レスラーの作品情報・感想・評価・動画配信

レスラー2008年製作の映画)

The Wrestler

上映日:2009年06月13日

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

3.9

「レスラー」に投稿された感想・評価

みゅー

みゅーの感想・評価

3.3
とあるレスラーを描いた作品。

もともとプロレスが好きじゃないってのもあって、試合シーンは痛そうで辛かった🥲
そして未だにやらせなのか何なのか分かっていない。
(ボクシングの方が好き🥊)


どのスポーツでもそうだけど、選手生命って残酷。
引退を迫られるレスラー。
やっぱり自分の生きる場所はリングだと思い、復帰。(だとしても、仕事やめる時に売り場をグチャグチャにしていくのは良くない!!)


✽映画comALLTIMEBEST1200-125
Dogman

Dogmanの感想・評価

3.9
芝居を見せられていることを忘れていた。


バックのワンカットシーンが多い。人物の主観、没入感の効果。


王道のドラマ。


身体的痛みの描写が執拗に
どれだけ衰えても傷を負っても、消えはしないものがある。
それを愛と呼ぶのか誇りと呼ぶのか、はたまた居場所と捉えるのか。彼はリングの上でしか生きられない。逆に言えば、彼を殺せるのもリングの上でしか有り得ない。

主人公ランディの不器用すぎる生き様に、共感できない人もいるだろう。ただ、これを見れば誰もが思い知るだろう。彼の心がどこにあるのか。
それを他人が説得するのは野暮である。
この作品のラストは、きっと誰もが“ラム”のファンになる。


正直血の苦手な人は、痛み>感動 かも。
前半のプロレスシーンがかなり痛々しい。
特にデスマッチシーンは血の量がかなりしんどい。
僕はそのせいで、ラストの感動が薄れた気がしてます。
ニルバーナのせい、その通り!の巻

持病で引退を決めたレスラーの人生模様のお話
そんな一レスラーの人生劇場はミッキー・ロークの、人生と重なるかのような悲哀に満ちた姿でまるでドキュメンタリーを観てるかのよう
そんな物語を観てたらラストの試合は感動しちゃいますね
すごく余韻に浸れるいい終わり方でした
これも一つの男の生き様
ぱぷぽ

ぱぷぽの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

私的、現代鬱映画監督三銃士の一人ダーレン・アロノフスキー監督なので期待大でみたら、ちょっと変化球的ではあったけど割と主人公打ちのめし系であった。
ちなみにあと2人はハネケ、トリアー。

この映画、落ち目のヒーローレスラーが最期までヒーローとしての死に場所求めた不器用や男臭い映画って捉えることも出来るけど。

多分傷付きたくない男が逃げて逃げて、最終的に空想の中で死んだ切ない系鬱映画。胸熱映画にみえなくも無いけど、アロノフスキー監督なので穿ったみかたします。

落ち目のヒーローなんて大体"過去の栄光系"のちょっと嫌なやつに描かれがちなのに、このランディは清々しいほど良い奴なのがアロノフスキー監督の性格悪いところだなって感じた。
ひたむきにプロレスに打ち込んで、仲間にも愛されてて、女子供にも優しくて、生活のためのスーパーのバイトも懸命にこなし文句一つ言わない。
だから観客も「幸せになって欲しい」って思いながら観ているのに、絶妙なところで傷付いて悪い方を選択する。我らも心臓が痛い。

ランディは頑なにプライベートでは"ランディ"と呼ばせたく、リングネームのラムという名前が実は本名の"ロビンソン ラムジンスキ"から来ているのでは的な描写があって、惨めな現実の世界にヒーローのラムを持ってきたくない、ラムじゃない俺はランディに任せたいっていう彼の弱さみたいなのが出てるなと思った。

呼び方でいえばランディの想い人ストリッパーのキャシディもパムという本名をお店と外で使い分けていて、お客と一線は越えないというルールを徹底しようとするストリッパーと個人とを明確に線引きするアイテムとして使っていた。
パムとして一線を越えて駆け付けてくれた時に、ランディとして対峙できていれば…女性目線で一番泣けるポイントかと思われる。

娘とのエピソードに一切触れてないですが、長くなりすぎたので笑

とにかく、アロノフスキー監督の中でもかなりしんみりと切ない良い鬱映画だった。

「90年代最低、80年代最高」という彼らの映画のジャケットも80年代辺りの往年の映画ポスター風で微妙に切ない。
映画あるある言いたい~ 昔の映画~ ポスター上部に顔浮かび上がりがち~
ウォシ

ウォシの感想・評価

4.3
かつて花形レスラーだった男が年老いていくと共に人気も体力もなくなり、孤独で冴えない生活を送る。
それでも何とかプロレスだけは続けようとしていくヒューマンドラマ。

過去の栄光から多くを失い、その中でも何とか心の拠り所を探そうともがく姿は泣けてくる…
自分が誇りに思えるモノばかりを大事にした事で、それ以外何も手に入らなくなるという苦しさ。
良くないと分かっていても、その唯一残ったモノに縋りつく以外にやれる事がない不器用過ぎた生き方。

終わり方もまた憎く、ピークを迎えた瞬間に締めるので心も締め付けられる。
過去の栄光にしがみつき
傷つきながら生きるしかない
ひとりのプロレスラーのおはなし。

ミッキーロークの演技。
カメラワークと荒い画質感が
哀愁をそそる。

重いラストに
強いアルコールが似合う。
G

Gの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

ダーレン・アロノフスキーって完全に演出の人なんだと分かった。

ミッキー・ローク、マリサ・トメイらの演技力をフルで生かした秀逸な演出が最高。
あとは裏側?のようなものを映すのがうまい。例えばプロレスの段取りを決めるところや惣菜の作り方を教わるシーンなど。
現実にはあるけど映画には映らないものを、ある種シーンの盛り上がりを抑える方向に有効活用していることで観客は最初一歩引くんだけど、後半になるにつれてそれがむしろカッコ良く感動的に映るという綺麗な流れが本当にすごい。

そしてAというシチュエーションがA’になったと思ったら結局またAに戻って終わってしまう、っていう少し胸糞というか辛いエンディングも、人間なんてそんなに簡単には変われないんだと言われているようで、むしろ背中を押してもらった気分になる。

ただ所々でなんでここカット割るのかなっていう部分はあった。背中からキャラクターを追うカメラワークが多用されて、やっぱりミッキー・ロークの背中は絵になるし、いろんなものを語っていると思うからいいんだけど、不思議なところでカットが割れるのは気になった。もっと長回しをしてくれた方が生々しさが強化されたと思う。
tomi

tomiの感想・評価

-
友達がオススメしてくれた映画が観れなくて
同じく友達が観ていて気になっていたこちらに


めちゃくちゃ良い
名作はエンドロールにつまっている
久々に感じた
不器用でバカで泥臭いけどアツい。オチも良い。中だるみはちとある。
>|

あなたにおすすめの記事