ONE PIECE FILM GOLDの作品情報・感想・評価

ONE PIECE FILM GOLD2016年製作の映画)

上映日:2016年07月23日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

新世界の“怪物”が動き出す!!! 物語の舞台は、世界中の名立たる海賊、海兵、大富豪たちが集う、世界最大のエンターテインメントシティ“グラン・テゾーロ”。そこでルフィたちの前に現れたのは、金の力で世界政府ですら容易く動かし、天竜人をも懐柔する絶対的な権力を持つ“黄金帝”ギルド・テゾーロ。豪華絢爛な街の裏ではテゾーロによる圧倒的な支配が渦巻き、ルフィたちはなすすべもなく街の非情なルールに飲み込まれ…

新世界の“怪物”が動き出す!!! 物語の舞台は、世界中の名立たる海賊、海兵、大富豪たちが集う、世界最大のエンターテインメントシティ“グラン・テゾーロ”。そこでルフィたちの前に現れたのは、金の力で世界政府ですら容易く動かし、天竜人をも懐柔する絶対的な権力を持つ“黄金帝”ギルド・テゾーロ。豪華絢爛な街の裏ではテゾーロによる圧倒的な支配が渦巻き、ルフィたちはなすすべもなく街の非情なルールに飲み込まれていく。そんな中、テゾーロから天竜人への「史上最高額の天上金」の存在が明らかとなり、その支配力は世界を揺るがすほどの暴走を始めていた。遂に動き出した新世界の“怪物”に、ざわめき始める世界政府、そして革命軍——。「自由とは、支配とは」この海を制するための答えを求め、ルフィたちの信念を賭けた闘いが幕を開けようとしていた。

「ONE PIECE FILM GOLD」に投稿された感想・評価

nao

naoの感想・評価

4.0
隠れキャラが多くて何回か観たくなる。
ゾロがヒロイン。
ゾロファンからしたらゾロの戦闘シーン少なくてうーんだったけど、ルフィの激アツ戦闘シーンはなぜか涙腺緩んだ。
Rikuto

Rikutoの感想・評価

3.4
2018年22本目

ワンピース久しぶりに観ましたね。日本が誇る漫画なだけあって相変わらずおもしろいこと。テゾーロのキャラのおかげで勧善懲悪になっていないあたりなんだか複雑だった。 ジャンプは強し。
迫力もあり、メッセージ性も強くワンピースらしい作品。
世界観は本編と大きく違うが、受け入れられるような演出。
ところどころ細かい部分に笑いのネタが仕込んであり緩急がつく。

諦めない、挑み続けることのかっこよさを思い出させてもらいました!
ストロングワールド・Zと引き続き原作者の尾田先生が関わっているためか面白かった。

普段のワンピースと同じアクションシーンもあれば漫画やテレビでは中々味わえないスパイ的要素が観れたのもよかった。

あと個人的に久しぶりに登場したルッチに感激。フィルムZでは青キジ、今作ではルッチと漫画では新世界編に入ってから登場してないキャラがでるのは胸熱です。



テゾーロの設定も中々良かった。
敵キャラでありながら過去のシーンがあるため何故支配に執着するのかもわかる。

またワンピース映画やるなら尾田先生鑑賞でやってほしい。
原作は1冊も読んだ事がありません。本作のオープニングはカジノという舞台といい音楽といい「オーシャンズま11」シリーズのノリでしたね。恐らく原作読み込んでいる人には物足りなさが半端無いかもしれませんが、僕は楽しめましたよ。キャラクターの性格や必殺技がわかっていればもっと楽しめたのだろうと思いますが。主要キャラクターが多いだけに、それぞれに見せ場を作らなければならないのは理解できますが、如何せんクライマックスがやたら長く感じました。一人一人が最後の必殺技を繰り出すから長くなるよねぇ。オチは捻りがあって楽しかったです。
tbc

tbcの感想・評価

-
友達とどの敵キャラがどの一味と戦うかを予想しながらみたすごく楽しかった
こまじ

こまじの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった。逆転するとことかおーってなった
GLIM SPANKYのエンディングがかっこよすぎた
ワンピースの映画、ストロングワールドが最高で、Zはかなりガッカリして、これはまあまあという印象。
こういう世界、よく描かれる。面白かった。
最近のワンピースは一味がバラバラになりがちだから、総出のところがうれしい。
良くも悪くも
いつも通りのワンピース。
普通に面白かったけれど
想像の範囲を超えては来ないかな。

ナミの過去シーンを少し見られたのは新鮮で面白かった。
お金がかかってるなあと言う印象だったけど、アニメの構図が漫画ぽくて良かった。舞台も華やかで夢があってワクワクしました。

ただワンピアニメに慣れてるからなのか、先のストーリー展開が読め過ぎるし、ボスの過去も背中の傷と最初のフラッシュバックで予想的中しちゃうし終わらせ方もとても上手い終わらせ方だけど読めちゃう。それがちょっと既視感に繋がってつまらない。肝心の戦闘のシーンも少し退屈で寝そうになってしまった…。

キャラのやり取りは抜群の安定感で、小ネタも面白くて笑えた!
>|