不良探偵ジャック・アイリッシュ 3度目の絶体絶命の作品情報・感想・評価

「不良探偵ジャック・アイリッシュ 3度目の絶体絶命」に投稿された感想・評価

yum

yumの感想・評価

3.1
タイトルからシリーズなのかな?と思って観たけど、これだけでも面白かった。
ガイピアースも相変わらず独特の存在感で良かった。オージーの映画にやっぱ馴染むなぁ。
懐かしいメルボルンの景色。外国の街ならなんでもフォトジェニックかというと、不思議とそうでもないなと。横浜も良くドラマの舞台になるけど、横浜の方が画になるな。
いちこ

いちこの感想・評価

3.3
シリーズ3作目。
お馴染みのメンバー、お馴染みの展開。だかそれがいい。

トータルだと一作目が一番緊張感があった。
hidesan

hidesanの感想・評価

2.9
しまった!!これがシリーズ3作目だったのか!1作目から観るべきでした。ストーリーはそこそこ良かった。邦題がとても残念です。弱点、女に弱いのも…。
ToruSuzuki

ToruSuzukiの感想・評価

3.8
シリーズ物は全て観たくなる。3作目で安定感が出てます。結構面白かった。
そして 3作目。

こなれてきたせいか

ストーリー展開にアップダウンが少ない。

リンダはまた前に出てきてセクシー。

ジャックとの関係にも進展があり、それもまたよし。

スリルとサスペンスよりも

人間ドラマを中心に描かれている

不良でもなんでもない

そんな作品でした。
3io

3ioの感想・評価

3.0
When a high profile judge commissions Jack Irish to locate a mysterious red book, Jack is thrown into a world of sexy club owners, drug dealers and unhinged killers.

Through all three movies of Hack Irish, I figured out I don't like them very much.
Although I liked the old men sitting and drinking at the bar every time and I think that pretty much explains Aussie life.
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ガイ・ピアース主演、元弁護士の私立探偵の活躍を描いたサスペンスアクション第3弾。元弁護士の私立探偵、ジャック・アイリッシュ。ある日、元弁護士仲間からロビー・コルバーンという男の調査依頼を受けたジャック。しかしロビーは既に死んでいて…。

内容(「Oricon」データベースより)
やり手刑事事件専門の元弁護士ジャック・アイリッシュ。探偵業をしながら、家具職人見習いとして日々を過ごしていたある日、元弁護士仲間のダミアンからロビー・コルバーンという男の調査依頼を受ける。しかしロビーはすでに死んでいて、依頼主は義父のローダー判事からの依頼だったことが分かる。ローダー判事はロビーが所持していた“赤い本”を探し出して欲しいという依頼をするが、その本には巨大な警察の闇が関わっていた
寅さん

寅さんの感想・評価

4.0
珍しくアクション要素が強い!
シリーズ3作目
今度は元弁護士仲間のダミアンからロビー・コルバーンの調査を依頼されたが、この男はすでに死んでいて依頼主は義父のローダー判事だったことがわかった。
ローダーはロビーが持っていた赤い本を探してくれとジャックに依頼するが、この本は判事と麻薬組織と警察の闇が関わっていた。

競馬パートが熱い。ハリーもキャムも、この3人が好きにならずにいられない。
パブパートのおじいちゃんたちも面白いけど。このシリーズの良いところは本筋とは関係ないところのキャラが良いことで愛すべき者が多くて最高!
このシリーズ続いて欲しいです!
しかし、中年女性とのセックスが減っていくのは実年齢も老けて行くからなのかな?そこが残念なところです!


スチュードベーカー
s

sの感想・評価

3.0
動画【字幕】
・3作目にしてようやく亡くなった妻やその家族が絡んで来る!
・ストーリーとしては3が一番シンプルで分かりやすいけどなんかモヤモヤするしお爺ちゃん達の出番少ないから2が一番良かったと思う
コロン

コロンの感想・評価

3.9
ジャック アイリッシュ3作目。テレビドラマのように続けて見ているので、登場人物の人間関係や微妙なニュアンスもよく分かり、とても楽しめた。ガイが自然体で演じる、飄々としているが、心優しく、信義に厚いジャックのキャラクターが絶妙。いざという時に頼りになるキャムも大好き。ストーリー・アクションともに本作が最高。
>|