ザ・コンサルタントのネタバレレビュー・内容・結末

ザ・コンサルタント2016年製作の映画)

The Accountant

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべて…

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に 追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

「ザ・コンサルタント」に投稿されたネタバレ・内容・結末

意外に感動的なラストだった。信頼できる人を1人見つけろ、そう言われて彼が選んだのが同じ施設の障害を持った女の子だった。最後にこれが分かった時、少し感動した。兄と弟、いつまでも仲良くいてほしい。デイーナとの恋の進展がなかったのはすこし残念だった。
結局、あれからひょんな再会をした弟とは改めて会ったのだろうか?すごく気になる…。ジャスティーンがあの電話の秘書的な役割の女性とは…。いずれにせよ、続編ありそう〜。
いやぁ〜殺し屋系のアクション映画は久しぶりだった。自閉症の人って実は生まれつき特殊能力を持っている傾向にあって、その能力を開花させるかどうかは自由。主人公は特殊で、父親が軍人で主人公の将来を思って特殊能力(並外れた計算能力と戦闘能力)を植え付けた。そして会計士と殺し屋の2つの顔をもつ将来の主人公のできあがり。ある企業と悪質組織、FBIが出てきて主人公は全部に関わってて、最後まるく収める、みたいな殺し屋系のあるあるの展開?だった。でもこの映画が面白いのは主人公の圧倒的な戦闘能力の強さとエキストラのザコさ、そして極めつけは主人公の弟(笑)めっちゃいいキャラしてる。愛しい。伏線はほとんど回収されたけど主人公の秘書とその殺し屋の組織が謎のまま終わった。そこもうちょい欲しかったなぁ。。 そしてアナ・ケンドリック可愛い、ありがとう。主人公と彼女の絡みももう少しあっていいと思った。
今年一番の秀作と思う。

キャビン・オコナー監督は、ウォーリアーでボクシングを通じて兄弟と家族について描いたが、本作は殺し屋がモチーフとなる。が、ユニーク、かつ、痛快だ。

このオリジナリティを発明したところが素晴らしい。脚本のビル・ドゥビックに最高の賛辞を与えたい。
面白い!能面が生かされてる。その能面がたまにジワっと見せる心のひだ感が最高。ベン・アフレックって こんなにイカしてると思った事なかったが笑。実写版ゴルゴ13をやって欲しい。ほったらかしになる登場人物がいないことも スッキリさせてくれる要素かも。これは リピートしたくなる映画。
アクションもいいし、設定も面白い!障害を乗り越えた?主人公の心の動きがわかって、物語の深みを感じた。続編は必ず観たい!
ベンアフがかっこよすぎるし後半は兄弟喧嘩に巻き込まれる
けどスッキリ観られた
意外な展開がおもしろい。
自閉症と健常者の仕切りはあいまいでむしろ自閉症の人の方が優れている可能性がある。
税対策の相談に乗ってあげるベン・アフレック優しいな…

セッション見て以来シモンズ氏を見るとハラハラしてしまう。

アナ・ケンドリック可愛いなあ! 彼女との手探りの交流が素敵だったので、もっと出番増やして欲しかった気もする。

うーん、もうちょっとテンポよくスカッとする内容を期待していたけど、

自閉症スペクトラムという設定を丁寧に示し、そして解きほぐしていく、誠実さが感じられて良かった。

自閉症=数学に秀でている、という設定、描き方がフラットで、類型的な描写じゃなかったのが良かった。戯画化したキャラクターはもう見れないかも。価値観がアップデートされていく喜び。

特典映像の見応え、語られる作り手たちの矜持が、とても良い。

説明抜きに、自閉症を障害ではなく特性として描く作品も見たいなと思ったし、今後増えるんだろうなと思うと、心踊る。
>|