ザ・ハート・アンド・ザ・マネー(英題)の作品情報・感想・評価

ザ・ハート・アンド・ザ・マネー(英題)1912年製作の映画)

LE COEUR ET L’ARGENT

製作国:

上映時間:18分

2.2

「ザ・ハート・アンド・ザ・マネー(英題)」に投稿された感想・評価

ぽ

ぽの感想・評価

3.0
恋人の元を離れて金持ちの元へ嫁ぐスザンヌ。
それでも忘れられない彼の元へ行くもその彼に拒絶されラストシーンへ。
悲しい恋のお話やね〜。
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

-
【ワンシーンに二つの映像を組み入れる画期的な手法】
ーーーーーーーーーー
監督:レオンス・ペレ
製作国:フランス
ジャンル:恋愛
収録時間:18分
興行収入:不明
ーーーーーーーーーー

youtubeで閲覧可能の、フランス古典映画。現在フィルマークスにおいて、パッケージありの映画としては四番目に古いものです。題名はフランス語ですが、途中に入る字幕は中級程度の英語です。少し長めの文も出るのである程度の速読が望まれます。とは言っても、読めなくて大方わかります。

スーザンとレイモンドは恋仲であったが、金持ちの地主に眼をつけられ、彼はスーザンに求婚をする。

特徴的なのは、この時期には珍しいワンシーンで二つの映像を組み入れていること。左半分は家で悩み事をするスーザンの映像であり、右半分はその悩み事の中身を映した映像。このような手法は、もうこの時期に確立されていたようです。一種の参考映画ともいえるでしょう。

面白いかと言われれば釈然としますので、昔にこんな映画もあったのだなと参考程度に見られるのが一番良いかと思われます。心と金、、これは現代にも通じますね。あなたは心を取りますか?お金を取りますか?