メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

The First Monday in May

上映日:2017年04月15日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:91分
    監督
    アンドリュー・ロッシ
    脚本
    アンドリュー・ロッシ
    キャスト
    アナ・ウィンター
    アンドリュー・ボルトン
    ウォン・カーウァイ
    ジョン・ガリアーノ
    ジャン=ポール・ゴルチエ
    カール・ラガーフェルド
    リアーナ
    アンドリュー・ロッシ
    あらすじ
    2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩する豪華セレブリティたち―。

    「メットガラ ドレスをまとった美術館」に投稿された感想・評価

    感動!!!!ほんとスーパースター達!セレブ モデル デザイナーからエディターまで、有名すぎる方々で震えが止まらなかった!笑 ずっと昔にSeptember Issueってゆう、ドキュメンタリーを見たけれど、やっぱアナはアナのままで、娘が相当美しくなっててびっくりした!ファッションはアートじゃない、ファッションはファッション!ってゆう言葉が響いた。深いなぁ。
    いろんな角度から見れて
    どれもおざなりじゃない
    満足感。

    とにかくアナの瞬時の判断力
    決断力…男前過ぎた。
    で、スタバのカップはもはやアクセサリー
    笑。

    そして
    ブラッドリー・クーパーは何があんなに
    可笑しかったのかね?
    本当に観て良かった、
    予想を上回る価値に溢れた贅沢な映画!

    美術に関する仕事であるけど、政治や歴史、文化に関する議論が多くて、そういった背景を多角的に捉える柔軟さが無いと務まらない仕事なんだろうなあって思った
    就活で知識量と思考力を問われた意味がなんとなく

    鏡の中の中国
    個人的には、ステレオタイプであっても、西欧が表現するアジアは嫌いじゃない

    アーティストやプロたちの発言が印象的なものばかりで、なんというか、芸術を超えた壮大な仕事をしているなあって

    洗練された映像の連続で、美しさに終始心を奪われたけど、視覚的なものだけでなく、彼らの仕事に対する情熱にも心を奪われて、かなり贅沢な映画だったm(_ _)m

    そしてリアーナが魅力的すぎました
    ジャスティンに対する印象悪くなった(笑)
    やはりファッションドキュメンタリーは大好きだ。待ちにまったこの作品、観たいもの、面白いものを見せてくれますようにと、祈りながら鑑賞。

    メットガラはヴォーグUSのInstagramで度々出てくるので存在自体は知っていたけれど、ハッキリとどういうイベントなのかは知らなかった。住む世界が違う人たちの衣装見せびらかしパーティでしょ、くらいのイメージしかなかった。が、明確な役割があり、メトロポリタン美術館の美術服飾部門の資金集めパーティとのこと。それはそれは、名だたるセレブが必要なわけですね。納得。

    そして、それには天下のアナウィンターが力を尽くしているのだもの、超高額ギャラのリアーナが低予算であろうと動かないわけにはいかないっていうのだから、震えるね。

    さて。もちろん服飾美術展ありきのメットガラなので、キュレーターのアンドリューボルトン氏の奔走が見もの。『鏡の中の中国』というテーマで中国美術の歴史と、それにインスパイアされたオートクチュールの素晴らしいドレスの数々のコラボレーションの展示の素晴らしさといったら……!また、デザイナーの多くが魅せられた『花様年華』のウォンカーウァイ監督が演出するという贅沢。完成された展示は鳥肌モノで、こんな刺激的な展覧会、ぜひ生で観てみたい欲求に駆られた。

