ONE PIECE ワンピース 3D 麦わらチェイスの作品情報・感想・評価

ONE PIECE ワンピース 3D 麦わらチェイス2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:30分

ジャンル:

2.8

「ONE PIECE ワンピース 3D 麦わらチェイス」に投稿された感想・評価

3Dになるとなんか変な感じなんですよね。
楽しいと言えば楽しいですが、やっぱりいつもの絵が好きです。
はろ

はろの感想・評価

-
前見てあんまり覚えてないんだけどすっごく好きだったやつ。ほぼ3DCGなのも新鮮だしとにかくルフィが麦わら帽子追いかけてるだけなんだけど、すごい面白かった。
aaaakiko

aaaakikoの感想・評価

4.0
ルフィお誕生日おめでとうpost第二弾。
日付け変わっちゃったけど今日はゴムの日だからよし。

これも何回映画館に見に行ったかな。
先日古い箱のなかからこれの3Dメガネが8個ぐらい出てきた(笑)
とにかくオープニングからむちゃくちゃかっこよくて、
とにかくスカパラの音楽と海、船、戦闘シーンのシンクロ具合がすばらしすぎた!
うわー!とか返せー!ぐらいしかセリフないのにとにかく田中真弓のすごさ!
エンドロールのルフィと犬がとにかく可愛い。

でもこれ小さなテレビで見てもしかたないんだよな〜。また映画館で見たい!
トリコと二本立てだったけど、あっちの方は全然3D関係なかった思い出。
観た

麦わら帽子はボロッボロなのによく闘いで壊れないなと思った映画の一つ
ま

まの感想・評価

-
ジェットコースター乗りたくなった
音楽のりのりでサクッと楽しい
ディスクに傷があったねえレンタルは大切に使ってほしいねえ
suama

suamaの感想・評価

3.3
ONEPIECE 劇場版第11作品
ONE PIECE 3D 麦わらチェイス

ジャンプ HEROES film (JHF)と題し「トリコ 3D 開幕!グルメアドベンチャー!!」と同時上映だったなー
劇場版ONE PIECEシリーズ史上初となる、全編フルCGおよびデジタル3Dで制作された作品


意外と3DCG良かった、けどストーリー的には何だかな。
この頃、トリコの方が好きだったからさ。
しいな

しいなの感想・評価

3.0
短いので気軽に観られて良いです◎。
2時間映画のような超大作!にはならないけれど。
3Dの絵がアニメより原作に近かったので、これまたいつもと違った感じで好きでした。
戦闘シーンはゲームのオートプレイを観ている感覚でした(笑)
ストーリーもわかりやすく、ワンピースらしさもあって良かったです♪♪
FREDDY

FREDDYの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

尾田栄一郎による同名漫画を原作としたTVアニメ『ONE PIECE』の劇場版シリーズ第11作で、シリーズ史上初のデジタル3D作品である本作は、サウザンド・サニー号でグランドラインを航海中だったとある日の朝、幼い頃に憧れを抱いていた大海賊"赤髪のシャンクス"から預かった、命よりも大切にしていた麦わら帽子が突如としてなくなったことで、モンキー・D・ルフィ率いる麦わらの一味が帽子の行方を捜していた中、ウソップとチョッパーが漂流船から老海賊・シュナイダーを救出していた際に帽子をくわえた大ワシを見つけたことで、帽子を奪還すべく、グランドラインの"危険地帯"へと足を踏み入れ海軍との戦いに身を投じていく様が描かれた作品となっているのだが、やはり30分の短編なので物足りなさで胸がいっぱいになってしまいましたし、物語に関してもこれといった面白みはなく、要するに本作は麦わらの一味が織り成す激しいバトルシーンを3D映像で楽しむのみの一作といったところでしょうかね。本作を2Dで視聴してしまえばまるでゲーム内で流れるオリジナルストーリーのムービー部分を観ている印象しか湧きませんし、良かった点をあげるならば、東京スカパラダイスオーケストラによる主題歌「Break into the Light ~約束の帽子~」の軽快なリズムと爽快感くらいかと。もう少し長尺で物語を描いて欲しかったですね。3Dで視聴すればそれなりには楽しめる一作なんですけどね。
「ONE PIECE」と「東京スカパラダイスオーケストラ」に惹かれて観に行ったんだけど…。
確かに『チェイス』ですよね。
これでワンピースの劇場版、コンプリート?かな。

3D仕様の『ONE PIECE 麦わらチェイス』。
何がチェイスかと思ってたら、そういうことだった。

麦わら一味のとある日常。
海の上で停泊し、休んでいたところ、なんと、なんと!ルフィの“麦わら帽子”、紛失。

彼にとっては何にも変え難い、彼の象徴、彼の宝物、麦わら帽子がなくなる。

これにより、一味が、大騒動。
どうやら、大きな鳥が持っていったらしい、ということで麦わら帽子を巡る大捜索を開始するも、行きずりで海軍に見つかって大捜索が大騒動に。

3D仕様、この頃からゲームでも出てきた『ONE PIECE無双』を思い出す。この感じ。

それで成り立つのかと思ってたけど、意外と良かった。当然ながら、3Dの強みを活かしたシーンが多くて、目が回るような船の蛇行とか、ルフィの動き。

それだけかと思ったけど、海軍との陸地戦。
これはこれで3Dならではというか、もともと30分足らずのやや短編なので、ここで一味が一気に畳み掛けるけど、このシーンがなかなか良かった。

特に、ロビンの腕の網、ゾロの108煩悩鳳、サンジのディアブロ、この辺が3Dが故の切れ味。
見せ方がなかなか普通のアニメーションにはないダイナミックさがあった。

話としては大したことない日常の延長のお騒がせな1日を切り抜いた感じで、本筋には一切関係が及ばないけれど、これはこれでスピード感があるし、ナミとロビンのグラマラスなボディが立体的だし、楽しめた。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品