パラドクスの作品情報・感想・評価

「パラドクス」に投稿された感想・評価

Kie

Kieの感想・評価

4.5
無限に繰り返される空間に閉じ込められた人々を待ち受ける予測不能な運命を描いたメキシコ映画『パラドクス』
何これめちゃくちゃ面白いじゃん!!ってなったからぜひ見て欲しい!開始15分で心鷲掴みにされた🎬


タイムループ系好きな人は絶対ハマると思う、久しぶりに興奮で心がざわついた…
Matilda

Matildaの感想・評価

2.5
面白かったようなよくわからなかったような、、、もう一度見たくなってる。
DAI

DAIの感想・評価

4.0
映画は2つの物語を中心として語られていきます。
1つ目はある犯罪者の兄弟が刑事に追われて、とあるビルの非常階段に逃げ込みます。
それでどんどん下に降りていくのですが、何故か1階の階段を降りると最上階の9階に出てしまう。
2つ目はある4人家族が車で一本道を走っているんですが、
どれだけ経っても目的地に着かない。
そして何故か同じ看板が何度も過ぎ去る事に気づく・・
何故2つの物語があるのか、そして何故同じ空間がループし続けるのか。。。
その謎を紐解いていくループスリラー映画です!
この映画はとにかく空間だけがループし続けると人はどうなってしまうか?
その結果の映し方とか映像がイイんですよね〜
当然ループしている人物達は年をとっていくし、
どんどん精神に異常をきたしていく・・・
ループし続けている光景は異様な雰囲気で不気味だし、気持ち悪いし。
こういったのは、やっぱりメジャー映画にはない独特な感じがあります。
伏線回収もそうだし、2つの物語に隠された衝撃の事実もユニークです!
それと、ある種世界の法則を反映しているというか、
観客に訴えかけるようなメッセージ性もあります。
だからね〜この物語をちゃんと理解するのは1度じゃ難しいかもしれません。
でも何度見てもやっぱり面白いし、素晴らしい映画だと思います!
でもボク個人としては、映画の内容とかストーリーどうこうより、
このユニークな設定と、衝撃的でスタイリッシュな映像表現だけで
完璧にハートを射抜かれた・・・
そんな映画ですね〜!是非とも見てください!!
adeam

adeamの感想・評価

3.0
同じ空間をループし続けて時間だけが過ぎていく世界に迷い込んだ人々を描くメキシコ製SFスリラー。
前半で描かれる循環構造を持った空間に閉じ込められるという発想自体はワンシチュエーション系の低予算作品にありがちですが、今作はあくまでそれを後半の展開への前フリとして使っているのが新鮮でした。
設定ありきでオチをこじ付けたのではなく、結末ありきで前半の状況を考え出したように感じられるところに好感が持てました。
ループの裏にある真実とそこから訴えたいメッセージに繋げたいが為に、強引な展開に陥っている場面も少なからずあるのですが、シチュエーションへのアイディアだけで物語を着地させることを放棄している作品よりもずっと納得感があったと思います。
ただ、画的なインパクトを優先させたのかもしれませんが、老いに対する偏見に近いスタンスはもったいなく、もう少しフラットに老いることの哀しみや切なさを見せてくれた方が心に響いた気がしました。

このレビューはネタバレを含みます

レビューの評判が良いので以前から見てみたかった一本。ようやくレンタル出来たので鑑賞。謎の爆発によって時間と空間がループしてしまった過去(田舎の一本道)と現在(非常階段)という話なのですがやや込み入ってて分かりづらい映画でしたかねぇ。

過去に同様のループ経験をした人間が他人を巻き込んでしまう無間地獄❓ 田舎の一本道に35年閉じ込められていた元少年がパトカーに乗って脱出し、そのまま非常階段で二人組のチンピラを追う刑事となり、35年間非常階段で閉じ込められた後に老衰で死ぬ間際にマトリックス的な世界の真理を語ったりとか、マルチバース的な描かれ方もしてたりとにかくよく分からない。

登場するキャラ(特にママ)がループ世界に閉じ込められたことによりヒステリックになったりして見ているのが辛くなってきましたが、35年経過した後のゴミ溜め描写やボケ老人同士のカーセックス描写はキモすぎて嫌な気持ちになりました💦 

完全に閉鎖空間の非常階段よりも自然に満ち溢れたハイウェイのほうが気持ち的には全然マシだとは思うんですが、ハイウェイ組の方は醜く呆けたようなカオになったりとか、ゴミで溢れた非常階段でペットボトルの中に硬いウンコをして栓をして捨てるとか、露悪的な見せ方が強い作品でしたかね。字幕で見た後にもう一度終盤だけ頭を整理しながら吹き替えでも見たのですが‪……‬こういう話なのだと受け入れるしかないのだなぁと。
danefushi

danefushiの感想・評価

2.5
無限ループする話なんだけど、なんか途中、段々眠たくなった。

眠たくなったからか、よく分からんかったからなのか、理解出来なかった……。

35年もループ生活…だったり、そのせいでだいぶ年齢がいってらっしゃいしちゃってるから、外見も何もかも変化しちゃって、頭が追いつかなかったのもあるかも😅
私にはう〜ん、だった〜💦
映画fan

映画fanの感想・評価

3.4
多分、奥が深い映画なんだと思う。私の頭では理解が追いつかない、要解説サイト映画。
面白いかどうかというと、つまらなくはない。
ところでジャケの女性、誰?
これほどのジャケ詐欺も珍しいのでは?
T太郎

T太郎の感想・評価

3.8
571
メキシコ映画だ。
先日観た「ダークレイン」と同様、白黒調でうっすら色つきだ。
この手法は、メキシコ映画の特徴なのだろうか?

当初、そんな事をチラリと考えながら鑑賞していた私だが、次第に物語の世界にどっぷり漬け込まれていった。
そして、気がつけばなんと!べったら漬け状態になっていたのだ!

お漬物に詳しくないので、この例えが適切かどうかは分からないが、ぬか漬けでない事は確かだ。
それぐらい、物語に引き込まれ、漬け込まれたという事なのだ。
(全く分からん。なぜ漬け込まれる必要が?)

しかし、ふいに場面が変わり、ある家族がバカンスへと向かう章に入った途端、カラーになる。

なるほど、オムニバス形式なのか。
と、思っていたら最初の白黒の章と同じような展開に!
一体どうなっている!
より一層物語に漬け込まれていったのであった。

この後、白黒とカラーの物語が交互に語られていくのだが、徐々にその関連性が明らかになり、最後は何とも言えない虚無的な結末を迎える。

ここで鋭敏な私は、気づいたのだ。

この映画はややこしいと。
(気づくの遅いな)

クリストファー・ノーランを彷彿とさせる作品だ。
じっくり集中して観るべき部類の映画と言えるだろう。

冒頭のエスカレーターに横たわる老婆のインパクト!
誤解を恐れずに申し上げるとすれば、老醜の恐怖を描いた作品だとも言える。
それぐらい、老人の描き方がえげつないのだ。

面白かった。
誰もが漬け込まれる作品だろう。
これは面白い!ただただ繰り返す、抜け出せない不気味さ。目が離せなかった。最後の展開がまた良くできてるなぁと感心。こうやって繰り返していくのか。宿命?運命?からくりが分かれば次に起きる展開が分かる。それぞれ違うシチュエーションなんだろうから永遠にお話作れるな、この映画。
とにかく色んな意味で怖かった。
ネタが面白いから飽きずに見れた
よくみんな自決せずに生きてるなと思う、3ヶ月で気が狂って死ぬ
>|

あなたにおすすめの記事