嘘八百の作品情報・感想・評価

嘘八百2017年製作の映画)

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:105分

あらすじ

大阪・堺。空振りばかりの<目利き古物商>と落ちぶれた<腕利き陶芸家>が、タッグを組んで狙うのは、利休の茶器の贋物で仕返しついでに大金ゲット!ロマン溢れる骨董の世界を舞台に、大の大人が国をも巻き込み大騒動。果たして結果はいかにーー?

「嘘八百」に投稿された感想・評価

渋い二大主演をぶっ通しで堪能できる大阪・堺発の正統派コメディ。前半は色々ナナメ上を走る展開もあり面白かったが、中盤以降は予測の範疇というところ。もっとはっちゃけてもよかったように思えた(ラストははっちゃけというより脱輪という感じ)。スタッフ一同まじめな正直者なんだろうなぁ。嘘は六百くらいだろうけど、最後の最後であぁ八百だなと納得。娘さんと友近と贋作仲間たちの存在感が楽しかったです。
MtSNOW

MtSNOWの感想・評価

4.0
コメディとするも、別角度からの要素も含んでる。
クライム要素や、美術品にかける情熱など。
それぞれが自己主張しすぎず、まとまって綺麗に形をつくって物語を運んでいく。
個人的には、もう少し贋作作り(譲状や箱)に焦点当てて欲しかったところもあるけど。
まったり観るにはちょうどいい映画。

全てが嘘ばかりの話のなかで、唯一愛だけは本物だった。
unknown

unknownの感想・評価

3.8
2018/01/21


暇ではない昨今、本作はスルーだなと思っていたのですが、バーフバリが満席で見れないために、急遽同じくらいの時間の映画を観ることに。
正直頭の中はバーフバリ一色でしたので、期待なんてしていませんでした。
が、普通に楽しめました。
今のバーフバリレスの気持ちを鎮めるにはこれくらいの映画が丁度良かったのかもしれません。


ダメな父親が一発逆転を狙って再起をかけるという話に中井貴一さんと佐々木蔵之介さんのコンビが良かった!
さすが名役者。
演技の演技という難しい役を見事演じていたし、バディとして軽妙なやりとりも楽しかった!

周りを固める役者のキャラもとてもよく、劇場で普通に笑いました。
軽くて良い映画でした。
MOVIX堺観ましたぁ~。

関西の芸人さん沢山でてますよぅ。
堺のお話だけに、ロケも堺ってのが、いい。

続編あっても面白そう。
(^ー^)
中井貴一と佐々木蔵之介でバディムービー そんなの成功するに決まってんだろ 
久しぶりに邦画で観たいと思った作品
真剣にコメディしてる感じでとてもよかった
テンポも良くて劇場でもくすくす笑いながら楽しめる映画
HAL9000

HAL9000の感想・評価

3.6
面白かった!
焼肉かすき焼き食べたくなった。

話の面白さというよりは、掛け合いの面白さだった。
あの会話劇と間!
話自体はかなり無理あるけど、勢いで見れた。
娘さんのやくどころとか面白いね!
けど、最後の方のアレ、いる?
「百円の恋」の武正晴監督の最新作。
リングサイドストーリーを観た直後だけに不安だったけど、そんな不安もなんのその。

武監督のお家芸である、"落ちぶれていた人間が急に目覚める姿"を数分にまとめて表現するところはやっぱりアツい。

森川葵ちゃん関連の演出だけちょっと唐突なとこがあるのは気になるけど、他の部分は後腐れなく、すっきり面白く観られる作品でした。
Nat

Natの感想・評価

4.5
☆4と☆4.5で迷っておまけで4.5!笑
主演ふたりの掛け合いが軽妙で面白い。安心して観れる&万人に安心して勧められるコメディ映画。考えさせられたり技巧派な映画も好きだけど、こういう軽くて直球なのもやっぱり好きだな~!
colga

colgaの感想・評価

3.4
もっと笑多めのコメディかと

どんでん返し、一発逆転を狙う。
巧みな話術で客を翻弄する中井貴一。
誰も見破れない
利休の茶碗を作る佐々木蔵之介。
それぞれの家庭と子供達。

一念発起して茶碗作ってる佐々木蔵之介の息遣いがエロかった。

蔵さんが好きだから見た作品。
>|