探偵はBARにいる3の作品情報・感想・評価

探偵はBARにいる32017年製作の映画)

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

「恋人の麗子を探してくれませんか?」。高田の後輩のありふれた依頼を引き受けた探偵は、麗子の所属するモデル事務所のオーナー・マリに遭遇、微かな既視感を覚える。その直後、探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒される。だが調査を進めるうちに、モデル事務所は売春組織であり、麗子らしき人物が殺人事件に関わっていた情報をつかむ。背後に浮上する北城グループ。代表の北城はススキノ裏社界では“最悪…

「恋人の麗子を探してくれませんか?」。高田の後輩のありふれた依頼を引き受けた探偵は、麗子の所属するモデル事務所のオーナー・マリに遭遇、微かな既視感を覚える。その直後、探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒される。だが調査を進めるうちに、モデル事務所は売春組織であり、麗子らしき人物が殺人事件に関わっていた情報をつかむ。背後に浮上する北城グループ。代表の北城はススキノ裏社界では“最悪のサディスト”と云われる男。マリは北城の情婦だった!探偵は不意に思い出す――生きる希望を失い、雪の中で倒れていた女――「あれか、あれがマリだったのか…?」 巨額の薬物取引、2つの殺人事件、緊張が走る裏社会――敵か味方か? マリに翻弄される探偵。 やがてマリは探偵に最初で最後の依頼をする――同時に、探偵と高田、別れへのカウントダウンが始まるのだった――。

「探偵はBARにいる3」に投稿された感想・評価

つの

つのの感想・評価

3.8
こんな日本映画がもっと増えてほしいなと思うし
たんばーは寅さんみたいにずっと続いてほしいです
毎回、間違いなく、キメてくるもので
12.1 公開初日「舞台挨拶ライブビューイング付きチケット」で鑑賞。

北川景子の良さが出てなかった印象。

1,2と同じ様な話の流れで新鮮味が無いのかな。
「探偵」と言うより「大泉洋」を見せられた感じだったわ。
saku

sakuの感想・評価

4.3
北川景子切ない…札幌の街並みとマッチしている。
もう一度観たい。
前作よりコメディ多め?道産子にウケる小ネタがいっぱい。エンドロール後のエピソードは特に道外の人はピンとこないかも…。道産子は間違いなく楽しめるからおススメ。道外の人は北海道を観光PR動画としてどうぞ!
よそ

よその感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

主役の二人は安定の空気感だし、北川景子も思ったより良かった!
ストーリー展開は美人さんが自分の人生を救ってくれた誰かのために捧げるっていう過去2作と同じような感じだったけど、自分の子供でさえない出会いってあたりが哀しくて純粋で北川景子の美しすぎる笑顔が際立つ。いのちを燃やすもの、予告の場面はそういうことだったのね。

開拓おかきが気になって気になって。美味しそう。
Matayoshi

Matayoshiの感想・評価

4.2
公開終了日を目前に、私にしては早起きして、車を走らせ、車内で「なんで近場の映画館で公開してくれねぇんだよ!」とボヤキながら、初めて行く映画館で観てきました。
実は待ちきれずに公開前に出版されたノベライズ版を読了しており、そしてそれは失敗だったなと実感。何故ならば映画に描かれていない場面や、登場人物達の考えがそのまま書かれていて、それを映像で観ることを期待した私としては、少々物足りなさを感じてしまいました。つまりノベライズは映画の<補完>であるのです・・かね。
やはり作品は原作から入るべし。
ですがそれは私の責任。これを読んだ皆様には、きちんと映画から観るようにおすすめします。

長たらしい前置きはやめておいて、感想としては良かった。
相変わらず大泉さん、松田さんのコンビはいいですね。騒がしい探偵とのんびりした高田。正反対の二人はいい。
北川景子さんは別嬪さんでしたねぇ。雪の中に美人は映えますね。大泉さんが羨ましい。あんな美人と腕組んで街を歩けるなんて・・。北川さんの旦那さんはもっと羨ましい。
ストーリーとしては、エンターテイメント度がやや上がり過ぎかな。前半のコミカルさやシリーズ屈指のアクションは良しとしても、終盤のヤクザ相手の取引の直前に、自分の部屋やバーでそんなのんびり出来ないだろ!なんてことも思いましたが、その後のマリの笑顔が良かったから許します。

そして最後にマリの選んだ「命を燃やすもの」。
ストーリーの中で女が変わる理由は「男」。という話が出ましたが、それ以上の理由は「こっち」でしょう。ただそれは探偵が言った“他人から見たらくだらないもの”・・ではないと思います。少なくともマリにとってそれだけの価値のあるものだった。最後の展開は泣かせますね。
実はその場面はノベライズ版を読んで、一番観たかったところなんですが、最初に書いた「物足りなさ」がここなんですよ。ノベライズ版の方が感動してしまったんです。
なんだかノベライズ版の宣伝みたいになってますが、そういう意味ではノベライズ版を出版したのは失敗じゃないかと思います。あるいは映画の方でしっかりやるべきだった。
私としては原作者の東直己さんの元気な顔が見れたのも嬉しい限り。そろそろ新作も書いていただきたいですが。
何だかんだ好き勝手言ってますが、好きなシリーズの新作ですので観て良かった。それは偽り無し。
面白かった。
ラスト笑った。エンドロールの後にも映像ありますので注意!
ミナミ

ミナミの感想・評価

3.5
札幌出身のくせに
探偵はBARにいるシリーズ
地味に初めてみた。

キャストが豪華で、コメディ要素もあって、ストーリーもちゃんとしていて、面白かった。

なにより、出てくる街並みや、札幌ファクトリー、ノルベサの観覧車、すすきの交差点、江別の牧場の全てが懐かしくて、方言も他の北海道舞台の作品に比べて、ナチュラルに使われてて、違和感はあまりなかった。

やっぱり大泉洋は道産子のスターだと再確認。
大好きなシリーズ第3弾!
公開終了が1月18日だったので急いで観に行った。

やはり面白く映画館で観れて満足。
笑いあり、アクションあり、悲しくもあり
どれも全体的にバランスが取れていて凄く良い作品であった。

特に良かったのが高田より強い奴が出てきたのと、探偵の間抜けなとこでの笑える場面。この2つが凄く好きです。

今作では探偵役の大泉洋のお父さんが少し出ているらしいのですが、見つけることができませんでした。
いったいどの場面だったんですかね?
レンタルされたらまた観て探して観たいなと思います。
とりあえず、北川景子が綺麗で可愛い。
岬マリ役がバッチリ決まってた。
内容も感動と笑いがあって良かった。
>|