追撃者の作品情報・感想・評価

追撃者2014年製作の映画)

Beyond the Reach

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:91分

3.2

あらすじ

すべては、一発の銃声から始まった—。 広大な灼熱の砂漠で、男の理性が狂い出す。 アメリカ南西部モハーベ砂漠。日中には気温 50 度を超え、街まで 150 キロ離れた広大な砂漠地帯でト レッキング・ガイドをする青年ベン(ジェレミー・アーヴァイン)。彼のもとに、ある仕事の依頼が舞い込む。 趣味の狩猟を楽しむために訪れた大富豪マデック(マイケル・ダグラス)のガイドだ。砂漠を進んでいく二人だが、狩…

すべては、一発の銃声から始まった—。 広大な灼熱の砂漠で、男の理性が狂い出す。 アメリカ南西部モハーベ砂漠。日中には気温 50 度を超え、街まで 150 キロ離れた広大な砂漠地帯でト レッキング・ガイドをする青年ベン(ジェレミー・アーヴァイン)。彼のもとに、ある仕事の依頼が舞い込む。 趣味の狩猟を楽しむために訪れた大富豪マデック(マイケル・ダグラス)のガイドだ。砂漠を進んでいく二人だが、狩猟ボイントに着いた瞬間、興奮したマデックが崖上に見えた物陰に発砲。駆けつけたベンが 目にしたのは、銃弾に倒れた探鉱者の死体だった...。すぐに事故を通報しようとするベンに対し態度を 急変させたマデックは、彼の衣服を剥ぎとり素っ裸のまま砂漠に放り出し、離れた場所からライフルの照準をベンに合わせた。それは、豹変したマデックが仕掛けた< 人間狩りゲーム>の始まりの合図だった。突如として<獲物>とされたベンは、砂漠ガイドとしての知恵と生存本能を武器に生き残りを懸ける。息詰まるスリルとサスベンスの果てに、ベンを待ち受けるのは「生」か「死」か―。絶体絶命の壮絶なる逃 亡劇が幕を開ける。

「追撃者」に投稿された感想・評価

あ

あの感想・評価

3.5
ずっと題名が思い出せなくて調べに調べて 裸足で逃げる 砂漠 洋画 で検索してやっと見つかった!
最後までハラハラした覚えがある。普通に面白かった。
SYU

SYUの感想・評価

3.0
2018年23本目
スリラー

灼熱

砂漠の街でガイドをしている主人公の青年ベンは、大富豪マデックの狩猟ガイドをすることに。
しかし予期せぬ事故が発生、マデックによりベンは灼熱の砂漠に裸で放り出される。
果たしてベンは絶対絶命のマンハンティングから逃れる事ができるのか?

予告で見て勝手に描いていたストーリーとは違っていた。
昔ならデニス・ホッパーが演じるような狂気の大富豪を、製作総指揮も務めているマイケル・ダグラスが流石の迫力で演じています。
直射日光で腫れあがった皮膚の描写が痛々しい。
上映時間約90分と少し手が空いた時に見るには、おすすめの一本。
倫理観は大事です。
生きる糧として、やはり恋人の存在は大きいものです。策を練る上で、友の存在は大きいもののようです。グッジョブ、チャーリー!
裸?下着?にダンガリーシャツ!見えそうで見えないのが逆にエロい!(笑)

今作は劇場で観た後1度レビューしたんですが、フィルマ始めたばかりの頃で全然誰にも読んでもらえなかったやつです(笑)
そんな不憫なレビューの供養のために再投稿します!(笑)
あっ!もちろんちゃんとDVD借りてきて改めて見直して書いたレビューです!(笑)

ビッグホーン(オオツノヒツジ)だと思って撃ったら人間だった!って話し。
今作のマイケル・ダグラス、大金持ちの会社の社長で何でも金で解決出来ると思ってるクソ野郎。
対して主人公の狩猟ガイドの青年は、中途半端な正義感で金に目が眩んで一度は事故を隠そうととするのに、結局通報しようとしたり、行動に一貫性がない。
だから主人公に感情移入出来ない。
事故の目撃者である主人公が邪魔だけど、殺してしまうと殺人になるから、裸で砂漠を彷徨わせ、衰弱死させようとする中盤がとても退屈。
ラストらへんでちょっとだけドキドキするところがあるけど、それだけではねぇ(笑)
その後の話しも蛇足だと思うし、お金かけた2流映画って感じでした(笑)

