花と蛇の作品情報・感想・評価・動画配信

「花と蛇」に投稿された感想・評価

あまりに有名過ぎて観てなかった作品。なんか社長シリーズのSM版みたいでコメディチック。初めてのSM映画なんで苦心した感じだ。小沼勝X谷ナオミの変態感がでた作品。
Kaorin5

Kaorin5の感想・評価

3.8
たまに観たくなる花と蛇

明るいコメディ緊縛ポルノなので、
お友達や恋人と一緒にみても楽しいやつ。

マザコン主人公なのかと思いきや…くろんぼのジミーとママとの情事がトラウマになってEDになってしまったり、ダッチ相手にエイエイしている姿とか、全然憎めない。

ナオミさまの、睡眠薬でクラクラしたり嫌がる姿は、これ以上ないだろうというくらいに色っぽいです♥

滑稽エロではありますが、誠くんの毒親からの自立やトラウマ克服物語でもあって、ちょっぴり感動もできちゃう良作。
桃尻

桃尻の感想・評価

-
2021(65)
多様な緊縛目白押しかと思いきや、ややコミカルな描写があったり意外と男と母のドラマに寄っている印象(『生贄夫人』の方がじっくり見せてくれる)
とろろと爆撃音、谷ナオミさまは薔薇で打つ
ただ虫だけは勘弁してください…
初めて緊縛世界に足を踏み入れた。なかなか興味深い世界だった…

コメディタッチだったので期待していた雰囲気の映画では無かったけど、物語は纏まってるなと思った。

もう少しハードな世界に踏み込むか…
日活ロマンポルノ
幼い頃、娼婦だった母が黒人に犯されているところを目撃して以来、緊縛写真でしか性的興奮を感じられなくなった誠
会社の社長直々に妻静子の調教を依頼され、共同生活をすること。
エロじじいの性癖がなかなかにアレ…排泄物食べれるタイプに見えるわ。
でもって召使の娘は完全にレズビアン枠よね…静子に。
調教は終わらない!お前は俺の妻だ!という誠に私は人妻よとピシャリ。
谷ナオミの魅力はこんなもんじゃない!!!物足りん!!!
けど縄に乗る乳isGOOD
おかんとエロじじいのカップリングのがお似合いちゃいまっか?!

無作為に選んだ久しぶりのポルノにしては、大変満足な出来だと感心したので4.0付けたいけれど、何となく3.7に据え置く。

谷ナオミってこんなに綺麗だったのか。
緊縛の貴婦人って案外いい。

音も肝。脱糞時のSEには失笑。
邦画劇伴の魔術師だと常々憧憬している真鍋理一郎の仕事もジャズファンク度高めで愉しい。

とここでまた椅子の話がしたくなりまして。
主人公・片桐の部屋にあるデスクチェアーは、剣持勇デザインの天童木工製か、まるで天童なニッソーハイモールド製か、見極めるのは非常に難しいところ。
舟子

舟子の感想・評価

5.0
飼育と調教、サドマゾそんなことよりも!
それも含めてとんでもおもしろ映画でした
どこから話せばいいかわからないくらいおもしろくて、トラウマ乗り越え生身のオンナとできたからとお花畑のようなミュージック、サイテー!浣腸のあとの戦争が始まったような爆音!始終ひどく最高でした❤︎
谷ナオミさまの声がなんだか甲高いと思ったのだが、小沼本を確認したところ、撮影終盤で谷さんが逮捕されたため、中川梨絵さまがアフレコを担当してるとのこと。なるほどなるほど。
しかし団鬼六SMシリーズの第1作がこんなにコメディタッチだとは思いませんでした。対照的に真鍋理一郎の音楽はシブい。
高校時代に観た。団鬼六のSM小説ハマっていた時期あったなあ。
同時期であっても他の作品の谷ナオミはちょっとおばちゃん感があるんだけどこの映画では本当に美しい。ただもう演出がひたすらくだらなくてバカバカしくてコメディだった。音がとにかくすごいわ。奥様の変化にはついていけない。でもなんか楽しそうだからいいのかな。
>|