手紙の作品情報・感想・評価

「手紙」に投稿された感想・評価

おまつ

おまつの感想・評価

2.5
とにかく切ない。原作はだいぶ前に読んだけど序盤から泣きながら読んでしんどかった記憶。でもかなり好きなジャンル。
keiko

keikoの感想・評価

3.5
不覚にも泣いてしまった。みんな若!!
ポスターの沢尻エリカがぴんとこなさすぎ(笑)そこまで派手なシーンなかった
mono

monoの感想・評価

3.3
あちゃー
想像以上にドラマドラマしていて。

山田孝之君の演技はたまらなく好きなので
惚れ惚れーと観ていられるんだけど

いやいや。
おいおい!

ちょっと多すぎた。
私の苦手なタイプの映画やないかい!
泣こうと思って観始めたら、どんどん引いちゃう自分。
そもそも、周りの人達めっちゃ優しい!
リアル追求したら絶対もっとエグい事になるはず。
恵まれてますよ〜

とか思ってたんだけど

吹越さんちへの訪問
からの
慰問で漫才
からの

和正キターーーーーーーー!!!!!!

良かった!
良かった!!ようやく泣けた!!!笑

それはね、泣けます。
お兄ちゃん、悔いてるしね。
うん、そして本当にやっぱり山田孝之君で良かった♡
沢尻エリカさんの
「めちゃ大事やねん」の
イントネーションが頭から離れへん
ERI

ERIの感想・評価

3.7
切ないな〜〜人を殺めてしまったお兄ちゃんはやっぱり悪いんだけど、悪く無いのに周りまでが責められてしまう、、、映画として観てる自分からすれば殺めたくて殺めたわけじゃ無いし、弟は何もして無いじゃんって思っちゃうけど、実際その世界にいれば遠ざけてしまうだろうし、本当に難しいな〜〜、、ただ題にもなってるけど「手紙」がとても重要な役割持ってて、手紙によって救われて手紙によって傷つく、、手紙って今や薄れつつある文化やけど、この話みたいに中と外を繋ぐのは手紙くらいだろうし、手紙ってメールとかとは違って大切さが増すと言うかなんと言うかあるよね、、、って改めて思う。
ラスト、玉山鉄二と山田孝之の演技、BGMに泣かされる。
Kuniyoshi

Kuniyoshiの感想・評価

3.8
「差別」

自分がマイノリティーの中にいるとなんかどこか自分は被害者という立場に身を置いてしまう。もちろんそれはいわゆる間違いとかではない。でもそれはどこかに甘えがあったりするときもある。同じ境遇でも前を向いて時にはプラスにして生きてる人もいる。そんな風に生きられたらいいな、と思った。

差別は世の中からなくなるわけではないし、ときには必要なものなのかもしれない。ただ勝手に相手をカテゴライズせず、物事も人もフラットな物差しで測れる人間になれたらな、って思えたそんな映画。
せつない
せつないすぎる
でも、実際あるんだろうね❗️
ラスト良かった
山田いい。
玉山いい。
沢尻かわいい。
fu

fuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

( ; ; )
高校くらいの時に見て2回目。
最後に映るお兄ちゃんの顔が。顔が。
悪いことしてない人が現実突きつけられて、酷い目に遭って。
自分たちの気持ちなんてんからないくせに、ずっとずっと付いて回るレッテル
加害者 加害者家族 被害者家族の苦しみ みんな苦しくて でもやったことは消えなくて 忘れられなくて ずっともがいて
世の中つらいよー。真っ直ぐになんとか生きるなおも、お兄ちゃんも、みんな真っ直ぐで綺麗
桃

桃の感想・評価

3.7
漫才のシーン涙が止まらなかった。
どうして犯罪を犯しちゃいけないのか、言葉じゃ説明できないものが詰まってる映画だった。子供が大きくなったら見せたい映画。
Geox

Geoxの感想・評価

-
原作とはまた違う
最後のシーンは本当に圧巻
映画を見て泣きたいと思ってるあなたへ
送る一本
>|