心が叫びたがってるんだ。の作品情報・感想・評価

心が叫びたがってるんだ。2015年製作の映画)

上映日:2015年09月19日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。 高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一…

幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。 高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。 担任の思惑によって、交流会の出し物はミュージカルに決定するが、クラスの誰も乗り気ではない様子。しかし拓実だけは、「もしかして歌いたかったりする?」と順の気持ちに気づいていたが、順は言い出せずにいた。そして、だんまり女にミュージカルなんて出来るはずがないと、揉める仲間たち。自分のせいで揉めてしまう姿を見て順は思わず「わたしは歌うよ!」と声に出していた。 そして、発表会当日、心に閉じ込めた“伝えたかった本当の気持ち”を歌うと決めたはずの順だったが…。

「心が叫びたがってるんだ。」に投稿された感想・評価

かりん

かりんの感想・評価

4.0
記録 なんか色々突っ込みたいけど甘酸っぱぁ~😙
音楽良かったわぁ☺️
色々なクラシック音楽にのせて物語が進むのも楽しかったし、登場人物みんなとても良い子で素敵でした。
あんな学生生活が送れたら楽しいだろうなぁ。
セーナ

セーナの感想・評価

3.4
心が死んでいた時期に観たので高校生って大袈裟でいいなあと思った
過去鑑賞。

"ことば"
それは人に勇気を、励ましを、絆を、信頼を、与えることが出来る。
しかしそれは同等に人を傷つけ、不安を、苦しみを、与えることだってある。

「思ってることは、ちゃんと口にしなきゃ」

伝えたいコトは口に出して発しなければ伝わらない。
そんな"ことば"の重み、重要性を再認識することができる作品でした。


P.S.
「伝えたいことあるんなら
歌ってみるのもありなんじゃね?」
(↑だれかのセリフ)
りす

りすの感想・評価

1.6
2018年72本目、7月6本目の鑑賞


全てが大袈裟な映画
最近の若い子はこれくらい分かりやすいのが好きなのだろうか
歳には敵わない

なんて言ってはみるものの、ただ単純に完成度が低かったからつまらなかったのだろう
まず主演の声がアニメだから仕方ないのだろうが、あまりに実在しなそうな声なので何故か受けつけなかった

そして全体的な演出にメリハリが足りない、どこで感情移入すればいいのか、どこで楽しめば良いのか
せめてサイレント描写で間を作って鑑賞者を惹きつけたり、突然心の描写になって叫ぶとか、何か欲しかった
ただ、アニメの中に実在する面倒くさい女の子をただ淡々と追ってるだけ
工夫がないとありきたりなストーリーじゃ入り込めない

少なくとも私には合わなかった
えりみ

えりみの感想・評価

4.5
WOWOW録画。
人気アニメ「あの花」の事を僕は全然知らない…
キャラデザインがオタクっぽいなと敬遠してスミマセン。薄紫色の瞳がこんなに可愛いなんて😍チアリーダーの格好見せてくれたら5点満点でした🈵
タモさんばりにミュージカルをバカにしてすみませんでした。イイネ♪ミュージカル♫
違う2曲を一緒に歌うの凄いっ。なんかそういうリミックス?的なの流行ったよね💿
他の音楽もいい。ミト(クラムボン)って人は知らんけど。
エンディング曲もいいなと思たら乃木坂46ですか😅
アニメにアイドル…この映画みて感動した❗って口が裂けても公言出来ない😓オッサンがそんな事言うたら捕まる😣
若い人がみるべき映画🎥
空と雲もきれい☁背景が精緻😲聖地巡礼する人の気持ち分かるな。
クライマックスで背景に使われた葉っぱの生地のカーテン欲しい(実際やったらおかしな部屋になりそうやけど)。

・友情の大切さ
・口は禍の元
・でも口に出して思いを伝える大事さ
主人公の女子が我儘キャラで良かった。
簡単に母娘のわだかまりが解消されなくて良かった。
ピアノが弾けるとやっぱモテる🎹
10代男子よ!今からでも遅くないぞっ‼

このアニメの出来を見て、実写化を企画したプロデューサーの蛮勇とオファーを受けた監督に感心する。とりあえず録画した実写版は消去した😏
はね

はねの感想・評価

3.7
2回見たけど、ジーンときちゃいますよねー😭
実写の方もやってると思いますが、私はアニメの方が好き❤️

元々おしゃべりだった女の子が、何気ない日常で見たことをそのまま伝え、悲惨な結末→お前はホントにおしゃべりで、全部お前のせいじゃないかと言われ→話さない方がいい→話せない っていう感じになった女の子。辛かっただろうなーと。

物語がすすんでいくなかで、少しずつ声を伝えていくのがホントにぐっとくる!
きりこ

きりこの感想・評価

1.9
はじまってから終わるまで、すべてが線で繋がらずに点のまま終わった。
最後もある意味予想外の展開!
ミ

ミの感想・評価

2.3
導入でひきこまれなかった。
「???」となりながらこのもやもやを解消したくて見てたけど終始置いて行かれっぱなしでした。
何を見せられてるのか、全部が点だった。

最後のとんでも展開!そっちとくっつくんかーい!
感情移入できなかったら映画見れないなあ
星

星の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

うわー。思わせぶりって罪だなあ。
観終わったあとに、うわーうわーとなりました。

自分のせいだと思い込んで、言葉を封じ込めてしまったヒロイン。 見ててしんどいです。すべて父親のせいじゃん。なに子どものせいにしてるんだ、とはらたつし。
母親もそう。責めるべきは父親。そして、子どものせいにしている自分。

ラスト間近のシーンでも母親は自分のせいだと思っていなかったような発言。
はらたつー!

と、思いながら母親に感情移入すると、夫の不義を信じたくなかった。知らなきゃよかった。と思っていたんだろうな。
もしかしたら、気づいていたのに、勘違いにちがいないと思っていたかったのに、順の言葉で認めざるを得なくて苦しかったのかもしれない。当時まだ若かっただろうし。
しゃべらない順を見るたびに、記憶が呼び起こされて辛かったのかもしれない。
生活にも余裕がなかっただろうし、子どもとはいえ、他人を理解する余裕もなかったのかもしれない。
そんなふうに考えると、やはり根源は父親!不倫見つかって、いそいそ離婚とか許せん。しかも、子どものせいにしやがって!

そして、坂上。
絶対両想いって思うやん?
大樹の告白もいきなりやん?
仁藤は良い人だった。

地域ふれあい交流会で、順が来なかったのは嫌だ。
クラスメイトが言ったように、自己中だと思う。物語の演出上盛り上げようとしてるんだろうけど、途中登場。最後の自分の言いたいことだけ歌うってのは好きじゃない。
ここでも仁藤頑張ってた!こっちのが応援できる。

でも、高校生は青臭くていいな。戻りたいなあ。

言葉は人を傷つける。傷つけた言葉は二度と取り返せない。
でも、言葉にしなきゃ伝わらない。
確かにそうだな。
テーマは良かった!

あと、いざミュージカルをやろうとなった時にクラスメイトの中にこれならできる、と得意なことをフィーチャーするのも良かった。

実写版も観てみようっと。

3 3 3 4 2
>|