マーキュリー・ライジングの作品情報・感想・評価

「マーキュリー・ライジング」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

アメリカの暗号”マーキュリー”を解いたのは、たった9歳の自閉症の少年だった。
アートはFBI所属の元潜入捜査官。
子供の命を大切に考えるアートは、暗号を解読した少年サイモンを保護する。
アートはサイモンとの絆を深めながら、NSAの陰謀を暴いていく。

国家と敵対する事になっても、サイモンを守る姿はヒーロー像の現れなのかもしれない。
逃走劇の中にガンアクションなどもあり、捕まってしまうのではないかと言うドキドキ感が堪らない。
モアイ

モアイの感想・評価

2.5

意外と大味で大雑把な印象を受けました💡追う方もかなりズサンね💧
ただ少年役の男の子はとても良かった❗
ブルース・ウィリスはこの年に「アルマゲドン」と「マーシャル・ロー」にも出演(; ゚ ロ゚)❗めっちゃ多忙やん☆
evane

evaneの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

まさかのブルースと子供の組み合わせって結構いいんじゃね?面白かった
RYAN

RYANの感想・評価

3.1
ストーリーは9歳の自閉症の男の子が国レベルの難関暗号を解いてしまい組織から命を狙われる。そこで登場するのがFBIの問題児ブルースウィリスであった。

共演アレックスボールドウィン

ダイハードに続く作品を作りたかったのかあやかりたかったのかはわからないが面白くない。
自閉症の男の子の存在が、もったいなく感じる
国にしては描かれ方が雑で雑魚にしか見えず残念
そしてなにより景色やストーリーが若干にてるというのはあるがダイハードに近い感じがする
それなら断然ダイハードだろう。
ただ、変なところで残酷
なぜかたくさん人が死ぬのにはよくわからない。
何も伝わらないしカメラの意図もわからない。
とても残念だ
たわら

たわらの感想・評価

3.3
ブルースウィルスのヨレヨレの格好がかっこいい
最後感動できた
たつや

たつやの感想・評価

3.5
昔見たのを再視聴。
あらためて見ると、最後のシーンはダイ・ハードのラストを彷彿させますね。

面白かったです❗
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.0
Netflixにて。
安定のブルースウィルス。
そして安定すぎて流し観作品。
ラストのシーンはすごく好き。
しかしブルースウィルスの
薄めカラーデニム、ヨレヨレのTシャツ、古臭い(いい意味で)レザージャケット、様になりすぎやろ。
あだち

あだちの感想・評価

2.8
ブルースウィルスと自閉症の子という組み合わせは異色ながらこの手の映画は結構ある。呆気なくて地味。全てにおいて決定打に欠ける。ラストは予測がついてしまうが少しグッとくる。
無

無の感想・評価

3.0
暴いてはいけない暗号を解読してしまい命を狙われる自閉症の少年を、かつておとり捜査中に助けられなかった青年とダブらせたFBIのブルース・ウィリスが助ける話。
おっさんと少年の組み合わせは鉄板モノだけど内容があっさり味だった。
悪役のアレック・ボールドウィンは最初にチョロッと出ただけで、ヒットマンのおっさんが孤軍奮闘(?)してると思ったら、終盤慌てたようにバンバン登場しまくるアレックスが非常に小物臭くて間抜けで思わず笑ってしまった。
少年の演技は真に迫ってる!
巨額の投資で開発された暗号システムをわずが9歳の男の子が解読してしまい、命を狙われる事に。
ブルースウィルスのアクション映画。

ブルースウィルス×子供=大体おもろい

ラストシーンのハグは涙モノ🤦🏻‍♂️
>|