イコライザー2の作品情報・感想・評価

イコライザー22018年製作の映画)

The Equalizer 2

上映日:2018年10月05日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

「イコライザー2」に投稿された感想・評価

金

金の感想・評価

4.5
●脇役達とマッコールとの交流が丁寧に描かれてたから、2時間という長い作品でも楽しめたし、素敵だった。

●デンゼルいぶし銀

●前作を見てないんだけど、見たくなった。

●クライマックスの嵐で住民が避難した海辺の町の廃墟感最高。

○デンゼル・ワシントン#マグニフィセント7
○ビル・プルマン#「インデペンデンス・デイ」シリーズ
Kota

Kotaの感想・評価

4.0
1作目も楽しめましたが
2作目も期待を裏切りませんでした!

主人公の男気 抜群の安定感 アクションのどれも完璧です!!

3作目はあるのでしょうか…

間違いなしのアクション映画だと思います!
rage30

rage30の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

前作で“イコライザー”として生きる事を決めたマッコールは、タクシー運転手として働きながら、悪事を見つけては正義を執行している。
前作のラストではネットで依頼人を募集していたが、その活動範囲はタクシー運転手として出会った人間のみで、あくまで「街の守護者」たる、彼のスタンスは今作でも変わらない。

その生活の中で、マッコールは姉の肖像画を探すサムという老人と、兄を殺されたマイルズという青年と出会う。
2人に共通するのは、過去の亡霊に囚われている事だ。
そして、それは亡き妻ビビアンとの思い出に支配された、マッコールにも同じ事が言えるだろう。

そして、映画の進行と共に、本作の敵役が何者なのか明らかにされる。
敵役のデイブはマッコールのかつての同僚…つまり、彼もまた過去の亡霊であり、マッコールがなりえたかもしれない鏡像でもあるのだろう。
そんなデイブをマッコールは、ビビアンとの思い出の地で向かい撃つ。

映画のラストにはサムとマイルズが、過去から解放され、未来へ進む姿が描かれる。
そして、マッコールも…。
壁の落書きに象徴される様に、本作が描かんとするのは、過去を塗り替えて、未来に進む人達の姿だ。
だが、彼らは何の苦労もなしに、過去を乗り越えたわけではない。

中盤でギャングから助けられたマイルズが、「何で俺を助ける?」とマッコールに聞くシーンがある。
マッコールは何でマイルズを助けたのだろう?
映画の序盤、落書き消しをするマッコールはマイルズにこう言う、「“やるはず”と“やる”はまったく違う」と。
その後、マイルズは思い直して、落書き消しを引き受ける。

マッコールはイコライザー…つまり、不正を正し、平等をもたらす存在だ。
悪事を働いた者には悪事を与え返すし、善事を働いた者には善事を与え返す。
過去と向き合った人間には、過去を乗り越える道が与えられるのだろう。
そして、未来に一歩進めた瞬間、過去は最良の思い出になるのである。
Ohu

Ohuの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

あなたの親愛なる隣人ロバート・マッコール第二弾。
ヒーローものがシーンを席巻していれば、しっかりと順応するデンゼル・ワシントン。
前作のヒットを受け、勢いに乗って続編へと踏み切り今作もそれなりにヒットした訳ですが、やはりトーンダウンは否めませんでした。
断片的に過去を掘り下げて人間味を持たせる作り込みは分かるのですが、やや蛇足気味に感じました。
ポッと出の戦友が黒幕って流れはいとも簡単に読めましたし、殺しの対象に家族がいても己の倫理観を貫き通すって流れに違和感を覚え、前作のマッコールは好きなキャラクターでしたが、お粗末なプロットのせいで作らんでも良かったのではと思える続編に。
ミッション:インポッシブルでいうローグネイション的な展開もこのシリーズには当て嵌まらなかったと思います。
それと急に説教臭くなる途中の小僧との寸劇もまるっと要らなかったです。俺の映画で黒人のキッズをダークサイドに堕としてなるものか!という久米宏ばりの俺様っぷりが鼻についてしゃあなかったです。
アウトロー然り、続編で落胆したくはなかったのですが、予想通りこのシリーズもこれでお別れとします
残念ながら前作に及ばず。
敵と戦う目的もアクションシーン撮るためだけのこじつけにしか思えなかった。
友達との間で話題の
「なめてたおっさんが実は最強だった」
ジャンル映画!笑

マッコールやっぱり最高!!
負ける気配ゼロなのが本当に観ていてたまらないw
ピナコ

ピナコの感想・評価

3.6
なんか残念😨
『イコライザー』が面白かったのでハードル上げちゃったw

私的にこれは『ジョン・ウィック』と同じくやはり続くとダメなやつです~😨
そうすると急に冷めちゃう私です。

マッコールさんは強いしいい人ですよ❗️
でもね…人を殺してはいけませんね。
さんざん1で面白がっていた私が言うのもなんですが😨

嵐の中で大変そうでしたが
ストーリー的にも平凡になった感じ。
ざ・ん・ね・ん😣

例えばね😁
例えばですよ😁
マッコールさんが本当は悪の親分でみんなを騙してたとか…
そんなだったら驚きあったかも😂
青星叫

青星叫の感想・評価

2.9
19秒で片付けるイコライザー
悪は放っておけないぜ!
友人殺されたから殺した奴らを殺すぜ

面白かったけどそれ以上がなくて
ふーんて感じで終わってしまった
tagomago

tagomagoの感想・評価

4.0
前作ではメインストーリーとは別の世直し活動が少し長いなと思っていたが本作ではもはや当たり前のように全面に出てきている。これをされたら受け入れるしかなくむしろ自分の見方がダメだったんだと反省しきりです。マッコールはタクシーの運転手として働いており人助けに精を出すには絶好の機会が設けられている。お膳立てがしっかり整えられているのがお見事。後遺症が出るぐらいに止めといてやるか的なムーブが素晴らしいです。

「全員殺す」発言からの病的な笑顔は思わず二度見三度見する強烈なシーンだし、暗殺者と対峙したときに狭い車内の中をカメラがグルッと回る場面も印象的で前作のようなキメ画をしっかり見せてくれるところも良い。

監視カメラや現場状況の写真を見ただけ推理する場面ではよく顔の表情だけで長いこと場を持たすなと感心しきり。デンゼル・ワシントンだから成せる技です。終盤、家に誘い込んで1人ずつ殺していくホラーみたいな展開にどちらが敵なのか困惑した。
一作目の方が圧倒的に好き
なんか普通の映画になっちゃったなぁって感じでした
>|