心が叫びたがってるんだ。の作品情報・感想・評価

心が叫びたがってるんだ。2015年製作の映画)

上映日:2015年09月19日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。 高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一…

幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。 高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。 担任の思惑によって、交流会の出し物はミュージカルに決定するが、クラスの誰も乗り気ではない様子。しかし拓実だけは、「もしかして歌いたかったりする?」と順の気持ちに気づいていたが、順は言い出せずにいた。そして、だんまり女にミュージカルなんて出来るはずがないと、揉める仲間たち。自分のせいで揉めてしまう姿を見て順は思わず「わたしは歌うよ!」と声に出していた。 そして、発表会当日、心に閉じ込めた“伝えたかった本当の気持ち”を歌うと決めたはずの順だったが…。

「心が叫びたがってるんだ。」に投稿された感想・評価

eri

eriの感想・評価

3.5
超ピュアな青春もの。周りの子たちがいい子すぎて…。
オチがありきたりじゃないのはよかった。
とく

とくの感想・評価

3.5
絵が好き。
1.5倍速で視聴。
面白かった!
Riri

Ririの感想・評価

2.6
たまごのお話がなんだかバカバカしく感じてあんまり入ってこなかった。とてつもなく純粋ピュアな人たちのお話。

このレビューはネタバレを含みます

過去のトラウマを扱った映画。いいところも多いが如何せん軽く見える。振るのに好きって言わせるの、すごい酷いようだけど大事な場面。
まこ

まこの感想・評価

2.1

このレビューはネタバレを含みます

これもいつだったかのテレビでやってたのを観たので必見未指定

「あの花」チームが再び集まり、新作を作った と公開当時から話題に上がっていた気がしたのでずっと気になっていた作品

ですが、あの花の評判がよかっただけに、何だかちょっと残念な印象に…

絵は問題無かったのですが、何にしろ内容があんまり共感出来る内容では無かったです…

まず、子供の頃お喋りだった女の子がファストフードで初めて大きい声で気持ちを伝える所

案外早いタイミングで喋れるようになったし、でもその後すぐ喋れなくなった割に最後協会みたいな所で男の子に今まで思っていたこと全部ぶちまけた時めっちゃ口悪いし凄いこと思ってるな〜って思ってしまい、何だか冷めてしまいました…

あと主人公の男の子も、最初元カノがいるってことは分かったけど虐められてたってことはわかんなかったし、しゃべれない女の子のこと気にかけてたから「これはこの女の子と男の子がくっつくな〜」って思ってたらまさかの復縁(?)的な展開でめっちゃ冷めたし、劇中でもいってた通り、「思わせぶりなことすんな」って話ですよほんとに…

あんなに不満が出てきた映画は久しぶりでした…

あの花はまだみたことないのでそっちは期待しています…

あ、でも主題歌は良かったので+0.1つきました
mn

mnの感想・評価

2.0
テーマとかストーリー自体は悪くないけど、主人公の自分勝手さにもやもや。
これもトラウマゆえに他者と関わってこなかったせいなのか。。
NICERICE

NICERICEの感想・評価

2.1
卵があーだこーだ、どーのこーのと2時間弱。
asu69

asu69の感想・評価

3.5
基本:映画

思考:必要

時間: 価値有り

※エンドロール曲の乃木坂がこの作品に全く合ってない。エンドロールまで含めて映画。
とても絵柄が可愛くて目が離せませんでした。
yukichi

yukichiの感想・評価

3.5
ハイハイ、おきまりのやつね〜と思いきや、そう上手くいくもんじゃないぞという腑に落ちる感じに進んでよかたです
>|