何故彼女等はそうなったかの作品情報・感想・評価

何故彼女等はそうなったか1956年製作の映画)

製作国:

上映時間:81分

3.4

「何故彼女等はそうなったか」に投稿された感想・評価

みたの2週間前くらいですが、印象深い。戦争を背景にした不良少女たちの更生施設の話なんだけど、実際のところ彼女達は不良でもなんでもなくて、世間がラベルを貼付けてはがさないようにしているだけということが次第にわかってくる。香川京子演じる先生からいわれたことばをすべて教室で広める素直すぎる伝言ゲームなんて無邪気すぎてすれっからし感ゼロだろ。しかし、この伝言というのは作品の重要なテーマかもしてない。うわさ話のモチーフもやたら多いし。
左右交互になされるカメラの平行移動がとても印象的。廊下の奥行きも実に巧みに使われている。意味有りげにかじる夏みかんはなにを表わしているんだろう。

志水宏作品はもっと観たいですね。
不良少女たち
ひろちゃんの座った目が凄い。眼光。
香川京子の「ね?」が耳に残る。


「赤線地帯」をもう一回みたくなった
てふ

てふの感想・評価

3.0
シネマヴェーラ渋谷で清水宏監督特集。

新東宝が少女更生施設への理解を訴える社会的な作品を作っていたのは意外。ラストのお面を使っての演出が良かった。
an

anの感想・評価

3.5
「大人は悪、子供はその犠牲者」の構図がより際立ち、ちょっとメロドラマの様相を呈しているようにも見えた。清水監督はユートピア願望が強いのでは。喧嘩する少女の「やったな!」の返しが「やったわよ!」なんだな。
併映の『風の中の子供』目当てなのか、今日のヴェーラは混んでいた。GWは空いてたのに。