3月のライオン 後編の作品情報・感想・評価・動画配信

3月のライオン 後編2017年製作の映画)

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:139分

3.6

あらすじ

「3月のライオン 後編」に投稿された感想・評価

anag

anagの感想・評価

3.7
原作に沿ったストーリーで桐山零の成長、日常、川本家での事件が綴られている。
いじめのシーンえぐいけど、すぐに解決してよかった。
後半はオリジナル展開ですが、前後編の映画として完結した作品になっていていい…

キャスティングについて、伊勢屋さんが妻子捨男なのはどうかと思いきや、素晴らしい屑男を演じていて最高。ニヤニヤ爽やか笑顔がクズさを際立ててる。
小梅

小梅の感想・評価

-
最後の獅子王戦。
額縁に入れて飾りたい。
神木隆之介と加瀬亮のツーショット最強すぎないか?
n

nの感想・評価

-
このへんまだ原作読んでない。
関係ないけどスピッツを適当なボサノバアレンジして若い女に歌わせるのやめて、気が狂いそう!あとタイトルビジュアル商業映画すぎてセンスないのどうにかして
---------------------------------
羽海野チカの綴る言葉がとても好き。
「不思議だ
人はこんなにも時が過ぎた後で
まったく違う方向から
嵐のように救われることがある」
---------------------------------
他人の力になりたいと思うこと
でも他人から必要とされないこと。
だからって別に悲観する必要はないこと
何度だってまたやり直せばいいこと。
邪悪な自分を認めること。自分を信じること。
そんな感じの毎日
2020.48
主人公のシャシャリ具合がアニメよりウザくなってて、うーん…。
john

johnの感想・評価

3.3
後編は川本家三姉妹の家族の下りが若干出すぎていた感があり、
脱線があった気がする。桐山のブレークスルーが見れるのは良かったが少し間延びしていた気がする。
しかし相変わらず将棋の周りに集まるキャラは素敵だった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なぜ中学生でプロ棋士になったのか?
なぜ一人暮らしなのか?
なぜ学校に友達がいないのか?

開始早々様々な疑問が出てくる中で回想シーンでそれを解消しながら
タイムラインを進め、高校生の主人公、桐山零の棋士としての成長を描く。

特に育ての親の家族の一員としての葛藤や、
なんのために自分がこれ(将棋)をしているのかという部分などは共感する人も多いはず。

普通の競技ものと大きく違うのは、対戦相手の年齢層。
世代は違えど、将棋盤を挟めばそこは年齢が関係なくなるという不思議な世界。そして何十手先と先を計算するその静かで熱い頭脳・心理戦に思わず固唾を飲んでしまう。

監督の長回しがうまく聞いていて、対局シーンは非常に緊迫した雰囲気。実際の将棋会館も出てくるし、あの会場の朴訥とした雰囲気が何とも言えない愛着を観客にもたらす。

染谷将太演じる親友の二階堂(村山九段がモデル)と
佐々木蔵之介演じる対局相手の島田、
高橋一生演じる高校の将棋オタク教師林田が好き。
あと粋な将棋リムジンもカッコよかった。

有村架純演じる姉は憎めない嫌な奴で、物語のスパイス的な存在だが、
こういう存在があるから話に情緒が生まれるのだと思う。
宗谷冬司(羽生九段と谷川九段がモデル)のような無敵名人がいるのも漫画ならではだが、実は体に異変が出ているという設定は人間らしさをうまく足していて良かった。

「潔いのと投げやりなのは似ているけど違うんだ!」
面白かった。
プロ棋士の苦難が非常にリアルに描かれていると感じました。日本将棋連盟が絶賛協力している。チョイ役でプロ棋士も出てた!
また若者の人生観についても内容濃く描かれている。感動する所も沢山。

挫折しそうになる主人公、、、
でもそんな時1番支えてくれたのは、親父でもお袋でもなく、、、
リーでした!笑

さーせん、リーではないです💦笑
まる

まるの感想・評価

3.8
清原さんって女優知らなかったんですが、一番彼女のエピソードがグサッときました。
結婚すると言い出したときはヒヤヒヤしました。
前作さながらに、自分の好みには合いませんでした。
いや、一作の前半と後半で全く評価がかわります。

中盤まではセリフも演出もどれも芝居がかっていて、さらに台詞ではなく演技で説明して欲しいものを全部台詞で説明するだけでは飽き足らず、芝居の隙間をわざわざ独白まで入れ続けるので、作品を味わう隙を与えてくれません。

演技力の問題じゃなく演技演出と台本のせいです。個々の役者の演技力はキャスト見れば当たり前ですがほんとに素晴らしいです。

文字情報でしか伝えられない小説ならともかく、映画ですから背景、表情、音、伝えられる情報はたくさんあるのに。。
作品本来の魅力が全く伝わらずホントに残念です。
監督が一番映画の力を信じていない様に感じました。

ところが、原作からガラッと変わる終盤の脚本はわりと納得できるところもありますし、個人的にはこうやってどんどん闇落ちしていく作品は嫌いじゃありません。
というか前半も後半で同じ人が作ってるとは思えないくらい急にクオリティが変わったように思います。しっかり間のある演技構成、少なめのセリフや、ようやく将棋の試合で断片的にでも盤面を見せてくれたり、なかなか見応えがあったと思います。

前後編の総括として、前編と後編の中盤までははっきり駄作、後編の終盤はわりと楽しめる作品でした。

とにかく、ぜひ原作を見てください。漫画でもアニメでも、素晴らしい作品ですから。
やっぱ暗いな。重いし。
明るいコメディタッチな将棋映画も作ってほしい。
asuka

asukaの感想・評価

3.7
後藤さんとの対局が痺れた。原作にない香子の名前の話が素敵だったなあ。
>|