アバウト・レイ 16歳の決断の作品情報・感想・評価

アバウト・レイ 16歳の決断2015年製作の映画)

3 Generations/About Ray

上映日:2018年02月03日

製作国:

あらすじ

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にして…

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にしてみたりと、母親の“動揺”は暴走するばかり・・。一方、レズビアンであることをすでにカミングアウトしたおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)は最愛のパートナーとの暮らしを謳歌しながら、レイの“新しい人生”への一歩を、密かに応援していた。髪を短く切り、トレーニングをして、少しずつ“男の子”に近づいていくレイ。そんなレイの成長を見つめながら、マギーは意を決して、わが子のためと思い、性転換手術の同意書のサインを、別れた夫にもらうために久しぶりに会いに行くのだが・・・

「アバウト・レイ 16歳の決断」に投稿された感想・評価

公開されることになった事はいいけど相変わらずのポスターのポップ化に笑止せざるを得ない

レイはスケボーのことしか考えてないようなおバカな男の子じゃありません、むしろ若いながらにあまりに多くのことを背負って人一倍考えざるを得ない立場に置かれているというのにこれじゃドタバタコメディが起こりかねないような広告ですね
今更日本の映画の売り出し方に文句を言ってもしょうがないとは思いつつも、これから見る人にそんな愉快な喜劇を期待しないようにと思わずにはいられません
黒豆

黒豆の感想・評価

3.2
エル・ファニングこういう作品多いなーと思いつつ、嫌いではないので、普通に楽しく鑑賞。
ルックスだけで言えば、こういう男の子、いるよね。って思った
gomadore

gomadoreの感想・評価

3.7
マイルドヤンキー感がたまらないナオミ・ワッツ。
小夜子

小夜子の感想・評価

3.3
トランスジェンダーの葛藤もさることながら、むしろ"家族からの自立"っていう、テーマが心に響いた気がします!
a

aの感想・評価

4.2
全部英語で観たのでいくつかわからなかった箇所あったけど、おばあちゃん達が面白くていいキャラしてて笑えた😂💗
おばあちゃん達がいたからこそ重くなりすぎずちょうどいいバランスだったと思うしエルファニング演技うまいなぁ。
ジェンダーにも映画にも興味があるのですトランスジェンダーを扱った映画もっと観ようと思う。
yany

yanyの感想・評価

3.5
機内で鑑賞したけど、about rayが観れると気付いたのが遅くて半分くらいしかみれなかった。
mizuki

mizukiの感想・評価

4.3
断固支持。今年公開された日本の某トランスジェンダー映画よりはるかに優れてる。
なんで公開中止になっちゃったんだろう。
予告編だけじゃ物足りないよ~
DVDでもいいから観たい
もな

もなの感想・評価

-
すごく旬なテーマの映画だったので、機会があれば見たかった、、
楽しみにしてたのにT_T

公開中止って....T_T
>|