ポケットいっぱいの涙の作品情報・感想・評価

「ポケットいっぱいの涙」に投稿された感想・評価

totoruru

totoruruの感想・評価

1.0
因果応報。


何も感じることもない映画。

クズが集まって、やりたいことやって、予想通りの結末になるのを見せられただけ。

申し訳ないが、何故こんな高評価なのかわからない。

悪が主人公の映画は過去にも観ているが、ここまで何も同意できることが無く、気持ちも理解できない内容にビックリ。  

環境が…っていいたいのかもしれないが、登場人物から全く葛藤や苦悩など感じられず、好き勝手やって楽しんでるようにしか見えない。

なので、ただの自業自得としか言いようがない。

残念ながらこれ以上レビューも書く気が起きない映画です。


私には合いませんでした…

この作品のファンの方スミマセン🙇
Damien

Damienの感想・評価

5.0
強烈な映画だった
アメリカのリアルを映し出したブラックムービーの傑作
1人の人生を描くものだが映画と忘れるほど鮮明でリアルなものだった

徐々に道を外していく青年がそこにはいる
それを見てどう思うかは見る人によると思う

僕は途中までこれほど濃い人生があるのかとみていた
だがラストのシーン「もう遅いけど」という声が体に染みついた時にはこんなちっぽけな人生があるのか、と感じた

どう生きるかどう死ぬかもすべて自分が決めるものだ
EDA

EDAの感想・評価

5.0
ブラックムービーの傑作の一つ。同胞で殺し合うのは悲しいなぁ。真っ当な人間になるということ。カーステから流れる音楽の変化も面白かった。
「こんな風に銃弾の雨が降ってくるとはね。やっぱりここじゃよくあることなのさ。何が起こるかわからない。俺は引き返すことも先に進むこともできた。結局、決めるのは自分なんだ。

“生きたいか”とじいちゃんは聞いた。

ああ、生きたい。

もう遅いけど。」

ブラックムービーの金字塔。

死ぬ時初めて死に恐怖を感じ、死んだ時初めて生に意味を見出す。

世界にはこんな場所もある。
ELEANA

ELEANAの感想・評価

4.0
結末読めるのに、最後はどうしても号泣してしまう。
年寄と子供は絶対殺らないと豪語してるケインの最期らしい結末です。

エンディング曲MC EihtのStreiht Up Menaceもいい!彼もA-WAX役で出演してます。
リアルなやつ🤲環境ってどうしようもないって実感した🤲ちょっとだけ出てるヤク中の人が見てて超辛かった😓
Tylor

Tylorの感想・評価

3.5
銃、ドラッグ、貧困、犯罪、マイノリティーへの差別、自己の行い、考え方
日本人からしたら浮世離れし過ぎて距離を置いて見てしまう出来事が実際に幼少期からべったりと張り付いてる世界が本当にある
正直どうすることも出来ないけどこの映画を観てこういう状況があることを知る事は出来るし大事だと思う
跳兎

跳兎の感想・評価

3.5
モノローグ中心の演出は安易な日本のドラマのようで残念だが、描かれてること自体は子供の頃から犯罪に手を染めざるを得ない黒人を中心とした低所得者地区で暮らす少年が直面する現実であり、ヒップホップに影響を与えた10本に選ばれるのもよく分かる。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.0
‪「ポケットいっぱいの涙」‬
‪長年廃盤だった超傑作のブラックムービーが再リリースされ初買いし再鑑したが素晴らしいの一言。ワッツ暴動に始まりロス暴動…90年代の貧困地域のギャングは同胞を救うのでは無く殺す暗黒時代と言える。本作を撮ったアレン&アルバート兄弟にはもっと活躍して欲しかった…。‬
シングルマザーが幼な子に言い聞かせるシーンがあったけど、銃やドラッグから逃れられない環境での子育ては厳しいだろう。夢など描けない世界が哀しい。
>|