ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

The Accountant

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:128分
    監督
    ギャヴィン・オコナー
    キャスト
    ベン・アフレック
    アナ・ケンドリック
    J・K・シモンズ
    ジョン・バーンサル
    ジョン・リスゴー
    ジェフリー・タンバー
    ダエグ・フェアーク
    ロン・ユアン
    ゲイリー・バサラバ
    グレゴリー・アラン・ウィリアムズ
    あらすじ
    田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に 追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

    「ザ・コンサルタント」に投稿された感想・評価

    所々なんか🤷‍♀️
    最後にぎゅっとしましたねぇ
    人と違う事を人は異質と感じ、時には暴力でねじ伏せようとする。
    「優しい場所で育てるか、優しくない場合で生きていく術を教えるか」難しい選択なのかもしれない。
    アクション映画でありながら、人間性を深く描いている作品で、なかなか面白かった。
    少年時代の弟は超イケメンだったのに、大人になったら…だったことは、ちょっと不満。
    ベンアフレックがとてもよい。
    サヴァン症候群的なお話。
    主人公は、ベン・アフレックによって非常に独特な人格をきめ細かく表現されている。また、先が読めないストーリーが観る人を釘付けにする。
    イイですねコレ。皆さん言う通りシリーズ化を強く意識した作りになってます。主人公のキャラクターがなかなかユニーク。古今東西に数えきれないほどのクライムアクション系の映画があるなかで、独創性をどれだけ出せるかってのは考えてみるとかなりの難題ですね。ジェイソン・ボーン、ジョン・ウイック、ジャック・リーチャー、そしてクリスチャン・ウルフ、この辺りが現代的アクションヒーローの代表選手でしょうか。それぞれ独自性を追及してはいるものの、みんな作品全体のテイストが何処と無く近いのは否めない。まぁジャンル映画として当然のことなのかな。
    本作は主人公のキャラに加えて弟とアシスタントの存在にヒネリがあって、今後の展開が楽しみになります。ベン・アフレックにはこれまであまり縁が無かったのですが、アルゴも良かったし、役者・映画人としての彼にも興味が湧いて来ました。
    人間関係が謎だったけど最後らへん繋がってきてスッキリ。
    ベンアフレックをみる度にデアデビルのイメージがどうしても頭よぎってましたが、本作で払拭。高機能自閉症だからこその強さが、単なるヒーローモノ以上の魅力に感じられました。ストーリー、脚本もすっきり・しっかりしていて面白いです。アフレック無双!!
    >|