手紙の作品情報・感想・評価・動画配信

「手紙」に投稿された感想・評価

リピートもの。
東野圭吾の作品の中でも一番好きな作品です。

会長の言葉が凄く重かった。
今までの自分の考えを改めて問う事が出来た。

山田孝之は勿論、玉山鉄二の演技が凄かったです。
ラストの曲は確かに涙効果ありですが。

沢尻エリカの変な大阪弁は作者が大阪人だからなのかな?
これが少し残念でした。
めい

めいの感想・評価

3.6
償いって孤独になることなのかもしれないなと思った

伝えたいことは分かるけどなんだか自ら茨の道を歩んでる感じもして感情移入は半分ぐらいしかできなかった
沢尻エリカと山田孝之というドラマ版のタイヨウの歌の組み合わせ。アナザーストーリー感覚で鑑賞できる。沢尻にヤク中の面影はなく、犯罪者の家族の苦悩を描いた、涙なしには語れない1作。
久美子

久美子の感想・評価

3.6

自分が犯罪者の家族だったりどこかしらで接点のある人間だったら、
きっとナオ(主人公)と同じ決断をしてしまう。


贖罪というより、家族の定義がテーマの作品でした。


特にラストは泣かざるを得ない演出になっていて、「映画を見た感」はあるのだけど、沢尻エリカの関西弁が気になって所々集中できないので3.6
hidekusu

hidekusuの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

上司から勧められた映画①

以前はこういう映画全く感情移入できなかったけど、今回は少し泣きそうになった

社長の「差別は防衛本能(だから仕方ない)」という発言にはモヤりつつ、自分も先入観持たずに接するのは難しいだろうなーなどと考えていた
Shou0804

Shou0804の感想・評価

3.5
犯罪者は、刑務所で外界から閉ざされた世界で生活するが
犯罪者の家族は、世間に晒されて、職や居場所を奪われ

事件は風化して
世間が忘れていく中で
やっと居場所を見つけても
つきまとう殺人者の弟のレッテル

殺人者の兄を捨ててやろうと思うけど
それでも家族だから
yumo0913

yumo0913の感想・評価

4.1
くそ泣いた
まあまあながいけど3回くらいみてる
最後のシーン号泣すぎる
ひとつだけ言うと
沢尻エリカは関西弁を使うなw
日央

日央の感想・評価

3.7
犯罪を犯した者が家族に居る。

その事により、家族がどれだけ辛い思いをするか、加害者側視点で描かれた物語。

描かれてはいないが、その裏で被害者家族はもっと苦しいことを忘れちゃいけない。


人を殺める事は勿論最低な事だが、この玉山演じる兄の弟思いの強さは伝わるし、けれどそんな兄のやった事が許せない山田演じる弟の思いも痛い程分かる。

過去は変えられないが、血の繋がりは決して消せない。



東野圭吾は毎回泣かせる。
chocho

chochoの感想・評価

3.5
犯罪をおかしたお兄ちゃんがいることによって、弟の人生が全て上手くいかないよーって内容
とし

としの感想・評価

4.0
やはり山田孝之と沢尻エリカの演技はいい。 殺人犯の弟というレッテルを貼られやりたいことを断念し現実から逃げてきたナオと、自身も似たような環境で生きてきたからこそナオを優しく見守ってきた強い由美子。2人ともうまく演じていた。あまり映画で泣く事はないけど涙が溢れた。 原作を読んでいる人は感じ方が違うのかもしれないけど。。 こういう重いテーマだと役者がよくないと不自然に感じてしまうけどよかった。 久しぶりに感情移入できる映画を観た。
>|