークルのソウルサーチシステムを活用して、全世界の目撃情報を元にサーチ。10分程で犯人を見つけた。次にターゲットになったのはメイの幼なじみであるマーサーであった。サ彼もすぐにサークルユーザーに見つかり、車で逃亡。しかし、逃亡中、目を逸らしてしまったことで、事故に遭い死亡してしまう。
1人悲しみにくれるメイ。メイはサークルの創始者の一人にアドバイスをもらい、あることを実行するした。それは公開演説の日にらはははサークルのトップ2人に登場してもらい、その2人にもメイと同じシステム、透明化を活用してもらい、全世界にメール、会話、全てのプライベートを発信するよう提示した。これにより、会議の内容、極秘資料等全て筒抜けとなり、サークルは改善を余儀なくされるのであった・・・

【感想】
最後の展開までは面白かったが、トップの2人がその後、どんな行動をとったのか気にしてなる。終わり方がちょっと消化不良といった感じ。
 巨大SNS企業に就職した主人公がプライバシー無視の世界の脅威的なものを描いてるっぽい話。

 憧れの一流企業に就職した主人公が隠し事は罪でプライバシーのすべてをさらけ出せば犯罪は消えるという考えの企業にしだいに浸食されていって、超小型カメラを使ってプライベートをさらけ出して人気者になっていくという。

 新興宗教のような過激な人たちの描かれ方で一流企業が何でこんな描写なのかが理解できずにみんなで経営者の言うことを大合唱する姿が浅くて乗れない映画でした。

 主人公は立派な社会人なのにこの会社や社会のSNSの描かれ方のおかしさに気づくまでが家族や友達の犠牲があって初めて気づくというのはあまりにも遅すぎだと思いました。クライマックスでの逆転も解決になっていないのがカタルシス不足でした。

 ほとんどが大衆の前でスピーチするシーンが多くて映像的にも退屈でした。監視社会や集団で個人攻撃する怖さみたいなのを描こうとしているけれど、中途半端さだけが残ってしまった映画でした。
エマワトソンかわいいし、トムハンクスの演技もいいけど。よくわからん感じで終わってしまった。
ふたりに透明化をさせるとこでおわったらちょうどよくなかった?ってかマーサー死んだんだからふつうサークルにもっと批判集まっていいのではと思った。

SNSは人との相性が良すぎるな。今あの人は何やってるのか、どこにいるのか、気になる、知ろうと思ったら分かるこの時代の気持ち悪さ。それに依存したらどれだけ危険かっていう極論がこの映画。気持ちわるーー!みんなSNS辞めた方がいいよ絶対

違和感のあるセリフや雰囲気


See changes からの
BECKは、シャレ??
サスペンスかと思いきや社会派ドラマっぽかった。
マーサー死に損。
クパチーノとか、メンローパークの社員とユーザーを ちょっと小バカににした 社会設定。タイは、社員を人を嘲笑うような人間、という。

で、しかも 犯罪行為をおかしている悪の組織らしい。どんな犯罪かは描かれていないが。
スペクターの資金の出所は気にならないが、サークルの資金は企業活動なのに そんなことに使って バレないのかと思った。

口から胃に入れる液体型センサー、
粘着性 小型球型カメラ、
自動編集機能、
は、いつか出来るのか?

Secrets are liesとか、
脳性麻痺の息子とか、
サークルのおかげで海難救助、
は わかるが、
Share賞賛は
キモい。

全ての情報は
保存され、分析されるというが、
なかなか活用まで行かないだろうな。
>|