レスラーの作品情報・感想・評価・動画配信

レスラー2008年製作の映画)

The Wrestler

上映日:2009年06月13日

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

3.9

「レスラー」に投稿された感想・評価

Leon

Leonの感想・評価

4.5
レスラー

泥臭い孤独な男の物語。全体的に言葉で発さずに映像によりランディーの感情を表現していて感心する。引退を決意する姿、再びリングに立つ姿を一ファンとして応援している。

プロレスには偏見があったが作品を観て印象が変わる。痛々しいため好きではないのだが、非日常体験を味わいたい点では映画などなんの変わりもないのかもしれない。ラストリングで敵役が気使っていながらも、ランディーがショーを完走させようとするのが涙腺が緩む。

娘や女性関係、仕事をやり直すには遅すぎた。そんな彼はあっちの世界では孤独を確信する。命をかけてまでリングに立つ必要はあったのか。男って馬鹿ね、と思われてもしょうがない。けどカッコいいぜ、ランディー。
G

Gの感想・評価

4.8
ミッキー・ロークといえば80年代のイケメンなんだけど、最近はなんだか落ちぶれてしまった男だ。『アイアンマン2』や『エクスペンダブルズ』でちょっとした復活を果たしたと言えるかもしれない。そんな彼が自身を投影したこの『レスラー』をようやく見ました。

たぶん主人公はとても弱いヤツで、娘の言う通り「圧倒的なクズ」だった。だからこそレスリングがどうしても必要で、あのリングが唯一の居場所だったのだ。ボロ雑巾のような体に鞭打ち、それでしか己を鼓舞できない。リングの上でしか自我を保てない彼は確かに弱いのかもしれないが、どこか共感できる。

友達に突き放され、娘には見捨てられ、全てを失ってやっと気づく自分の弱さ。レスリングによってしか救済されない魂に心が震えてしまう。再びリングへと戻ってしまう。ラストの試合開始前のシーン、ガンズが流れたときに少しウルっときてしまった。いい映画を観たと思う。
来夢

来夢の感想・評価

3.9
塚本晋也「鉄男」をリスペクトし過ぎた「π」の監督ってことで、結構「π」が好きだったので期待して観に行ったんだけれど、劇場で観たときの感想としては、自業自得過ぎてなんも同情できんし感動できん。ただミッキー・ロークは超絶素晴らしい。って感じでした。あれから10年ちょい。娘も出来て、いまならなにか感じるかもしれない。ってことで見直してみました。うん、娘が大きくなって親子の縁切られたら死にたくなるだろうなというのは痛いほどわかるが、やっぱり自業自得だね。俺の居場所はここしかない。みたいなことを言う人が少なからず俺の周りにもいるけれど、正直ムカつくよね。お前が家族や身近な人に迷惑をかけるクズなのと、このフィールドは何の関係もない。って思ってしまう。そういう人って大抵深くつきあわなければいい人なんだけれどね。俺はそういう人に相談されやすい体質で、妙に懐かれることが多い(迷惑なのに放っておけない俺が悪いのはわかっている)ので、それでこの映画に感動できないし、カッコいいとも思えないのかもしれないな。まぁ、それだけリアリティのある作品ともいえるし、映画のクオリティは高いと思うんだけれどね。
あとやっぱりミッキー・ロークは超絶素晴らしい。
心にも、身体にもダメージを抱えた中年のプロレスラーの話。
「俺の居場所はここだ」というシーンはほんとにかっこよかったです。
「痛む?」
「息をするとね。でも大歓声を聞くと忘れてしまう」

