ザ・コンサルタントのネタバレレビュー・内容・結末

ザ・コンサルタント2016年製作の映画)

The Accountant

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべて…

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に 追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

「ザ・コンサルタント」に投稿されたネタバレ・内容・結末

むちむちのボディーをスーツに閉じ込め滑らかに輝く通勤カバンを斜めがけ。タッパーに詰めたランチに凹んだスタンレーボトル。

毎晩のルーチンはフラッシュと爆音の中で脚を綿棒でしごく。いたそう。

高次自閉症により他人の感情を読み取る事伝える事に不得手な主人公クリスチャン・ウルフとそんな主人公を嫌がる事なく笑顔で会話してくれるデイナ。数字好きの2人。

クリスを追うのはかつて殺人未遂まで犯した過去を偽り捜査官として活躍していたメリーベス。

「君のために危険にさらす」

常に冷静に淡々と殺していくのがサイコーにcool。

_
ソロモングランディ
月曜日に生まれ
火曜日に洗礼
水曜日に結婚
木曜日に病気
金曜日に危篤
土曜日に死んで
日曜日に埋葬
ソロモングランディ一巻の終わり


字幕の方が主人公の自閉症感がより出てるかも。吹き替えはなんだか完璧感がより強まってるから、イケイケな主人公が見たければ吹き替えで。


※前のアカウントのそのまんまのレビューです。

邦題であるコンサルタントとは、コンサルティングを職とする人や法人の事を言います。
原題の The Accountantは会計士という意味であり、どちらも同じニュアンスがあると言えますね。


主人公について話しましょう。
主人公はベン・アフレックが演じる クリスチャン・ウルフという男。
この男は 幼い頃からアスペルガー症候群。つまり、自閉症であり コミュニケーション能力は欠落していると言えますね。

自閉症を持つ人は記憶力などに高い能力がある事が多いと言います。

私事ですが、2年前に電車内で片手を上げて鉛筆をもう片手に持っている男の人があぐらをかいて 優先席に1人で座っているのに出くわしました。
数学の公式をランダムに言いながら、上げている手をパラパラと動かしている姿に驚きを感じ、立っている場所を移動しようとした時に数学の過去問のプリントが何枚か落ちてしまい、慌てて集めている時でした。 ボソボソッと言った数字と記号の羅列4つが 暗算では不可能である数学の問題4つの答えだったのです。

偶然ではないと分かったのは次に言った数字と記号の羅列が その4つの別解だったことでした。

小学六年生の従兄弟は 大好きなプラレールの列車名、路線名、レール名と マインクラフトの道具や 道具の生成方法など 全て完全に記憶しています。

私事で申し訳ありません。
しかし この恐るべき記憶力は本物であるのです。

話を戻しますが、この恐るべき記憶力を持つ主人公は常人より ずば抜けた計算能力を持ちます。
射撃において それは最強の能力となり、風向き、標的との距離、角度など全てを計算し実行する為です。

また 自閉症を持つ人は正確に同じことを繰り返し行動する事があります。
この映画の主人公も決まった時間に 人が弱い部分である、すねを木の棒で繰り返し削るように擦ってます。これは蹴りの威力を上げるためですね。

沖縄の方の格闘技ジムでは 硬い竹串の束に指を勢いよく突き刺したり、コンクリートに全力の正拳突きを何回もしたり と 手や足を硬くするために 厳しいトレーニングをしていますが まさしくそれですよね。

故に 恐ろしい程の正確な射撃、100㌔近い体重から放たれる重く硬い金槌のような蹴りや 殴り。
欠点と言えば コミニュケーション能力の欠乏くらいですね…w


ジョンウィックを思い出すような主人公無双と言えますね。
ジョンウィックとクリスチャンウルフの共通点としては

闇の暗殺者。
仕事は必ずやり遂げる。
無駄な会話はしない。
確実に相手の急所を狙い 必ず殺す。
2人とも 呼び名がある。(ジョンウィックはブギーマン、クリスチャンウルフは会計士)

と言ったところでしょうかね。

違う点としては
ジョンウィック:友人が多くいる。
クリスチャンウルフ:取引する人はいるが友人と呼べる人はいないに等しい。

ジョンウィック:愛する人がいる。(いた。)
クリスチャンウルフ:いない。(自閉症故に他人と距離を置きたがる為)

