破門 ふたりのヤクビョーガミの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

破門 ふたりのヤクビョーガミ2017年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:120分

3.3

あらすじ

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北…

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北川)からは、本当は桑原のことが好きなんじゃないの?と言われる始末。そんなある日、二宮は映画プロデューサーの小清水(橋爪)が持ち込んだ映画企画を、桑原のいる二蝶会若頭の嶋田(國村)に紹介してしまい、二蝶会が出資をすることに。しかし小清水は金を持ったまま、愛人の玲美(橋本マナミ)とドロン。出資詐欺か!?詐欺師・小清水を追いかけるため、桑原は二宮を巻き込んで奔走するが、見つかってはするりと逃げる小清水にふたりは翻弄され続ける。遂にキレた桑原のハチャメチャな追走劇は、更に大きなトラブルへと発展!追っている筈が何者かに追われてる!?この絶体絶命に、ふたりは生き残りをかけて大勝負に挑むがー。

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」に投稿された感想・評価

kkz

kkzの感想・評価

3.6
思っていたよりも起承転結はハッキリしてなくて、淡々としてる。
主演の2人の関係は、相棒でもないし、バディでもないし、親友でもない、信用も信頼もできないけど切っても切れない腐れ縁でこういう関係も面白い。
甲斐性なしのそこそこいい年の男二人。ヤクザとニート。関西弁。
存分に遊べる。遊んでましたね。
終始、橋爪功に引っ張られていった。
佐々木蔵之介、カッコエエなぁ。
横山もえーけど、もーちょっとマシな役さしたりーな。
マリー

マリーの感想・評価

4.0
何も考えずに見れるエンターテイメント作品。この佐々木蔵之介大好きです。
佐々木蔵之介の存在をただひたすらおいしいとモグモグする作品。は!ラブかよ。
sw

swの感想・評価

3.6
コメディバディムービーと思って気軽に観たら、生々しい裏社会描写で、さながらアウトレイジでした。

普通に楽しめた。
たぼ

たぼの感想・評価

3.0
“腐れ縁”を絵に書いたような二人。

ヤクザ役をやっている珍しい佐々木蔵之介が見れます(笑)
普通に面白いです、コレ。
bee

beeの感想・評価

3.3
用語が所々わからなかった。色々痛そうだった。でも基本的に面白かった。
映画館で2回鑑賞。2回目の方が理解できた。イケイケヤクザ×ぐーたらびんぼーの絡みが最高。凸凹コンビなのに何故こうもいいコンビなのか。物語がポンポンと進むのでリズムよく観れた。途中ヤクザ用語含めついていけないところもあったけど。
なんだろ?

この二人、いいな!

佐々木蔵之介のヤクザ?と思ってたけど、いやぁ~かっこ良かった‼
>|