パディントン 2のネタバレレビュー・内容・結末

パディントン 22017年製作の映画)

Paddington 2

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

4.2

あらすじ

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グルーバーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。 その絵本を買うために様々な雑用仕事を始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれ…

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グルーバーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。 その絵本を買うために様々な雑用仕事を始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている・・・・・・!

「パディントン 2」に投稿されたネタバレ・内容・結末

楽しく切なくあたたかく都合よく!
無駄はないのに遊びは存分にある
脚本の素晴らしさ。快い涙を拭きながらスキップで劇場を後にできる映画。
冒頭といい、列車沈没の場面といい、溺れたパディントンを助けてくれるのは、いつも彼を家族として迎えてくれる存在なんだなあと泣いた。
最高に面白かったです!
割とはじめの方からパディントンがミスターブラウンって呼ばれていたのと、囚人達の失われた自尊心がパディントンと関わるうちに徐々に復活していくところ、ちょっと泣きそうになりました。
大好きなブダペストホテルへのオマージュもとても素敵でしたし、ウェスアンダーソン監督みたいな囚人がいたのも含め面白かったです。列車の上のシーンもスカイフォールを彷彿とさせるスリルがあって楽しめました。何から何まで愛おしい映画でした。
吹き替えでの鑑賞でしたが吹き替えキャストの皆さんとてもお上手でした。個人的にはブラウンさんの吹き替えの方が大変よかったです。
1も面白かったけど2も同じくらい面白い!!

パディントンのために家族が力を合わせて動くシーンや刑務所のみんながスイーツを作って楽しい刑務所になるところなど心がほっこりするシーン多めの物語。

刑務所のお菓子作るシーンでグランドブタペストホテル思い出した


斎藤工の吹き替えは少し若々しいけど栄光を捨てられないいやらしい中年感出てて良かった 笑
最高に日曜お昼映画だった。
周りの人を大切にすること、置かれた場所でへこたれず頑張ること、人種や国で偏見の目で見ないこと、自分だけの世界から一歩踏み出すことなど、移民の比喩であるパディントンが自身の行動をもって示してくれる良作。パディントンのモフモフだけじゃなくて、脚本も最高で、伏線回収がとっても気持ちよかった!(個人的にチャクラの部分やばい)

前の家族が、パディントン1見てみたいってなってたのはほんと思うツボ感はんぱなくてよかった。私も借ります〜
ほっこりにっこりパディントン!見終わった後は前作と同様、心が温かくなる。寒い冬に観たい作品。
紳士で素直でおっちょこちょいなパディントン。でもすぐに友達になれちゃうパディントン。友達の作り方教わりました


伏線というか小道具つかってくるとこ好きです。りんごあめ、お父さんのヨガ、はしご、、一人で観に行ったのに、笑わせてもらいました。

ピンクの囚人服もとってもかわいい。ずっとずっと観ていたい映画でした!
だいすきな映画🐻
まず率直な感想は非の打ち所がなさすぎて愛に溢れている映画でした。

内容としてはルーシーおばさんの100歳の誕生日に完璧なプレゼントを探すパディントンのお話。

ブラウン家の家族の新たな趣味や人間性が後半の出来事にハマっていき素晴らしい構成。

またロンドンの街並みや景観を多く楽しめたの前作より良いポイントでした。

ラストのおばさんとの再会シーンも余韻を与える間も無くスクラップブックの流れで感動しながらスクリーンに釘付け。

間違いなく2018年を代表する一本。

親切にすれば親切にしてくれる。

人の良い所を見ようとするパディントンの姿勢は本当に見習いたい、いや見習うべき。

残りの0.1点はカリーさんも含めた大団円が観たかったかな。
終わり方がめちゃくちゃ良かった。
よかったねパディントン......!

複線鬼回収クライマックスは鳥肌立った。
予告編ではフーン( ´_>`)とか思ってたブラウンパパの股割もめっちゃ感動したよ!
刑務所は完全にグランドブダペストホテルでしたがパディントンが可愛いからok
囚人おじさんたちのささくれだった心がお菓子作りを通してだんだんほぐれていくの、あったかいね。

自警団気取りジジイ、まじで耐えられん。もう国内でも見飽きてる風景ですよ。
そんな奴はほどほどに退場させて、てか完全にそんないざこざ忘れちゃうクライマックスと落とし方だった。
そうさ。愛がなきゃあ。
かなり舐めてたのでダークホースですごく面白くてそのギャップで嬉しくなってしまった。前半の伏線を見事に回収していくのでとても気持ちがいいです。ヨガには思わず声を上げて笑ってしまいました。
じつは、パディントン1のほうは見てないんだけど…よかった!!
モフモフで礼儀正しいクマのパディントン、可愛すぎか。友達になりたい。毎夜、すすんで絵本の読み聞かせしてあげたい。

原作が児童文学(?やったかな?)お話はわりとわかりやすくできていて真の意味での悪者はいない。そんな世界のおはなし。
パディントンは家族の末っ子として愛されていて、ほっこりした。

飛び出す絵本の中に入って、おばさんにロンドンを案内するシーン、おばさんも「礼儀正しいハトね!」とか言っちゃってて、ほんとかわいい。
実はちょっと侮ってたんだけどパディントンのモフモフ具合や表情もすごくリアルによくできてたし、前述した絵本のシーンもすごくよかった。心洗われました。

心が開けば、足も開くー。
うーん、名言!笑
https://kazu-blogger.com/2018/02/13/british-film-paddington2/
>|