3月のライオン 後編の作品情報・感想・評価

3月のライオン 後編2017年製作の映画)

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:139分

3.7

あらすじ

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と…

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける!

「3月のライオン 後編」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

前編と比べて、いい意味で原作を離れた後編。
前編同様いろんなシーンがたくさん詰め込まれてたけど、特に後藤の悔しさ、執念が前編の演出、音楽の力を借りてとても強く印象に残った。伊藤英明の存在感よ…。
全体的に将棋要素は控えめで桐山の成長を描く部分が中心だったけど、前編同様にキャスティングか絶妙。ただひなちゃんはもうちょい歳相応の子がよかったかな…ツインテールが似合わねぇ。
原作は知らないが前作に続けて鑑賞。
少し詰め込みすぎた感は否めないけど、それでもそれなりに楽しめた作品。
Saya

Sayaの感想・評価

4.5
アニメが好きで映画も観てみたが
とっても良かった

神木くんが桐山零にしか見えない
お陰で神木隆之介のファンになってしまった。今更演技力の凄さと美少年なことに気づいてしまった。
香子も架純ちゃんって聞いたときはえ!?って思ったけど全然気にならなかった

とにかくオススメしたい

アニメの続きもみれて良かった
零くんのまっすぐなところ好感もてる


最後のシーンの場所がとっても気になる
えりみ

えりみの感想・評価

4.6
原作者の絵は好きですが漫画未読、アニメ未見。将棋知識は金と銀の動かし方が不安なレベル。家でじっくり前後編まとめてみて良かった。そして先に「聖の青春」をみていて良かった。
後編もボロボロ泣けますやんかいさ😭
原作を読みたい、アニメを見たいと思わせるのが実写映画化の大きな役割やと思っているのでその点での加点が大きい。
神木隆之介の凄さをみせてくれる一本。
タイトルの意味が説明された。
~3 月はライオンのように荒々しい気候で始まり、子羊のように穏やかに終わる~
(。´・ω・)ん?
後編から新たにイジメ問題がぶっこまれてきて、天才棋士とはいえ高校生の零君の心の中はもうジェットコースターのよう。
将棋は何も奪わない!
あきらめない!
ちゃんと謝るってええなぁ。
「力になりたいっていって力をもらってたのは僕の方でした。」
親子の縁は切ってもいい!と教えてくれるの良かった♪個人的に。
将棋はバスケみたいにトラッシュトークするのは反則なんやろか?
将棋が分からんので、盤面をみてもどういう状況か???のがもどかしい!って思いだしてきた。前編はそんなこと無かったのに。
日本将棋連盟協力作品恐るべし。

後編でフィーチャーされたひなた役の子、アレ?この子すっぴんの川口春奈ちゃうかったのね💦清原果耶ちゃん、失礼しました。
猫の出番が少し増えたような気がする💛3匹🐈。
エンディング曲は後編の方が圧倒的に好き♪
アニメ、漫画、どっちみたらええんやろか。
kirito

kiritoの感想・評価

3.1
【七四歩】

宗谷(加瀬亮の線の細い感じがたまらない。)と桐山の試合がこの映画の全てかと思ってたら流石の人間ドラマ重視。後半は怒涛の詰め込みようだった。

そんな中でも安定のかすみたんが可愛くてまたぺろぺろしてしまった👅。

まず唐突ないじめ問題に視聴者も頭を悩まされる。
比奈の強さもさることながら、爺ちゃんの言葉が最高すぎた。
「食卓の強さ」ってつくづく凄いなと。
そして、姉ちゃんの苦悩もわかるなぁ。

桐山は高校生までにとんでもない悲痛な人生を送ってるし、さらに高校生の多感な時期にこんなにも色んな経験をするのかというくらい辛い人生を送っている。
そんな中、日常にホッとする空間があればそこを守ろうとするのも必然頷ける。
大人の定義は〜と彼がムキになったのも未成年ならではの主張だったと思う。

人には必ずなにかの苦難が起こって、そこでその問題にどう立ち向かうのか…
それぞれが歩として一歩踏み出せるのか、そしてと金となって自己の成長に繋げられるのか。
それは子供であっても大人であっても変わらないのだなぁ…と。

2018.6.11
EILEEN

EILEENの感想・評価

4.3
宗谷名人との一戦の映像の美しさよ。そしてまた宗谷名人の天才さと孤独が表現されていた。勝負に生きるとはこういうことか。
ゆりな

ゆりなの感想・評価

3.7
後編の方が、オリジナルのシーンが追加されてて面白い。
小さなところなのだけど、将棋会館近くの神社で棋士になりたい人たちの絵馬を見つけたり、遊園地行ったりとか。
そのままトレースした前編と違って、オリジナリティー溢れてまとまってて良かった!

清原伽耶ちゃんの演技が光り、高橋一生の声がたまらん、全力疾走する伊藤英明かっこよすぎ。もう彼が主役で良い。
登場人物たちに新たな命を吹き込んで、違う一面も垣間見れたのは実写ならではな技で良かった。

「結果は大事だけどな、人に伝わるのは結果だけじゃない。」
初心者

初心者の感想・評価

3.5
ひなちゃんのエピソードがよかった。
みんな強く逞しく生きてく様がしっかり描かれてる後編。
やっぱり神木くんはスーツより制服。
エムズ

エムズの感想・評価

3.8
前 後編 思った以上に良かった
獅子王戦は 勝ちでも負けでも…
そこじゃないし
詩

詩の感想・評価

3.8
ようやく見つけた光を守りたいあまり守り方がわからなくて傷つけて傷ついて。でも零君にとって川本家の三姉妹は大切な存在だった。最後の獅子王戦の零君にの表情が明るく見えた。


アニメの2期はひなちゃんのいじめ問題もあり目をそむけたくなったので後編もなかなか見れないでいて。
でもひなちゃんの私は間違ったことはしていない、正しい事をしたのに逃げたくないの言葉にはっとさせられた。

最後に獅子王戦見に来てほしいと声をかけた零君の前に歩くんが出てきてくれたのは泣けた。

また良いとこで終わるよね、獅子王戦気になるじゃないか!
>|