ザ・サークルの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ザ・サークル2017年製作の映画)

The Circle

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:110分

あらすじ

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てア…

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になるのだが―。

「ザ・サークル」に投稿された感想・評価

べに

べにの感想・評価

3.0
う~ん、全体的にはモヤモヤ感。
今の話?少し未来の話?それとも少し前に見る未来の話?

設定が弛いような気がして、ストーリーに共感出来ませんでした。

最先端企業にしては「企業ロゴマークがダサい」というのも、そんな感想しか出ないのも、よく分かりました(笑)。
たろ

たろの感想・評価

2.8
派手な予告編に、つい入ってしまいましたが、うーむって感じ。

こうやって、SNSに投稿している身としては、我が身を振り返る、映画でした。

これからは、気をつけよう。

ってか、主役はエマ・ワトソンさんなのね。あの美女と野獣のときのオーラが無くて、エンドロールまで気が付きませんでした。
久々に映画館で映画見たいと思い、ちょっと気になってたので見た。

おーー目の付け所、視点とか考えさせるってところは面白かった。
けど、最後の締めがちょっと雑かな。

自分だったら絶対やだなーーあんな監視生活。
1億円もらってもやらないかも。気持ちが落ち着かないよね。
つらーー
というか、人生が変わる覚悟をしないとできない。
けど芸能人とかっていつもこういう心境なのかな。

もともとそんなに自分のことを知らせたい願望ないからなーー、いや、あるけど見せたいとこだけ見せたい。

常に自分の為、見える世界の人の為に生きてたい。見知らぬ他人の為ではなく。
mk

mkの感想・評価

3.3

プライベートがない生活は絶対やだし
自分のことが世界に常に発信される
社会は徐々になりつつあるから
将来が怖いなと感じる映画

あまり今までこうゆう映画がなかった
から新鮮味があって面白かったし
エマ・ワトソンは安定に可愛かった!
daliayu

daliayuの感想・評価

2.0
24時間カメラをつけるなんてあり得なさ過ぎて白けてしまった。

2017.11.4 オンライン試写会
やりすぎ感は否めないけど、ほんとにこういう時代が来てもおかしくはないと思うとちょっと怖くなった。不評な理由もわかるけど終わり方も含めて悪くはなかったと思う。

でも“『いいね』ために生きている”とかいう日本語のサブタイトルをつけた人は反省してほしい(笑)
1998

1998の感想・評価

3.8
2017/11/13. avec Karin
全てを語るのは好きじゃないし、自分だけの秘密を持っていたいし、言語化すると一気に価値が下がったような気になる。だから、パブリックなものにするよりも断然わたしはプライベートなものがいい。わたしがいいねって感じたんだから、周りからのいいねなんて要らないし意味を成さない。
意味がわからなかった。

俺が馬鹿なのかな?
主人公が入社してから初めての仕事の内容がよくわかんなかったし、
トムハンクスのスピーチ、意外と分かりにくくない?

そして、主人公やこのサークルという会社の行動がわからない。
まず、プライバシーそんな公開して、
親にも公開させたら、事件が起きるのはわかるでしょ?
会社も会社でそんな悪い方向まで暴走したら会社の評価下がって潰れるぞ?
ってか、あの事故以降絶対株下がってると思うんだけど、
なんでみんなあんな普通に働いてるの?
トムハンクスまず記者会見しろ。
よくそんな先の見通しも立てられない人たちの会社があんなデカくなったよな…。

そして、日本のコピーも意味がわからない。
「『いいね』のために生きてる」
って、この映画なんも「いいね」機能でてこないんですけど?
まぁ、今の日本人を引っ掛けるための文句だとは思うけど、、、。

なんか伝えたいことも、
もはや予告見た時点でわかるし
(いや、じゃあ見に行くなよ)、
そのメッセージ結構普通に普通のこと言ってね?って思うのも意味がわからない。

エマワトソン使ってるのになんか勿体無い。
くろ

くろの感想・評価

-
すごいいい映画だった。最後以外は。。

まずこの時代、SNSが普及していて誰もが頑張ることで有名人になれると勘違いしている人が増えている。平気で自分の写真をあげプライバシーや人権を晒している。
シーチェンジをつけることでみんなのアイドルフォロワーは支援者のような存在かと思いきや実は監視者である。これは現代のTwitterとかInstagramがまさに同じ状況にある。
これを映画化し、気付かせようとしているこの映画は好きだ。

しかし最後の展開が、制作放棄したように感じている人が多い気がする。僕も実際そうだったが、実はあの展開は正解なのかもしれない。落とし所として物語的には残念だったけど。
なぜならこの映画は「SNSはよくないもの」ということを伝えてるんじゃなくて「SNSによって監視されている脅威」がテーマだったからだと思う。

色々考えさせられる映画だった...。と言いつつSNSしている自分がいて思うツボ...やね...。
ナガタ

ナガタの感想・評価

3.8
この前見たスノーデンの世界観をもっとディストピアに描いたような映画。
あまりにも過剰な演出なので、
随所、随所で凄い引っかかってしまうのだけど、

飽きないで見る事が出来たよ。
>|