メットガラ ドレスをまとった美術館の作品情報・感想・評価

メットガラ ドレスをまとった美術館2016年製作の映画)

The First Monday in May

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:91分

3.9

あらすじ

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩…

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩する豪華セレブリティたち―。

「メットガラ ドレスをまとった美術館」に投稿された感想・評価

meba

mebaの感想・評価

4.2
とにかく目の保養になったー!もう圧倒的!
ファッション界のアカデミー賞とも言われる華やかなイベント。

2015年の企画展。METの服飾部門主任キュレーターに密着。
このアンドリューボルトンの情熱はすごーい!
でもこの熱量をもってしてもこの最大級のイベントを準備→成功させるために、心が折れかけたりプラン通りにいかなかったり、かなりサスペンス!!

手に汗握ります。
間に合うのか⁈「24」のあのカウントダウンの音が脳内で鳴りまくり〜

もちろんアナウィンターも存在感バツグン!
格好良かったー♪
0naiii

0naiiiの感想・評価

4.5
「ファッションが2つの文化を繋ぐ」

リアーナの台詞が全てを物語ってる。
彼女に全てを持ってかれたー。
1stアルバムからCDを買って追い続けた人を、こんな形で目にすることになるなんて。感無量。
きぃこ

きぃこの感想・評価

5.0
一流の仕事の説得力に息をのみ、ファッションとアートの境に心揺らぎ、デザイナーの雄大な思考に見惚れていたら、政治も文化もすべて見守るかの如く佇む作品たちに茫然自失。ラストシーンの背中を黙々と追いながら、ただただ涙しました。
aloniatree

aloniatreeの感想・評価

3.8
メットガラの準備と初日までの様子をまとめてあります。
キュレーターさんの追い詰められ方半端ないです!(笑)間に合うのか?!と見てるこっちはハラハラしました。
テーマとしてファッションは美術なのか?ということをいちいち突きつけて来られるところが歯がゆいなーと。
充分アートじゃん!(笑)ドレスはいわばインスタレーションの材料のようなものかも、とか思ってみてた。美術館でセッティングされて始めてストーリー性がでるんでしょうね〜見る人に訴えかけて来るんだもんアートだよね(笑)とか偉そうに言ってみる(笑)
この映画では中国がテーマでしたがどうせなら川久保玲さんの時のが見たかった!(笑)アナさんは映画で「生きる企業だ」?!みたいなこと言われてましたが、美術とそれにからむお金の重要性をよく理解してるからああいう感じのサバサバした人になったのかもなと(笑)セレブあっての美術館運営なんだなと(笑)それ故にアナさんのファッション愛を感じます。一度は見に行きたいです。憧れます。。。
RyokoOtaki

RyokoOtakiの感想・評価

3.5
ファッションはアートたり得るかという繰り返しの命題。これを観ても、ノーと言える人はいるのか。
メットガラのリアルと圧倒的な美しさが詰まってる。
「多くを見せすぎるのは良くない。何も見ないのと同じだ。」というセリフが印象的。
かりん

かりんの感想・評価

4.0
センスの塊。とにかく見てて夢を与えてくれる。前向きになりたい時とか才能を見たい時にまた見ると思う作品。
里菜

里菜の感想・評価

4.1
Dries Van Noten見てこれをふと思い出したから記録
はるな

はるなの感想・評価

4.0
古典的なかつ気品溢れる中国の服飾アートや芸術品かも醸し出される、ファンタジーを良しとしたメット側と、西洋の東洋に対するステレオタイプ、つまりオリエンタリズムにしか見えないという中国側の対抗軸は面白い。あと、メット服飾部門のキュレーターが、毛沢東とブッタを同じ空間に並べたいというのに対し、ウォンカーウォイが渋い顔をしていたり。文化や生まれた環境が違うと、こんなにも話す以前の感覚レベルのズレが出てしまうのかと、ありありと感じた。

最後はもう豪華セレブとオートクチュールにうっとりタイム。時折、ワンクッション的な役割に使われる、ジャスティンビーバー。

↓メモ↓
ニューヨークメトロポリタン美術館(MET)での一大イベントのメットガラ。超セレブが様々なオートクチュールに纏う華やかな催しの一夜を、VOGUE編集長アナウィンターが主催。コンサルタントとしてバズラーマンも。このメットガラの収益が一年間のメット服飾部門の資金となる。

また、このイベントは本展覧会のお披露目も意味しており、2015年「鏡の中の中国」の製作過程を表している。中国の服飾美術を描くアドバイザーとして選ばれたのが、動くチャイナドレス映画「花様年華」の監督、ウォンカーウォイである。
doyle

doyleの感想・評価

4.0
今更ですが2018年の1本目はこれでした。
あのアナウィンターご本人も登場(゚ω゚)煌びやかなファッションの世界かと思ってましたが、その舞台裏を追ったものでした。ただやっぱり完成をみた時はため息ものです。
楓

楓の感想・評価

-
よかった。
自分に全然知識がないことを痛感すると共に、もっともっと知るべきこと知りたいことがあることにも気づいた…。西洋から見た東洋は、ただ東洋人として暮らしてみる日常より遥かにエキゾチックで神秘的で魅惑的。中国映画観ようっと

2年の英語の授業で扱った、アンナ・メイ・ウォングが出てきた時は信じられない衝撃が頭を駆け巡った

終盤のドレスやレセプションの光景は、世界中の輝きを集めた様に光り輝いて素敵だった
>|