ベイビー・ドライバーの作品情報・感想・評価

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿された感想・評価

mothdrop

mothdropの感想・評価

4.5
ベルボトムズからハーレムシャッフルへと、音も映像もワクワクする導入からひたすらに瑞々しい本編へ。触れることで鮮やかに広がる音の演出にハッとし、ジョーの優しさに胸が詰まるよう。エドガー ライト大好きだっ!!
Satoho

Satohoの感想・評価

-
タイトル名であまり観たいと思わなかったけど観るものなくて仕方なく観たら面白かった。あとドライブテクニックは観ててワクワクした。
まつこ

まつこの感想・評価

3.0
始終音楽に支配されている映画。
テンポの良いアクションに魅力的なキャラクター

動作ひとつひとつが音楽に重なる
観ていて楽しい映画だった
かーな

かーなの感想・評価

4.5
こんなにBGMと物語の
垣根のない映画があるなんて!!

この映画の迫力は音楽あってのもの。
全ての組み合わせが素晴らしい!!

そして、この映画で
アンセルエルゴートの可愛さに気づきました。
4

4の感想・評価

-
めっちゃかっこよかった!
爆音上映祭でみたから迫力すごいし、音楽も良くて最高だった。
音楽と動きが一緒になっているところは勢いがすごくあった。

お台場シネマシティ
爆音映画祭にて

序盤のノリノリ気分から終盤の切迫した雰囲気まで、アゲアゲの音楽とエンジンの重低音に乗せて駆け抜ける。

音楽と劇中の動きの連動が最高。
CMとか告知PVでよくある手法。あれ、結構良い演出。
(キングスマン2 -my generation remix- の予告編は至高)

ラストの締め方もベイビーらしくてよき。
ただのカーチェイス映画だろうと思って観たら、ただの、ではなかった。少なくとも個人的には新鮮な映画。音楽だけでセリフがないシーンでもこんなに違和感なく鑑賞できるのには驚いた。本当に色々かっこいい。英語の手話?なのかわからないが、手話さえも演出みたいでかっこよかった。メッセージ性とかはあまり感じられなかったが、映画として普通に好き。
tomomi

tomomiの感想・評価

5.0
爆音映画祭で1年越しに観てきたんだけどもうもうもうもう変わらずというか、ほんとにだいすき!!!年に1.2本くらいしか映画観ないタイプだったわたしが、映画っておもしろい!!と思うようになったきっかけ*\(^o^)/* 就活でもこの映画について何回も語ったなあ*\(^o^)/*笑 爆音との親和性高すぎる〜〜〜あ〜〜さいこう〜〜〜2時間がまじで秒だったよ
全編通してMV鑑賞してるようなセンスのよさはオープニングからずっと途切れないし、でもカーチェイス、アクション、恋愛、家族愛、ほんとすべての要素がかんぺきで、ベイビーの人生を辿っていくような、まさに映画って感じでもあった。
ランドリーのシーン、永遠に観ていたい。お互い愛しそうに見つめてるふたりのうしろで、赤青黄の服がレコードみたいにぐるぐるまわってて、完全に美しすぎる。だいすき!ほんとにすき! !
あかり

あかりの感想・評価

4.7
爆音映画祭にて。

今まで気になってたくせにこの映画を観なかった私はバカであると同時にそのバカさに救われたとも言える。下手に初見をDVDとかで済ませなくて本当によかった。スクリーンで観るべき映画。

ここまで音楽と映像がマッチしている映画は初めて観た。何この爽快感。何この開放感。耳と目とその他全ての感覚を刺激してくる。
この物語を音楽無しにやったらここまで面白くならなかったし、音楽があったからこそ出来上がった映画だろうな。

私も割とイヤホンをつけたまま生活をしているので、そういう生活を全力で肯定された気がしてなんか嬉しかった。

周りの登場人物達のキャラも良いよな~、ベイビーの感情の爆発したあのアクセルは思わず叫びそうだったわ。

素晴らしい音楽、素晴らしいキャストあっての素晴らしいこの映画。
感じる全てが幸せでした。こういう映画をもっと観たい。
劇場出た瞬間、もちろん私は両耳にイヤホンぶち込んでノリノリで帰りましたとさ。
展開はよくある王道だけど音楽と演出が見ててワクワクした、かっこよすぎる
>|