アバウト・レイ 16歳の決断の作品情報・感想・評価

アバウト・レイ 16歳の決断2015年製作の映画)

3 Generations/About Ray

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にして…

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にしてみたりと、母親の“動揺”は暴走するばかり・・。一方、レズビアンであることをすでにカミングアウトしたおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)は最愛のパートナーとの暮らしを謳歌しながら、レイの“新しい人生”への一歩を、密かに応援していた。髪を短く切り、トレーニングをして、少しずつ“男の子”に近づいていくレイ。そんなレイの成長を見つめながら、マギーは意を決して、わが子のためと思い、性転換手術の同意書のサインを、別れた夫にもらうために久しぶりに会いに行くのだが・・・

「アバウト・レイ 16歳の決断」に投稿された感想・評価

すぽ

すぽの感想・評価

3.7
16歳のトランスジェンダー、レイと家族の物語。

個性的な家族構成と性に対するリベラルさは現代の寛容性を象徴するもののように見えた。

エル・ファニングの別の一面とも言うべき、男勝りの演技と脇毛が光る。

レイの決断というよりも、ナオミ・ワッツ演じる母親のケジメの話だった。
d

dの感想・評価

4.5
エルファニングが好き、まずね。
産まれたとき自分の性が、男か女か気にしなかった。
気づいたら体が追いつかなくて、頭だけが育っていって男だって
お母さんもお父さんもおばあちゃん(2人)もずーっと女の子って思ってたのは、身体だけで、だれもだれもだれもだれも彼の頭の中の性は知らなかった。
こんなに猛烈に心の叫びが心に聴こえてきた映画は久しぶりだ。
ラモーナからレイへ、女から男へ、本来の自分の姿になりたい16歳のレイを取り巻く人々、主に母親の葛藤を描いた作品。LGBTに悩む本人よりは周りの大人たちが、子どもの性転換手術の決断にどう向き合っていくか、という登場人物たちに感情移入しやすく、新しい切り口になっていたと思う。
ふぅた

ふぅたの感想・評価

3.7
ベットを飛び跳ねるレイの笑顔が最高だった。

スケボーを乗り回す"彼"(彼女)とその家族の物語。

同性愛や性転換が身近な存在になる今でも、その問題に直面する本人や家族の苦悩は分からなかった。
反発心や自立心、いつもモヤモヤが呻きをあげている。
16歳という子どもでも大人でもない難しい年頃の"彼"レイを、エル・ファニングが演じ切っていた。
一方、ナオミ・ワッツ演じる母マギーは、母親として、女としての葛藤に日々悩み追い込まれて行く表現がとてもリアルだった。
キャストの力が際立つ作品だった。

カメラと美術も近代的かつレトロチックで鮮やかだった。
祖母ドリーの家は古くも新しさのあるウッディな空間で、キッチンに無造作に置かれた缶詰ひとつでさえも絵になる。
レイの部屋壁にペンキで直書きされた性転換までのカウントダウン日数は彼の大胆な性格と強い覚悟を感じさせる。
スケボーに乗りながらスマホで日々の記録を動画撮影するレイから見たアングルも主観的で面白い。

決断するには覚悟と責任と周りの協力が必要だと思った。

たまたま男子に生まれてたまたま女子が好きな自分はついてる。と思えた。
ちょっとタイトルで損した気もする映画。

葛藤するトランスジェンダーの主人公の話とかを想像して観るとだいぶボヤけて物足りなく見えるかもしれない。

そもそも主人公のレイ(エル・ファニング)はとっくに決断した状態から始まるからね。
そのトランスジェンダーの彼(レイ)の決断を“サイン”という形で受け入れる周りの人々の側の話だから、個人的には感情移入しやすかった。

だいたいトランスジェンダーの主人公への感情移入って安易に出来るものではないから、仮にそこメインだと難しいところがあるんだよね。
それこそエディ・レッドメイン渾身の『リリーのすべて』ぐらい本当に覚悟を決めて描き切ればそりゃ感情移入してしまうけど、少なくともこの作品のように腋毛を生やすぐらいじゃメインテーマは張れない。
もしそこで勝負してたならそれこそ舐めてると思うけどね。

だから周囲の人々、特に母親の葛藤を通して我々も理解していくという方向は全然アリだと思う。
手術する本人が全く迷ってないのも新鮮だったしね。

それでこの作品の面白いのがトランスジェンダーというテーマが話が進むに連れてどんどんスライドしながら横へズレていって、結局は世代を超えた親子関係その他のわだかまりを解いていく話になるところ。
当初テーマだと思ってた部分のそのライトな扱いが個人的には良かったし、レイ1人の話にしなかったおかげで結果的に伝わるものが大きくなったと思った。

まあ正にその部分、テーマがズレていくのが気に食わないって人も多いだろうとは思う。

マギー(ナオミ・ワッツ)が階段を登って倒れるように寝そべったまま、なりゆきでドリー(スーザン・サランドン)と会話が進んでいくシーンがとても好き。
う~ん…
それぞれ問題を抱える3世代の家族が娘の性転換をきっかけに過去を精算していく?って話。

3人とももう既に肝が据わってて、最善の答えを知ってるのに何をモタモタと
90分も?あまり刺さらなかったかな。

演技に関してはかなり良い。
特にエルファニングは今回も神がかってた。
が、ベテランすぎてなのか?起承転結すべてにおいてあまり流れが良くない。
転結だけ観させられた気分。

もちろん娘が性転換するってかなり大事だけど、この家族が抱えてる問題って全然そんなところじゃなくて、レイの問題がどんどん薄っぺらになってしまった。
故に登場人物たちが何の成長もなかった。

題材的にとても興味をそそられるものだったので、かなり残念。
renache

renacheの感想・評価

3.5
エルファニングは男になっても美しかった

ホント、心と体の性別が一致してるのってたまたまラッキーだっただけなんだろうな
ユカヲ

ユカヲの感想・評価

4.5
男の子になりたいレイを、みんな何だかんだですごく愛してる。ニューヨークの秋の肌寒い空気感と、家族の暖かい雰囲気が不思議にまざってほんわり心地よい映画。
ぱぴこ

ぱぴこの感想・評価

3.2
自分に子供ができたとき、心と体の性が違うと言われたら自分には何ができるのかな…どういう風に力になれるのかな…とすごく考えさせられた。
レイと、クレイグの子供たちとの会話が印象的だった。エルファニング美しかったなぁ
kirito

kiritoの感想・評価

3.0
【決断】

『私は娘を失った。』

トランスジェンダー。
16歳で性転換手術を行おうとする主人公。
手術には両親のサインが必要だった。
しかし、父と母は既に別れていて、彼女は父に会いにいく…

親としては心配だ。
今だけだったら?
将来自分の決断は失敗だったと言われたら?

車の中を転がる丸めた紙のシーンがなんとも心地いい。

主人公をエルファニングが熱演。


この映画の問題点はレズのおばあちゃんとその相手の立ち位置がよくわからなかった。ここ。あんまり効果的に活きてない。


2018.9.15
>|