キングスマン:ゴールデン・サークルのネタバレレビュー・内容・結末

キングスマン:ゴールデン・サークル2017年製作の映画)

Kingsman: The Golden Circle

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

4.0

あらすじ

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営…

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

「キングスマン:ゴールデン・サークル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

常にBGMがガンガン流れてて最高にアガった。まーーりーーんっっ!!!って何回叫んだかわからん。コリンのお目目くりくり姿におったまげた。
アクションとか機械系って
あんまり観ないけど友達と鑑賞。

とりあえず、
終始笑ってた気がする。

え?なんなん?って
ツッコミどころ満載。

しかもグロシーンも有、
突然友達叫ぶ www

新鮮な2時間でした
正直ちょっと期待外れだった。見終わった時妙な気分になったんだけど急いで作った?みたいな感覚。
やっぱり軸はコリン・ファースの完璧なキングスマン、というのが観たかったんだと思う。今作はちょっと残念。
いろんな人が急に死んで急に生き返る不思議な映画。ポテチとか食べながらおしゃべりして見るのにちょうどいい感じ。私は独り言を言いながら観ました。
コリン・ファースがかわいそうなおじさんモードからキングスマンモードになる時の変化率がすごい。
ハンバーガーはきつかったけどアクション・ストーリーすべて好き。
すごく好きだけど、マーリン。。カントリーロードで号泣。
ファンの期待は大きくはずれない続編だったのかなぁと。個人的には特にマーリンがかわいくてかっこよかったし、豪華な俳優陣に加えて意外な登場人物も大活躍してたのは笑いました。

が、しかし!!(以下ネタバレ)


ウィスキーには死んでほしくなかったのがかなりかなり心残り。違法な人々の代わりに彼が死んだのだとしたらあまりに納得できませんでした。悪を複雑なものとして描きたかったのなら今作では1番大事にするべきキャラクターだったはずです。逆にさっぱり割り切るならば前作でハリーがしたことも許されませんよ。
期待していた通り、すごい楽しかった笑
メカ犬がエグジー襲おうとしてエルトンジョンが庇ってFriendって出た時は声出して笑った笑
ブルーレイ買ってよかった❗️
マシューヴォーンだから絶対に2も面白いはず!だった…。
アクションはすごいよかった。やっぱ小道具が面白い。新キャラのステイツマンは特にウイスキーかっこいい!投げ縄いいなー。演じるのがオベリンってとこも嬉しい!
しかしながら微妙なところもちらほら。
二作品で組織として一度も機能したことがないキングスマンって一体…。1は成長物語としてそこも良い理由になってたが。
ハリーとの再会。はじめての一緒のミッションはハリーとエグジー2人にとって特別のはず。それがあの雪山?酒場での失態があったら辞退して猛特訓するでしょ…。ついにハリーとミッションという感動が自分にはなかったな。ハリーを鍛え直す訓練相手がジンジャーだったら、本当はすごいのにデスクワークという悔しさ、最期の立候補への説明にもなるのでは…。マーリンも、あの巨大な刀は雑木林を切るためだけ?チャニングテイタム寝てるだけ?
残念ながら何もかも無理やりに作ったように自分には思えてしまったのでした。
楽しみにしていたのでなんだか残念だけど、見てるぶんには楽しいです。
前作を踏襲したシーンはずるい。
しかしマーリン含めキングスマンがまとめて簡単に切り捨てられてしまったのが残念。
チャニングティタムの出番がもう少し欲しかった…次回作でスーツ姿の登場に期待!
前作は楽しく見たんだけど、ちょっと…ブラックユーモアを超えて悪趣味に感じてしまった

うーん、改めて書く
>|