探偵はBARにいる3の作品情報・感想・評価

探偵はBARにいる32017年製作の映画)

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

「恋人の麗子を探してくれませんか?」。高田の後輩のありふれた依頼を引き受けた探偵は、麗子の所属するモデル事務所のオーナー・マリに遭遇、微かな既視感を覚える。その直後、探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒される。だが調査を進めるうちに、モデル事務所は売春組織であり、麗子らしき人物が殺人事件に関わっていた情報をつかむ。背後に浮上する北城グループ。代表の北城はススキノ裏社界では“最悪…

「恋人の麗子を探してくれませんか?」。高田の後輩のありふれた依頼を引き受けた探偵は、麗子の所属するモデル事務所のオーナー・マリに遭遇、微かな既視感を覚える。その直後、探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒される。だが調査を進めるうちに、モデル事務所は売春組織であり、麗子らしき人物が殺人事件に関わっていた情報をつかむ。背後に浮上する北城グループ。代表の北城はススキノ裏社界では“最悪のサディスト”と云われる男。マリは北城の情婦だった!探偵は不意に思い出す――生きる希望を失い、雪の中で倒れていた女――「あれか、あれがマリだったのか…?」 巨額の薬物取引、2つの殺人事件、緊張が走る裏社会――敵か味方か? マリに翻弄される探偵。 やがてマリは探偵に最初で最後の依頼をする――同時に、探偵と高田、別れへのカウントダウンが始まるのだった――。

「探偵はBARにいる3」に投稿された感想・評価

kaname

kanameの感想・評価

3.5
北海道を舞台に、危険で怪しい依頼を受けた探偵と助手が奔走する様を描く同名シリーズの3作目。

安っぽいドラマを妙に仰々しくしただけの内容なんだけど、お馴染みのキャラ達で繰り広げるドタバタ劇は安心安定の楽しさがあったなぁと。

風呂敷を広げすぎる事なく、良い意味で“小ぢんまり”とまとまった作品…そんな感想かな。
yaeko

yaekoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます


待ってましたの第3弾!
安定の面白さ!
安定のコンビ!
安定の脱力感!

ナレーションを大泉さんがしてるのも好きだなぁ。

今回のヒロイン、北川景子ちゃんの美しさと肌の綺麗さに脱帽。特に、ラストの刑務所でのシーン。ははぁ。美にひれ伏す。

あと、大泉さんに怒られた時の「助けて下さい」ね!これは断れないね!!

美女に弱くて、悪いやつに絡まれて殴られて、お金なくて、中途半端なイケメン(ごめんなさい)で、でもいい事言うし人のことはすごく大事にする。
そんなちょっと抜けた大泉さん演じる探偵がとっても魅力的。

何気、ラストは切なさがあるのもこのシリーズの見どころだと思う。
ー何に命を燃やすのか。

凍れるねぇ。(笑)
大泉洋、松田龍平主演のハードボイルド探偵ものの第3弾

「強い・・・」

今回も簡単な女子大生探しのはずだった・・・

毎回美人が登場して巻き込まれますが、
今回も謎の美人が登場
北川景子、前田敦子
いつものキャストに加え、リリーフランキーも登場
解決したと思ったら、悲しい結末と真相が・・・

やはり、大泉洋の体を張った演技と、探偵と相棒のやりとりが最高すぎる
suzu

suzuの感想・評価

3.2
シリーズの安定感と、北川景子ちゃんが思いの外いいお芝居をしていて、うるっときた。大泉洋と松田龍平コンビは本当にいい!やっぱりシリーズ化する面白さがよく描けている。
今回も松田龍平と大泉洋のコンビ最高でした👏👏めっちゃわらった
りん

りんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

安心して見てられた。
これでファイナルなのか…

また相棒が戻ってきてやるのか分からないけど、毎回ヤクザがらみの事件に巻き込まれ美女が出てきて、
面白おかしい内容
ArataOshio

ArataOshioの感想・評価

3.2
3になって安定感出てきた。
前作までのエグさが薄れて見やすくなった分、新鮮味もやや薄め。
シリーズ中では一番印象が強い。北川景子さんと前田敦子さんの二人の対比が面白い!どちらにしても女性は恐ろしい。
み

みの感想・評価

3.4
予告にもある通り、お腹いっぱいのエンターテイメント!
探偵と相棒、腐れ縁の愛おしいコンビだ〜〜
北川景子の美しさで思わず霞んでしまったが、北川景子って何やっても北川景子!
嫁さんがシリーズを見ていたのでレンタルから借りてきた作品だが、夜にみたせいもあり、嫁さんが途中で寝てしまっていた。

キャラクターは面白いのだが、テンポが退屈に感じることもあった。前作の方がノリが良かった気がする。

北川ケイコ演じる女性の描かれ方が、ただ不憫で可哀想だという後味が残ってしまった。

ま、映画だからねと、意識的に感情移入から切り離して映画を見るようになってしまった。
>|