ザ・サークルの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ザ・サークル2017年製作の映画)

The Circle

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:110分

3.1

あらすじ

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てア…

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になるのだが―。

「ザ・サークル」に投稿された感想・評価

Yoko

Yokoの感想・評価

3.3
最初はワクワクしたけど、最後ん。。かな!?

確かに知る権利はある!
でも世の中知らない幸せもあるもんです。
まじ全部知ったら気狂うと思う。。。

でもこれから未来ではありえそうやからリアル感はある。


パンドラ箱をあなたは開けたいですか??
キラキラした若者が可愛い.けど怖い.
snsにはまだ責任能力が足りない.どんなにプライベートでも.
ルリー

ルリーの感想・評価

3.5
恐ろしい映画だった

なんでもわかると 魅力半減てこともあるんですけどねー
恋愛期間ならともかく 家族や友達が 今 何してるのかって いつもいつも知りたいなんて思うのかな?知ってどうする?
clementine

clementineの感想・評価

3.4
2017年に上映されたとは思えないオールドな質感
この映画でラズベリー賞【最低女優賞】にエマ・ワトソンがノミネートされていたが、
劇中の役柄には、はまっている(垢ぬけない女子大生感)
ララン

ラランの感想・評価

4.0
*記録用*
あの人の頭の中の全てを知ることができたら、、同じ世界を全て共有できたら、、誰もが一度は願うことかもしれない。でもそれはあり得ないからこそ相手のことを想う価値がある。

隠せない世の中になれば世の中から犯罪がなくなるどころか、人の本性がさらけ出されればそれに対する犯罪は増えるのでは?

ソーシャルからはみ出た人を、無理矢理引き込むのは立派な犯罪では?どんな世界で生きるのかは個人の自由であり、どれだけ技術が発達しても、この先も侵害されることがない世界であってほしい。
Besburg

Besburgの感想・評価

3.1
現実に起こりそうで怖い
①巨大SNS企業に支配された世界
すべてを1つにまとめた便利なSNSサークルで、世界中の人にシェアをしている世界。すでに大多数の人々がシェアしないほうがおかしいと思っている。便利で楽しそうで少し不気味な世界なので、続編かスピンオフが見たいという気持ちがよくわかる。
②エマ・ワトソンの24時間シェア
これは条件が厳しすぎるでしょ
めちゃくちゃ面白いと思うけどね
社長たちはあんなに煽っておいて自分たちにその矛先が向かうことが予想できなかったのか
③結末
主人公に真実をバラされて結局サークルはどうなるのか。エンディングを見る感じ、やっぱりみんなにシェアするっていう流れは変わらずにある程度のプライバシーを守るようになるんだろうな
弓

弓の感想・評価

3.4
近未来への警鐘物語?
こういう社会になったら怖いという設定は面白いと思ったけれど、それに関わる人々の感情があまり描かれてなかったからリアルさを感じられなかった。
例えば、親友のアニーが主人公メイに対する嫉妬の感情とか、性生活を全世界に公開されてしまった両親の怒りとか、全世界の注目をあびたときの主人公の有頂天さとその後の疲労感とか。
せっかく名優トムハンクスが出てるのに彼の演技力を楽しむシーンも特になかったのが残念だった。
ただ、エマワトソンはとてもキレイで、彼女の顔を見てるだけで楽しめた。たった一人でそれもバストアップしか画面に写ってなくても、顔ちっさ!と思えるのはナゼ?
しずく

しずくの感想・評価

2.5
24時間自分を公開するとかあり得ない。絶対にイヤ。カメラを止めれるのはトイレだけ?お風呂もじゃないの?それに仕事中もなんて、SNSの会社なのに機密情報とか大丈夫なのかな?
プライバシーは大事。
ナオ

ナオの感想・評価

3.0
各々プライベートもプライバシーも必要だし、当然の権利。誰にも侵すことは出来ない。
こんな会社、こんな社会は絶対に嫌だ‼︎
...けど、全く有り得ない話でも無さそうなのでgkbrしながら鑑賞した((((;゚Д゚)))))))
「これはSNSの名を借りた宗教か。」

あるコトをきっかけに自ら24時間監視される生活を過ごすコトになった主人公がなんやかんやで巨大SNS組織を改革する話。

とにかく終始宗教的な気持ち悪さが付き纏う映画だった。まず主人公のメイからして何がしたいのか分からん。あらゆるSNS生活に対してやり過ぎなんじゃないのとか言っておきながら自ら24時間監視生活を志願したり、選挙の投票のためにサークルの加入を義務付ける発言したりと、コイツ頭沸いてるのかと思った。この主人公の行動には1ミリも感情移入ができない。

サークルという会社があんなトップ企業なのもおかしい。あんな小型カメラを大々的に発表する時点で頭沸いてるとしか思えん。絶対悪用されるに決まってるだろうに、そういうとこはまず描かないんだよなこの映画。

中盤から出てくるソウルサーチなるシステムのくだりもため息の連続。あんま言うとネタバレになるけど、整形してたらどうやって見つけるんだよ。こういうシステムを是としてワーキャーするモブの皆様達も宗教じみてて付いていけん。

褒めるところは役者陣のみで、話はホント酷かったわ。酷かっただけならまだ良いけど不快な要素もあるし、見ていてキツかった。

—————ここからネタバレ—————





















ソウルサーチで犯罪者を見つけるくだり、犯罪者が逆上したらどうするつもりなのか。その時点で破綻している。マーサーが死んだのも、元はと言えばメイのせいでもあるからなコレ。てかこんなコトがあったのに普通に通常営業してる会社がまず有り得ないだろ。

ラストがまたヒドい。結局SNS監視に逆戻りしてて何1つ解決してないように見えるんだが。友人も死んで、親友も田舎に帰ったりしてるのに、それでもサークルというSNSは悪くないと言い張る主人公はもう狂気の域だろコレ。
>|