映画 聲の形のネタバレレビュー・内容・結末

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「映画 聲の形」に投稿されたネタバレ・内容・結末

京アニさんの映画を初めて見させて貰ったけど、映像の綺麗さに驚いた。最後の文化祭に行く時の目線の表現とか石田くんの心の解放された所とか。

話が一転、二転、三転くらいするけど違和感なく、ずっと夢中で引き込まれてた映画でした。 小学校の頃、学校の1年単位のクラブで手話を選択してた事を思い出した。実際に耳の聞こえない方と一緒に勉強させてもらった事は今思うと貴重な経験だったと思う。
胸糞でしかない。
こんな感情移入出来んしイライラする映画ある?

補聴器も壊しすぎやしあんなん何回も何回も壊されてふざけんな。ノートも破るな落書きするな。

そして手のひら返しがやばいし、登場人物ヤバいやつしかおらんくない?

あと、虐めれてたやつなんかと友達になりたくないし、友達になろうとも思わんし気色悪すぎん?

いじめてた過去を謝って自殺することで帳消しになると思っとるんかなんか知らんけど謝られたとてすぎるし意味わからんし自己中すぎる。

ハッピーエンド風に終わったのも意味わからん。
個人的にはあまり好きになれない映画でした。(感動できない。シンプルに胸糞悪い…)

金曜ロードショーの録画で見たので、検索したらいろんなシーンがカットされてたと知ったけど。
安易にいじめをしてしまったことがきっかけで次のいじめのターゲットにされて、心を閉ざして、でも西宮さんに謝りたくて母にお金も返して手話も覚えて、自殺しようと決めてたけど勇気を出して会いに行って、友達になろうと伝える。最初のこのシーンあたりまでは あ、これいい話かもと思ったけどなぁ…。

なんで西宮が石田を好き(恋愛感情?)になったのか伝わってこなかった。
あと西宮家のあの暗い感じは何なんだろう?
結局西宮は自殺志願者になってしまったし、石田以外の人は変わらない奴らばっかりで、辛辣なシーンが多すぎた。綺麗事と辛辣シーンのバランスが…うーん、、、
いじめに関わった人たちと、西宮の支えだった佐原?を繋いだのも全部石田。
小学生の授業で観せるべき映画。
感動作

小学生の時にいじめをして
周りからいじめられて
補聴器の費用100万以上を親が返してるのみて
ヤンキーになるでもなく、
自分の過ちを反省できたところは人としてちゃんとしてる。
小学生の頃知らずにいじることもあるし、
自分を守るためにいじめてる人を助けられないで見てるだけのこともあるけど、、
それじゃダメだって、自分が変わらないとダメだ、っていうのを伝えてくれるいい作品。


登場人物もクラスにいるいるって感じで。

かわいさん自分を正当化して、
周りを批判するところ
見ててうざいけど、、気持ちわかる。。

長塚くん
チンピラに絡まれてるところを助けてもらってから、親友!てなるところすごいな。
クラスにいる浮いた存在たと思ったけど、
全然いい人。
金曜ロードショーでやってるのを見かけて2回目の鑑賞。映画公開日に観に行ったくらい好きな映画。

思春期を切り取った映画ならどの作品にも言えることだけど、どこかに自分みたいなタイプの人間がいて悪い意味で共感をして心に刺さる。この映画も然り。他人に抱く、特に自分と違う人間に抱く違和感ってある程度歳を重ねたらその違和感の正体が嫌悪なのか興味なのかわかるようになると思うんだけど、小学生の石田達には西宮への感情をいじめという形でしか表現することができなかったんじゃないかと思う。冒頭の描写を見る限り、石田は初めから西宮が好きだったんじゃないかと思うし。じゃなかったらハブられはじめた西宮に「お前うざがられちゃうよ」なんてひっそりアドバイスなんてしないよね。
中盤、橋の上でみんなの身勝手さが嫌になって石田がみんなに吐き捨てる言葉、画面のこちら側の気持ちを代弁しているなって思った。私もその通りだとウンウンうなずいてしまったくらいには川井って鬱陶しく見えるんだよね、「偽善者だ」って。笑。でも結局偽善者なのはそんな石田に同調する私たちなんだろうね。作品柄弱者に見える西宮や石田ばかりを擁護しようとする幼稚な思考はナンセンスだなと反省した。

