カラフルの作品情報・感想・評価

「カラフル」に投稿された感想・評価

soumontou

soumontouの感想・評価

1.5
主人公にイライラしてあまり好きになれなかった。ストーリーはぼんやりとした印象。宮崎あおいは可愛い。
ARATAKI

ARATAKIの感想・評価

2.5
原作を読んだ上で鑑賞。


再現性という意味ではイマイチだったので、観るならまっさらな状態で観る方がいいかもしれない。


脚本はいいんだけれど、全体的にボヤッとしてしまった印象。
ところどころ間延びしていたかな、と。


原作を読んでいたから伝えたいメッセージが分かったけれど、初見の方はどう思うのだろう、と。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

4.5
多分小説よりマイルド、ノスタルジックな雑味がちょっとある気がする
本の方が良い、、。
森絵都。

中学生ながらに、とても衝撃的だった。

なにが衝撃的って
中学生に 援助交際なんてワードだしていいの!?

ってこと。家庭はどろどろ。
でも、すごくいい本なんだ。
読んでほしい。
秋

秋の感想・評価

4.3
僕は凄い好きな作品

点数低くてびっくり

2人の友情の電車の歴史あたりは
そこ必要?って感じだが

逆に 部活を頑張って友情深める陽キャラ展開じゃない部分が好き

批判がある声優の演技は
逆に監督の演出の意図があったと思うが

前情報を入れないで見たので
ファンタジー映画だと思ってみたので
良い意味で裏切られた

自分の思春期と重ねて観てた

僕はこれを自分の思春期に見せてたら
もう少しいい人生を歩めた気がする

伏線の回収も見事だと思う

やはり1番は声優の演技なのかな?

再評価して欲しい映画の一つ
Ron

Ronの感想・評価

3.5
明日がないプラプラの気持ちを思うと悲しくなった。考えさせられる映画
TapiKo

TapiKoの感想・評価

4.5
生きてるうちに嫌なことはない方がいいけれど、そういうことにどう向き合うか教えてくれる。原作からはいったけど何度も見てるこの作品。
jonajona

jonajonaの感想・評価

3.7
原作小説を学校の課題図書で昔読んで、面白かったので鑑賞。

良い青春映画。
映像になってより一層みずみずしくなっていて、俳優さんたちの声の少し浮いた感じも奇妙なリアリティを醸し出してる。
宮崎あおいさんの声ってやっぱ最高

一度死んだはずの僕は、天使よるところの『抽選に当たった』ことで、再び小林真
という人間の体を得て生き返る。
はたして『僕』はなぜ死んだのか?真として生きながら、次第に自分に何が起きたのか僕はさぐっていく…
2018.12.9
自宅PCにて鑑賞

「人間は、一色じゃなく、色んな色を持っているんだ。持ってていいんだ。きれいな色も。汚い色も。」

自殺をしてしまった少年の再生、そして全ての人生の希望を描く。
森絵都が大好きで小さいころに読み漁っていたことを思い出した。素晴らしい原作。
表情の描写がやはり凄い。細かい心の機微を感じさせる。日本の女性作家と相性が良いのだろう。

冒頭のシーン、POVと黒バック白台詞で物語が進んでいくのは中々に画期的。セルアニメーションのPOVはかなり面倒と思われるがうまくCGを使って表現していて引き込まれる。
また、ひろかと和解するシーンでバックに『手紙~拝啓 十五の君へ~』の合唱を薄く流しながら切り返していくのも効果的な演出だった。監督の表情描写と相俟って素晴らしいシーンになっている。

一方でやはり、終盤などを観ているとこの監督はカタルシスをつくるのが他のアニメーション監督と比べてあまりに下手過ぎる。玉電を巡りひたすらだらだらと歩いていくシーンは流石に頭を抱えた。
虚構のレベルがはっきりしていて誰も置いていかれないという点については素晴らしいと思うが、観客皆が飛べと思ったらウソでもいいから飛んで良い、という事を監督は感じていないのだろうか。
現実的な時間の経過というものに縛られ過ぎている。

ディレクションは手堅いし描きたいものははっきりしているので、きちんと感情的な山場をつくりキャラクターデザインを少し世間に寄せるだけでヒットメーカーになるだろうに…
なんだか惜しいです。
フジコ

フジコの感想・評価

3.6
中学の課題図書で原作を読んでから鑑賞しました
今見るとまた変わりますね…
ブワッて感情が込み上げます
>|