父を探しての作品情報・感想・評価・動画配信

「父を探して」に投稿された感想・評価

ezu

ezuの感想・評価

4.0
星は五角形、草は緑、みたいな固定観念を打ち破ってくれる表現の幅の広さと繊細で素敵な絵に釘付け。しかしカラフルに力強く描かれる労働者たちの怒りと悲しみと、その中でのささやかな日常の姿には圧倒されました。観られてよかった。
とにかく、映像が美しい作品。
映像が美しすぎて、まるで夢を見ているかのような心地よさを感じられたブラジルの80分のアニメ。
(心地よすぎて、眠りかけましたが...😅)

この映画は、驚くことにセリフがないのですが、セリフがなくとも映画の面白さ・素晴らしさというものがしみじみと伝わってきました。

その理由の1つは、映像美の基幹部分である色使いが秀でていると考えたからです。
映画の中で描き出される色という要素にこの映画ほど惹きつけられた作品は、今まで観たことがないなと思うくらいの色使いでした。

2つ目の理由は、暗さと濃密さが兼ね備わったストーリー設定がなされているというものです。主人公が暗い現実も含む様々な光景を目の当たりにし、父親探しだったはずの旅が自分探しに変わっていく様子の描かれ方は素晴らしかったです。

映像美、台詞を使用しない、棒人間だけど愛おしさがある不思議なキャラクター達など様々な点で新鮮な映画でした。
異星人

異星人の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

しんっっっど…………

ニャッキみたいだなってなんとなく妹と観たけどきっっっつい内容だった。

ピーター・パンで号泣するようなタイプは本当に無理だと思う。

諸行無常、幼き日の幸せは二度と戻ってこないのだと思うと絶望する。

せめて社会がもっと優しく生きやすくなるといい。

わたしは世界平和を祈っているよ!
chia

chiaの感想・評価

2.5
しんどつらーい
まじでしんどつらい ムリ

CMのとこだけゴキゲンでよかった
フフフー ハッハッハ
サイレントな痛みとアニメーションで可視化する音の豊かさの調和…視覚的に追いかけたい何かが画面の中にあちこち存在すること、走り出したい気持ち。よかった。エンドロール、エミシーダのラップ泣いちゃったよ。
さき

さきの感想・評価

3.3
映像と音に引き込まれた。ポップに社会の暗い部分にスポットを当てたアニメ映画。
この生活していたら自分が何者か分からなくなって何も感じなくなってしまいそう。飲み込まれる感覚。だから何かを感じたり得るためにどんどん欲が膨らんで、働いて働いて社会の歯車の一部になっていくのかもしれない。求めるんじゃなく、自分にあるもので幸せをきちんと感じたり大事にすることが必要だな。テレビとか広告の購買をかき立てる感じに操作性を改めて感じた。いい具合に楽しんだり利用しないとなあ。(映画から考えたこと)
上ハラ

上ハラの感想・評価

3.3
可愛いビジュアルとは裏腹に途中から深刻な内容になっていきます。そこが好み別れるかな?僕は可愛いままでいてほしいかも、、でも監督はこれを伝えたかっただろうし、、

二度目の鑑賞となった今回は構図の面白さに気づくことができました
温かみのある質感とコラージュ+フィルム

デザイナー?美的感覚が優れているんだろうなー。
これを絵本やショートムービーじゃなく長編として製作したところがすごい

メッセージ性も含めて一枚一枚が現代アート作品みたいな映画
父を探すと見せかけて

本当は自分自身を探す旅であったという。その独特の映像美ばかりが注目されそうだが現代社会のひずみを警鐘したとても深いテーマを内包していると思う。台詞なしでもこれだけ伝えられるものかとただただ驚き。
komono

komonoの感想・評価

4.0
出稼ぎへ行ってしまった父を追い、少年は旅に出る。
大部分がクレヨンなどを用いた手描きのアニメーション、セリフも少ない(スヌーピーのアニメの大人のような、おそらく意味のない言語)ブラジルのアニメーション作品。可愛らしい見た目とは裏腹に内容は社会風刺の側面が強く大人向けな内容。気を抜くと置いていかれてしまうので集中力は必要。邦題がピンとこなかった。
>|

あなたにおすすめの記事