バトンの作品情報・感想・評価

バトン2015年製作の映画)

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:9分

3.1

あらすじ

「バトン」に投稿された感想・評価

Oto

Otoの感想・評価

3.4
青年の友情以上恋愛未満みたいな関係性に興味のある人なんだろうと思った、イエス様との共通点。

校庭に寝そべって何度も顔を向けるみたいな小さな芝居をどうして引きのFIXで続けるんだろうという疑問があったけど、その分動きの解放感は増すようにも感じる。

朝に変わったときのカラコレの温度感が好き、ブルーピリオドで矢虎が描きたかったのはこの空気かもしれない。

自分も音楽がやりたくて仕方ない高3だったけど、大学に行かないなんて勇気も発想も全くなかったし、縛られてるなんてことを思いもしなかった。時計を割ることすらもできない青春では、何にもできない自分に気づきながらも何でもできる少し先の未来に期待していたのかもしれない。
ゆーき

ゆーきの感想・評価

3.0
カメラほとんど動かない
2人の会話劇の後に曲のMVに入る感じ
tetsu

tetsuの感想・評価

3.0
『僕はイエス様が嫌い』奥山大史監督の作品と聞き、鑑賞。

Specocoの1stアルバム「short stories」の「バトン」MV。大学受験に悩む青年と、先に就職をした同級生。二人の会話と、青年の夢を描く。

ショートムービーとは言っているものの、ほとんどミュージックビデオ。

奥山監督作品としては、子供が主人公ではないのが、割と意外だったりした。

参考
Specoco「バトン」PV
https://youtu.be/L8QRXSuAXFw
(本編はコチラ)

森七菜 スマイル Music Video
https://youtu.be/v7BY5m2wYx4
(実はこのMVも奥山監督なんですよね……。尊い。)  
いいね。二人の画の捉え方とエモいセリフが好き。

2020 #118
わ

わの感想・評価

3.2
夜の校庭ってロケ地がいいなぁと思った。
僕はイエス様が嫌いが気になる。
nono

nonoの感想・評価

-
ぼくはイエス様〜の奥山監督。YouTubeにて
この監督のカットと画の使い方が好き
お兄ちゃんの影響受けてんだろな〜
loyun

loyunの感想・評価

-
映画、僕はイエス様が嫌いから来て見た作品。俯瞰のカットはここから来たのかな、って感じた。
1234

1234の感想・評価

-
良し悪しうんぬん以前に無なので採点のしようがない ずっと無がある
ちなみにいまをときめく奥山由之の弟です