信子の作品情報・感想・評価

「信子」に投稿された感想・評価

天カス

天カスの感想・評価

4.0
1940年(!)のモダンで社会派な作風でしたが、「先生ぇ…あたし、先生がとても好きだったんですの…。」という台詞(どちらかというとその前後の台詞の方がヤバいが)に全て持ってかれてしまい、長らく忘れていましたが百合は最高だなという結論しか出なかった。誠に申し訳ない。とてもいい映画ですけ…。

そもそも一つの画面にこれだけたくさんの女学生が映っている映画、なかなか思い出せない。『ピクニックatハンギングロック』もこんなに沢山いない。
zhenli13

zhenli13の感想・評価

3.8
若き高峰三枝子の美しさに終始見惚れる映画。彼女の見事な三日月眉に何の淀みもなく弧を連ねる鼻梁に、ブランクーシ「眠れるミューズ」を思い出しながら観ていた。正直、教師の評価は風貌の好さだけで数割増しだと思う。しかしその風貌のなかにその人自身の面白さが透けてくるかどうかを、教壇の下の生徒たちは見ている。見ようとしなくたって見えてくる。高峰三枝子演ずる信子にはそれがある。斜にかぶった帽子とトレンチコートで置屋の横丁に現れる信子。訳あり女かと口を開けば素朴な田舎訛り。国語教師として赴任したのに体操をもたされ溌剌と号令をかけ、英語の先生の代替で授業の質問にもすらすら答える信子先生はさりげなくスキルも高い。

獅子文六の同名原作、キャッチーで端的なタイトルはさもありなん。権威主義・事勿れ主義をよしとせず悪いものは悪いと憤然と生徒にむかう先生というプロットはその後の学園ドラマにおいて嫌というほど採用されるが、清水宏は自立して生きようとする女性や職業差別をほのぼのと包みこむように描く(木下恵介『女の園』の科白で説明させるくどくどしさとは一線を画すように思う)。陰湿さは無く、女学生同士も面と向かって批判したりする。

ハイキングのシークエンスは清水宏監督の本領である。居なくなった穎子を探して山間で女学生たちが「ほそかわさ〜ん」「えいこさ〜ん」と呼び続けるシーンがやけに長く(二度目の校内捜索でも)まるで『ピクニックatハンギングロック』のように、美しい高峰三枝子と女学生たちの刹那のときがそのまま山の中に吸い込まれていきそうだ。
gfbsj

gfbsjの感想・評価

-

またしても. ..良かったです!笑

冒頭から、ただただ高峰三枝子さんの魅力にがっつり持っていかれるという
前回観た「 按摩と女 」のミステリアスな役と打って変わり.. 人間味あって真っ直ぐな役柄に、ぐいぐい引きこまれました笑!
すごい女優さんだな.. と。というか、方言も似てて懐かしく親近感

それと、信子先生vs頴子の展開もよかったです。
なにげに、、トラックから手をふる頴子のしたり顔 嫌いじゃないです笑
と終盤、やっと頴子が信子先生に心を解放するのですが.. なんとなくアレな空気を感じたのは気のせいか.. それとも自分の見方があれなだけなのでしょうか笑
また何故か..ところどころ挟められる下宿先のチャコは、、頴子との対置だったこととか

何本か観て思ってたのですが、表面には現れない いくつもの層で構築されてるところやっぱ 凄いなと
清水宏監督、、テクニシャン過ぎます!笑
なつこ

なつこの感想・評価

4.0
不良少女が脱走するのは構ってほしいだけなんですよね、知ってた 栄子さんが愛らしすぎるよ
トレンチコートでハットを被り大きなスーツケースを抱えた(まるで女優のような)モダンな女性が、下町の芸妓茶屋を訪れるという冒頭シーンのインパクト。このモダンガールが上京してきたばかりの方言丸出しの田舎娘だと言うのだから気が効いている。普通ならいかにも田舎者の風体にするところだが、あえて逆転させる。着物の芸妓と洋装のモガ、新旧の女性像を映像でわかりやすく対比させていて、これが女性映画であることを予言する。

田舎モダンのフェミニスト信子が、女学校の悪弊を打破すべく戦う物語で、学園モノの雛型のようなテイストだが、この学園ストーリーにわざわざ芸妓を登場させているのが面白い。新しい思想と古い伝統の共存を謳っている。戦後の「青い山脈」みたいな徹底した改革思想はここにはない。

