ONE PIECE ワンピース 3D 麦わらチェイスの作品情報・感想・評価

ONE PIECE ワンピース 3D 麦わらチェイス2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:30分

ジャンル:

2.8

「ONE PIECE ワンピース 3D 麦わらチェイス」に投稿された感想・評価

確かちょうどアバターの影響で3Dが流行り出した時に作られた3Dの映画だけど普通に目が回るわ
30分の3DCG短編。話なんて無いみたいなもんで、映画館で上映形態を選んで見ればそれなりに楽しい映画体験になるのではないだろうか。
ワンピースは海賊無双にこの作品の経験が生かされていそうで、海軍の多数モブやら巨人族など、挑戦はしていると思う。
誠治

誠治の感想・評価

3.0
3D?
なんか嫌な予感がしてたけど、ストーリーはワンピースらしいもので意外に面白かった。
期待値が低かっただけに高評価。
ただ、画面はゲームを見ているようでした。
KaZui

KaZuiの感想・評価

3.3
💬尾田栄一郎の漫画、『ONE PIECE』を原作とするテレビアニメの劇場版第11作。全編フルCGのデジタル3D映画であり、これは『ONE PIECE』のシリーズ史上初である。麦わらの一味が、モンキー・D・ルフィの麦わら帽子を盗んだ大鷲を追う物語であり、やがて海軍をも巻き込むことになる。30分という短い時間ながら、起承転結がはっきりしている。また、氷山の間を突き進むサニー号や海王類の登場などで3Dアニメーションの魅力を最大限伝えようとする努力が感じられる。終盤の海軍との戦闘は、『ワンピース 海賊無双』シリーズのプレイムービーを観ているようだった。4DXなどの、3D映像とアトラクションを同時に楽しめる媒体で観ると楽しさが増すだろう。

初鑑賞:2020年6月24日
鑑賞方法:動画配信サービス(Netflix)
2020年157本目。
6月20本目。

🗣『ONE PIECE』が好きなら、楽しめると思います。
ヤマト

ヤマトの感想・評価

3.0
WOWOWにて観賞。
映画11作目は3D作品。
何かゲームをやっているような感覚でした。
お騒がせな爺さん。
爺さんと一緒に旅する犬兼トリトリの実の能力者。いや能力犬。
この能力犬にルフィが帽子を盗まれ、取り返すのに海王類に海軍とバタバタ話は進んでいき、あっという間に終わります。
30分とかなり短くアニメを観る感じでサクッと観れるので、時間が無い方にはお勧めです。

WiiのアンリミテッドクルーズみたいなゲームCG画。

30分のトリコと同時上映だからおまけみたいな感覚で

海王類いるところアツかったので、テーマパークの何かのアトラクションにしてほしい。
けにち

けにちの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

盗られた帽子を追いかけていく話。30分と短く(3Dで長いと疲れるのでこの程度で良い)ストーリーはシンプル。
3Dの映像で見せたいがための作品。CS放送だと堪能しきれない。
ku

kuの感想・評価

3.2
ゲームみたいで新鮮でテンポも良くて個人的にはけっこー好きですね。
ただし、30分だからだと思います。これが90分続いたらダルいと思います笑
2020 142本目

ゲームやってるみたいで新鮮。
短かいけど面白かったです。
ゆーま

ゆーまの感想・評価

3.5
上映時間は短く30分でトリコとの同時上映だった。
当時3Dアニメーションの技術が確立し、様々なアニメ映画で取り入れられた印象。
この作品も同様に、内容や演出も全て3Dアニメーションを楽しんでもらうために作られてる。

30分なのでテンポ感も早く飽きもこない。

3Dで見るには面白いかも?
一種のテーマパークアトラクション的な感じ
>|

似ている作品