ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

The Accountant

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:131分
    監督
    ギャヴィン・オコナー
    キャスト
    ベン・アフレック
    アナ・ケンドリック
    J・K・シモンズ
    ジョン・バーンサル
    ジョン・リスゴー
    ジェフリー・タンバー
    ダエグ・フェアーク
    ロン・ユアン
    ゲイリー・バサラバ
    グレゴリー・アラン・ウィリアムズ
    あらすじ
    田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に 追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

    「ザ・コンサルタント」に投稿された感想・レビュー

    柏
    の感想・レビュー
    3日
    4.8

    このレビューはネタバレを含みます

    何の事前知識も入れずに観に行って!と言われて素直に従ったら最高のやつだったのでありがとう薦めてくれたひと…
    主人公がちゃんとヘッドショットを念入りにしていて不安やストレスなくアクションシーンが観れてよかった。
    途中、ふと「この弟はどこにいったんだろう」と思わせておいてからの終盤の伏線回収、ほのぼのバイオレンスオチがグッときました。
    続編やってくれたのむ
    phoenix
    phoenixの感想・レビュー
    2017/03/16
    2.8

    このレビューはネタバレを含みます

    フツーのアクション
    ムチ子
    ムチ子の感想・レビュー
    2017/03/12
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    冷蔵庫みたいでこれは良いベンアフ。

    高機能自閉症者の成功例、みたいなお話ではないとは思うが、教科書に近い適切な接し方をしようとする親の方が先に疲弊する、という点ではある種の真実を見る気がして胸がつまる。
    美濃龍之介
    美濃龍之介の感想・レビュー
    2017/03/09
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    色んな話しの展開があったけど、最後は家族愛に行き着いた。
    家族は大切にしたいなと最近思う。感謝しないと。
    KanaiSatoru
    KanaiSatoruの感想・レビュー
    2017/03/08
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    コンサルタント

    自閉症の殺し屋というキャラ設定に嫌悪感を持つ人がいると予想される中で、思い切った設定だな、と思います。
    (実際は殺し屋ではないが)

    メッセージとして、自閉症は「ただ少し違うだけ」で、強くもなれるし金持ちにもなれる。親が諦めないこと。ってことが伝わるので、前向きに捉えられる映画ではあります。

    劇中出てくる父親と養護施設?の責任者との会話が考えさせられます。どっちのやり方が正しいかわからないし、どちらも正しいのかもしれない、そこは観る人が考えること。

    さて映画は、過去と現在のシーンが行ったり来たりする中で、ベンアフレック演じるウルフという男がどういう人間か、わりと丁寧に描かれるわけですが、子供時代から、現在の中年時代の間がスッポリ抜け落ちていて、唐突感がありますね。

    あの子供時代から、どこでどう過ごして、いまこうなったのか、そこが気になって仕方ない。

    まあいいです、肝心のストーリーは、請け負った監査で不正を見つけたもんだから、謎の集団に命を狙われる展開になるわけですが、単なる会計士ではなく、実はめちゃくちゃ強かった、という話
    ただ一方では、裏社会の資金洗浄を請け負っていたりして、彼がなぜ裏社会に足を踏み入れているのかは、後に理由らしきことが明かされますが、動機が弱いです。
    え?ホントにそれだけの理由で法を犯して危険なことしてんの?って、えー?って思います。

    ちなみに見つけた不正ですが、その事件の真相がわかりにくい。
    黒幕が何をしようとしてたのか、種明かしされても、ふーん、としかならない。
    さらに見つかって困る不正なら会計士に監査なんぞ依頼しなきゃいいのに矛盾しています。
    ウルフの命を狙う殺し屋もどこぞの組織に属しているのか、黒幕がどうやってその殺し屋を見つけてきて、殺しを依頼したのか最後までわかりません
    まさか電話帳で調べたわけでもあるまい

    ちょっと分からないことが多くて、ストーリーに入っていけない映画です
    ちょいちょい国土安全保障の役人が絡んでくるのもややこしくさせてる、これ要らないです。
    もしかして続編作る気マンマンで、続編との諸事情あってややこしくしてるのかな、と勘ぐってしまいました。

    でも良いところもありますよ
    ベンアフレックの無表情が自閉症の殺し屋のキャラには合っているし、シャイなところとか、どこか可愛い感じとか
    キャラ設定は上手いです

    あとウルフの助手らしき謎の女性の正体とか
    子供時代に出てくる弟の存在とか
    散りばめた伏線をきちんと回収しているとこもよいです(きちんとってのは観る人に多少の驚きを与えながら、放置せず、ってことです)

    ですが、繰り返しになりますが、分かりにくいのでストーリーにすんなり入っていけませんので、自己採点は65点です。
    一期一会
    一期一会の感想・レビュー
    2017/03/08
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    何の躊躇もなく主人公に撃たれて人が死んでいきます。
    なんでこの仕事を始めたのかなどが謎で、入り込みきれなかった。
    続編作られそうなラストシーンだったけど、ないかなぁ…
    あ
    の感想・レビュー
    2017/03/07
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    「本業・腕利きの殺し屋」か?「裏社会の会計士+凄腕の実力」じゃないのかなと
    洋画の宣伝、適当すぎる…

    ベンアフレックのキャラも盛りだくさんで立っていたし、序盤の伏線(弟、施設の女の子)もキレイに拾っていて感心した。
    ハードボイルドまな
    ハードボイルドまなの感想・レビュー
    2017/03/07
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    お兄ちゃんと会えて良かったね……うん……(ベンアフがちゃんと弟と会っていればこんな惨事にはならなかったのでは〜…?)。
    TAKEZOH
    TAKEZOHの感想・レビュー
    2017/03/06
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    健常者の尺度は健常者を計るものであり、
    異常者の尺度は計り知れない!?
    観る前は痛快アクション映画と思っていたけど、予想以上に健常者の社会とのコミュニケーションなど深いテーマの作品。
    それでいてアクションは盟友マッド・デイモンにも負けない、ムダなく異常にスマート!!
    オープニングから主人公の特異性を示し、その有能性は会計士ウルフが、会社の不正を一夜で解き明かしたのに対し、会計士を追う捜査官が彼にたどり着く時間と比較できる。
    そして会計士ウルフを支えるオペレーターの“彼女”の正体には驚かされた!!?
    Fuko
    Fukoの感想・レビュー
    2017/03/05
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    ポロック最高。
    >|