富江・最終章 禁断の果実の作品情報・感想・評価・動画配信

富江・最終章 禁断の果実2002年製作の映画)

上映日:2002年06月29日

製作国:

上映時間:91分

3.0

「富江・最終章 禁断の果実」に投稿された感想・評価

ホラーとして観ちゃうとつまらないと思うんですが
ファンタジーとして観ると
宮崎あおいの超天才演技が相まって
摩訶不思議ワールド映画に仕上がっていると思う。
宮崎あおいが主演て知らない人も多いんじゃないでしょうか?
初ホラーなのに。
安藤希が好きなのでDVD買っちゃいましたw
サトー

サトーの感想・評価

3.3
富江「へえ、あんたもトミエって言うんだ。」

安藤希の富江も美人なんだけど、宮崎あおいの登美恵が暴力的に可愛すぎるぜ…。
静かにイカれてる國村隼の演技は本当に凄い。
Takumi

Takumiの感想・評価

3.0
Huluにあったから観てみた②
どうしましょ…宮崎あおいさんがめちゃくちゃ可愛い😻❤️ 今回の富江は人間の恐さが際立っていたような気がする…?
まぁな、キャスト観たら想像がつくだろうけども、安藤希演じる富江ちゃんよりも、イカれた國村隼が暴れ回る映画

富江ちゃんとトミエちゃんが仲良しなるんやが、富江ちゃんはトミエちゃんのお父さんの初恋の人で、三角関係がめちゃ拗れんよ!って話

國村隼のキチガイパワーと、宮崎あおいのロリパワーに押されて、本作の富江ちゃんは存在感が薄いなぁ…思っていたんやが、中盤でバラバラにされた富江ちゃんの生首から芋虫みたいな体が生えてきたんに、ひゃー!ようやく富江ちゃんらしさが溢れてきてマシンボーイは歓喜したぞ!
ただマシンボーイ的には安藤希はそないに好みやないから、まぢ老若男女問わず一目で恋しちゃう富江ちゃんは実際どんなご尊顔をしているんや?つって疑問が

だってマシンボーイ的には歴代の富江ちゃん女優なら仲村みうと宝生舞がめちゃ好きなんやが、色んなレビュー読んでいると菅野美穂派や酒井美紀派もいるしやな
もしマシンボーイならもちろん葵ちゃんの顔面やったら一目惚れ必至なんやが、みんなそれぞれに好みがあるかんな、誰もが好きにならずにいられない外面とかまぢ無いと思うんよ

となると、あれかな?体から強力なフェロモンでも噴出して惚れさせてんのかな?媚薬で惚れるってより操っているとか?
でもそれやとロマンの欠片も無いんよなぁ!もはや蜂をフェロモンで誘惑して操るツチハンミョウの幼虫みたいよなぁ!
確かに身体が生えたての富江ちゃんはめちゃ幼虫感あったが、やっぱり富江ちゃんは誰からも愛されて誰からも憎まれる人間の感情を弄ぶ圧倒的ヒロインでないと!

本作の富江ちゃんはトミエとトミエのお父さんの人生のターニングポイントを彩る程度の存在感で、ヒロイン感があまりなかったから、正直あまり好きではないんよ、まぁ安藤希が好みでない言うんもあるけどな
でもシュールなギャグホラーやと思えば決してつまらなくはなかったからな、豪華なキャストのファンと、芋虫富江ちゃんが見たい幼虫フェチな君と、ドンタコス好っきゃねん!な君は是非観たら良い!
マシンボーイ的にはいじめっ子を撲殺する國村隼にキュンしたから0.1加点有りだぁ!
普通に考えたら気持ち悪いシーンでも何故かちょっと笑ってしまう作品。

生首に触手が生えた状態の富江を赤ちゃんのように世話し「可愛い♡」などと口走ったり、
親子揃って笑顔でポテチ食べながら氷漬けの富江を眺めるなどコントじみたやりとりを見せてくるこのシュールな感じもまた富江ならではの持ち味。

だからこの映画は個人的になかなか好き。

トミエ二人の関係が友情とか百合とかそんなものを超えたことが分かるラストシーンもまた斬新な感じでとても良い。

この頃の安藤希さんの雰囲気と容姿が安達祐実さんと重なったり、
宮崎あおいさんと國村隼さんが親子役というだけでも色々と貴重。
るう

るうの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

富江ちゃん、女の子もイケるんだ
という富江。
あと冒頭の過去シーン以外誰も死なないのはシリーズ初?

このシリーズはいつも
全体的に余り好みじゃないけど
毎回やけに惹かれるシーンがいくつかある。
今回は父娘で氷漬け富江を
おやつ食べながら鑑賞するとこと
ラストのおち。

百合は別にいらなかったなぁ…
あと、いじめっ子3人は
もっと酷い目に合えば良かったよ、うん。

宮崎あおいはこの頃からちゃんと女優さんだった。
あと國村隼氏がキャラ強すぎて流石だ。
私の中では國村隼とソンガンホは
パラレルワールドの同一人物(謎
へえ、あんたもトミエって言うんだ。

オチ良かったです。富江シリーズを無印、replay、最終章、アンリミテッドと観ましたが一番好きなのは今作でした。
tbsk9un

tbsk9unの感想・評価

2.4
1,2,3と観たので苦渋の決断で鑑賞。
2,3よりはちゃんとしてた。

余計なキャラクターは出てこず、ひたすら親子と富江とのバトルだったので観やすかったのかも。

キャラクターや背景が作り込まれていて、また狂っている様子も徹底的に描かれていて、良いホラーコメディだった。

多分、他のシリーズもこれまでのももう二度と観ない。
めり

めりの感想・評価

4.0
富江シリーズで一番好きです。百合です。これたしか、「モラトリアム」という宮﨑あおいさんのイメージDVDが富江メイキングとして収録されてます。そちらもイイです。
mira

miraの感想・評価

3.5
宮崎あおいにキスしたり指舐めさせたり縛ったり変態の妄想を映像化した映画。氷漬けになった富江をドンタコス(チーズ味)食べながら眺めてる宮崎あおいがハイライト。
>|