裸のジャングルの作品情報・感想・評価

「裸のジャングル」に投稿された感想・評価

mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
コーネル・ワイルド監督/主演。舞台は19世紀アフリカ。象狩時に雇主が地元部族へのみかじめ料をケチった為、人間狩りのマトにされるガイドのサバイバル映画。残酷な処刑方法や、奴隷狩りなどヤコペッティ監督作品顔負け。ラストのやけに爽やかなノーサイド感が放心。しかし白人強すぎで黒人弱すぎでは?しかも最後はズルだろ…。
ジャングルで ある部族の怒りをかい、その部族から逃げるお話です(^-^)

長距離を走り続けるという、犬などにはできない、人間だけがもつ能力を最大限にえがいた とても力強い作品でした。

メル・ギブソン監督の「アポカリプト」なんかも本作品と雰囲気が似ていて面白いです。

アクション★★
全力疾走★★★★
持久戦★★★★
Katongyou

Katongyouの感想・評価

3.4
ラストが清々しいくてよいー。女の子との交流も唯一ほのぼのしているシーンで印象深い。所々で挿入されるCGなんてない生き物たちの戦いに目を見張りますなー。マントヒヒつえー。
のん

のんの感想・評価

3.3

コーネル・ワイルド監督・主演・製作。

ジャングルの動物の記録映像を本編ストーリーに切り張りして上手く重ねてるように思う。生き残りをテーマとしてたサバイバル映画で、アフリカで好き勝手やる白人ハンター達が原住民に捕獲され一部は殺され残った一人(主人公)は、衣服も何も剥ぎ取られ獲物としてジャングルに放たれる…という話し。

見終わって気づいたのは、白人達が捕まって以降は殆どセリフが無かった(現地の言葉はあります)ということ。でも面白いのが凄い。そんなにハラハラするわけではないし、サバイバルの割になんかのんびりしてるんだけど何が面白かったんだろ…。言葉がないからこそ心動いたって感じ。
notitle

notitleの感想・評価

4.0
ルールを破り、象狩をした白人達が、原住民の怒りをかい、狩られる対象として、荒野に解き放たれる話。継ぎ接ぎ感ある編集ではあるが、自然界の食物連鎖が鏤められ、人間のちっぽけさや卑しさを感じる。意図して、世界を破滅させるのも、護れるのも人類。
アフリカの先住民族に追われ、裸で逃げることになった白人。非文明と文明の戦いではなく、文明の利を持たず、自然の中に放り出されればみな同じなのである。
主人公と先住民族の命をかけた追いかけっこには汗臭さとアフリカの熱気を感じる。自然の脅威をさほど感じなかったのは残念だが。
ただ追いかけられて逃げているだけの話なのに面白く、最後まで飽きずに見られた。
裸のジャングル 鑑賞。

すごい、本当のサバイバル。

コミュニケーションギャップにより現地のアフリカンに捕らえられその場での処刑でなく安全な場所まで追っ手から逃れつつたどり着ければ許してやるという過酷な刑を受け安全な場所までサバイバルするという内容。

生々しさを感じる演出にBGMがアフリカの打楽器ぽい音と後は野生というか自然そのものの音、まるで「カムイ外伝」のように途中に流れる弱肉強食の世界を思わせる映像。

何だかんだといっても逃げる白人も強い、ただ逃げるだけでなく戦いそして奪う、生き残るため。これはまさにジャングルの掟。
50Kenzo

50Kenzoの感想・評価

4.0
町山さんご指摘のように「アポカリプト」の元ネタ要素てんこ盛り。とはいえ、昔の作品らしくのんびりムードなとこもあり(-_-)

ちょうどアメリカでは黒人の公民権運動盛んな頃なので、そのあたりの要素も入ってたりするんかな?
ryo

ryoの感想・評価

4.0
19世紀のアフリカで象狩りをしに来た白人のハンターたちが原住民に捕まり逃げるお話

追いかけっこのシーンの音楽が良い
まりこ

まりこの感想・評価

3.5
2018/03/22 DVD

劇伴すごくよかった!
展開早くどんどん進むのもよかったし、なによりラストもかっこいい。
ザヴーディ!

2018-19
>|