アバウト・レイ 16歳の決断の作品情報・感想・評価

アバウト・レイ 16歳の決断2015年製作の映画)

3 Generations/About Ray

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にして…

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。 ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にしてみたりと、母親の“動揺”は暴走するばかり・・。一方、レズビアンであることをすでにカミングアウトしたおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)は最愛のパートナーとの暮らしを謳歌しながら、レイの“新しい人生”への一歩を、密かに応援していた。髪を短く切り、トレーニングをして、少しずつ“男の子”に近づいていくレイ。そんなレイの成長を見つめながら、マギーは意を決して、わが子のためと思い、性転換手術の同意書のサインを、別れた夫にもらうために久しぶりに会いに行くのだが・・・

「アバウト・レイ 16歳の決断」に投稿された感想・評価

Yuumi

Yuumiの感想・評価

3.7
同性愛の映画のほうが比較的多いと感じるし評価されがちだけど、トランスジェンダーの人の話ももっと描いて評価されるべきだなと思った。実際はもっと辛くて苦しくて、自分が自分でないことへの不安や怒り、親の計り知れない葛藤など、重たい雰囲気のはずなのに、作りが良くできていて明るい気持ちで観れた。
グランマとのやり取りなんかはコミカルでユーモアもあって微笑ましく思えた。エルファニングの女優魂はまだまだこれからだ。
Tori

Toriの感想・評価

3.5
 主人公レイ(エル・ファニング)の「普通でいたいんだ」という言葉が印象的。女の子の身体が嫌で手術を望むレイと、レイを愛するがゆえに手術で後戻りできなくなるリスクの大きさから躊躇しているお母さんの対立が観ていて苦しかった。生きている環境によってはまだ「異常」ととられてしまうLGBTを描いた映画はたくさんあるけれど、今まで観た映画の中で一番家族愛を感じた。
 映画が進むにつれ、「いやお母さんしっかりして…」とだんだん思ってしまった。エル・ファニングは終始可愛い。
 
彩華

彩華の感想・評価

3.5

レイが美しかったとにかく

いいお母さんだったし
いいおばあちゃんだったし
いいおばあちゃんのパートナーだった

みんなそれぞれレイのことが大切で
またレイもそうで、それぞれの立場の
葛藤も愛ゆえで、

自慢のお母さんって言うところで涙
Toshiaki

Toshiakiの感想・評価

3.3
テーマがなかなか難しい。
LGBT映画が苦手な自分でも見れた作品。
con

conの感想・評価

2.8
男の子になりたいレイ
葛藤する母親
同性愛者でパートナーと仲良く過ごしてる祖母

あたし的に祖母は簡単に受け入れるのかと思ってたんだけど
自分は女のまま女を愛してるから身体を変えるって事がわからないってのが、そーよねって妙に納得したポイント

後半、おじさんが訪ねてきたのか分からぬまま終わってしまった…

エンディングも含め物足りなかった…かも

レイ役の子がホントの男の子みたいで
キレイ、カッコイイだったからそこは観てよかったポイント(笑)
madeline

madelineの感想・評価

4.5
おばあちゃんの出てくるシーンはコメディのようでとてもおもしろかった!

早く本当の自分になりたいレイと娘を失うことで葛藤する母親

レイの失恋シーンはかなり心にグッサリきた
ドードーとフラニーの二人の愛のあるシニカルさが好き。何度か吹き出した。周りの人たちの愛情が感じられてよかった。秋のロウアーマンハッタン。
リトルミスサンシャインとサンシャインクリーニングのチームの作品だったので観に行きました。

セクシャリティな問題を扱う映画ですが重みがなく舞台がニューヨークなのでおしゃれな感じもあってバランスがとてもよかったです。

こういう題材の映画は観終わったあと腑に落ちないことがおおいけど、この映画は観終わったときの清々しさがとっても気持ちよかったです。

ボーイッシュなエルファニングも可愛くて魅力的でした。
nagisa

nagisaの感想・評価

3.8
180213 新宿ピカデリー th-4
180426 amyuあつぎ sc-3
もりた

もりたの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

登場人物はすごく魅力的だった。ハチャメチャ家族って感じ。息子が殴られて帰ってきて、氷が無いからって冷凍の鶏肉で顔を冷やしてあげる場面が面白かった。でも映画全体としては物足りなさを感じた。結局同意書にサインしてもらえるんだけど、それで終わり?ってなった。母親と父親の問題よりもレイ本人にもっとフォーカスしたら良かったのにと思った。
でもElle Fanningの可愛さだけでも観る価値はある。
>|