殯の森の作品情報・感想・評価・動画配信

「殯の森」に投稿された感想・評価

akubi

akubiの感想・評価

-
森が放つ濃密で凄艶な香りが、ときたまひとを狂わせ惑わせる。

ほら、森が怒っている。
そんなふうに感じるのは、この世界に後ろめたさがあるからなのだろうか。

森は慰めてなんてくれない。
煩悩にまみれた世界で、この畏敬の念をとても美しいと思った。

あなたに会いにいった帰り道は、教えてくれるのでしょう。??

何処かにいるあのこ。そしてもう何処にもいない、あなたを想って。
dblue

dblueの感想・評価

3.5
冒頭、職人さん。の手がいい。
殯。喪あがり。
しげきさん(役名)、無邪気で哀愁漂う演技に引き込まれる。
平田満さんだと思って観てた。うだしげきさんだった。
33年で仏になる。
森の中で、手入れでもしないと、場所特定できるほど繁ってない、とは考え難い。
33年も経てば特定できないほどに、生い繁るよ。
素朴な疑問が浮上。
認知症、生死、について。
渡辺真起子さんいい役どころ。
かな

かなの感想・評価

-
しげきさんがどんどん行っちゃう感じが観ていてしんどかった。

台詞が聞き取れない部分があって、じっくり観るなら防音室かイヤホンがおすすめ。
mi

miの感想・評価

3.2
『殯(もがり)』とは、敬う人の死を惜しみ、しのぶ時間の事。また、その場所の意。
語源に「喪あがり」喪があける意味と劇中にあった。

奈良を舞台に、家族を喪った二人の登場人物(認知症の老人と女性介護士)
のふれあいを通し、人間の生と死を描いた作品。

素晴らしい日本の景色、配色。
風や匂いを感じる撮影法。
素人とは思えぬ演技力。
フィクションとドキュメンタリーの狭間を描いている。
だからこそ、あの音声がまたいいのかもしれないが、
正直、終始聞き取る行為で現実の自分の日常に 引き戻されてしまった。

難しく、深い作品。
歳を重ねるごとに、幾度と観るべき作品だと思った。
m

mの感想・評価

3.0

尾野真千子良い。
茶畑で、尾野真千子を若かりし日の妻と重ねて鬼ごっこするシーンからスイカ食べるまでのくだりはせつなくて良かった。しかもちょっとエロティッシュだった気がする。

しかしやはり監督とは気が合わない……こういう類の映画に全く共感や感動を覚えないので、自分はゲス人間ではないかと疑わされるこの錯覚感が嫌だ。

主役の俳優さんとか、筋肉とか身のこなし方とか、ほんとはイケイケやんって思って、痴呆の老人には全然思えなかった。
遭難した時に電波がなくなって、尾野真千子が「一緒に風にお祈りして!」って携帯を空にかざしてるけど、いや遭難してそんな台詞言えないやろ(笑)ってもうコメディだった。

人物設定、関係性とかは良かったなあと思うんだけど……
河瀬監督、是枝監督、そういう系の監督って大体森で遭難するか失踪するよな……って思ってしまった……
新手の小津映画みたいに、全部パラレルワールドみたいな感じを狙うなら、もはや小津くらい迷宮いりにして欲しい。同じ俳優を配役だけ変えて、同じようなストーリーで撮り続ける、あそこまで行くと面白い。監督の壮大な遊びって感じがして好き。

しかし監督の求める人間の美しそうな部分だけ切り取っていく感じ、好きになれないな……
これはどの作品みてもきっと気が合わないのだろうとおもった。
吉田

吉田の感想・評価

2.7
重要なテーマこめましたっていう大嫌いなタイプの映画
レビューにも書いてあったけど、フィクション下手
この監督はドキュメンタリー風にしないと物語を撮れないのかなと
命とかそういうの描きたいわりにリアリティ無視で都合のいいストーリー進行


(2012.5.12)
我が強すぎてしんどかったです。メッセージ性を押し出しすぎに感じました。言いたいことはわかるんですが、言えばいいってわけじゃないですから、もう少し無遠慮でもよいと思いました。緑がとても美しく、それゆえにスイカの赤がものすごくおどろおどろしく見えてはっとしました。あそこはすごく美しさを感じましたね。
茶畑の遠景の匂い立つような濃い緑色。老人を多く抱えたグループホームの周りを、生命の静かだけど大きなうねりを強く感じさせる景色が取り囲んでいる構図は、情緒があるけど同時にどこかギョッとさせられる。物語が進むと現れる割れた西瓜の赤や焚き火の橙はひどく印象的だし、自然の厳しく荒々しい一面にも驚かされる。
ストーリーは抜きにして映像の雰囲気の遷移だけを追えばなんだかとてつもないものを観ている気分になれそうなのに、いまいち尾野真千子演じる介護士の心情に寄り添えず、ラストシーンには首を捻ってしまった。
まあでも胸の底の方に重い打撃を受けたような感覚は残ったし、有意義な鑑賞体験だったという満足感も得られた。
「生」を狙っての過度な手持ち撮影はやめていただきたい。
なんか分からんけど、茶畑のシーンが別物なくらいめちゃめちゃ良かったので、
森の中や会話劇などのほぼ全ての手持ちカメラにイライラしました。あと作家の死生観が強すぎるので、アウトプットする媒体は、映画じゃなくてもいいんじゃないかな
映画に決まりはないしいいんやけど別に…
Takeco

Takecoの感想・評価

2.1
うーん。。
2つ目の窓を見た時は結構好きだと思ったんだけど、こちらはいまいち入り込めなかった。。

けど、自然の中でこれはやりすぎだろと感じる演出も展開もなくただ歩き続けるシーンの数々はきれいだし見どころだと思う✨
>|