この映画、ほとんど女性しか出演していなくて、かろうじて登場する男性は、寮に侵入する泥棒と、ハイキングですれ違う行者くらいなので、これはいよいよ本格的な女性映画だと思いながら見ていたら、最後の最後に登場して、すべての問題を解決するのが、有力者である生徒の父親、というのが笑ってしまった。これは意地の悪い清水のユーモアか。

劇中、行方が分からなくなった生徒を大声で探し続けるシーンが二度あって、時間にして計約5分、映画的に明らかに長すぎるんだけど、これが最高。「細川さーん」「細川さーん」「エイコさーん」「エイコさーん」と、生徒たちが叫ぶ声がずっと続く。彼女たちの声が、森林に、校内に、響き渡る。同じ言葉を何度も反復させる演出を清水はよくやるが、このシーンにも夢のような陶酔感があって心地良いし、同時に少し不気味ですらある。清水演出の真骨頂。映画が終わっても「エイコさーん」がしばらく耳に残っていた。クライマックスで、エイコ、信子、エイコの父、と3人立て続けに長演説ぶちかますのはいただけないが、総じて爽やかなストーリーと魅惑的な映像が堪能できる快作。

ところで信子が転任してきて教師に挨拶して廻る際、松原という音楽教師にだけ「よく存じあげてますわ」と、高峰美枝子が何故か知っている風なことを言うんだけど、これは音楽教師役が女優ではなく、当時の流行歌手ミス・コロムビアこと松原操が演じているために、ファンサービスの意味でのメタ的なセリフなのだろう。高峰美枝子もまた当時の人気歌手でもあったので二人は顔見知りだったのかも。
大大傑作『蜂の巣の子供たち』の清水宏監督、1940年の作品。主演は高峰三枝子、撮影は小津映画でおなじみの厚田雄春。
九州から上京し女学校の教師になった信子が学校改革にのりだす。よく言われてるが、女教師版「坊っちゃん」みたいなお話。
冒頭から厚田雄春のすうっとした横移動のカメラワークがとても印象的。あたまからおしりまで、まるで全編が流れるような映画。
そこにジャケットにロングコート、そして黒いハットという粋な出で立ちで登場する高峰三枝子。思わず目を奪われてしまうのだ。
清水監督作品らしい無邪気さと粋さ。終盤、行方不明となった問題児を、教師と生徒たちが学校中を探し回るシーンでの幾何学的なセットの美しさったら。フォトジェニーな瞬間に満ちている。清水監督のセンスが発揮された素晴らしいシークエンスだ。
戦後、戦争孤児を引き取って育てた清水宏監督ならではの教育映画だ。
清水宏による女教師版『坊っちゃん』というところでしょうか。高峰三枝子演じる新米教師が九州の田舎から東京の女学校へ赴任します。なんですかね、よくある学園ものですよ。生徒が先生いびるんですが、愛をもって教育することで生徒と和解するってやつです。ストーリーは飽き飽きなんですが、高峰三枝子が野暮ったい新米教師から、一皮も二皮もむけて厳しくも愛のある教育者へと変貌するさまは見どころだと思います。後半はキリッとしてます。子どもの不始末で先生辞めなきゃいけないなんて、親は子の不始末で親辞めらんないですからね、先生辞めんなよ、的なセリフにはぐっときました。責任ですね。がんばります。
高峰三枝子さんの女学校教師ぶりが本当にすてきで、私が生徒でも好きになっちゃうよ〜。それなのに訛ってるって、好感度高すぎる。「け」って何度も言っちゃうところとか、あんみつ2つとかのユーモアは清水宏の方のテイストなのかな。最後は思わずもらい泣き。

「生誕百十五年記念 清水宏と小津安二郎」@神保町シアター
「えいこさ〜ん、ほそかわさ〜ん」の呼び声の繰り返し、ドアを開けるたびに揺れる半透明のカーテン、人のいはいないところまで川の流れを追うカメラの平行移動。少女と先生を主役にした学園映画という体裁とは裏腹な亡霊の気配。いたずらの影もいたずらで終わらない不気味さを漂わせてるし、瑞々しさと幽玄の両立が本作の魅力だと思った。そもそも高峰三枝子が幽玄だしな。途中のフィルムの乱れは残念だけど。

体操と葉っぱの揺れ、トラックとバスをよける女生徒などの反復にグッとくる。えいことちゃこ、家族に問題を抱える少女を対置させてるのもうまい。

「按摩と女」でも思ったけど、真正面の切り返しがとてもいいですね。
yuka

yukaの感想・評価

3.6
やや退屈

「えいこさぁ〜〜ん」「ほそかわさぁ〜〜ん」の声が木々の間にこだまするシーンが印象に残る
>|