パディントン 2のネタバレレビュー・内容・結末

パディントン 22017年製作の映画)

Paddington 2

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「パディントン 2」に投稿されたネタバレ・内容・結末

色彩、小物、カメラワークなどの雰囲気がウェス・アンダーソン風味。
制作に関わってるのか思わず調べてしまったは。

パディントンがメイおばさんの誕生日にロンドンの名所が飛び出す絵本をプレゼントしようと窓拭きのバイトなどでコツコツとお金を貯める。

そんなある日、帰りに骨董品屋の前を通り絵本を眺めようとすると2階に泥棒が。
捕まえようと梯子を登って追いかけるもあえなく逃げられパディントンが容疑者として捕まってしまう。

刑務所で10年の刑期を言い渡されるもブラウン一家は無実を信じ真犯人の操作へ。
やがて犯人と目的を突き止めるがパディントンも無実を晴らすため脱獄。
そして移動式サーカスの列車で絵本を取り返すための奮闘が始まる。


相変わらずCGがよくできてる。
毛並みの表現は実に凄い。

作風がウェス風味過ぎてナックルズ役のブレンダン・グリーソンがだんだんとビル・マーレイに思えてくる。

終盤のヘンリーの列車でのとあるシーンが完全にジャン=クロード・ヴァン・ダムの例の奴で笑った。エンヤが流れれば完璧だったな。

パディントンの妄想絵本シーンと刑務所の長回しでカメラを回転させてどんどん華やかになっていくカットは面白かった。

あんだけゴツい受刑者が覚えてるレシピがスイーツばかりなのは笑うは。
バリカンの所、マジで笑った。


伏線回収がやばいと聞いてて、伏線回収のオタクとしては是非観ねば!と1を観てすぐ2を借りてきた。
物語に生きる伏線回収で本当によかった。

しかし、ストーリー的には前作のほうが好きだったかもしれない。

しっかしまあかわいいのなんの。
それだけでじゅうぶん満足。

ラストはホロリ(´•ᴗ•̥`)
マジか!続編なのにメチャクチャ面白い!
それくらいの驚き、そしてすこぶる感動を味わえました。

分かりやすい、入り込みやすい優しいテーマ。
前作同様に可愛く楽しくパディントンを堪能できる。
ブラウン家族は勿論、それ以外の登場人物がパディントンと触れ合うことで幸せになっていく。

お気に入りはやはりナックルズ。
そしてヒュー・グラントも流石の安定感でした。
起承転結のテンポも一流。
エンドロールも素敵。
WOWOWにて。

1はどこかにいく飛行機で見たような…
内容を忘れていたのでググりながら鑑賞。

・パディントン、うちの子に似てて可愛いよ、本当に
・基本ドジな人を見てられないタイプなので中盤キツかったけど、刑務所入ったあたりからは最高楽しい
・愉快で陽気で気のいい悪者に弱い私
・人の欠点や、物事の悪い点ばかり見つける人からは逃げていいよ、距離を置こう
自分はパディントンのようにいつも、誰かの長所や、物事のいい点を見られる人でいたい
・ラストシーン、不覚にも泣く
囚人のほうがいい暮らししてる。

前作で家を見つけたパディントンが、おばさんの100歳の誕生日にプレゼントを買うために奮闘するっていうストーリー

前作は個人的に周り任せっていう感じがして、心には響かなかったのですが今作はパディントンの熊柄によって近所の人々の心が豊かになっていく描写が見ていて心が洗われたし、刑務所での描写も言葉を交わしてみればどんな人間でも分かり合える可能性があるという啓蒙として子供にも見てほしい作品だったと思う。

心が汚れた大人の自分はクマなんだから本気出せばすぐ脱獄できるんじゃね?って思ってしまったが。。
とにかくかわいい!
そして相変わらずのパディントンっぷり!
ひとつも悪気ないのに色々やらかしてる!
ヒューグラントの悪役もコミカルなので後味が悪くならなくて、みんなが幸せになる終わり方がさすがパディントン!
パディントンの行動は
毎回ひやひやするし、
ともするとイラッとしそうなんだけど
憎めないんだよなー。

冒頭の絵本の世界で
おばさんと旅するところが
とても好き。

ファンタジー感が強く
刑務所も楽園のよう。

終盤いろいろな伏線が回収され、
すっきり収まりの良い作品。
所々クスッと笑えてほんわかほんわか

最後ルーシーおばさんと再会出来るって分かった瞬間涙出た〜

「誰でも良いところはある」
人って悪い所に目を向けがち
でつい文句を言ってしまうこともあるけど、
これからはちょっと立ち止まって良い所を探してみようかな
ジョナサン成長しすぎてびっくり。

鼻の中まで歯ブラシで洗っちゃうのね。笑

絵本の中のロンドンをルーシーおばさんに案内してるシーンが凄い好きだった!
ナックルズとマーマレード作るところも好き!
オレンジの中に1個だけ入ってるトマトにじわじわ🍅
囚人たちが美味しそうにサンドイッチ食べてて嬉しくなりました◎
パディントンのお陰で、暗くて嫌な雰囲気だった牢獄が華やかに楽しくなって、パディントンって凄いなぁって。

パディントンの無実を晴らすために犯人探しするブラウン一家の暖かさが泣ける。
ご近所さんも、牢獄の人たちもみんな暖かい。
パディントンが暖かいからなんだろうなぁ、素敵。

最後ルーシーおばさんとのバグはもう涙腺やられますね。

ブキャナンも牢獄でそれなりに楽しそうで良かった。笑
みんな踊れるのね、笑

日本語吹替に、金尾先生の名前があった!
どこにいたんだろう…?
ミゴ
パディントンの人たらしのチカラに驚かされた2時間だった。
この力は、後天的に身につくものではない。
戦国時代ならば豊臣をも超える人望を得ただろう。

例えば、刑務所での立ち振る舞いだ。囚人全員の服をピンクに染めてしまい、絶体絶命の危機に瀕してしまう。しかし、パディントンの何気ない立ち振る舞いにより、囚人全員を味方につけるどころか、刑務所全体をサクラ色が如く変化させたのだ。

エビ
ヨガ教室の効果が発揮された時には感動しましたね。
>|