嘘八百の作品情報・感想・評価・動画配信

嘘八百2017年製作の映画)

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:105分

3.3

あらすじ

「嘘八百」に投稿された感想・評価

RinRinS

RinRinSの感想・評価

2.9
騙し騙され…
信じられるものは何?

そんなテーマのコメディ。
猫の茶碗の後に続く小噺があったらこんな感じかなと想像して楽しくなる物語。


友近さんの存在感。
👏
ひよこ

ひよこの感想・評価

3.5
中井貴一と佐々木蔵之介のコンビ、最高でした。
友近は、ネタだよね?(笑)
続編があるらしいので、そちらも是非観たい。
近藤正臣と芦屋小雁の古狸コンビも中々でした!
YouTubeで
予告編よりも
舞台挨拶を観てから
観たら納得。
なんでもないんです。
この映画。
それぞれのキャストが
そのまんまの
人柄で
演じれてるような
ノンストレス映画。
骨董品の世界では負け組の古物商と贋作師が手を組み、業界の重鎮への仕返しを企てまんまと成功したが...

そのまま終わるのはオチが弱いですが、かといってラストのどんでん返しはしっくりきませんでした。

良くも悪くもあっさり観れましたが、せっかく胡散臭い役者さんが揃っていたので、もっともっと騙し合い、化かし合いの方が良かったと思います。

例えば、その後どちらも利益の独り占めをしようと仲間割れする展開だとか。
echo

echoの感想・評価

3.0
大阪人としては
細かいところが
とにかくおもしろい!

あのノリと喋り方は
生粋の方しかできない!
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.4
利休のお椀の贋作で、散々煮湯を飲まされてきた著名鑑定士と道具屋に一泡吹かせるコンゲーム。

冒頭の一件から一転して共犯関係になる流れは良かった。仕事の腕はいいのにダメパパ負け犬同士の共闘、中々素敵でした。

ただ、どんでん返しモノやコンゲームとしては、正直あっさり過ぎて物足りないにも程がある。製作工程もあっさりなら騙す駆け引きもあっさり。英ドラマの「華麗なるペテン師たち」の1エピソードでしかない絵画贋作回とかを本気で見習った方がいい。あれは面白かった。

ラスト付近の茶碗関係ないとこの駆け引きはもはや蛇足。この尺使ってもうちょっと茶碗まわりのコンゲーム練り込んだ方がよかったよ。。

主演キャスト2人の持ち味で、愛のある楽しめる映画にはなってる。やっぱ佐々木蔵之介、イイ。ご本人が京都の良いとこご出身なのもあるかしら、どんな役やってても、ちゃんと役にはまってるのにどっか品があって観てて気持ちいい。

この主演2人の、情けないしカッコ悪いけど味のある男たちのやりとり観られるって所で続編観てもいいかなーと思う。話強化されてるといいなー。
ゆるっと観れるコメディ。中盤は面白かったんだけどなぁ。その筋のプロ達があれだけ揃ってて、役者もナイスなのに、もう少し凝った脚本と演出してくれたら良かったかも。女はあざとく一人勝ち狙ってる生き物ですよ(真顔)
nats

natsの感想・評価

3.2
ほのぼのとしたゆるーく観られる映画。
劇場で見るほどではないかな。

キャストも良くて設定も面白いけど
大どんでん返しがあるわけではなく、
ゆっくりと進むストーリー。
主演2人の掛け合いは面白い。

ラストからのエンドロールがちょっと楽しい。他の方のレビュー観なければ
最後まで観ずに終わってた 笑 
※エンドロールまで必ず観てください。

難しく考えずのんびり楽しく観られる。
ほっこりもする。

悪い意味でなく、「金曜エンタテインメント」とか「土曜ワイド劇場」みたいな安心感。
>|