3月のライオン 後編の作品情報・感想・評価

3月のライオン 後編2017年製作の映画)

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:139分

3.7

あらすじ

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と…

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける!

「3月のライオン 後編」に投稿された感想・評価

イッサ

イッサの感想・評価

4.0
やはりこの後半を観ることで完結する物語です。

前作より、より心を鷲掴みにされる。
守ろうとすることで傷つけてしまう。
経験したことがある痛みや共感しやすい感情が多く、胸がギューってなる作品。

楽しいよりも苦しいことの方が多いかもしれないけど、是非一度観て欲しい作品です。
Spica

Spicaの感想・評価

3.5
人間の、苦しくもキラキラした感情を見せてくれる。
そんな映画だったなー。

神木くんがピッタリすぎる!
k

kの感想・評価

3.5
将棋を指す音で体が痺れ、緊張感に息を呑み、前編も後編もとにかく瞳孔開きっぱなし。将棋を指すというより"刺す"といった方が正しいのではあるまいか。表面的には将棋の物語でありながら、桐山零が出会った2組の家族との摩擦と愛情にフォーカスを当てることで日常の心情描写により多くを割いた原作の意図を受け継いでいる。「脇役の配置に隙がない」という自分の好きな映画の条件も兼ね備えた作品。
映画『3月のライオン』後編を観ました。原作漫画とTVアニメもじっくり味わってみたくなりました。
きの

きのの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

前編よりも内容は広がり濃くなったはず。
原作で読んでいたひなちゃんのエピソード、見ていて辛いのもあるけど何より、彼女は芯のあるとても強い子だと思う台詞「後悔なんてしない、しちゃだめだ!私のしたことは、ぜったい間違ってなんかない!」が胸を打つ。
その後ひなたを褒めたおじいちゃんや、心境を吐露するあかりとあかりを救った桐山の言葉も全部最高。
同時期に暴走し始めていた桐山は、3姉妹の父との対決でもっと暴走☆するところや京都まで行ってしまうところもを見たかったな。

弱さを認めることがどれだけ勇気のいることか、憑き物のとれた顔で獅子王戦に臨む桐山の表情が良かった。

***
隅田川沿いの桐山のアパートのロケ地、新川よりもかなりスカイツリー寄りなんだな~って地図で見て思いました。
いいなあ川沿い。ドラマのリバースエッジの時は確か神田川沿いの事務所だったし、都会の川沿いへの気持ちが益々高まりました。笑
都市開発で風景が変わらないうちに巡ってみたいです。
mami

mamiの感想・評価

3.0
前編の将棋にかける熱が、後編では、川本家の家族問題にシフトして、退屈だった

川本家の描き方は、アニメの方が良かったと思う

ただ、次女役の清原果耶は、強さと透明感があり、良かった

前後編で感じたけど、香子に焦点を当てすぎだし、castingがはまってるとは思えない

大人気漫画であり、動きの少ない将棋の世界を、実写化して、二部作で創ったことは価値があると思う

原作に思い入れの強いファンは、評価低いのかな?

作品では地味な役だったが、完成披露で登場した、豊川悦司のオーラがすごかった。蔵之介が普通の人に見えた。
yosuke

yosukeの感想・評価

3.7
前編が将棋にかける情熱を表現していたことに対し、後編は家族を焦点にして表現されていたように感じました。

それぞれのキャラの家族への愛や家族との衝突が描かれていて、一人一人のキャラの個性を好きになっていきました。

前編からの勢いも落ちずに最後まで楽しんで観ることが出来て、とても満足しました。
死ぬほど努力しても、人が持ってる才能に勝てないこともある。仕方ないことだけど、きょうこやあゆむくんの気持ちも共感できた。 「ほかにきょうこが幸せになる一手はある。」ってゆうお父さんの言葉がよかった。
人の葛藤をいろんな面から感じた映画。
将棋は全く分からないけど、前編後編ぶっ通しで見ました。
5時間弱飽きずに見れるくらい、面白かったです
加瀬亮がエロいというか儚げというか、とにかくよかった
aj

ajの感想・評価

3.5
守りたいと思っても、見てることしかできない無力な者の葛藤は共感できた。
将棋の世界だけじゃなく、人間が生きていくなかでの葛藤を表現できた作品だった。
>|