ザ・コンサルタントのネタバレレビュー・内容・結末

ザ・コンサルタント2016年製作の映画)

The Accountant

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべて…

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に 追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

「ザ・コンサルタント」に投稿されたネタバレ・内容・結末

私"OL"ってハンネつけながら企業経理しているのですが決算前を控えた経理としてなんて映画を見てしまったんだ休みの日に!!!!!!!!!!!って感じだった。
いやまじで経理になれてない人はこの映画どんなノリで見るかわからないんだけどしんど!!!!!使途不明金とか見つかったらえぐい。
しかもなんで締めた年のもう一度出さないとなんだよ決算終わってるんだよ~~~~~って感じだし財務部仕事して(怒)

って感じで日々荒んでる経理の皆さんはこの映画見るのやめましょうね。って感じ。

いや話的にはなめ腐ってた会計士がやばい殺し屋だった??!!!!みたいなのは面白い。
からの自閉症なところとか、施設のあの子があの人だったり最高すぎた…

しかも敵方は弟で普通になんだ~!みたいな感じで平和に終わるのが笑える。
よかった。

私も指に息吹きかけてから仕事しよ(´・ω・`)
ベンアフ主演の必殺仕事人。
一緒に観ていた妹はオチに不満そうだったけど私は予定調和大好きなのであれでいいよ。
兄弟ゲンカってそんなもんじゃない?何も解決してないのに1時間後には笑い合ってるもの。
確かにどこに寄せたいのか謎の映画ではあるけど、その奇妙さのパッピーエンドが癖になる。
自分を愛してくれる人に囲まれているというのは何よりも強いパッピーエンド。
一人の男が無双して、悪い奴ら倒して
ざまあみろ。あースッキリした。っていうよくある展開かと思ったら、ちょっと違った。
たしかにそうゆう展開ではあるけど、どっちかというと主人公の病気の部分を中心にしとんかな。
お父さんのスパルタ教育がすげえ。あんなんで症状改善するんかの。悪化するやろ
そして最後弟登場してその展開いるのかな?って思ったけど、この監督がウォーリアーの人と知ってなんとなく納得。ウォーリアーのあの重厚な兄弟の関係に比べたら薄いけど。
予想以上におもしろくてよかった。
78点。

死んだ目をしたベンアフレックがいろんな意味で厚くて良い。言葉少なで繊細な精神の自閉症の役がとても合っていて味がある。
とにかく死んだ目をしているベンアフレックが良い。

静かに進んでいく物語が、最後の方でもりもり伏線が回収されていってすっきりした良い映画であった。
面白かった。

潜入感もって見るとややこしいからフラットに見たほうがよさそう。

裏社会で会計士やってるが殺されずに生き残る。

お金巻き上げて政府に密告してるのになぜ生き残るかが少し疑問になったけど

単に慎重で強いからってことなのか(笑)そして凄腕ハッカーである妹のサポートがあるからってことか、、
まあ、ツッコミ処は満載だったけど…

色んなフラッシュバックが徐々に登場人物たちに収束していく感じとかはよかったと思うし、主人公のアクションは見応え充分で格好良かったので満点

ただ、会計士が何をしてるのか、どんな不正だったのか、そもそもヤツは何者なのか、なんで助けたのか、なんでこの案件にここまで食いついたのか、などなんとなく察せるけども…うーん?みたいな場所もあり、自閉症の感じもあまりよく分からないし、てか最後弟と再会って…

みたいなツッコミ処は多々ありつつも、最後まで飽きさせずいい映画だったなと思います

協力者は割と最初のほうで予想していて当たったなぁ

他の人のレビューを読んでみて
なるほど、自閉症の特徴を捉えていたとも見えるというわけか
あとは父親の外界に適応させるための指導というかも高評価と
これはあまり着目していなかったなぁ
うん、皆さんさすが!
設定もキャラも音楽も好きなんだけどストーリーが全体的にちょっと分かりにくかったかな。
宣伝で聞いてた話を裏切る?上回る?展開で、そういった意味では満足だったけど、やっぱりちょっと分かりにくかったな…

あれが弟っていうのは出てきた時からそうじゃないかと思ってたんだよな…
弟は父親の件以外に関して、幼少期から兄に付き合わされてた恨みとかも無くわりとすぐ和解したのはちょっと不自然な気もする。
でも兄弟の仲が良いのは良きこと。

シモンズのおっさん(レイ)とメディナ?がやってる捜査関連のとの絡みが、最後ひっくり返す(というほどひっくり返すわけじゃ無いが)ためとはいえ、ちょっと分かりにくかった。

農場で容赦なくスナイパーとしての腕前を老夫婦に見せつけるお茶目なところと、嬉々としてガラスに数字を書き連ねるところが好きです。
アクション映画を通して発達障害に理解を示そうというメッセージ性を狙ったのか分からないが、ガンアクションシーンは特にかっこよく無かった。
でも最後相棒の正体が分かったときは驚いたよ!
面白い
生い立ちを描くことで会計士がなぜ凄腕なのかある程度説得力があったが、後半からはきっちりとどめを刺すこと以外会計士の要素がほぼなく、ランボー化したのが少し不満
弟の設定は全く不要だった
よくあるスナイパーものかと思いきや、最後の最後で家族愛があり、終わり方に優しさがあった。

障害者と家族と友達。
なぜそんなにも強くなる必要があったのか。
善と悪。

見ていて辛くなく、とてもいい映画だった。
>|