ナショナル・ギャラリー 英国の至宝の作品情報・感想・評価・動画配信

ナショナル・ギャラリー 英国の至宝2014年製作の映画)

National Gallery

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:181分

3.8

あらすじ

『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』に投稿された感想・評価

ふじこ

ふじこの感想・評価

3.3

は~、なんかちょっと良い雰囲気と気持ちになれるドキュメンタリーだった。

でも流石に3時間は長いなぁとなってしまった理由は色々で、結構な頻度で出てくる絵の解説と修復はもっと観たかったんだけど、絵の配…

>>続きを読む
なんの説明もなく、ただただ映し続ける様子が、様々な人から見るナショナル・ギャラリーを映し出させる。

かなり硬派なドキュメンタリーながら、これほど豊かなドキュメンタリーがあるのかと関心させられた。
イギリス英語の訛りが癖になる。
いつもより議論が少なく、絵画の説明描写が多いような気がする。

ロンドンのトラファルガー広場に位置する世界有数の美術館である「ナショナル・ギャラリー」の魅力に迫ったドキュメンタリー。

流石に3時間は長かったものの、はじめで行った街ではまず最初に最寄りの美術館を…

>>続きを読む

年末年始NEW実家の土地で美術本を見たい欲に駆られてでかい本屋を巡るも、気づいたら映画本や映画雑誌のバックナンバーを手に取っており本来の目的を果たせず。その欲求不満を解消するために鑑賞。
素晴らしい…

>>続きを読む
akiyoshi

akiyoshiの感想・評価

4.0

学芸員・ボランティア・なんらかの講師の絵に関する解説がちょくちょく挟まる。一気に絵の解像度が深まる「名講義」的な話が多くて引き込まれます。レベルの高いMLA(博物館・図書館・美術館)が身近にあると、…

>>続きを読む
あ

あの感想・評価

-
ナショナルギャラリー行く前に見るとよい。ナショナルギャラリーに行かなくても見ていて面白いドキュメンタリー。
ロンドン行くよ(越前リョーマ)
受講

ナショナルギャラリーの思考に立ち会う機会として価値があるが、芸術でもエンタメでもない。
しかし、ラストシーンでそれを覆した。

その絵がどこに飾られていたかまで考えて解釈すること。それを唱えながらも歴史文脈から遊離した無地の壁に描き手と買い手の恣意から逸脱した順に配置すること。絵の修繕はそれまでの何層もの歴史をわずか数秒で書…

>>続きを読む
水蛇

水蛇の感想・評価

4.8

美術作品や美術館の光(照明)問題が大好きだから半日くらい観てた。そしてまた泣く。何かに没頭してる人、無視できないものを自分の中に抱え続ける人達に泣くのはもうしかたない。

論拠の薄すぎるサルバトール…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品