破門 ふたりのヤクビョーガミの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

破門 ふたりのヤクビョーガミ2017年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:120分

3.3

あらすじ

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北…

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北川)からは、本当は桑原のことが好きなんじゃないの?と言われる始末。そんなある日、二宮は映画プロデューサーの小清水(橋爪)が持ち込んだ映画企画を、桑原のいる二蝶会若頭の嶋田(國村)に紹介してしまい、二蝶会が出資をすることに。しかし小清水は金を持ったまま、愛人の玲美(橋本マナミ)とドロン。出資詐欺か!?詐欺師・小清水を追いかけるため、桑原は二宮を巻き込んで奔走するが、見つかってはするりと逃げる小清水にふたりは翻弄され続ける。遂にキレた桑原のハチャメチャな追走劇は、更に大きなトラブルへと発展!追っている筈が何者かに追われてる!?この絶体絶命に、ふたりは生き残りをかけて大勝負に挑むがー。

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」に投稿された感想・評価

面白かった。好みの映画だった。2人の掛け合いがテンポよく進む。漫才みたいで面白い。ヨコが完璧に佐々木蔵之介の引き立て役になっていた。でも彼はあの役にぴったりだと思う。佐々木蔵之介も全く違和感なかった。かっこよかった。そして改めて関西弁が好き。

いや〜面白かった!
ただ関西弁聞き取り辛くて
何言ってるかわからないところも
時々…

でも関西弁だと迫力あって
佐々木蔵之介かっこよかった!
Hiro

Hiroの感想・評価

3.5
佐々木蔵之介が歌うレアなシーンがあります笑
ヤクザって佐々木蔵之介が演じそうであまり演じてなかったと思いますがぴったりです‼

2人のかけあいが漫才師みたいで面白い( -∀・)
さらっと楽しく観れる映画でした(^ー^)
Haru

Haruの感想・評価

-
【鑑賞記録】

佐々木蔵之介どちゃくそイケメン
WOWOW版が好きだったし映画版もテンポ良くて面白かった。
かほ

かほの感想・評価

3.3
佐々木蔵之介かっこええな〜〜!カッコいいし演技うまいし味出てるし面白いしアクションもうまい。言うことなしやんけ。アクションについては、佐々木蔵之介は細身だからパワー系の演技出せるかなと心配な部分もあったが、身長の高さで迫力を出し、あとはパワーどうこうではなくサイコパスかってぐらい残虐な、人間の弱点や痛点を知ってる殴り方をすることでカバーしていて、とても様になっていた。
K

Kの感想・評価

2.5

普通に面白かった。
桑原二宮コンビかわいい。
Mako

Makoの感想・評価

2.8
佐々木蔵之介さんに惚れてまいそうになる映画。てゆうか惚れたわ(笑)

ほんまもんの関西弁やしええわ〜。
PICASO

PICASOの感想・評価

2.2
お互い嫌い嫌い言っててもどこかで信頼してるようなコンビもの好きだから面白く観られたし、悪者蔵之介さんとダメ男横山君が見られて良かった♪
でもヤクザ言葉?が分からないから物語についていけず辛い部分もあったかなぁ...
もっとコメディー強いと思ってたけどそうでもなかった
もねこ

もねこの感想・評価

3.3
横山裕見たさに鑑賞。よこちょの演じるずるくて臆病ででもなんだかんだでがんばる二宮に愛しさ。佐々木蔵之介ヤクザ役はまりすぎんか。とっても好き。かっこいいすぎ惚れる。奥さん大事にしてそう感もたまらん。
話はまぁなんか極道の日常みたいな話でしためっちゃおもしろい!!という感じではないが普通におもしろいなふむって感じでした笑

映画会社のじいさんの生命力としぶとさぱない。
>|