007/ノー・タイム・トゥ・ダイの作品情報・感想・評価・動画配信

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ2019年製作の映画)

No Time to Die

上映日:2021年10月01日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

あらすじ

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」に投稿された感想・評価

BK477

BK477の感想・評価

4.3
いやいやいや、これは驚き。この終わらせ方は凄い!
007シリーズの中で異色とされたダニエル・ボンド。
演出面もさることながら、
シリーズの全作がきちんと続いて一つの壮大な物語になっており
1作品も逃すことのできないサーガである。

次の007シリーズは果たして5年後か10年後か?
常に時代の潮流に合わせた作風となるのが007の醍醐味なので
次の作風がどのようになるのか?ダーク系?コメディ系? とても楽しみ。
そして毎作品ごとに、やめるやめると言っていたダニエルクレイグ。遂にボンドから開放されてニッコリだろう。嫌々付き合ってくれて本当にありがとう(笑) 今度こそ、本当に、あなたは開放されました。おめでとう。


結局、”能面の男”ことサフィンの計画(真の目的)が私にはよく理解できなかったが、そこは重要じゃないかも?
そして能面というアイテムが持つ意味とは何だったのか、という疑問も。

個人的には、新キャラの新米CIAエージェント「パロマ」(アナ・デ・アルマス)が凄く良いキャラだと思ったので彼女の活躍はまた見たい。
なんか色々と物足りないね
一番は、パロマたんを(*´Д`)ハァハァする時間が短い
二番は、007が「黒人」の「女」?ポリコレにやられちまったよ
三番は、Qが「ゲイ」?ポリコレにやられちまったよ

大好きな007がメチャクチャだ
ダニエル・クレイグも降りて正解。もうダメだこのシリーズも毒されちまった
TKNK

TKNKの感想・評価

3.5
中途半端に時代に迎合してる要素だけ申し訳程度につけくわえてあるけど、結局昔の時代の物語なのよ、男の美学ではもうご飯食べられません。

一時代の終わりをエンディングで自己言及してるんだと受け取りました。

ダニエルクレイグは好き。
恐らく大人になってからまた見ると感動するんだなぁまだ本当の愛を知らないから。
007ファンでもなくダニエル・クレイグファンでもないけど飛行機にあったので何となく観賞…
最後まで見れなさそうで最後のほう早送りしたけど、テンポ良く集中して楽しめた♪
わざわざもう一回見直そうとは思わないけど…
TAKEMURA

TAKEMURAの感想・評価

3.8
キューバパートの彼女が美人すぎてヒロインかと思いきや、あっけなく退場して草。麻薬王とかこの類の悪役は最後が割とあっさりだが、アクション映画としてやっぱりレヴェルが違う。
spica

spicaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

どんなラストを期待していたのか、私は。
こうなるよな。
寂しい・・・
ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドの最終作として無条件拍手を送りたい。実際、個人的にもうスパイなんかやらずに『Knives Out』(2019)の名探偵をもっとやってほしいなあと思っていたので別れを惜しむ気持ちはなかったが。世代交代で新たな「007」が出てきたり、それが属性的にはジェームズ・ボンドの対角線のような人物だったり、二世が出てきたり、ラストがメチャクチャ悲しかったり、いろいろと新しかったけれど、永遠に語り継がれるべき往年の「007」像の最終回を見事に成し遂げたと思う。よかった。
hidekey

hidekeyの感想・評価

2.8
今までの中で
1番悲しいシリーズだ

生きていても
触れることの出来ない悲しさ
すぽ

すぽの感想・評価

3.8
ダニエル・クレイグ版007の締めという事で、最後はしんみりした。

中盤以降はアクションというよりもドラマ性に重点を置いていた感じで消化不良感は否めない。

総じて007には求めてないものが詰まっていた印象。

CIAの黒いドレススパイがマブかった。
>|

あなたにおすすめの記事