ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

The Accountant

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:131分
    監督
    ギャヴィン・オコナー
    キャスト
    ベン・アフレック
    アナ・ケンドリック
    J・K・シモンズ
    ジョン・バーンサル
    ジョン・リスゴー
    ジェフリー・タンバー
    ダエグ・フェアーク
    ロン・ユアン
    ゲイリー・バサラバ
    グレゴリー・アラン・ウィリアムズ
    あらすじ
    田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に 追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

    「ザ・コンサルタント」に投稿された感想・レビュー

    み
    の感想・レビュー
    5時間
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    本当に好き…
    最後の「お話しする?王子様」は実は少し泣いた…

    彼の世界は彼として最高に筋が通っている
    被害者にはならない方を選び、家族に忠誠を尽くし、信用のおけるたった一人がいる

    彼女がまた電話の受け手になったことも素晴らしい選択だった
    キング局長もメディナも家族に忠誠を尽くした人だよなーと…

    ああ〜〜好き
    AkihiroTakeishi
    AkihiroTakeishiの感想・レビュー
    13時間
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    たしかに、
    レインマン2
    マッスル・イズ・ネバーダイ
    だった。
    Mami
    Mamiの感想・レビュー
    16時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    監督としてのベン・アフレックが好きだ。「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」「アルゴ」、全部大好きなのである。だが俳優ベン・アフレックの映画で好きな映画というと、少し前なら何かあったっけ?となっていただろう。今は「ザ・コンサルタント」と言うことができる。幕開けのシーンから最後までいろいろとひねりが加えられたプロットも楽しいし、脇を固めるアナ・ケンドリックとジョン・バーンサルも素敵。何より敵を撃退して去っていく時も律儀に手を振って挨拶したり、銃を撃つ前に指に息を吹きかけて存外に可愛らしい仕草を見せるベン・アフレックがいい。ベン・アフレックをかわいいと思う日が来るとは思わなかった。だがかわいいのだから仕方ない。ぜひ続編を作ってもらいたい。
    Mimi
    Mimiの感想・レビュー
    1日
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    ひっさびさにいろんな人にみて!って言った。みた人と語るといろんな発見ができたよ。もう一回みたいな。
    ただ、弟の存在のにおわせ方がわかりやすすぎて、もうちょっと隠してもよかったのになと。これ最後に出てくるフラグやって思いながらみてたし。和解?もあっさりすぎて、なんやねん!って。まぁそこは重要じゃなかったのかな。けど、最初に気になってて中盤から忘れてた司令を出してる女の人の正体が最後の最後にわかって、あぁ!!!!ってなった。
    それが衝撃すぎて面白かったな!
    やっぱもう一回みたい。
    あんだーそん
    あんだーそんの感想・レビュー
    1日
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    ザ・コンサルタント鑑賞

    無感情に敵をサクサク殺すベンアフもカッコ良かったけど、個人的にはアクションシーンよりベンアフが計算してるシーンが好き。

    アナケン今回初めて観たけど、笑顔が素敵

    全体を通してストーリーが難しいけど、ラストの伏線回収はとても良かった。
    あの一家スペックが高すぎる
    OsamuTANAKA
    OsamuTANAKAの感想・レビュー
    2日
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    いろいろ言いたいことはあるが、洗練されたアクションシーンを観るためだけでも1000円以上を費やす価値はあると思う。よって3.5とした。

    アクションシーンに関して言えば、とことんリアルさを追求したと思う。
    ヒロイン(不正経理を見つけた女性)の狭い部屋、ラストの社長の豪邸での戦闘など様々なロケーションで繰り広げられる戦闘は、その場に応じて周りにあるものを用いており、主人公が特殊な戦闘訓練を受けていることがよく表現されていた。他にも、敵を確実にノックダウンするために、脚や胸部に数発撃ち相手が床に倒れ込んだところで、頭に銃弾を打ち込んでいるシーンには感心した。

