ゴールド/金塊の行方の作品情報・感想・評価

「ゴールド/金塊の行方」に投稿された感想・評価

柴猫

柴猫の感想・評価

4.0
「金を求めて友を得たわけか」
倒産寸前の会社を背負う採掘家ケニー・ウェルスが巨大鉱脈を発見し、一躍時の人となるまでのサクセスストーリー。そしてそこからの転落理由を追いかける話でもある。

全身全霊の全財産を賭けて、一攫千金の夢を叶えようとする姿は清々しいまでに泥臭い。しかもそれがインドネシアで汗水垂らして泥だらけになりながらの姿なわけで、ウォール街のスーツ組より夢がないとはいえ嫌いじゃない。
後半にかけて印象も捉え方も変わる映画なんだけど、個人的にはアメリカンドリームを追いかけるバディムービーとしても大好き。
彼自身が求めていたのは「カネ」よりも「金」というロマンであり夢であって、その過程を共にする仲間だったようにも思える。

この事件の何が衝撃かと言えば、これが「Bre-X事件」という実話に基づいた話であること。どこまでが本当かはわからないけど、現実って意外とこんなものなのかもしれない。
こふぐ

こふぐの感想・評価

3.5
仕事をしてると浮き沈みとか、政治とかが見える事がそれなりにあるけど、
この乱高下っぷりはなかなか。
実話みたいですね。
ポジティブシンキングを大事に生きていかないとと思いました。


ケイ「あなた宛の郵便物がある📨」
ケニー📨😔
   ケニー・ウェルス様
   “見返してやろう”
   “儲けは山分けだ”
   “◯◯◯◯◯◯◯”←ここは見てからのお楽しみ
   📃😏
ケイ「ねえ それは何?」
ケニー 😊

このケニーの人生は天国と地獄しかないようなもの
何があっても金を探し続け信念を曲げなかった
お金と金は違うんだと話してたけど、それは彼の行動をみれば分かります
1度は退いて一生を悠々自適に暮らせるだけじゃなく子供、孫の代まで何不自由なく余裕な生活も出来たはずなのに、彼にはそれは別という

メインは170億ドルの金塊がなぜ消えた?ですよね
それはビックリしますよ
学校で傘☔無くなったんだけど、どこいったか知らない?誰か盗んだのかな?パクられた?ってレベルじゃないんですから
最後までどうなってるんだと思わせる作りは楽しませてくれました
相棒が裏切り?
国が関わってるとか?
疑えばキリがない
____________________

マシュー・マコノヒー♠ケニー・ウェルス(採掘会社ワショー社の経営者)
エドガー・ラミレス♠マイケル・アコスタ(地質学者)
ブライス・ダラス・ハワード🔴ケイ(ケニーの恋人)
コリー・ストール♠ブライアン・ウルフ
トビー・ケベル♠ポール・ジェニングス(FBI捜査官)
ブルース・グリーンウッド♠マーク・ハンコック
クレイグ・T・ネルソン♠ケニーの父親

1回目
んー、題材はよかったんだろうけど主人公に感情移入できなかった。題材が素人にはわかりにくい?字幕の訳が稚拙?まあでもあれだけ命かけてる男たちってのはよかった。
ストーリーもテンポよく、面白いのに、宣伝の解説文等が過剰で先読みをさせられてしまったのが、かなり残念。前情報無しに見れば欲しかった。もったいない。
八木

八木の感想・評価

4.0
 何か続いて実話系の映画になってしまった。面白かったです。
 ジョニー・デップが「ブラック・スキャンダル」でハゲたおじさんメイクで出演したにもかかわらず、せり出す男前オーラでどうしても「そのように見えない」という障害が出ていたと思うのですが、僕はマシュー・マコノヒーという人が名前だけ知ってても代表作のひとつもあげられないくらい認識していない役者であるにもかかわらず『この姿はがんばってるやつだな』とすぐわかるのは残念なところでした。多分、人によっては、マシューさんががんばっていること自体に価値が発生してたりするのだと思う。マシューに注目しときゃ良かった。

 どこまで実話なのかはわかりませんが、主役のケニーが常にギラギラとしたおじさんで、武器は情熱以外特にないというタイプのキャラが見ていて楽しかったです。ラストの展開については、恐らく映画的にオッケーになるための脚色だと思いますが、個人的には計算通りでなきゃ成立しないことと、ケニーのキャラが崩壊してしまうような気がしてちょっと引っかかりがあるところでした。多分好き嫌い分かれるところだと思う。でも、気持ちよかったのも確かです。見返したら伏線きっちりあるのかもしれんですね(見返すとは言ってない)。
 探鉱のシーン、見た目から臭そうで不潔そうで、特に初めて行くシーンではスラックスとカッターシャツが見る影ないくらい汚れてるところなんか、映画っぽくてすごく良かったと思います。探鉱シーン全般で「これをやる奴らなんだ」というところで物語の進みに信頼感が生まれてたような気がします。その分、嫁以外に超簡単に移り気があるところとかもすげえ納得。最後のFBIの取り調べて吐いた台詞なんかと合わせると、この人物は一部のスキもなく「そういう人」だってことを強調できていて、それが、どうしようもない流れを受けてもがき、何とかなったと思ったらなんとかならなくて、というのを見ているだけで結構楽しかったのでした。
 僕はまったく酒飲まないマンではありますが、豪快おじさんがガブガブ健康を崩すことなく酒のみ続けてるシーンを見るとうまそうに見えてきますな。

 会社の危機とか、金が全然見つからねえとか、信頼していたパートナーが・・・とか、全体的に展開が多く、いちいちちゃんとしているので、うるさくも長くも感じず、ずっと楽しかったです。
1347

1347の感想・評価

3.5
会社倒産の窮地に陥った小さな採掘会社の社長と落ち目の地質学者が組んで金脈を当てにいく話。
激しすぎるアップダウンが最後の最後まで続くからえらく体力を使うが、見応えは抜群。
実話ベースとのことだが、正直、脚本の妙に力が入りすぎていて、
途中からは「どこからどこまでが実話なんだろう…?」という疑問もどうでもよくなった。笑
シンプルかつ見応えのある映画が観たい時にはイチオシの作品!

アメリカン・ドリームを追い求める経営者の生き様を描いた作品ってやっぱいいなあ。
成功している瞬間の目の輝きがたまらない。

イギーポップの主題歌もイカしてるけど、デレヴィジョンの1880 or soを起用するセンスに脱帽。
波空歩

波空歩の感想・評価

5.0
マシュー・マコノヒー、いつ見ても最高です。
物語の進み方は好き。でも何かが足らない気がする。
じえり

じえりの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

マシューマコノヒーすごい!
役者魂感じた

金って人を狂わせるんだなぁ
ケニーが本当に何も知らなかったとしたら
マイクが策士すぎる
「うわ、主題歌かっけえ」と思ったらイギー・ポップの書き下ろしでゴールデングローブにもノミネートされてた。
予告編が秀逸で、欲望とはったりの大勝負みたいなのを想像したら、意外にピュアな話であった。とにかくマコノヒーのキャラが可愛らしくてラミレスがコロッといっちゃうのも分かるというもの。多分想像しているのとは違うと思うので是非お試しあれ。虎のシーンもいいけど蝶ネクタイのシーンと、カメラに向かってお願いしちゃうとこがグッときたな。
>|