ゴールド/金塊の行方の作品情報・感想・評価

ゴールド/金塊の行方2016年製作の映画)

Gold

上映日:2017年06月01日

製作国:

上映時間:122分

3.6

あらすじ

インドネシアの山奥で過去最大と呼ばれる巨大金脈を発見し、一攫千金の夢を成し遂げた探鉱者、ケニー・ウェルス。倒産寸前だった彼の会社はV字回復。ウォール街の巨大投資銀行から全世界の金山を牛耳ってきた黄金王までがケニーの成功を賞賛し、それを連日報じる全米のメディアは、彼を一躍スターへと押し上げた。そんな中、報じられたのは衝撃のニュースだった。170億ドルの金塊が一夜にして消えた―。「オレは何も知らない…

インドネシアの山奥で過去最大と呼ばれる巨大金脈を発見し、一攫千金の夢を成し遂げた探鉱者、ケニー・ウェルス。倒産寸前だった彼の会社はV字回復。ウォール街の巨大投資銀行から全世界の金山を牛耳ってきた黄金王までがケニーの成功を賞賛し、それを連日報じる全米のメディアは、彼を一躍スターへと押し上げた。そんな中、報じられたのは衝撃のニュースだった。170億ドルの金塊が一夜にして消えた―。「オレは何も知らない!」ケニーの主張も空しく、会社の株価は大暴落。混乱の中、メディアや株主からの追求は激しさを増し、そして遂にFBIの捜査が始まった。

「ゴールド/金塊の行方」に投稿された感想・評価

特段感動なし。
米国人は金が全てなのか?
金のためなら人を騙してよいのか?
日本人はそうあるべきではない…
人に役に立つ、感謝してもらえることを行うことこそが、日本人の生き方だと感じました。
Nabkov

Nabkovの感想・評価

3.5
日本ではあまり知られていない、金採掘にまつわるスキャンダルを描いたドラマ。base on true story、と言うわけだ。現実の事件に関しては以下の記事が詳しかったので、転載しておく。

・アメリカ・カナダの経済界を震撼させたBre-X 鉱山事件顛末記
http://www1.odn.ne.jp/kminami/sub%2022.html

鑑賞するまで気付かなかったが、この前に観ていたジョイ、と同じくエドガー・ラミレスが主要登場人物として登場する。そしてまたしてもコリー・ストールだ。悪役から実は良いやつ、加えてクズ役まで、紳士的にこなすデカい男。ガタイは良いけど、基本的にドラマに軸足を置いて活動している、アントマンのイエロージャケットやハウス・オブ・カード、ミッドナイト・イン・パリのヘミングウェイ役でも記憶に残っている。

最近メキメキ登場頻度が高い上記2人の他には、ブライス・ダラス・ハワード嬢や、ブルース・グリーンウッド、そして何よりマシュー・マコノヒーだ。ダラス・バイヤーズクラブでの印象から一転、肥えてきた+ハゲてきた。まぁ、この印象(事前に観たシーンのアイアンメイデンのTシャツにブリーフ姿)で俄然この映画が観たくなったのは言うまでもない。

映画全体の筋立てとしては、史実の事件を種にフィクションを作ると言う、昨今はやりの流れ。ただブラックユーモアに転げすぎることもなく、一瞬サクセスストーリーと誤解してしまいそうな流れ、悪になりきれない平凡の延長線上にいる登場人物たちが、微妙にこじんまりとまとまってしまっている印象。シーンごとには素晴らしいものが見え隠れするのだが、全部盛りの集中力のなさというか、各々その道の名作と並べてしまうと霞む印象。ウルフ・オブ・ウォールストリートや、ダラス・バイヤーズクラブ、アメリカン・ハッスルやマネー・ショートなど。その多くに主演のマシュー・マコノヒーが出演しているのが、なんとも。

決してつまらなくは無いし、自分は長さを感じないが、所々散漫な印象でまとまりがない。編集次第でもっと違う内容に振れた気もする、少し残念な作品だ。
小夜子

小夜子の感想・評価

2.0
見てみると「ウルフ・オブ・ウォールストリート」とテーマが似ている
「GOLD 金塊の行方」観た。
アメリカ人は、こういう挫折と成功みたいな映画好きだな。マシュー・マコノヒーが良すぎる。しっかりかっこ悪く演じてる感じ、好き。あと編集のテンポが好き。そして、ここでも身近な女性を大切にしなきゃ、が描かれている。
ハゲでデブでだらしないブリーフ姿でもマコノヒーはかっこいい。
KMD

KMDの感想・評価

3.8
おぉ、ラスト2秒あがるー。余韻がたまらない、誰かと語りたくなるやつ。マコノヒーの役づくりはもちろんだけど、ラミレスもここ最近凄い。面白かったよ。
chiyo

chiyoの感想・評価

3.0
ただただマシューマコノヒーの役者魂を感じる
ダラスバイヤーズクラブと続けて観たらある意味感激してしまうこと間違いなし
これ、面白いですよ。

サスペンスものとしてみると肩透かしなんだけど、ヤマ師のオッサン波乱万丈一代記として見るととてもいい。

マコさんが渾身の演技。渾身すぎてトム・クルーズにダブル瞬間もあった。
ted

tedの感想・評価

2.5
ウルフ・オブ・ウォールストリートと、すっぱい葡萄を思い出したのは私だけでしょうか…。

あまりにスピーディにアップダウンを繰り返すので、もうちょっと落ち着いて語れば、ゼア・ウィル・ビー・ブラッドみたいなドラマにもなったのに…などと、ぼんやり観ていたら、おぉそうか、最初からそういう話だったのか!なら全然違うし、この語り方で正解!ってなりました。

マコノヒーのたるんだ下半身も堪能できましたよ。
渋い!
好きな要素が要所要所に詰め込まれた作品でした。
何を見せられているのか、荒唐無稽。ラストで腑に落ちるけど、なんとも渋い締め方。
自分とは180度異なる生き方。もう少し大胆に生きても良いのかも?と思わされました。
>|