探偵はBARにいる3の作品情報・感想・評価

探偵はBARにいる32017年製作の映画)

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:122分

あらすじ

「恋人の麗子を探してくれませんか?」。高田の後輩のありふれた依頼を引き受けた探偵は、麗子の所属するモデル事務所のオーナー・マリに遭遇、微かな既視感を覚える。その直後、探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒される。だが調査を進めるうちに、モデル事務所は売春組織であり、麗子らしき人物が殺人事件に関わっていた情報をつかむ。背後に浮上する北城グループ。代表の北城はススキノ裏社界では“最悪…

「恋人の麗子を探してくれませんか?」。高田の後輩のありふれた依頼を引き受けた探偵は、麗子の所属するモデル事務所のオーナー・マリに遭遇、微かな既視感を覚える。その直後、探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒される。だが調査を進めるうちに、モデル事務所は売春組織であり、麗子らしき人物が殺人事件に関わっていた情報をつかむ。背後に浮上する北城グループ。代表の北城はススキノ裏社界では“最悪のサディスト”と云われる男。マリは北城の情婦だった!探偵は不意に思い出す――生きる希望を失い、雪の中で倒れていた女――「あれか、あれがマリだったのか…?」 巨額の薬物取引、2つの殺人事件、緊張が走る裏社会――敵か味方か? マリに翻弄される探偵。 やがてマリは探偵に最初で最後の依頼をする――同時に、探偵と高田、別れへのカウントダウンが始まるのだった――。

「探偵はBARにいる3」に投稿された感想・評価

舞台挨拶付先行上映にて

キャッチコピーの意味は鑑賞後に分かりました
大泉洋さんが舞台挨拶にいらっしゃるということでTOHOシネマズ仙台の先行上映会に行ってきました。大泉洋さんのトークに終始笑いっぱなしでした。映画を観終わった後に演者さんや監督さんの話を生で聞けるなんて本当に贅沢。
とみぃ

とみぃの感想・評価

3.5
大泉さんの舞台挨拶付上映会にて。
評判が良くての3でしょうし、過去2作に続いての脚本古沢さんだしで、監督は変わったもののそこそこ期待して行きました。
アクションあり笑いあり涙(を流すほどではないけれど)ありで、テンポが良く観やすい。松田龍平のセリフで「キャラじゃない?」ってのがあったけれど、主役ふたりのコンビを象徴するセリフで笑ってしまった。他にも笑えるシーンは多くて、映画館全体が笑いに包まれる場面が多々あり、これこそ映画館で映画を観る醍醐味だなと。舞台挨拶で大泉さんが力説していた「映画は映画館で観てほしい!」というのは、こういう経験をすると本当にそうだなって思います。もちろん、次回作を作る指標だったりってのもあるのはわかるけれども。

細かい演出がちょっとありがちなのでもうひと捻り欲しかったけれど、全体としてよくまとまっており楽しめました。ただ北川景子、美人だけど演技がちょっと…主役ふたりがハマってるからこそ、そこが気になってしまったのだけ残念。 
ヤン

ヤンの感想・評価

1.0
札幌で昔から大泉を知ってるものとしては何演技しても大泉は大泉でしょうがない

救命病棟に出た時が一番うれしかった
【邦画界唯一にして無二。時代が求めたエンターテインメント!】大泉洋&松田龍平、探偵と相棒の活躍を描く大人気シリーズ。【最高の相棒】との別れ、切なすぎる【最悪の依頼人】、【最大の事件の行方】とは?
けい

けいの感想・評価

4.2
探偵はBARにいる3
大泉洋曰く、日本初の有料の上映にて鑑賞(笑)
このシリーズに個人的に順位をつけるなら1、3、2。だなと思う。
主にヒロインが自分の好みかどうかが大きい気もするが……(笑)
そんな訳で今回のヒロインは北川景子演じる岬マリ。
綺麗だし可愛いし顔ちっちゃいし折れそうな程細いし同じ女……同じ人間とは思えなかった……(இдஇ; )と説明する必要も無い北川景子の綺麗さはさておき、

相棒の高田が珍しく後輩の面倒を見て探偵を紹介し、探偵としては他愛のない良くある相談内容を暇つぶしで受ける所から物語は転がり出す。
そう物語の起こりは他愛のない事で。

今回の内容は兎に角何処に触れてもネタバレになりそうで、
一応公開前だし感想を書くのも難しいのですが、1 と2がお好きな方は裏切らない。
前作を見てない人がいきなり3を見てもまぁ困らない内容でした。
前作2の時に探偵がギャグ路線走りすぎてて個人的には探偵はハードボイルド多めでスパイス程度にコミカルな部分があるのが良かったので、3を見るのが多少不安ではありましたが、いい塩梅での笑いとシリアスなシーンで、グッとくるシーンではより胸に迫るものがあり、とても良かったです。

勿論前作で出てきたススキノの仲間たち(笑)も随所に出てきます。

何より探偵はBARにいるの私の好きな所は画面の色合いと言うか明るさと言うか質感が良い。
古い映画を見てるかの様な、煙草のヤニで煤けた様な、古いTVで見てるかのような画面の作りが妙に懐かしさと安心感がある。悪く聞こえるかもしれないけれどこれは大絶賛です。
画面作りにこだわりを感じる。

第1作目2作目はレーディングがPG12だったのですが今作はG。
確かに暴力表現性的表現は前作に比べマイルドで、目を覆うようなシーンはまぁほぼありません。ヤクザが絡んだり猥雑な街で生きてるんですからPG12に戻してガッツリ描いてくれても良かったのにな……と少し思いました。きっと色々事情があるのでしょう(o´Д`)=зフゥ…

公開されたらもう1度見に行きたいな。と思いました。
大泉洋と松田龍平の安定コンビ。テンポよく楽しめる。前田敦子のおバカっぽい演技は最近芸風になってきた。
Kコ

Kコの感想・評価

3.4
探偵はBARにいるシリーズを見たことがないまま3を鑑賞。
つまりは、コアなファンでもないのですが、フラットな目線で面白いと。
イメージはハードボイルドな寅さんなんだろうなぁと。
素敵なヒロインがいて、そのヒロインを取り巻く人情劇。ミステリー感は全然なく、アクション&人情。ちょっとしたクスッと感はあるけど、それも多くなく、初心者でも楽しめる作品でした。

ただ、可愛いのだけは本当に変わりないのだけど、北川景子ってこんなに演技下手だったっけ?だけ気になりました😢それとも意外と中身のない空っぽなコな役だから?
Minshit

Minshitの感想・評価

3.9
安心して観れるバディ映画。北川景子の無機質な美しさが、北海道の景色に映えていた。4も期待。
aipon

aiponの感想・評価

3.7
今回もおもしろい。かなりおもしろい。笑えるし、ちょっと感動したし。北川景子がかなりよい。
>|