ザ・コンサルタントのネタバレレビュー・内容・結末

ザ・コンサルタント2016年製作の映画)

The Accountant

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべて…

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に 追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

「ザ・コンサルタント」に投稿されたネタバレ・内容・結末

予想外に面白かった。
伏線回収、設定が良く、カットも好きでした。
定番といえば定番ですが、楽しめる作品。
ベン・アフレックかっこよかった
アスペへの偏見変わるかなー
ストーリーがキレイやった。
映画評論家みたいな人はベタって感じるかもしれんけど。
キャンピングカーで生活するのも良いなと思った。

英語の題名は the accountant やのに、コンサルタントになってるのが少し悔しい気がした。
自閉症の会計士というキャラクターは良かった。
ベン・アフレックも、役にぴったり。

ただ、話が少し分かりにくい。

ブラクストンはクリスチャン・ウルフの弟だったという意外性はあるが、本筋の結末に驚きやスッキリ感はあまりなかった。
自閉症と戦いつつ表の顔は会計士として、裏の顔は犯罪組織の会計コンサルタントとして生きる、凄腕軍人のあまりにも哀しいストーリー。アクションシーンも多々あったが、個人的には人間ドラマと思った。
キャッチコピーに少し騙された感がある。
別にメインとして殺しをしている訳では無かったはずだし、、。

会計士して仕事をこなすシーンはワクワクしたし戦闘も鮮やかでかっこよかった。

回想シーンでの弟は何かあるのだろうなと思っていたがまさかね、、笑
あの絵を好きになれなかったから文系なんだと思う
兄弟萌え属性もちにはたまらなかった…
てか最後!おまえか!おまえかーい!!
自閉症のひとたちが無双すぎやしませんかねえ。
盛り上がってきたなと思ったら兄弟喧嘩って、おいおいみたいな気持ちになった。
親とか弟とか主人公の病とか色々色々理解しきれてない感じもあるけど、それでも計算され尽くされた無敵というか、かっこよかった。かっこよさと切なさが入り混じってそこに惹かれた。
まさかの弟との再会の時には、どんな展開になるのか息を飲んで見てた。
>|