ゴールド/金塊の行方の作品情報・感想・評価

ゴールド/金塊の行方2016年製作の映画)

Gold

上映日:2017年06月01日

製作国:

上映時間:122分

3.6

あらすじ

インドネシアの山奥で過去最大と呼ばれる巨大金脈を発見し、一攫千金の夢を成し遂げた探鉱者、ケニー・ウェルス。倒産寸前だった彼の会社はV字回復。ウォール街の巨大投資銀行から全世界の金山を牛耳ってきた黄金王までがケニーの成功を賞賛し、それを連日報じる全米のメディアは、彼を一躍スターへと押し上げた。そんな中、報じられたのは衝撃のニュースだった。170億ドルの金塊が一夜にして消えた―。「オレは何も知らない…

インドネシアの山奥で過去最大と呼ばれる巨大金脈を発見し、一攫千金の夢を成し遂げた探鉱者、ケニー・ウェルス。倒産寸前だった彼の会社はV字回復。ウォール街の巨大投資銀行から全世界の金山を牛耳ってきた黄金王までがケニーの成功を賞賛し、それを連日報じる全米のメディアは、彼を一躍スターへと押し上げた。そんな中、報じられたのは衝撃のニュースだった。170億ドルの金塊が一夜にして消えた―。「オレは何も知らない!」ケニーの主張も空しく、会社の株価は大暴落。混乱の中、メディアや株主からの追求は激しさを増し、そして遂にFBIの捜査が始まった。

「ゴールド/金塊の行方」に投稿された感想・評価

ted

tedの感想・評価

2.5
ウルフ・オブ・ウォールストリートと、すっぱい葡萄を思い出したのは私だけでしょうか…。

あまりにスピーディにアップダウンを繰り返すので、もうちょっと落ち着いて語れば、ゼア・ウィル・ビー・ブラッドみたいなドラマにもなったのに…などと、ぼんやり観ていたら、おぉそうか、最初からそういう話だったのか!なら全然違うし、この語り方で正解!ってなりました。

マコノヒーのたるんだ下半身も堪能できましたよ。
渋い!
好きな要素が要所要所に詰め込まれた作品でした。
何を見せられているのか、荒唐無稽。ラストで腑に落ちるけど、なんとも渋い締め方。
自分とは180度異なる生き方。もう少し大胆に生きても良いのかも?と思わされました。
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

3.5
【一言】彼の禿げっぷりが見事でした。他人の資源、根こそぎ持ってくなって!
【付記】既にフィルマに登録されてるのを知りませんでしたので遅ればせながら。すいません。
【記録】blu-ray. 2 may, 2017.
ふらっと観ただけだったけど、予想外に良い映画だった。

夢を追うことが人生最大の宝だ。って言葉通りって感じ。
なんかスベってる。売りどころがぼんやりてるのはプロデューサーの責任でしょう。
同時期の「ライオン」もイマイチでフォースの弱まったワインスタイン終わりの始まり。
意外にもアツイ男の友情ものだった!
でも、これ宣伝しづらい感じ。
ところでマコノヒーの揺れる腹とブリーフ姿が見られる。
かわせ

かわせの感想・評価

3.5
最初に会社が躓く所から、一攫千金で金鉱を掘り当て、最後に真実が明らかになるまで、全てが濃く描かれていて、全編通じてどこも面白かった。
マシュー・マコノヒーの演技が光っていて、非常に体を張った感じがした。
トーコ

トーコの感想・評価

4.0
ラストの畳み掛けで心鷲掴み。マイク・アコスタが全体的にイケメン。
2017年11月8日
新文芸座にて鑑賞。
ケニーは、自らが経営する採掘会社ワショー社の経営悪化に悩んでいた。
そんな彼は自らが見た夢を信じてインドネシアで金を採取する決心をする。
ケニーと地質学者のアコスタの金脈採掘、会社再建の様子を描いた作品。
会社再建成功から再度の危機まで実に濃厚に描かれていて、見応えはあるけれど少し時間の長さも感じちゃいました。
ラストシーンの展開、描き方にはもう大満足です。
nutaki

nutakiの感想・評価

3.5
マシュー・マコノヒーが頭の毛をむしりハゲ散らかし大幅増量のお腹ポッコリにして役作り。
デ・ニーロ式ですね。デ・ニーロは実在の人物に似せ醜くしたけど、マコノヒーのこの不細工なキャラにした意味が分からない。
別に普通通りで良かったんじゃない?
『ダラス・バイヤーズ・クラブ』の痩せっぷりを観た後では、全く驚かない、太るのは簡単だし(ドカ食いすりゃいい経験上)毛を抜くのも大したことなさそう(すぐに生えるさ)
タプタプ裸の後ろ姿なんぞ『マジック・マイク』で、お札を突っ込まれていたあのキュートなお尻と同じ人とは思えない。
やっぱりいつものマコノヒーちゃんが良いです…。

お話は実話ベースだが、内容はかなり脚色されたもの。
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の金鉱版と言う感じ。
そういえばあちらにもマコノヒー出てたね。
どん底から一攫千金の夢が成功、有頂天の豪遊、転落で無一文。
という図式はよくある話で、酒やパーティーのドンちゃん騒ぎの描き方もお馴染みハリウッドスタイル。
ところが、それが一巡で終わらず、まだまだ先が在る所が凄い。
次から次へとジェットコースターのような展開に飽きることはないが、糠喜びさせられて精神的に疲れて来るわ。

相棒マイケル役はエドガー・ラミレスというベネズエラ出身の方。
いかにも冒険家という風貌でなかなか渋い。
ウェルスを支える気丈なケイ役はブライス・ダラス・ハワード。
あのロン・ハワード監督の娘さん。可愛いがスタイルはイマイチ。
投資会社のブライアン役はコリー・ストール。
この方、スキンヘッドで長身のスラリとしたハンサム。『ハウス・オブ・カード 野望の階段』の役と似ていて、こういう役にピッタリ。すっかりファンになった。

金額や規模も大きく凄い話のはずが、スケールの大きさを感じれなかったのが残念。
マコノヒーちゃんのファンなので、彼の大袈裟な手振りやプヨプヨの身体を見るだけでも観る価値があった(^^;
ラストは何となく予想通り。
伏線の回収、待っていたもんね。
>|