和製喧嘩友達の作品情報・感想・評価

和製喧嘩友達1929年製作の映画)

製作国:

上映時間:77分

ジャンル:

3.4

「和製喧嘩友達」に投稿された感想・評価

えな

えなの感想・評価

-
資料っぽさある。14分しか観られなくて音もないけど内容がだいたいわかる。コントみたい。男の片方がサンドイッチマンに似てた。表情がいいw
ss

ssの感想・評価

-
このやろぉ〜。
無声映画で残ってるフィルムが14分というのに、ほっこりしすぎて涙出た。

1人の女性に惹かれる仲良し2人。
この2人がねぇ、凸凹コンビで音は一切ないのに愉快な感じがダダ漏れ!
画面の中に英語が書かれている小道具が溢れているのがとても新鮮だった。

2018/8/15
14分版。
事故のシーンの主観的カメラやロングショットでの列車と車の並走の疾走感など見応えはある。
"うれしい! たのしい! 大好き!"を当てて観たけど曲が負けた。
男の友情を皮肉ったサイレントコメディ

展開雑だなと思ったら後半バッサリ切られたからなのね……なんとも残念

でもラストの気持ち良い映像は後の傑作に繋がるものがあって、やはり小津はこういうロングショット気味の映像が卓越してると改めて感じた
リチャード・ウォレス「喧嘩友達」の翻案 小津安二郎「和製喧嘩友達」

「列車」と「車」の疾走感。
このラストシーンひとつだけでも当時のアメリカ映画人なら身震いする筈。
「まごまごしてるとオヅに追い越されちまうぞ!」

敗戦国日本がアメリカに突き付けた底力です!
よくまあフィルムが残っていたもんですよね
T

Tの感想・評価

3.3
優しい奴らだなあ。2人の男と突如現れた女、という人物配置でありながら、後者が前者の関係性を壊さないところが良い。
tokio

tokioの感想・評価

3.5
Rec.
❷18.04.30,d
❶17.05.06,vod-t
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.3
たった14分だけども車と機関車の並走の場面の疾走感がすごい楽しい
み

みの感想・評価

3.0
和製と言いつつ 食卓はテーブルとイス、目玉焼きをナイフとフォークでいただいたり、机上にはワインの瓶も!

初期の小津作品は、アメリカ映画の影響を強く受けていたっていうのがよく表れている作品
>|