    さて、ストーリーはと言うと、「自閉症の主人公が他人に心を開くまで」という使い古されたテーマに本格的なアクションシーンを足したものであり、少々期待はずれであった事は否めない。
    主人公が高度自閉症であることは、彼の周りとのコミュニケーションや自宅の料理を作るシーンでなんとなく予想がついた。そして、彼の特殊技能は、息子の将来を心配する父親から授かったものである事も分かった。
    しかし、戦っていた相手が主人公の弟の率いる一団と分かった瞬間に銃を下ろして(まぁ弟以外は全員殺してしまったのだが…)、昔を振り返りながらの会話になってしまった。
    当然、殺される対象の社長は呆気にとられてしまい、気づいたら殺されていた。

    父親の葬式の件もよく分からず、弟とは後日会う雰囲気があり、ヒロインのキャラを活かしきれておらず、そしてなによりも、いかにも「売れたら次回作を作る」匂いがする脚本にはガッカリしました。残念。
    すばる
    すばるの感想・レビュー
    2日
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    お気に入り。

    思ったより前情報を仕入れて見てしまったので、弟の件は騙されもせずにいたけれど、それでもよかった。意外にアクションよりヒューマン映画かも。
    少しのロマンスも、ものすごい体格差がある男女2人がどこかかわいい。

    自閉症による主人公の感情の揺れや焦りが見る側にわかりやすく、ナーバスになることなく受け入れさせてくれるのに密かに驚きました。
    ベンアフの無骨な外見と裏腹に繊細な演技がハマってる!
    あの朝食や水筒、なんだか羨ましさをおぼえます。
    他にもジグソーパズルや絵など、物に彼の人間性を仮託して、あとから再登場させるのも、とてもいい。

    アフレックだけでなく、パニッシャーで見覚えあるバーンサルの少しかわいい強面が、人情に訴えかけるシーンには雄弁で、やっぱりすきだなあと思いました。

    特に、時々挿入されるクリスチャンの過去、父の過激な教育と無言の弟の視線が、ただの過去回想でなく、メッセージ性を持っていて、ラストにつながる流れが個人的に大好きだった。

    人と違っている我が子を、肉体を鍛えさせることで、自分で生きていけるよう育てる厳格な父。
    長年虐待された!って持ってく流れと思いきや…
    こういうアクションちょっとサスペンスって映画の中で、家族を愛するのって、人それぞれ、様々な形があっていいんだよなと感じられたのが少し嬉しかった。
    米
    の感想・レビュー
    2日
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    ラストで明かされる司令塔の女性の正体と、ウルフが稼いだお金を施設に寄付していたという繋がりに驚き感動しました!

    伏線がたくさん張り巡らされていて収束していくのは気持ちいいですよね。
    兄弟なのはやはり…という感じですが弟君の感極まるといった表情…好き
    で、まさかの感動の再会ドラマが始まりポカーンとしている社長に笑う。
    画面を見つつ「なんだこれは」と表情で語っている社長。

    ベンアフレックがデカくて不器用でチャーミングでした。アクションの迫力が半端ない。
    ひさな
    ひさなの感想・レビュー
    3日
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    アクション映画というより、自閉症の主人公のヒューマンドラマ。
    ヒューマンドラマにしてはアクションがかっこよすぎる。
    ちょっと見せ方や演出が分かりづらい感じはある。もう少しアクション映画寄りに分かりやすいほうが自分は好きだけど好みかなあ。ラストの空気感は好き。
    VEL04
    VEL04の感想・レビュー
    3日
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    レオンのジャンレノやイコライザーのデンゼルワシントンを彷彿とさせる圧倒的に強くて、女性を守る主人公の映画。この映画はそれにプラスして自閉症や兄弟愛の要素も詰め込んだぞ。
    弟の悪党っぷりもなかなか良かった。局長の俳優はセッションのイメージが強烈すぎた。性格悪そうに見えてしまった。
    女の声の正体はちょっと意外でした。
    >|