世間が犬派と猫派に分かれるように、格闘技好きもプロレス派とボクシング派に分かれるのだそうな。

親友のプロレスファン曰く、プロレスの醍醐味は、どれだけ見事に興業的演出を果たせるかに尽きるんだそうです。お客さまが神様です。

興奮できればすべて良し。全部分かった上で楽しめ。
真剣勝負?八百長?そんな野暮なこと言うな。

私には、自分の体を切り刻んでまで、観客の「刹那の興奮」のために尽くすのって耐えられない。鉄条網デスマッチとか、痛すぎるやつ、止めようよ。

残念ながら私は断然ボクシング派です。だからこの映画の評価はちょっとカラい。
ついでに猫派です。どうでもいいですけど。

「ラム・ジャム炸裂さ」
あ

あの感想・評価

3.0
2回に分けてみた自分の見方が悪い。

レスラーって本当に大変な仕事だな。
悪くないけど、気分が落ちてしまう。
1980年代のヒーローレスラーそれから20年、今も現役続けているがかつてのマディソンスクウェアガーデンとは程遠い小規模場所での興行。老体に鞭打ち毛染め、筋肉増強剤やらで体型隠し蓄えもなくトレーラー車住宅の家賃もままならない中、わずかなファイトマネーも贔屓なストリップダンサーに入れ揚げる孤独な日々。無理が祟って倒れ心臓バイパス手術をし引退。総菜屋アルバイトで糊口を凌ぎ、養育放棄し疎遠となっていた一人娘にすがるも酒飲んで約束破って又も断絶、似た境遇の峠を過ぎたダンサーへの求愛も一度断られ命の保証がない現役に復帰する。「俺にとって痛いのは外の現実の方だ、ここが俺の居場所だ」とダンサーが引き留めるのを振り切ってリングに立つ。M・ロークが体に染み込んだ曾ての栄光が忘れられない悲哀の老レスラーを熱演。控え室でのレスラー同士の打合せ風景など興行会の裏側も垣間見れていい感じ、オルドリッチの一発逆転女子プロ映画『カルフォルニア・ドールズ』と対比して観るのもいいかも。又、逆に第一級の現役レスラーを生涯全うしたジャイアント馬場の凄さも再確認。
cozy3939

cozy3939の感想・評価

4.0
初見の時は、昔プロレスオタだっただけに、試合前のブック(打ち合わせ)の描写や、鎮痛剤など薬の売買の場面に目を疑った。オイオイ、こんなにあからさまに描いて良いのかよ。
ドキュメンタリータッチのカメラワーク。ミッキーロークが、俳優でもボクサーでもなく、本当にレスラーだったのでは?と思わせる好演。
女性でなく、男性(特に中年)が泣ける映画と勝手に思ってます。
YYamada

YYamadaの感想・評価

3.6
黄昏時のレスラーの破天荒な日常をリアルに描写されている。
・若かりし頃の姿からは想像出来ない、ミッキーロークの演技は素のものとしか思えない。
・プロレスと接点のない鑑賞者には、にわかに信じられないシーンの連続であろうが、実際のレスラーは、更に凄まじい生活を送っているケースも多く、ドラマ性は感じなかった。
・プロレスラーの戦いは対戦相手ではなく、観客の熱狂を得るために生死を懸けていることが表現されていた。
アトミ

アトミの感想・評価

4.5
90点

80年代、ヒーロー的人気を得ていたプロレスラー「ランディ・“ザ・ラム”・ロビンソン」。
しかし、20年経った現在はスーパーでバイトしながらのギリギリのレスラー生活。

過去の栄光にすがって生きてる情けない男。ではあるが、「プロレスラー」でしか生きていけない不器用な男。

「ロッキー」や「アンヴィル」に近いプロットではある。

これが10代の若者では説得力は生まれない。
やり直しが効かない、後先が見えてくる中年だからこその覚悟。そして哀愁。
いいね。

こういう生き方が出来るのって普通に羨ましいな。
だから泣けてくる。

ラストステージに上がる時の入場曲「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」。
これ程この曲のイカしてる使い方を見た事がないわってくらい良かった。

ラストシーンも最高。
スローモーション「ラム・ジャム」。
暗転で「ワン、ツー、スリー、フォー」からのブルース・スプリングスティーン「ザ・レスラー」がまたイカしてる。
カントリーな仕上がり。やっぱカウボーイだね。
「フォー」がなければもっと良かったかな。


PS
とりあえずミッキー・ロークがスゴい。
体も普通にプロレスラー。
>|