あとはもうね、西宮が爆裂に可愛いんだ。京アニすごいって感動した。純粋にみんなと友達になりたい、楽しく過ごしたいって思う西宮がまっすぐで強くて尊敬する。自殺を図ったのも結局みんなの関係を壊したことを悔いているからで、昔も今もみんな仲良しでありたいっていうスタンスが変わらない。小学生時代の西宮だけがずっと素直できちんと個人の良さが見えている。最後の、石田がふさいでる耳を開くと×印が剥がれて周りの音が聞こえてくる描写は、大事なことは自分から見ようとしないと見えないし聞こうとしなければ聞こえないってメッセージだと解釈してるんだけど、そう考えると西宮は音こそ聞こえてないけどみんなの気持ちをとらえているという意味では聴こえているなと思う。
映画の宣伝が西宮の言う「好き!」の場面であることや主題歌がaikoであることから恋愛映画だと思われがちというか先入観ある人が多いけど、実際は重たいメッセージを青春映画にカモフラージュさせてる倫理映画だなと思う。自分のだめなところも愛するしかないって西宮を抱きしめて言った川井は、皮肉か?って思ったけどまあ本当にその通りで、嫌な自分は受け入れて、変えられるなら変えて自分で自分を愛するしかないんだよなと思った。自己課題つきつけられてグウっつった。
各描写まとまりのない感想だけどとても好きな映画。一緒に観に行った友人が当時「えーなんかよくわかんなかったー('Д')」と映画館出てから言ってて面白かったな。ごめんな、誘って。
映像がキレイ、
ゆづるが写真を剥がすシーン、あたしも悔しくなった、
各々が属する小社会において弱者をつくる構造の中でそれぞれの立場の人がなにを考えるか、考えるべきか。いろんな視界から考えさせられる。しょうこちゃんが、誰も傷つけず懸命に生きているのにずっと謝ることばかりしてしまうのに何度も心が痛くなった。。ショウヤの、人の顔を✖️を貼っては剥がし、やっぱり貼ってしまう、本当に心を開けるのは誰かもがくシーンはなぜかすごく共感した。
主人公の内面に寄り添う演出がしっかりしていたから最後まで見れた。

ヒロインの行動原理は最後まで理解不能だった。
古い漫画で申し訳ないけど『こどものおもちゃ』の第一話で池に落とされた子が羽山を好きになるようなものでしょ。
後に謝罪されてもすっきり許す描写は確か無かったしそれが当たり前。

「自分が壊したものを取り戻したい」というまっすぐな気持ちは素敵だと思うけれど、その執着が逆に怖くもある。みんなそれぞれ離れた場所で、別の人と関わり合い、恋をした方が、絶対いいよ。

事件の後、ヒロインにくってかかる悪役女子(名前覚えられない)、腹立つ役回りだけど、本来なら主人公の母親が暴れるような場面を代わりにやってくれたのだと思うとありがたい。母親だと辛すぎる。

ヒロインの妹が写真を剥がして泣くところが一番ぐっときた。
声出してわんわん泣いた。ぼろぼろ。
主人公だけじゃなく、出てくるキャラクターそれぞれに、色々思うことが溢れていて、上手く言葉にまとめられない映画。

いじめ。いろんな加害者の形があると思う。特に、川井さんみたいなタイプが1番多い気がする。同調型と言うべきか…。1番多いし、立ちも悪い。
Twitterのハッシュタグでなんか言ってる人がいたけれど、その乱雑な言葉での思いの伝え方は間違っているし、その伝え方も加害者の形であることに気付いていない時点で、川井さんと同じなのに。

たくさん印象的なシーンがあったけど、特に石田くんが声を受け入れた瞬間、音が広がっていくシーンが特に印象的だった。
私も石田くんと同じように、耳を閉ざしていた頃があった。
いじめられるうちに、声というすべての音が怖くなって、全部聞きたくなくって、耳栓しているように、耳を自然とシャットダウンしていた。
声を受け入れる・耳を傾けるって怖いこと。
私はあのシーンのように声が耳に広がっていった瞬間の記憶っていうものがないから、もしかしたら、まだ怖くて声を受け入れてないのかもしれない。



深く刺さる映画で、これを観た後まで、いじめを続ける人って果たしているのだろうかと思った。
教育の一部として取り入れても面白そう。
例えば、道徳の授業とか、それか夏休みや冬休みの読書感想文の代打として。
読書ももちろん大事だけれど、長期休みもたくさんあるわけで、その一つを映画鑑賞に変えてもいいんじゃないかと。
指定された本を読まずに適当に書いて提出するぐらいなら、見やすいアニメの聲の形とかを観て、色々考えてもらう方が実になりそう。
これ見たら、姉ちゃん死にたいなんて言わなくなると思った

ゆずるが生き物の死体の写真を撮る理由で泣きそうになった
>|