ホーホケキョ となりの山田くんの作品情報・感想・評価

ホーホケキョ となりの山田くん1999年製作の映画)

MY NEIGHBORS THE YAMADAS

製作国:

上映時間:104分

3.5

「ホーホケキョ となりの山田くん」に投稿された感想・評価

みみみ

みみみの感想・評価

3.5
眠くなった・・・(笑)

でも、絵のタッチが柔らかくて好きだったし、所々クスッと笑えた。

傘忘れて迎えにくるところが特に好きかな。

気張らなくてケセラセラの日常いいなあ。

お父さんの声が好き。
ジーナ

ジーナの感想・評価

2.5
子供心に連れて行ってくれた姉に面白くないと言えないもどかしさを感じた思い出・・・
おもんなかったわ!
なんやねん。
山田くんのマンガは好きやけど!
これは、すんません!
すみ

すみの感想・評価

4.3
昔はそんなことなかったのに今見ると泣ける。
これが加齢かなぁ…
佳子

佳子の感想・評価

4.1
「製作は順調に遅れています。」
の劇場版予告が忘れられない^_^;
高畑作品の中では、あまり言及されませんが、かなりの名作だと思います。足し算でなく、引き算で作られた映画というか。大好きです。
日本の家族の日常の一場面を見事に切り取っている。新聞の四コマ作品をよくぞここまで一本のアニメとして成立させたいう感じ。矢野顕子の唄も世界観にばっちりマッチしている。
ミヤコ蝶々のスピーチと、ケ・セラ・セラも哲学的でした。
高畑作品で1番好き。よく映画化したなと思うし何気に超絶技巧だと思う。「かぐや姫」も今作での古典と余白の研究があったからこそ。ミヤコ蝶々の挨拶には涙が出るし、結婚式でのファンタジー描写もすごい。絵巻アニメーションも見事!

「南極料理人」でも思ったけど、こういうユルさこそ大事。芯にユルさがあってこそ協調性や真面目さが活きるんであって、芯がしっかりしてないとただ息苦しくなっちゃう。俳句もイチイチ痺れる。柳家小三治の朗読も矢野顕子の歌もピッタリ。あぁホッコリした、しあわせ。
とまこ

とまこの感想・評価

3.7
山田家のみんなが可愛いくてほのぼの心が暖かい。ちょっと昔の、人と人との繋がりがある日常が心にしみる〜。朝丘雪路さんの声も今となっては懐かしい。
これも押し付けがましくない
結婚式で挨拶話すおばちゃんの関西弁がなんかもう涙出るくらい好き
石川

石川の感想・評価

4.8
どうかしている。金・人・時間を惜しむことなく使っているであろう中で、変に気合の入った大作らしいものでもないのに、こんなにも丁寧で繊細なものを満足いく形で作り上げられる人は他にいないと思う。それでいて、ちゃんと出来としては文句のつけようがないんだからすごい。無駄なことすらない。一定以上の水準の人を大量に使えば作れるであろう最近のディズニーのCG映画とはわけが違う。あれはあれですごいけど。嘘のない生活の中の自然な感情。わざとらしい家族愛でもなく形だけの狙った日本らしさでもないが、観た側としては現実の生活を描いた日本を代表する映画。この映画の本質はそこではないのかもしれないけど、らしさというのは生活の中の感情面も含めて必要なことに自然に現れるのだと思う。この映画を完成させられる人間が、いかにも亭主関白らしく横暴に振る舞うが威厳もなく軽くあしらわれてしまうような父をメインに描けているのが不思議で仕方ない。観た直後から自分にとって重要な作品であると確信できれば満点をつけた。今後忘れられず事あるごとに影響を受け続ければ、そうと気づいた時に残りの0.2を付けられる。
ジブリにしては珍しいコメディ要素
声出して笑ってた
なんでもないときにみたいほっこり作品だなあ
>|