STOP THE BITCH CAMPAIGN 援助交際撲滅運動の作品情報・感想・評価

「STOP THE BITCH CAMPAIGN 援助交際撲滅運動」に投稿された感想・評価

はけ

はけの感想・評価

1.4
ちんちんは怖い目にあうとしぼむんですがね。
元は漫画なんですね。
漫画から映画化されるって結構な人気作なんでしょうか。
世の中って奥が深い。
あの化粧と最後のわんこはなんなんですかね。

全体的にだからどうしたって感じでした。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

1.8
エンボク的には本当にこれで良いのか・・・?
エンケンさん勿体無い、もっともっとエンケンさん欲しかった。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

3.8
妹・めぐみの自殺の謎を追うライターのあずさ(Rio)は、”エンボクのクニ”(遠藤憲一)というもはや都市伝説となった存在を知る。”援助交際撲滅運動”と称して、女子高生を犯し、身体の一部に「メスブタ」という焼印を押すという鬼畜の噂が女子高生の間でまことしやかに囁かれているという。あずさは、めぐみの死体の太ももに「メスブタ」の焼印があったのを思い出す。めぐみは、クニという変質者の犠牲になったのか?あずさは、めぐみの同級生・アヤの協力を得て、クニを探し始める。しかし、それは想像もできない地獄の始まりだった・・・。
「援助交際撲滅運動」シリーズ第3作。
妹をクニに弄ばれ自殺され復讐を誓った女性記者のRioが、妹の友人と手を組みクニに復讐するリベンジムービーという感じ。前作の振り切った暴走変態ノリが好きな人には、シリアスなリベンジムービーノリは物足りないけど、遠藤憲一の片思いしている女の子のトラウマを抱えているサイコ野郎ぶりはイカレていたし、クライマックスで登場する本物のクニの一見普通のサラリーマン風な男なのに振り切ったイカレぶりが怖いリベンジムービー。
NAO

NAOの感想・評価

2.8
2018.02.28 on dvd
-----------------------------------
遠藤憲一 あんたなんで受けた。。
-----------------------------------
たまの箸休め。
柚木ティナ(Rio)目当てで鑑賞、安定のかわいさ。一応物語も演技も、『アイアンガール』(比較対象...)に比べればいい方かな。しかし、主要キャラじゃないのに、遠藤憲一の出演が???どうせなら、もっとぶっ飛んで欲しかった。
復讐に燃えるRio VS 狂気のドSエンケン

エンボク(援助交際撲滅運動)のクニなる変態に妹を自殺に追い込まれたRioは復讐すべく妹の友人達とともにエンボクのクニを追う

ほい、相変わらずド変態のエンケンです
援交女子高生達を痛めつけるだけならただのドSのおじさんだが
妙な化粧したり…
マネキンと延々恋バナしたり…
相変わらずのピッチピチのドキチガイですわ

そんなエンケンですが割とあっさりRioちゃんにとっ捕まりましてね
○○に○○を○○つけられたり
○○○を○○○○すハメになったり
○○に○○○○って○○いれられたり
なかなかのヤられてっぷりで見所たっぷりだったんですがね…

あれ、そういえばRioちゃんの色っぽいシーンが全くないぞ?…と思ってたら
エンケン吹っ飛んで退場した後に繰り広げられる鬼畜モノAVみたいなへっぽこ濡れ場でRioちゃんのおっぱいとご対面
しかしキレキレ変態エンケン見たあとにAV男優?の安い鬼畜演技見てられるか!

しかしポンコツな大どんでん返しとエンドロールの後に復活のエンケンが!
しかもかわゆいワンコロまで連れてる!
なんとも素敵なオマケでしたね

そして特典のRioのインタビューが可愛すぎましてね
美女のメガネは正義!
「原作が山本英夫で、Rio が出てる。おお、見なければ」というノリで観賞。
それぞれの思惑があり、2つがブツかって終わったのかと思いきや、本当の思惑が出現する。伏線もちゃんと回収されるし、男性は見ながらちょっと内股になるかもしれない。
ただこの作品は、遠藤憲一の奇怪なキャラと演技に尽きる。