母さんがどんなに僕を嫌いでもの作品情報・感想・評価

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」に投稿された感想・評価

りりり

りりりの感想・評価

3.5
色々考えさせられるという点ではとても良い映画。

ただどうしても私は母親を許さないかなぁ。
私なら絶対こんな母親捨てるもんな。

お母さんの大好きな混ぜご飯食べたかったけど作ってくれなかったから自分で作るしかなかった。なんて辛すぎる、

けどお母さんの面影みたいなのはずっと残るんだろうなと思いました。
混ぜご飯も傷も思い出も。

そしてゴスペラーズのエンディングよすぎる😭
なーみ

なーみの感想・評価

3.8
2人の演技がとても良かった。
この親子の様に分かり合える日が来ればいいけど現実はそんなにうまくはいかないよなーと思った。でもばあちゃんや友人たちに恵まれて愛情や人を大切に思う気持ちを知っている人だからこそのことだなと。虐待が思ったよりもひどかったからどうしてそこまでお母さんのことを思えるんだろうって思ったりもするけど、虐待を受けたからって未来まで犠牲にする必要はないし自分が理解されようとすることで幸せにもなれるんだなと考えさせられた映画。
ChungYama

ChungYamaの感想・評価

3.8
吉田羊の演技も、大賀の演技も両方
親子の葛藤とかがリアルだった。
息子が母のことをここまで強く想う気持ちって、すごいと思う。
実話として、本人が書いただけあって
重みのある話だった。

「理解は気付いた方からすべし
理解する力がある方が、先に気付く
親とか子供とか、関係なし」
「誰だって欠陥くらいあるよ
欠陥があることを含めて
人間って完璧なんじゃないかな」
っていう友人たちのセリフがよかった。
りさ

りさの感想・評価

3.7
めちゃくちゃ泣いた。ラストがちょっと綺麗すぎて、私だったら絶対にあんな風にはなれないと思ったけれど。でも、どっちの気持ちも理解できる部分はあって。人と向き合うことって難しいし、面倒だし、私はそういうしがらみを避けがちなタイプだけど、避けてばかりではダメだなあと。自分から向かい合っていくことって大事だなあと思った。
不完全なところも含めて、完璧な人間。
ひろ

ひろの感想・評価

5.0
毎日が楽しくない理由とか、人を理解する大切さとか、自分に必要なものが詰まっていた。こんなに泣いた映画も久しぶり、それくらい刺さった作品です。実話を元にしているという事も、とても勇気をもらえました。理解した方が動く、今日から意識してやってみます。
りきや

りきやの感想・評価

4.2
前半はずっと心が痛む。
めっちゃ泣けるけどしんどい映画やった。
K

Kの感想・評価

4.1
幼少期の母親からの虐待のトラウマを、周囲の人々に恵まれながら乗り越えていく男を描いた衝撃と感動の実話。

完璧な家族はいないし、どんな人間もトラウマや問題を抱えている。自分の抱える問題を消化できるか、できずに何かや誰かに八つ当たりするしかないか、それは周りの人に恵まれるかどうかだなと考えさせられる。

主人公は非常に人間的に素晴らしい友人に恵まれ本当に幸せで、彼自身もよく本当にまっすぐ心の強い人間に成長したなと感心する。

家族関係は好き嫌いを超えて、そこにある問題を解決しなければいつまでも前に進めないものであり、主人公が母に執着する気持ちもわかる気がする。

誰かのせいにするのは弱い人間で、乗り越えられるのが強い人間。小さな世界しか見れないのは弱い人間で、大きな世界をみて学べるのが強い人間。
n

nの感想・評価

-
実話だからなんとも言えない部分があるけど、あのラストはちょっと綺麗すぎた。ただ大賀くんの演技は素晴らしかった。
ア

アの感想・評価

4.9
混ぜごはんが作れる理由も
家事ができる理由も切なすぎる
観れてよかった
冒頭のアカペラミュージカルがやたらしっかりしてると思ったらインスピの圭介さんベースだししゃかりきさんいるしで一瞬映画どころじゃなくなってしまった。(みなさんプロのアカペラグループ)

でもその後は言わずもがな😭
・「僕は豚じゃない」って言って
・たいちゃんウチの子になりなよ
こう言ってくれる人がいてくれたからはい上がれたんだろう。どんな状況でも、前を向けるきっかけはどこかにあるものだ。自分が見て見ぬ振りさえしなければ。

まず自分が変わること。強くなること。
大丈夫。応援してくれる人がいる。
親子に限らず、人間関係に悩んだ経験がある人にはぐっとくるものがある映画。
>|