破門 ふたりのヤクビョーガミの作品情報・感想・評価 - 58ページ目

破門 ふたりのヤクビョーガミ2017年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:120分

3.3

あらすじ

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北…

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北川)からは、本当は桑原のことが好きなんじゃないの?と言われる始末。そんなある日、二宮は映画プロデューサーの小清水(橋爪)が持ち込んだ映画企画を、桑原のいる二蝶会若頭の嶋田(國村)に紹介してしまい、二蝶会が出資をすることに。しかし小清水は金を持ったまま、愛人の玲美(橋本マナミ)とドロン。出資詐欺か!?詐欺師・小清水を追いかけるため、桑原は二宮を巻き込んで奔走するが、見つかってはするりと逃げる小清水にふたりは翻弄され続ける。遂にキレた桑原のハチャメチャな追走劇は、更に大きなトラブルへと発展!追っている筈が何者かに追われてる!?この絶体絶命に、ふたりは生き残りをかけて大勝負に挑むがー。

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」に投稿された感想・評価

nao

naoの感想・評価

3.8
佐々木蔵之介がひたすらかっこよくて怖かった!
大阪人としてはうれしい地名もちらほら。
えり

えりの感想・評価

4.0
佐々木蔵之介のかっこよさといったらもう…
あっという間に2時間経ってた!
関西弁のかっこよさがたまらない!
やっぱり関西弁は聞いてて心地よい。
みんな配役がピッタリでした。
原作読んでないけど読んでみたくなった!面白かった〜!
mits

mitsの感想・評価

3.1
ジャニーズ主演モノとは思えない暴力描写。そして面白かった。原作がある映画は物語がしっかりしているなと思う。佐々木蔵之介がとにかくカッコいい。
s

sの感想・評価

3.9
原作読んでないからか結局なにを伝えたいのかよくわからなかったけど、最後まで全く飽きずに楽しく見れる不思議な映画だった。
最近の邦画のギャグは見ててしんどいけど破門のギャグは自然。2人の掛け合いもっと見たいからドラマでやってほしかった。

関係ないけど横山くんに美肌の秘訣を伝授してほしい。
Ray

Rayの感想・評価

3.6
吐いたツバはよう呑まん

良い台詞。

キムラ緑子さん演じる二宮の母親と横さん演じる二宮の2人きりのシーンはものすごく自然体でよかったな〜
隣にいる親子の会話を聞いているみたいで、結構好きだなあのシーン。

桑原と二宮の関西弁の掛け合いものすごく面白かった!!!みどころ!
佐々木蔵之介演じるヤクザがこれまた怖いけどかっこよくて、うおお!大迫力!!!それと横さんファンはもうあの入浴シーンたまんないと思うね…私はやばかったもんやられた…笑
sei

seiの感想・評価

4.0
いや~これは面白い!関西の役者さんばかりなので、関西ものにありがちな嘘っぽい関西弁のわざとらしさがなく、テンポもいいし、掛け合いもいい!

佐々木蔵之介のキレキレヤクザっぷりが徹底してる!思ってたよりも暴力シーンはちゃんとしたヤクザもんでしたが、コメディなのでヤクザものを普段見ない私も楽しめました♪
佐々木蔵之介と横山裕のお互い利用してやろう感がすごいけど、結局一緒にいるっていう…(  ̄▽ ̄)凸凹コンビものが好きな人にはオススメです!

原作がシリーズ化してるなら是非、映画もシリーズ化してほしい!

このレビューはネタバレを含みます

佐々木蔵之介がひたすらかっこいい。
あんなにインテリ風の眼鏡が似合うヤクザがしっくりくるのは佐々木蔵之介か小栗旬かだと思う。

橋爪さんの胡散臭さがすごい良かった。オールウェイズ胡散臭い。

「自分で吐いたツバ、よう飲まんのですわ」

◯ 2017映画館@5本目
予想よりずーっとおもしろかった。

もっとドタバタガチャガチャしたコメディなのかと思ってたら。
ぜんぜんまったく。

どちらかというとハードボイルド。
テンポもよくて、飽きずに、最後まで。

アクションというより、だましだまされの追いかけっこ。

蔵之介さんと横山くんの掛け合いは、大阪弁も心地よく良かったけど、もう少し、ぐいぐいほしかった。
たぶん横山くんのダメっぷり&ボケっぷりが足りなかったのかな。

周りの俳優陣がとっても良いし、橋爪さんはさすが。

拾いものでした。けっこうオススメ。

このレビューはネタバレを含みます

原作は未読。
予告編から感じるほどコメディではなく、どちらかというとハードボイルド小説のような雰囲気に寄っているような気がするものの、主人公二人の漫才のような掛け合いは楽しい。
そういう点で会話の中にツッコミが生まれる関西弁の響きが、いい塩梅に面白みを生んでいるような気はする。
ストーリーは詐欺だのヤクザだのと穏やかではないのにねw
「落ちているのか飛んでいるのか」という主人公たちの腐れ縁っぷりや、詐欺師追跡劇という凸凹コンビのバディ・ムービーとしては面白かった。

ただ、どうせ大阪を描くならもう少し土地柄を生かしたような描き方があると嬉しかったかなあ。
取引場所として出てくるハルカスも観光名所だからというだけのような感じで、ビルの高さを生かした話の仕掛けは薄い。
地下駐車場に行くまでの時間稼ぎができるという事はあるんだろうけど、積極的にそれが描かれるわけでもないし。
まあご当地映画で観光名所が出るくらいの意味合いかね。
中盤に行くマカオもマカオである意味はあんまり感じない。
カジノを使った詐欺師の金の隠し方の一端を見せるという意味くらいだよね。

それはそれとしても、大阪を舞台にした映画を観ていて登場人物が皆まともな関西弁で喋っているのは、大阪人の自分として気分は悪くないですよ。
まあ佐々木蔵之介とかは多少誇張した喋り方をしているところもあるけど、イントネーションの気持ち悪さはなかったし。
なんせ役者がみんな関西人だもんね、その辺はしっかりしている。
個人的には、主人公が実家に帰る度に「なんやのあんた」みたいな自然な反応をする主人公の母(キムラ緑子)の感じが良かったなあ。