ザ・コンサルタントのネタバレレビュー・内容・結末

ザ・コンサルタント2016年製作の映画)

The Accountant

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべて…

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に 追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

「ザ・コンサルタント」に投稿されたネタバレ・内容・結末

新鮮。斬新。
最初スロースタートって感じで、アクション映画借りてきたはずだよな?と思った(笑)

主人公が斬新だし、天才。
天才は、理解され難い。

銃撃戦も文句なしかな。
脳天一発という腕利きとか凄すぎる。

トレーラー素敵過ぎる。
入ってみたいわ。。

エンドロール後でいいから、少しだけ、弟との再会シーンを入れて欲しかったなぁ...

電話の声の主って、最初登場したパズルピース渡してくれた女の子って理解でいいのかな。
すごい情報処理能力だなぁ...

ただのアクション映画では無い感じ
個人的には、ストーリーも含め、よく出来ていると思う
予告を観て期待し過ぎていた感があったかなと。兄弟の関係、捜査官、パソコンを使って情報を流す女性、どれも中途半端だったなという印象で終わってしまった。
会計士兼殺し屋の、自閉症男性のお話。導入はあるし回想シーンもあるんだけど、いまいち誰に感情移入して見ればいいのかわからなかったのは、その回想シーンに対する誰かの感想や感情が見られなかったからなんだな、と、デイナとレイモンドの語らいを見て初めて理解した。
レイモンドの過去はレイモンド本人の口から語られているし、主人公の過去についてはデイナが反応を返してくれる。そういう劇中キャラたちの生の反応があってこそ、観客側のこちらも「あ、やっぱりそういうノリで見ていてOKなのね」と腑に落ちるというか。今までそういったことを意識していなかったのだけど、この映画で初めてそれの重要性に気づきました。

だから正直中盤まではかったるい映画だな、と思いながら見ていたんだけど、主人公に感情移入できるようになってからは俄然面白くなったし、終盤も「あー!やっぱりね!そこ気になってたんだけどそうくるかー!」連続で膝を叩きまくる事態に。
やっぱり点と点に過ぎなかったものが線になって繋がりそれが絵になる瞬間にはカタルシスを覚えてしまいますね。

なのでちゃんと最後まで見て良かったなーと思えました。かったるいな~の所で切らなくて良かった。
ベンアフレック見なおしたわ。
舐めてた相手が殺人マシーン系映画ってだけでグー。見てて、あれ?これDCコミック映画(ヒーロー物)かな?みたいな感覚に陥った。
バットマンに起用されたのもこの映画の功績かな。
好きなシーンはおばちゃん撃たれたかと思ったら実はウルフがスナイプしてました。
あと、しぶとい敵との肉弾戦で閃光弾の反動で敵を倒すシーン。
アスペルガー症候群の主人公。
父親から、異質なもの(=主人公)を人は怖れ排除しようとする、そんな世界の中で生きていく術を叩き込まれる。

ちょっとレオンを思い出させる。

好きなテーマで設定は凄く良いし、主人公のキャラクターも良い。
ベン・アフレックの、ヌボーっとした独特の雰囲気合ってる。

面白かった。

ラスト、弟との再会、途中の弟の人生が描かれていないのだが、本当は描かれていたシナリオの部分を削ったのかな?と思う。
それについて短くていいから何かシーンが欲しかった。
最後の邂逅前に、敵が弟?と匂わせる様な所あったかなぁ、再見しないと。

ちょっと描き足りてない、説明不足な感は否めず、シナリオで、ここは要らない、あれ足したい、と感じた。
アクションシーンは、女性の反撃シーンも含めて見応えあり、痛すぎず、良かった。

会社上場で利益を得る為に、実妹殺しちゃう、とかご都合主義は、まぁ見逃すw
映画館で見て今まで見たアクション映画で1番好きな映画になって、DVDも買っちゃった。

会計士ウルフの人となりを描いていくってみんな言っているけどその通りで、ウルフのキャラがツボすぎてハマってしまった。
職人気質なキャラ好きなんだけど、ウルフは高機能自閉症ということで新しいアプローチだったと思う。
でも、個性として強みに変えて生きてるウルフを見てると元気になるよね!
ひたすら効率的なアクションめちゃめちゃかっこいい!
ヘッドショット二発入れてくの職人だね!!
派手なアクションというより、ほんと仕事人って感じ!かっこいい!

っていうアクションの格好良さと、障害を個性として捉える物語がすごく好きです。
何回でも見ちゃう。
面白かった。けどなんか不思議な感じ。
唐突な兄弟喧嘩に笑った。
でも兄弟仲壊れなくて嬉し。
冷酷・冷静な判断はそういう性格、例えば過去に悲惨な目に遭って歪んでしまったとか、そういう訳でなく自閉症由来で。だからなんか観てる自分のいつものパターンから外れていて不思議な感覚になるのかな。

続編が製作されるとか?
ジャクソン・ポロックの絵を寝室の天井に飾るのが斬新。
そして、フッフッ。
ウルフのキャラクターが最高!!
不思議!この映画は不思議。

前評判聞いて見たかったので、なんとなくこのタイミングで観賞。
なんか、ジャックリーチャーかイーサンハントかジェームスボンドか、
そんなのをイメージしてました。
違った。

思ったよりずっと人間的。
裏の顔を持ったスーパーヒーロー系かと思いきや、主人公の生い立ちに重点を置いた仕上がり。
無双なんだけど、戦闘シーン以外はすごく人間らしくて無双感がない。
強いて言えばレオン系でしょうか。

アナケンと中途半端で終わったあたり、
やはりシリーズ化されるんでしょうか。

個人的には、一瞬このくだり要るか?
て思ったシモンズ父さんの独白場面が、なかなかどうして必要な要素で良かったなと。
そういういみでは全部ちゃんと繋がってていい映画でした。

たまに幼少期のエピソード回収されなくてモヤル映画あるもんな。


しかし、繋がってて良かったとは言えども、最後の兄弟オチよ!!
最強の敵とは戦わんのかい!
ただの兄弟喧嘩かい!!
と。
ここで、「なんて不思議な映画なんだ。。。」となりましたとさ。
シェーン(ウオーキングデッド)の「お兄ちゃん!」てなってるとこちょっと可愛かったけど!

あと相棒のお姉さんところもラストで回収されてとても良かったです。

続編やるっぽいので楽しみ。
話の展開か唐突で着いていけないところが多く観てるのが辛い映画だった。
過去回想も多いし観てる方に補完させる不親切。
アクションも派手さに欠けるし演出もイマイチ。
映画には撮りたかったワンシーンや設定とか見えてくるけどそれも見えてこない、もしくは他のことをガチャガチャやりすぎて霞んでしまった映画だった。
>|