オランダの光の作品情報・感想・評価

オランダの光2003年製作の映画)

HOLLANDS LICHT

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.5

「オランダの光」に投稿された感想・評価

SATOMI

SATOMIの感想・評価

3.5
今秋、フェルメール展が開催されることもあって、かなり気になるオランダ🇳🇱

「オランダの光」

それは特別な光らしい。低地とか水蒸気とか湖とかが関係してるらしい。

……そう、結構眠くなりながら観た為にあまり覚えてはいない(笑)

印象に残ってるのはオランダの風景。見渡す限り緑の平野と青い空が広がっていて、地平線までずっと続いてる。そんな風景。

日本は都会ならビル群でごちゃごちゃしてるし、田舎でも山とか起伏も多くて、ああいう景色って日本では見れないな〜、と。日本の景色も好きだけどね。

空が近くて、でも広いみたいな。雲も近くをポンポンポンって浮いてるみたいな。ちょっと日本と空の見え方が違くて不思議な感覚。

またオランダ行きたいな〜って思っちゃった映画。
tori

toriの感想・評価

4.0
4~5回観ている
自慢でないが全て寝た
「2001年宇宙の旅」で寝落ちしなかった人は1段階上に挑戦
不眠症の人も睡眠不足解消にオススメ

今回朝一作戦が功を奏し初めて寝落ちなしで観た
科学、自然、芸術が織り込まれた上質のドキュメント
オランダ ラブの人は是非

There are my favorite things
光の画家フェルメール
「デルフトの眺望」
ファン・ゴッホ
「夜のカフェテラス」
「星降る夜」
数えきれない美術館
四季が一日の中にある不安定な天気
冬のたよりない太陽光
アムステルダム
デルフト
ライデン
デ・ハーグ
アルクマール
マストリヒト
乳製品
ビール
ハーリング
チューリップ
風車
跳ね橋
輝く運河
トータルフットボール
オレンジ
ルールにとらわれない国民性
いろんな人種の共存
尊厳死
ホスピタリティ
黄色と青の電車
車窓から眺める牛、羊
高い建物がない
ミッフィー
アンネ・フランク
昔、ある風景画に惹かれてフェルメールを模写したことがあり印象強く残っています

光に惹かれたんだな

自然の美に勝るものはないですね

様々な角度と天候、時間によって変わる光を視覚的に説明していて興味深かったです ちょっと眠くなるけど
miyu

miyuの感想・評価

3.0
オランダからみえる光の見え方、感じ方を芸術と絡めて見ていく映画。
自分のデザインに取り入れたい。安直だけど、、美しかった
オランダと日本含め東洋は、湿度があるから少し景色の見え方やくすみ方が似てるのかなと思ったけれど、
そこからオランダの場合は光に、東洋は陰に重きを置いていったのかなぁ〜

ねむくなったけど、心には残った。
Hikaru

Hikaruの感想・評価

4.1
美術史を学んでいる自分には本当におもしろい映画だった。でも多分、詳しくない人でも面白い。

絵画の技術だけでなく化学の視点や、地形的な視点からも「オランダの光」の表現について追求していた。
オランダ17世紀の美術は黄金期であるが、これを支えた環境を視覚的に知ることが出来る映画。

こういう堅苦しいの全部取っ払ってもオランダがとにかく美しくていい映画!!!!
フェルメールの光は、干拓により失われたのか?水平線が広がる光景を同一視点で撮り続けながら、自然と絵画の接点を追う。
ハッキリ言って眠くなる作品だけど、美術家や建築家はいちど見るべきだと思う。個人的には気に入ってる作品です。DVDも買いました。
いろんな職種の人たちがオランダの光に対して独自の見解で語っているのが面白いし、ジェームズ・タレルが出演してるあたりもいい。
谷崎潤一郎は陰翳礼讃のなかで東洋の美は陰にありと語っているけど、この映画の場合、西洋の美は光にあり。と語っていて脳内対比させたらすごく面白くなる。
(アーカイブ)

2006年01月07日16:57

封切り時に見損なったのでDVDで。

オランダといえば、いつかコーヒーショップでバチっとキメたいと思うくらいで(←ここ誰もわからないかも知れないな…)特に思い入れのある国ではない。
コーヒーショップ以外だと、チューリップ、水車、注射器の自販機くらいしか思い浮かばない。
多くの外国人にとっての、富士山、寿司、ゲイシャガールなレベルかもしれない。

テーマはずばり、光。オランダの光。

そこはかとなく原風景ちっくなショットが多くて嬉しかった。
ただ、どうにも画面のグリーンの彩度が高くて落ち着かない。
どうもテーマにそわない発色で気になった。タイトルバックにFUJIFILMのロゴ…。たぶん、FUJIのフィルムで撮影したってことなんでしょう。唖然…。
時々インサートされる絵画の色をなるべく損なわないようにと選択されたフィルムなのかも知れないけれど。

オランダの光を語るのであれば、FUJIじゃないでしょ、FUJIじゃ…。

外国に行ってレストランでビールを頼んだらスーパードライが出てきたときのような、気がついたらパトリックのスニーカーが日本のものになっていたときのような、新日本プロレスが経営テコ入れのためプロレスリングノアとの交流をブチあげたときのような(これはちょっと違うか)、目眩をともなうショックではあったわけで。

ややあざとい演出が鼻につく。それに気がつくと前半にいいなと思っていた、遠くで聞こえる鳥や動物の声もちょっと自然じゃない気がしてきて。
オランダの光について詳しくはわからないけど、
写真じゃなくて絵画をわざわざ描く意味ってのがオランダの光みたいな発見なのだなと思ったり思わなかったり

あと、アムステルダムの川の上に住むのやってみたい
NaotoKudo

NaotoKudoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

光のはなし
詩で締めてくるのはいいね。
勉強になったけどすぐ忘れそう。ターナーの絵だと分かって嬉しかったなぁ。
低い地平線、たくさんの雲、湖、それぞれの兼ね合いで光がかわる。多湿な環境だからこそ色が出やすい。などなど面白い
>|