ワイルド・シティの作品情報・感想・評価

ワイルド・シティ2015年製作の映画)

迷城/Wild City

上映日:2017年01月24日

製作国:

上映時間:120分

3.4

あらすじ

金か女か?それとも正義か!? 元警察官で、バーを経営するマン (ルイス・クー)は、店で泥酔している見知らぬ女(トン・リーヤー)を放って置けず、義母と弟のチュン (ショーン・ユー)が住むアパートに一夜泊めた。翌日、女は何者かたちによって車で連れ去られ、マン兄弟は、必死で車を追跡し大乱闘に。しかしその隙に女はそのまま姿を消してしまった。女は大金の入ったスーツケースを取りに、再びマン達に連絡をいれて…

金か女か?それとも正義か!? 元警察官で、バーを経営するマン (ルイス・クー)は、店で泥酔している見知らぬ女(トン・リーヤー)を放って置けず、義母と弟のチュン (ショーン・ユー)が住むアパートに一夜泊めた。翌日、女は何者かたちによって車で連れ去られ、マン兄弟は、必死で車を追跡し大乱闘に。しかしその隙に女はそのまま姿を消してしまった。女は大金の入ったスーツケースを取りに、再びマン達に連絡をいれてきた。どうやら大陸の裏社会の金らしい…。

「ワイルド・シティ」に投稿された感想・評価

LEE

LEEの感想・評価

3.5
リンゴラム復活!の一作
休んでたか分からないけど良くも悪くも今時の香港映画にありそうな撮り方とは違う撮り方だなぁと個人的には感じた(なんだか懐かしさがある撮り方、個人的にはだけど


ストーリーとしては今時の香港の拝金主義はどう思う?みたいな内容でテーマは中々いいと思った(だから昔の方がいいみたいな意味を込めて↑の様な撮り方?と思ったり)けどストーリーに結構ここなんでこうしないねん的なツッコミが結構入るようなものだったのが惜しいなぁ…と思った
キャラはルイスクーやショーンユーは魅力的だったもののもう少し敵や警察を描いて欲しいと思ったり
つーか警察は中途半端な役立つ具合なので敢えて出さない方がいいんじゃないかと思ったりも(ラスト警察の手借りるってのもなぁ…

アクションはまぁラストまでは比較的地味だけどラストの二階建てバスに車で突っ込むシーンは唖然
流石リンゴラムだなぁと思ったり


ストーリーをもう少し磨けばもっと面白くなった気がする一作
もったいないなぁと思ったり

このレビューはネタバレを含みます

 元刑事とその弟が泥酔したヒロインを救ったら、彼女が台湾から来た殺し屋たちに狙われていることを知って大金を巡って争う話。

 主人公は元刑事でバーを経営していて、めちゃ真面目な性格。義弟はお調子者で女好きの軽い男のタクシー運転手。主人公兄弟はめちゃ仲がいい。そこにバーで泥酔したヒロインが主人公兄弟の前に現れて、謎の男たちに襲撃されてそれきっかけに事件に巻き込まれていくという。

 香港映画らしい勢いで突き進む映画でそこに兄弟の絆の深さもこってりと描いて熱かったです。カーチェイスあり銃撃戦ありで、更に敵の攻撃も荒くて通行人は轢き殺すわナイフで荒々しく刺してきたり仕事が荒くて荒くて凄い人たちでした。

 ただ話の方も荒すぎて、主人公たちと対立するヤクザたちも彼らを雇う側と雇われる台湾ヤクザ側2つのグループの利害関係があって、そのどちらとも戦うことになって思惑がややこしいし。警察の目的なんかも加わって結局何で戦っているのか登場人物の交通整理が上手くできていないのではないかと思ってしまう交錯っぷりでした。アクションシーンもこれといった斬新さはなく数ある香港アクションの中では埋もれてしまうアクションだったと思いました。

 とはいえ、100分間退屈せずに見られるエンタメ映画でした。
はま

はまの感想・評価

3.2
ゲオでまだ準新作だったんですよ。
でも借りました。それぐらいフィリップ・ンが観たかったので。

めちゃくちゃ精神的に凹んでた時に観始めたんですけど、観てる間はちょっと忘れられました。映画ってすごいなー。
あと今作のショーン・ユーは観てて癒される😌
ただ観終わったらまた元のテンションに戻ってしまったのでいつもより若干元気のないレビューで申し訳ないです…

