ザ・サークルの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ザ・サークル2017年製作の映画)

The Circle

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てア…

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になるのだが―。

「ザ・サークル」に投稿された感想・評価

TOHOフリーパスがあったので何となしに観た作品。
評価も低く、エマ・ワトソン主演だし、軽めのサスペンスかな?と思っていたが、全然違う衝撃的な作品だった。

SF映画の名作には、未来を予想して現代に警鐘を鳴らす作品が多くある。

本作の行き過ぎたSNSやテクノロジーは、SFの域に片足を突っ込んでおり、
一方で、そう近くない未来にそれが現実となるのは確かという点では、個人的にこの『ザ・サークル』も名作だと思う。

また、本作が興味深いのは、"個"を重視するアメリカが、ザ・サークルを"神"、E. ワトソンを"宣教師"として、宗教的な団結を見せる点。

この辺は最早ホラーであるが、さらにタチが悪いのが、創始者のベイリーは会社のため、そして、主人公メイは世界のために良かれと思って行動してるだけで、悪人ではないということ。

つまり、他人だからということで、自分だったらどうだろうと考えず、簡単に"同調"や"シェア"する人が増えた結果の闇なのだ。

作品評価は恐ろし過ぎて1.0としたが、映画的には4.2点を献上したい。
Emily

Emilyの感想・評価

2.5
サークル社はグーグル社のことかな?
最後のオチが微妙だった。
Kayococo

Kayococoの感想・評価

2.8
Webで便利になっていく世の中だけど、やり過ぎなこともあるかもしれない。プライベートとパブリックは分けたい。万歳防止などに役立てるのはいいけれど、プライバシーの侵害にもなり得ることを気軽にできてしまうのは困りもの。。
そんなことを考えさせられる映画だった。

それにしてもエマワトソンの働く会社、サークルの環境が素晴らしすぎる!
そこで働きたいなぁ〜
メイは友人のアニーの仲介でIT企業、ザ・サークルに就職した。一流の施設と最新の技術に感動していた彼女だったが現代社会の闇が迫っていた…

『ハリーポッター』シリーズの
!!エマ・ワトソン!!
主演のSNSスリラー映画。
共演は安定のおっさんトムハンクス。
公開時気になっていたが、
お金は払いたくなかったので今鑑賞。


”いいね”のために生きている。


現代社会に生きる我々に警鐘を鳴らすSNSの脅威を描いた作品。
今更かよっていうのと
"もうそれはもうやりつくされたよ”
感は否めないが、実力派キャストと最新SNSのおかげでそれなりには楽しめた。
現にアプリでレビューを書いて”いいね”を皆様から頂いている自分も人のことを言えませんが、
SNSへの過信と”透明性”への異常なこだわりは危険だねぇと再認識。
最近Twitterなんかはすぐ炎上していて、もちろん裁かれるべくして裁かれている人もいるのだけれど、
その他大勢が過剰に叩かれているような気がしてならない。
ジョージオーウェルやフィリップKディックの描く未来がすぐそこに来ているのかもしれないですね

主演のエマワトソンは美しい。
もうなにしてても絵になります。ちょっと自信過剰になっちゃう役とかぴったりです。
劇中で彼女が自分の生活24時間を生中継し始める時は早くそのURLを送ってほしかったです。
CEOはトムハンクスおじさん。
もうスティーブジョブスのスピーチ見て研究しまくったでしょ!安定です。
あとはSWのジョンボイエガやらGotGのカレンギランちゃんが足長すぎたりしてます。
そして両親役のビルパクストンとグレンヘドリーさんは今作が遺作になってしまったのだとか。
同年に逝ってしまうというのは何か運命を感じるが、それが今作ってのは少し残念ですね…。

そういえば、劇中会社の施設と福利厚生が最高すぎて自分の会社辞めたくなりました。
嘘です。働かせてください。お金欲しいです。

SNS好き、SNS依存症の方、そしてエマワトソンンの24時間を覗き見したい変態にはオススメの作品。
TomoyaEndo

TomoyaEndoの感想・評価

3.3
日本の宣伝を見るとSNSが普及した世界の話かと思いきや、全然違うAGFA(恐らくモデルはGoogleだろうけど)のようなITサービス全般が今後普及したときに何が起きるか警鐘を鳴らす映画だった。話は極端で大袈裟だけども、この手の映画はそれくらいでいい気がした。人か機会かの差はあれどAIのシンギュラリティ系の話に近い。
結論、エマ・ワトソンが可愛い。以上。
Y

Yの感想・評価

3.3
恐怖ですよこれ、こんな見た目して。
最初から得体の知れない気持ち悪さは感じていたのがですがヒートアップする感じも生々しくて気持ちが悪い。オーストラリアに三週間だけ旅行に行った奴が留学行った感じで感化されるやつぐらい気持ちが悪い。絶対「オーストラリアでは〜、、」って言うやつ。
意識高い系って言葉好きじゃないんですけど、こーゆーことだな、と。
エマワトソンには逆にヒッピーみたいな暮らしして貰いたいですね。
映画自体はそこそこ面白かったです。
ぜひ。
クソつまらん。
アメリカで大コケしたのも納得。

エマワトソンが可愛いだけの映画で、
トムハンクスと2人の無駄使い。
Hoshitatsu

Hoshitatsuの感想・評価

2.9
テーマは良いと思った。真っ先に思い浮かんだのがパノプティコン。監視者という存在を意識することによって、結局自らの行動は抑圧されるから、実際には限りなく不自由なんだよな。
嘘、秘密、プライバシー、どれも人間らしく生活するためには必要な要素だと思う。
ゆーた

ゆーたの感想・評価

3.7
エマ・ワトソンとトム・ハンクスという二大スターが共演しているが、本国アメリカでは大コケしたそうだ…?
まあ、日本でも評価は低いが。。
期待値が低かったからかもしれないが、自分的には低評価ほど悪くはないと思った。
過剰な演出はあるが、それは近未来に起こり得そうな怖さを含んでるのがこの作品の良さだと思った。
風刺の効いた作品としては良かったと思う。

それにしても、ジョン・ボイエガは近年、大作(SW ep8、デトロイト、パシフィック・リム2)への出演が目立つなー!
Amelie

Amelieの感想・評価

3.2
全然面白くなかった。ただこれが広まってもっと世の中がSNS離れすればいいと思う。
>|