カラフルの作品情報・感想・評価

「カラフル」に投稿された感想・評価

原作のキラキラとした透明感をそのまま映像化してくれていて非常に感動した。
ストーリーのまとめ方が素晴らしい、森絵都節を残してくれている。
相方の大阪弁に少々違和感を覚えるところ以外は満点
KANATA

KANATAの感想・評価

3.4

辛いことはしっかり辛いし、複雑な所もしっかり重い。普通に生活してても起こりうるリアルが丁寧に描かれてた。

カラフルって言う題名も素敵。
いい言葉がたくさん出てくる。

個人的には自分を殺しているって言葉が響いた。何事も自分次第って。
azuzuzuzu

azuzuzuzuの感想・評価

2.2
中学生の時に読んだ原作が良かった。
でもアニメにする必要はない。
大虎丸

大虎丸の感想・評価

3.9
優しい作画とは裏腹に、内容はドス黒くてビックリした。

人生最悪の1日を乗り越えた先に。
これは本を読んでめちゃ感激だった💛で、そのあとDVD列に並んでたのを発見して即借りた♪だけど、ん~本の内容がそのままアニメになるわけではないのだと気付かされ感動はあんまなかったけどまぁ面白かった
KIHO

KIHOの感想・評価

3.5
人生をやり直すファンタジー映画。日本アニメ版「素晴らしき哉、人生」です。

ファンタジー映画ですが、その本編のほとんどは痛くて切ない青春の物語でした。この主人公の少年が追体験する人生は、母親は不倫、好きな女の子は援助交際、自分はいじめられっ子という悲惨なもの。

誰にでも起こりうるけれどとてつもなく残酷な青春のドラマを見ながら、そこに自分の青春時代を重ね合わせることができるはず。見ている私たちも主人公の痛々しい青春を追体験しながら、そこに友達とか家族とか、見えにくいけれども確かにそこにあったであろう幸せを感じることのできる映画です。
「人間、1つの色に染まらなくて良い、カラフルでいいんです」という言葉がグッときた。

想い人の援交、母親の不倫、いじめ、孤立。人間関係の暗くて重い部分を抱えた主人公が「それでも生きていくってなんなのか」を見つけていく。

終盤の、家族で鍋を囲んで進路相談をするシーンで、主人公が初めて自分の思いを告げる場面は、今までバラバラだった家族が初めて1つになった瞬間でもあり、思わず涙が出た。

主人公の声以外は本当に文句なしの作品。
クロ

クロの感想・評価

4.0
原作が好きで鑑賞した
ただあの眼鏡の少女はもう少し可愛らしく描いてほしかった気持ちがある
ひろかとは違う魅力を持っているところを表現してほしかった
まぁ

まぁの感想・評価

4.5
ファンタジックな内容かな…と鑑賞始めは思ったけれど…とても良かった…(o^^o)
途中から…涙…(涙)

人間…「生きていれば」…

良い日も悪い日も、良い時も悪い時も
心が穏やかな日も、落ち着かない日も
くさくさする日も、イライラする日も
あって…。(ワクワク、ルンルンも…だね…)

人を好きになったり、嫌だと思ったり
友だちとの時間が楽しかったり、
1人になりたい時もあったり…

綺麗なもの、汚いもの、心地よいもの、
気持ち悪いもの…あるけれど…

沢山の人に支えられ、
沢山の人を支えている…

気付かぬだけで…
自分の周りは、沢山の「色」に囲まれている…☆

それが…
「当たり前なんだよ」
「生きている証拠だよ」
…って…再確認できた作品だった…♪

「カラフルに生きる」…って…「人生豊かに…生きること」かな…って…思う…☆

「シンプル」という言葉も好きだから…
少し矛盾しているかな…と思うけれど…

「カラフル」の中に「シンプル」が入っている…と考えて…(笑)

原恵一監督作品…ということで…とても期待してレンタルしたけれど…
期待以上…だった…♡

途中から…涙溢れて…止まらなくなって…(涙)
本当に本当に…良い作品だった…♡

「生きてる?」
「ハイ、生きてます」…(o^^o)
Marika

Marikaの感想・評価

5.0

絵がすごいというのを見て、気になっていた作品。
本当に凄く綺麗な作品。

いじめ、親の不倫、好きな子が援交。そして自殺。なかなかハードな内容だけど、見終わったあとは泣いてスッキリ。
よくある綺麗事ではなくて、
いろんな人の視点での辛さや葛藤も描かれています。
死んだらダメってどこか根性論の綺麗事になりがちだけど、そういうものではなく、物語を通して本当に死んだらダメだなぁって思えました。
自分と他人、世間の〝普通〟って難しいですよね…。違うことに悩むことって多いですが、誰もが違うのが普通でそれが当たり前。ガムシャラでも生きよう!と。
つらくて疲れた…とか、死にたい…とか生きることにネガティブになりそうなとき観て欲しいです。
私もそんなときは観ようと思います*

自分の語彙力の無さで上手く伝えられないのがもどかしい。
珍しくとても好きだなぁ。何度でも観たい!!と思った作品。
>|