カラフルの作品情報・感想・評価・動画配信

『カラフル』に投稿された感想・評価

原作既読。
昔から小説読んでてやっと映画見た。
久々だったから、こんな話、終わりだったけという感じだった。
「カラフル」の意味を初めてちゃんと落とし込めた気がする。
ミラノ

ミラノの感想・評価

3.7
思春期の子供たちの葛藤や苦労が今の自分と重なってとても胸が苦しくなった。
(;_;)


小学生くらいから
ずっと気になってた作品
気づいたら14年経ってた笑
お下手な声優さんは
聞いててしんどかったし
イラストも特に好みではなかったけど
お話は普通に感動しました!
YasTkg

YasTkgの感想・評価

5.0
魂になった“ぼく”
再び生を受け、新しい人生を始めることとなった“ぼく”

いったい“ぼく”は誰なんだ?
どんな“ぼく”が正しいんだ?

僕が僕であるために。

カラフルでいい。
カラフルに生きてください。

日本のアニメって、やっぱスゴイ!
リ

リの感想・評価

-
ひろか、わかるぜ。『綺麗なものが好きなのにときどき壊したくなる』 涙も出ちゃうよな。わかるぜ、、。
主人公の声たしかに最初むりかもってなったけどだんだん慣れた 早乙女いいやつすぎて完全にお前いてくれてよかった状態
カリン

カリンの感想・評価

5.0
本を読んでから映画は何回かみたけど
本のほうがスキかもしれない
でも本読む時間ないから映画みちゃう

このレビューはネタバレを含みます

鬱の時に見て良かった
早乙女くんとお兄ちゃんが最高
自分や周りの人が生きていることって当たり前のように見えるけれど、全て奇跡で、色々あるけれど自分から死ぬ必要はないなって思った
友達と笑ったり、家族と一緒にご飯を食べたりできることが一番尊くて難しい
自分はこうだって決めつける必要もないし、気が狂っているからって世の中から仲間はずれにされているわけではない
メイン声優が物凄く下手くそでめっちゃ気になるけど、それを無視したらまだ楽しめる作品。
『自殺して気づく事がある』くらいなら生前嘆き悲しむ前に事象を多面的に捉えたら?と思うけど、しんどい時は中々冷静になれないよね。中々考えさせられる映画。
toyo

toyoの感想・評価

3.1
森絵都原作のアニメ映画でした。

中盤まではずっとイライラ。
主人公に感情移入出来ないドコロか、くそ生意気な態度に。
母親の不倫がショックなのかもですけど、追い詰めるような態度には胸くそ悪くなるだけでした…。
佐野さんへの態度も。

ボッチ脱出出来て前向きになって良かったね、とはなりませんでした。

それでも、鍋のシーンでは泣かされましたが。

早乙女君がとてもいいやつ。
各学校に一人くらいは、こういう人がいて欲しいもんです。
希望

希望の感想・評価

-
DSPSってバンドの曲でこの映画の名言が使われていたので鑑賞
>|

あなたにおすすめの記事