カラフルの作品情報・感想・評価・動画配信

「カラフル」に投稿された感想・評価

nao

naoの感想・評価

3.6
英語字幕でみたけどなんとなく観れた。多様性ってゆうのをもっと大事にしたいほんと。
映画自体を見たのはかなり前ですが、意外な結末やメッセージ性に驚かされた記憶があります
ポロポロポロポロ泣いてしまったよ
涙が出たけどこの気持ちを言葉にするのは時間が必要だよ
あゆ

あゆの感想・評価

3.8
途中で何となく結末が分かったけど、それでも面白かったです。
私はとても好き👏🏻
Mizuho

Mizuhoの感想・評価

4.0
「死」について大切なことを学ぶ作品。当時映画館で1人で観た時は号泣して好きすぎて本買うくらい
Keito

Keitoの感想・評価

5.0
見た後とかも考え方とか生き方とかを考えさせられる素晴らしい映画
先日森絵都さんのデビュー作『リズム』を読んで、この映画のことを思い出した。

生き難い局面から抜け出すヒントは、思わぬ所に転がっていたりする。

こういうものだと決め付けていた人や環境は、自分が少し見方を変えることで全く異なる表情を見せる。綺麗な色と汚い色が混在している現実を、こんな風に見せてくれる物語。あまりにもカラフルなこの世界。

『リズム』といい『カラフル』といい、素敵なジュブナイル小説に、青春ストーリーに、いつまでも感動し続けたい。

森絵都さんの小説が、後世までずっとずっと読み継がれていきますように!
つかさ

つかさの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

10数年ぶり2回目。
当時は少し泣いた記憶があるけど、当時とは感じ方が違う。
なんかいろんなこと考えちゃったな…


罪を犯した。
自分を殺すという殺人。

確かに肯定してはいけないんだろうと思う。
けど、真の状況を考えるとね…
いじめられて友達もいない、好きな人の援交現場目撃からの母親の不倫現場目撃…かなりヘビーで…
そこまで追い詰められてしまったことが理解出来なくもない。

周りを見渡せば自分のことを大切に思ってくれている人はいるし、自分を見てくれている人もいるかもしれないし、自身が気づいてないだけで、それに気づけたなら死ぬのは勿体ないよ?…そんな感じなのかな。

こればっかりはそこまで追い詰められたことないから、作品を通して気持ちを想像しても偽善的な言葉になってしまうかもしれない…
「もうフッと自分の存在が消えればいいのに」とか「(死にたいというより)もう(生きるのが)しんどい…」とかは思うことあるけど…たぶんそんなのとは次元が違うんだろうな…


でも真の母親に対する態度にはイラついてしまったなぁ…中3で状況も考えるとあんなもんだろうけど。
大人になって観てるからかなぁ、当時の状況で魔が刺してしまった母親の気持ちもわからないでもない。
母親にももちろん罪はある。でもホテルから出てくる姿は憔悴してるように見えた。
父親も奥さんが追い詰められてることに気づいてなかったみたいだし、やっぱり自分なりに頑張って、それを誰からも承認してもらえないのはつらいよ。
真が戻ってきてからは本当に必死で、でもそれを拒絶されて、自分の罪はもちろん後悔してるだろうし、見ていて切なかった。

…やっぱり年齢のせいか目線が昔とは変わってるな……


キャラクターの表情はとても生々しくて、特に母親の表情からはその感情がよく伝わってきたし、麻生久美子さんの良い意味で飾り気のない演技もぴったりだった。
これはすごく大きなポイントだった。

プラプラの言葉は…あれは敢えてなのかな…?
違和感バリバリの関西弁が終始引っ掛かって、やっぱ標準語にしてもらった方が物語には集中出来たんじゃないかなぁ…

個人的には少し音楽が浮いてしまってるように感じるシーンがあった。もしかしたら時代的な問題なのかもしれない。
でも、映画を観るときに意図して音楽を聴く場面って個人的にはあんまりないわけで、それでも「(音楽を含めて)良いなあ…」無意識に感じることもあれば、ちゃんと物語に溶け込んでいるからこそ何も感じずに観れてしまうことも多いんだと思う。
「…ん?」って感じた瞬間は物語からは意識離れてしまうので、少し残念でした。


長いことだらだらとかいてしまったな…
Maguko

Magukoの感想・評価

4.0

当時、小学生の頃一度見た映画を、YouTubeでの映画紹介動画で偶然見かけて思い出し、見ました。

ところどころで一人称視点になり、プラプラが私自身に語りかけてるように見えるところが好き。

人はいろんな色を持っている。
きれいな色や汚い色も。
カラフルでいいんだ。

ひろかちゃんが可愛い。
なんだかんだ弟思いのお兄さんも素敵。

キャストは懐かしい方々が揃ってる☺️
もちろん現役なんだけど、南明奈さんやルーキーズの中尾明慶さん、時効警察の麻生久美子さんなど個人的に世代すぎるメンバー。
よしえ

よしえの感想・評価

3.8
映画の入りがすごく良い。
この時点でこの映画はヒットだと確信。

すごく現実的で、身近に感じる映画。
心が痛かった。

汚い色も持ってていいんだよね。
いろいろ考えてしまった。

良い映画です。
>|