くらいでしょうか。


共通点は多くても それぞれの目的は違います。
ジョンウィックは復讐。
クリスチャンウルフは仕事。

クリスチャンウルフの機械的な敵への対応。
その機械のような彼は人としての心を外に出すことがあるのか。 そこにも注目をしてみてください。
あんなに荒れていた子がここまで普通に振る舞えるようになるものなのか…という疑問はありましたが、最後にすべてが繋がったときには思わずおお…と言ってしまいました。とても面白かったです。
所々でシーンとして出てくる幼少期が非常に映画のポイントになっていて最後、兄弟が戦う場面は想像できたけど、ベン・アフレックが好きな映画だとしみじみと感じました!どんな人間でも必ず得意、不得意はあるが自分が持ってる才能とはどこで見つけて社会でうまく溶け込んでいくのか、いくべきなのか考えさせられる印象深く良い作品でした。
(え〜〜!?!?そこ弟である必要ある〜〜〜〜!?!?!?ていうか弟の設定いる〜〜〜〜〜〜!!?!?!?!?)って映画館でツッコミそうになった。
自閉症の主人公が不器用ながらも女の子を守ろうとする姿に少しホロっとしました。
子供時代の話をシッカリと回収するラストも好きです。
主人公と家族を中心に描かれた物語でした。父、母、弟、妹の現状がきちんとわかり、伏線が回収されていくあたりはとても良かった。
主人公に関しても、障害があり上手く人とコミュニケーション取れない事が、親しい人にだけ起こっているあたりが、リアルだと思った。
主人公の几帳面?潔癖?完璧主義?なところとリンクして、相手を完全に殺す(倒れている相手に頭を打ったり、確実にとどめを刺す感じ)もきちっとしててよかった。
とにかく弟と妹の登場してくるタイミングが秀逸。よくあるっちゃよくあるけど、綺麗に整えられていた。
捜査官に関しては、やはりシモンズがよかった。物語としてとてもよかったと思いました。
天才が主人公の映画は数あれど、自閉症推しが売りの今作。まあ天才って大抵そんなもんなのでリアルではある。しかし主人公が万能過ぎビジランテヒーロー。
確かにガタイが良くて無表情な役にはベンアフがピッタリであるが...

私生活のせいでもう二度とバットマンにはなれないんだし、親友の当たり役ジェイソン・ボーンのようになれるか、といった所。

内容は、まあまあまあといった感じ。ライフルの描写(着弾の爆発音の少し後に銃声がする)はいい感じだったが、アクションの見どころはそれ程ない。子供の頃のカンフーレッスンには苦笑...
それより何よりも兄弟が似てなすぎて一番気になった。腹違いなんかいw

観て損したとは思わないが、まあ続編はないのではないかな。
ジョンバーンサル目当てに💕
2.9は全部バーンサルに。

話は面白いし、演技も演出もしっかりできていると思うけど、
続編ありきの作品なのかな、といった感じ。
主人公の自閉症で厳しい幼少期を過ごした設定、そして何より弟との関係、サポートしている女性との関係、なぜあの女性に惹かれたのか、もっと深く掘り込んで描写しないと、うっすらすぎる。
弟の怒りはもっともな物なのに、兄弟の幼少期描写や10年前になにがあったのかがきちんと描かれていないので唐突な怒りに感じるし、
その弟に10年ぶりに会った兄の感情は全く見えない。何を考えて10年も弟と離れたのかが最後まで不明。
終始そんな感じで、自閉症、幼少期のトラウマ、母親との関係、仕事、弟との再会、彼を追うFBI、恋愛要素、と要素詰め込みすぎて2時間で描けてない。
弟との再会に焦点を当てれば恋愛要素はいらないし、
恋愛に焦点を当てるなら弟はいらない。
どちらも中途半端で共感できず。

本来なら2.2くらい(私の好みではない)だけど、バーンサルがとてつもなく可愛い弟ちゃんだったので2.9💕
マネーロンダリングの難しい数字の話があるかと思っていたけど、そのへんは大分端折られて、ドンパチやってるだけだった。
>|