【訳あって警察を辞職したマンと、その弟チュン。血の繋がりはなくとも固い絆で結ばれた二人がある日出会った女性は、何者かに狙われている様子で…】

(ストーリー関係ないんですけど、「マン」と「チュン」ってイップマンじゃないですか。親がイップマンに憧れてたのかなぁとかちょっと想像してしまった…。)

兄弟二人の巻き込まれ方が半端ない。あれよあれよという間に台湾ヤクザに付け狙われる展開に…
話が早くて助かりはするんですけど、「なんで!?」っていうのがめっちゃあって、スムーズな展開とは言い難い。

ストーリー的にはその「なんで!?」が引っかかって結局よく分からないことになってしまったんだけど、兄弟二人のキャラはほんとに素晴らしかったー。
あとお母さん!七小福の元秋だー!!見れて幸せ。

兄のマン(ルイクー)、ガッチガチの真面目マン。一度道を間違えたら戻れない、そう言って常にジャスティスロードを突き進む。
…だからこそタガが外れた時にヤバくなるのはこっちだった(怖かった)…。
この映画結構バイオレンスですよ🔪

弟のチュン(ションユー)、短パン小僧。考え方とか言動が「中学生かよ」って感じで…めっちゃ好感持てる。全然ウザくない。
私も子供みたいな感情持ってるから、観てる最中はずっとチュンと同じ気持ち。
ションユー全然顔が歳とってなくて恐ろしい…永遠のハンサム。


いつフィリップが出るかとソワソワしてたんですけど、ヤムヤム(サイモン・ヤム)の部下の刑事さんでした。敵じゃないのかー(敵でもいいから戦うシーンが観たかった)。
ちょこっと追いかけっこがあったり銃使ったりはするけど…「解放率2%」って感じでした。

フィリップが100%解放したら開始10分で解決するぞ💪
johnny

johnnyの感想・評価

3.3
韓国独特の濃い感じではないけど
これはこれでアクションもいいと思いますね!
レンタル
安定の香港ノワールモノ。
「何故?」を言ったらキリがないほどツッコミ所満載だけど、多分それは製作サイドもわかっているんだと思う。
香港映画はそう言った疑問を疑問と思わず納得して観るモノなんです。
本作はあまりドロドロしておらず、ノワールと呼ぶにはイマイチだけどアクション満載でスカッと楽しめる作品です。
aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.7
香港のあのバババババ!って鳴る信号の音を聞くだけで嬉しくなります。
香港名所スポットで続々とど迫力アクション!
久しぶりの純正香港アクションと言う感じ。
リンゴ・ラムの間延びした演出はややマイナスですが、今ノリにノッてるショーン・ユーは相変わらず好演!
BGMがフルコンタクトっぽかったです。
n

nの感想・評価

4.0
機内の小っさい画面で見てもビシバシ伝わってきた、リンゴ・ラム印の凄まじいスピード。劇場で観たかったなー。

またしてもジョセフ・チャンの使い方がなっとらん案件かと思いきや、意外とそうでもない。ガオ・ジエ兄貴と何があったのか、大変気になります。
ショーン・ユーは本当に泣き虫やんちゃ坊主みたいな役が似合うよね…!『ファイアー・レスキュー』と並んで我がベストショーン。
リンゴ ラム監督の時代を超越した作風には敬意を表するしかない。音楽、映像、アクション。
いずれも80年代の匂いが漂う。
ルイス クーの正統派イケメンぶりにも痺れたが、やはりジョニー トー監督の方が、私には相性が良いかな。
独特の雰囲気とかザ香港映画って感じで中々面白かったです〜(๑>◡<๑)
複雑な内容じゃなかったのでサラッと観れました!!
中本

中本の感想・評価

3.4
香港の街はセットみたいに狭い。だから刀を振り回しても発砲してもなかなか当たらない。
ナムルカレーを作った。
>|