実は今作観に行ったのが初シネマート心斎橋でした(笑)
まあ、メインは『少女椿』で今作はついでに観たんですが(笑)
この時は車で行って、高速使わなかったので2時間以上かかり、しかも駐車場で迷い散々でした!(笑)
これ以来大阪遠征には電車を利用してます!(笑)

以下はオリジナルのレビューです(笑)

この作品のキャッチコピー「マイケル・ダグラス史上最凶」、「狩るか、狩られるか」、「人間狩り」について。

まず「マイケル・ダグラス史上最凶」。自分の利益のためだけに、相手を追い込むさまはまさに狂気の沙汰だが、『フォーリン・ダウン』のサラリーマン役の方がより凶悪だった。

次に「狩るか、狩られるか」。マイケル・ダグラスに追われる主人公は、丸腰で一方的に追われる事になり、対決とは少し違う。

そして「人間狩り」。この言葉から最初から人間をターゲットにするイメージだったが、実際は事故がきっかけで歯車が狂いだす。

観ていてストーリーも舞台も全く違うのだが『クリフハンガー』を思い出した。あちらはスタローンがテロリストに防寒着を奪われ、極寒の雪山に置き去りにされ、こちらはパンツ一枚で砂漠を死ぬまで歩かされる。どちらの主人公も驚異的な生命力と知恵でのりきる事になる。
ラストの最終対決は自分的には必要なかったように思った。
おもしろいが、です。
伏線がすごいが、です。

これを見ずに死ぬのはもったいないが、です。

崖登りのアクションは、ワイヤーワークつこてなかったらえらいもんだと思います。
普通だった。
撃てよ。なぜ撃たない?殺したいんじゃないの?バッドエンドにしたら駄目な理由でもあるの??突っ込みどころ満載。ラストのやり方でいくらでも後味の悪い素晴らしい映画になったはず。でも中盤は割と楽しめた。もったいないね。普通の映画が観たいならオヌヌメ。
灼熱の砂漠を舞台に、大富豪から命を狙われる青年の必死の逃亡を描くサスペンス。シンプルな構成ながら、追われる者と追う者の駆引き描写が見事。但しラストに余韻なし。ビッグホーン狩りが人間狩りに変貌。砂漠(リーチ)のトレッキングガイド。オーストリア製ステアースカウト。取り残されたロボット"ウォーリー"
Kana

Kanaの感想・評価

-
金に物言わせるひと嫌い

爺さまがヘリで逃げて終わり、、
かと思いきや
ストーカーばりの執拗さに
目が点
2017.12.26
いつの間にかイケメンになっていたジェレミー・アーヴァインといつの間にかおじいちゃんになっていたマイケル・ダクラスの攻防をたっぷりみせられる本作。砂漠で"人間狩り"をしようとする超お金持ちのダグラスおじいちゃんに立ち向かうイケメンのジェレミー。シックスパックスが眩しいです。
中盤の水を探すシーンは痛々しくて、見てるこっちの口も乾きました。問題は終わり方ですが、結構強引でしたね~。物足りなさは残りますが、ダグラスおじいちゃんの不気味な感じの余韻が残っていて悪くはないかなと。
マイケル・ダグラスが原案脚本に惚れ込んで出演を決めたらしいが…。確かにオハナシそのものの発想は面白いし、銃撃等の演出に派手さはあった。
テンポも悪くないし、それなりの緊迫感もある。悪役のゴードン・ゲッコーを小物にした感じも胡散臭くていい。出演者が少なく大部分が荒野での撮影だが、地形を利用した舞台の移動など飽きが来ないように工夫されていた。
主役の『戦火の馬』の人も純朴そうで悪くないが、やはりマイケル・ダグラスの演技の質が段違いで、『ウォーリー』のギャグを若者が愛想笑いするまで続ける感じなど、厄介な上司に目をつけられて、早くこの助手席おりたいけど愛想笑いするしかないときの雰囲気がよく伝わってくる。
物語としてはまとまっていたと思うが、ラストの結末は「付け足し」であって「伏線回収」とは言わない。
>|