    服飾はアートなのかといった問いや、中国との関係、ステレオタイプで間違った中国感にならないか問題、設営の遅れなど、様々な問題が出てくる中、その苦労を表に見せない素晴らしい結果を出す、プロの仕事に感動し、見たいものをキチンと見せてくれたこの作品に感謝。そして、一生に一度は行ってみたい場所のひとつに、メトロポリタン美術館を加える事にする。
    ドキュメンタリーだけれど、最後まで飽きることなく見れて、見終わる頃にはファッションはアートだと感じることが出来た。
    展示の仕方へのこだわりや、「鏡の中の中国」を開催するにあたって、なぜ現代の中国にスポットを当てないのかなどの中国側とのやりとりなど、見応えのある映画だったと思う。
    アナ・ウィンターがイメージ通りの人で、インタビューでも少し触れていたが、プラダを着た悪魔を見返したくなった。
    ソレイユ2にて鑑賞
    ここ最近頭の中で考えていたキュレーションのこと、オリエンタルなデザイン、工芸と美術、ファッションは芸術たりえるか…その答えを導いてくれる作品でこのタイミングで見れたことに衝撃を受けている。アナ・ウィンターの聡明さととウォン・カーウァイの詩的な世界にもう興奮が冷めない。そして何よりもMETのファッション部門に大きな拍手を送りたい。
    ファッションには疎い私ですが、とても楽しめました。

    ファッションが好きな人にも映画が好きな人にもアートが好きな人にも平等にオススメできる作品。

    まず軸になる「鏡の中の中国」展はメトロポリタン美術館が1年に1度装飾部門の予算集めに開催するメットガラパーティー。
    1席300万近くする!!
    セレブやハリウッドスターなどが様々デザイナーのドレスやジュエリーを見に纏い出席する。

    鏡の中の中国展の担当は服飾部門キュレーターの若きアンドリュー。
    後ろ盾にはVogueのアナ・ウィンター。
    監督はウォン・カーワイ。
    てかハリウッドやたら「花様年華」好きだよね。

    1つの展覧会の企画が8ヶ月前から進むとかそんな時間かけてやるんやー、と思ってたら最終的に36時間前にもまだ出来てない、とかマジか?!って感じなくらい錚々たる展示でしたよ。

    政治的にデリケートな問題もあると中国側のインタビュアーに指摘されたり(てかあんな対面で言うのか)もします。
    確かに今の時代中国の資本は大事だから波風立てたくないとか難しいところもあるやろうけど、チャイナ服であったり伝統の中国っぽい花柄やハッキリした色合わせのデザインにはとても憧れる。
    多分、それをオリエンタルと呼ぶようなリアルを知らない人は尚のことでしょう。

    この映画を見る限りとっても素敵で、古臭くなく、かといって変にアート過ぎる方向に触れてもない展示になってて、とてもいってみたくなった!

    そしてやっぱりその展覧会を素晴らしいものにしよう!とするキュレーター、デザイナー、空間デザイナーや当日案内係りとして駆り出されるVogue社員など色んな人が長い間世界中を回って最善のものを集め、最高に美しく見せようと努力する姿はカッコいい。
    パンツ丈のこだわりもさすが。

    そしてハリウッドファンにはたまらないガラパーティー当日の様子!!
    この日のためにデザインされた入り口、レッドカーペットを、まさにこの日のために準備してきたデザイナーの衣装を身につけ、歩くセレブたちー!!
    あんな人がいる!
    あそこあの人や!みたいな全員ウォーリー状態。
    ジョー・マンガニエロ&ソフィア・ベルガラ夫妻もいたからね!
    ヤバ過ぎるw
    これで300万円なら一般人には安いのではないか??

    特にズーランダーの2人には大爆笑!

    with エスカルゴさん
    はい来た、大好きなジャンル。
    NYメトロポリタン美術館で行われるファッションイベント、メットガラの企画制作〜デザイン施工〜運営計画〜本番を追ったドキュメンタリーで、なんだか自分事化せざるを得ない内容。
    とにかく終始感情がビンビンで、気を抜けばいつでも泣きそうな状態笑。
    ファッションデザイナーはアーティストなのか?ドレスメーカーなのか?というような議論は、どの階層にいても出てくる議論なんだなと嬉しくなった◎
    ビジネストップレベルの彼らが「ファッションはファンタジーでなくてはいけない」と話していて、そういう信念がないと新しいことを生み出したり、見るものをワクワクさせることはできないなと、日々の仕事と重ね合わせながら「ぴやぁぁぁーーー!!!!」てなった。
    >|