父を探して(2013年製作の映画)

O Menino e o Mundo/The Boy and the World

上映日:2016年03月19日

製作国:
  • ブラジル
  • / 上映時間:80分
    監督
    アレ・アブレル
    脚本
    アレ・アブレル

    「父を探して」に投稿された感想・評価

    夜中にみてたら寝てしまいました。
    また借りて真剣にみます…

    このレビューはネタバレを含みます

    気にはなっていたが後回しにしていた作品。
    もっと早く観れば良かった…!

    ブラジルのアニメ映画。
    全編手書き・セリフが無いという事もあって、素敵な動く絵本を見ている気分でした。

    ものの数分で、動き・音・世界観などに心を鷲掴みにされました。
    「素敵だ!癒される…。」などと思っているのも束の間、物語は急速に進んで行く…。

    この作品は凄いです。
    ここまで感情を揺さぶられたのも久しぶり。
    絵本が好きな方は是非!
    ただ、若干悲しいお話ですのでご注意を。







    ーーーここから少しネタバレーーー






    真相が明らかになった瞬間「そういう事だったのか!」という爽快感の後に、「そういう事だったのか…」という悲壮感がやってきます。
    最後は切なすぎて泣いてしまいました。
    生活ができなくなり、都会に出た父を追って旅に出た少年。
    田舎は田舎で、のんびりして、とてもいいところ。
    でも、それじゃいけないんだ。

    最初に会った老人。
    病気で仕事を首になる。

    その次、会った青年。
    自動化が進み職を失う。

    世界は、どんどん進むが、取り残される人も多い。
    そんなことは関係なく進んでいってしまうのが悲しくなる。

    そして、気づく。
    老人、青年、すべて自分だったことに。
    田舎に帰ってきたら、家は荒れ果てていた。
    でも、周りの人は自分の暮らしを取り戻していく。
    なんだか明るい未来がありそう。
    老人でも間に合うかな。

    色がきれいで、言葉は要らない。
    こんなに黒い色が嫌だと思ったことはない。
    世界は言葉がなくても、通じるんだ。
    万人ウケはしないだろうけれど、こうゆうアニメーションも面白い。

    そして環境や、ファストファッションに対する抗議的メッセージは、深く心に刻まれる作品。
    素敵でした。
    u
    2017/05/26
    3.6
    世界観・色彩・音楽の三拍子揃い
    ほのぼの成長譚のようだが、実はかなりの社会派アニメ。自然に生きる少年がたどる旅路は、文明化・工業化・そして全体主義へという人類史を俯瞰するものであり、さらに途中で出会う人々が、自分自身の異なる時間での姿であったというアイロニカルな超展開。これを全編セリフなしで描いてしまう監督の力量に脱帽だ。

    監督はブラジルのインディペンデントアニメ界の新鋭アレ・アブレウ。
    表現はまさに自由自在。クレヨン・パステル・水彩・カラーインクetc、が縦横に駆使される手描き主体の画像は、CMYKの奔流という感じで心地良い。RGBだって同様。蛍光発色や透過光、コラージュ・フォトモンタージュ・実写映像をも駆使して世界を作り上げていく。この表現手法に囚われないフリーダムさが素晴らしい。JJ=植草甚一師なら喜んだだろうなぁ。もう日本ではこういうのは実験アニメくらいで、劇場向けで作るのは無理かもしれないなあ。
    最初は 動く絵本かな?なんて思いながら見てたんだけど、もうそんなレベルじゃなかった


    父の顔が脳裏に一瞬映るシーンとか
    そこら辺にいる人が父に見えて、実は違う人だったってシーンは、絵本の様な絵柄なのに妙にリアルに感じてしまう。

    車の走行時の音が異様に不快な音だったり、近代的な文化を気味悪く描いていたりと、監督の主観を通した現代世界を見ることができる。 そのおかげか政治的なメタファーもわかりやすい。

    ただ最後の方の実写パートはいらなくないかな?実写が急に来たらインパクトがあるのはわかるけど、森林伐採、自然破壊を伝えるのは、別にアニメでも充分伝わるんじゃないかな
    出だしからすごく引き込まれました。

    けど中盤?後半?にはもはや「まどマギ」を観ているかのような感覚で、あたたかくて柔らかく描かれているからこそ逆に暗さや恐ろしさが色濃く反映されている感じ。
    怖くもなりました。

    ほとんどセリフなんて無かったから、あの笛の音色や曲が耳から頭から離れない。

    すぅーっ、としている作品。
    まるで催眠術にかかったように画面にすいこまれてゆく。。

    優しい色。あたたかい風。
    素敵な物語の構成と音楽がじんわりと染みてきて、ちょっぴり切なくなる。

    思い出の場所はいつだって色鮮やかで美しい。
    不死鳥のため息や羽ばたきと共に、人びとのココロの一部はいつまでも綺麗なまま、きっとずっと生きつづける。
    南米作品として初のアカデミー長編アニメーションにノミネートされたブラジル製作の社会派アニメ

    色鉛筆やクレヨン、水彩画など手描きの優しいタッチで描かれた色鮮やかで独創的な絵本の様な世界観でセリフも殆ど無し。さらに主人公が小学生の落書きみたいな簡素なデザインなので序盤はEテレの知育アニメを観てる感覚でふわふわ気分だったのですが
    出稼ぎに行って帰って来ない父親を探しに旅立つ所から急にサイケな映像が混じってきたり徐々に社会派要素が強くなります

    機械化の進歩で変わり行く産業構造や都会の孤独などブラジルの実態にもかなり斬り込んだ内容で終盤はショッキングな演出も有ったり終わってみれば宮崎駿作品と似たメッセージ性を感じる深い作品でした
    >|