ヴィニルと烏の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

ヴィニルと烏2017年製作の映画)

上映日:2019年11月08日

製作国:

上映時間:32分

あらすじ

「ヴィニルと烏」に投稿された感想・評価

HIRO

HIROの感想・評価

2.7
King Gnuの井口理さんが出演していることで知った作品。
最初の1週間はほんの数時間でネット予約で売り切れてしまっていたので、2週間目こそはと予約を入れて観に行きました。

いじめを通して見える自分が好きな人間がいる以上、絶対にいじめはなくならないと思いました。
途中、いじめっこ3人衆を見ていて、何がそんなに楽しくていじめをしているのか分からなくなった。でも考えてみれば、抵抗しない相手が大好きなんだよね。いじめられっ子は、いじめっ子にとって、自分のことを王様にしてくれる存在なのだと思った。
ao

aoの感想・評価

4.5
井口理を見にいったがよかった

エンディングも好きだな

鑑賞後のトークで監督が「このことはあんまり広めないでください笑」って言ってたけどエンディング歌ってるのは監督自身だそう
たむ

たむの感想・評価

-
机を叩く、カラスが飛ぶ、井口が殴るのテンポがいいシーンで、殴られてるのが主人公なのはカラスの意味がないよ
別人が殴られてたら幅があったのに、自分の体験に依り過ぎてる
汀

汀の感想・評価

3.4
井口さん見たさで鑑賞しました

前情報なしで見たので主演の俳優さんが監督だとは思いませんでした!
映像の質感やエンドロールの曲の部分など凝っているなと思いました
観ていてどうゆう意味なんだろう?と思うシーンもありましたがこれからに期待です
UPLINK吉祥寺(¥1,000)会員価格
正直なところ、ポスターも心惹かれるものではない。なのに連日、席が売り切れる所に興味を抱いての観賞。席の埋まり方って独特ですよね。最近は、TICKET発券時で、自席に座る前に直前の予約状況の布陣を確認してからの観賞になっている。悪趣味であろうか……(笑)
クッソ寒かったわ。
大学の文化祭の自主制作映画に既視感があったわ。仲間内で完成されてる感じ。

青い春とリリィシュシュの上澄みだけ組んだような映画だわ。

演技がみんなクソ下手。大根ばっかじゃねぇかこのやろう。

音楽も微妙だわウルセェ、あと流す場面唐突すぎる。ただ、いじめられた時の視点や随所随所のカメラワークはすごいセンスがあった。何本か撮ったらもしかしたらこの監督は伸びるかもしれないね。
ny

nyの感想・評価

3.4
映像と音楽がよかった。
ショートフィルムだから仕方ないかもしれないけど、もう少し主人公と女の子の関係性を観たかったなあ。
井口さんの前歯がとても印象的でした。
正直作品自体は微妙でしたが、少ない予算の中で頑張って撮った映画だということが窺えました。次回作に期待です。
梨都子

梨都子の感想・評価

3.6
大画面で痩せてるときのかっこいい井口を観せてもらえてわたしはうれし〜〜
という個人的な満足度は置いといて

トークショーで
監督の謙虚さとお客様への感謝の気持ちが伝わってきて人間的にとても好きです
物づくりをする上で本当に大事だとおもう

今回は32分というショートフィルムで、長編がみてみたいと思いました
内容的にはハテナな〜なところもありましたがこれからに期待です

音楽や始まりと終わりの作り込みが凄くてかっこよかった 
ヴィニルと烏というタイトル、すき
りな

りなの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

約30分という短い作品。物語としては王道だけれど、キャストそれぞれのセリフ、挙動が生々しかった。
強くなったからと言って、その世界では果たして意味があるのか…。決してハッピーエンドではないと思う。
>|