メットガラ ドレスをまとった美術館の作品情報・感想・評価

メットガラ ドレスをまとった美術館2016年製作の映画)

The First Monday in May

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:91分

3.9

あらすじ

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩…

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩する豪華セレブリティたち―。

「メットガラ ドレスをまとった美術館」に投稿された感想・評価

yume

yumeの感想・評価

3.7
ファッション好きとしてはとても楽しいドキュメンタリー映画!!
1つの展覧会、METを作るための深いファッションへの洞察と、企画。その仕事に誇りを持ってるディレクター素敵!
mei

meiの感想・評価

3.7
\ ファッション好きなら要チェック!/

世界最大のファッションの祭典【メットガラ】を追ったドキュメンタリー。

私も一応女の子なのでやっぱり綺麗なドレスに憧れます。今までは指をくわえて素敵なドレスの写真を眺めるだけだったので、画面越しにだけどメットガラの雰囲気が味わえるのが嬉しい!!

薄ーくは知っていたけど、メトロポリタン美術館の資金集めのためのイベントなのね。本作では2015年のメットガラ開催に向けて8カ月にわたる準備、そして当日の模様を追っています。

その年のテーマが「鏡越しに見る中国」と攻めたものだったので、企画展示担当者はてんやわんや!お疲れ様でございます!ちなみに主催者はファッション界の女王アナ・ウィンター(『プラダを着た悪魔』の編集長の元ネタ)。つ…強い。

ちなみに内容の3割ぐらいはアナ・ウィンターのドキュメンタリーです。笑
彼女ついてもっとよく知りたい方は『ファッションが教えてくれたこと』をオススメします!

「なぜ現代中国(がテーマ)じゃないのか」という中国関係者からの質問に「なぜなら(中国は)今は何もない」と言い切るウォン・カーウァイ監督かっこいい。ぐぅの音も出ない。笑

ギャラは高かったみたいだけどリアーナを呼んで良かったね!だってこの年のリアーナのドレスはスペシャル素敵でしたもん(*¨*)♡♡去年や今年のドレスもインパクトがあったけれど、やっぱりあの黄色のケープ付きドレス(重量25kg)には勝てません!オムレツ風ドレスと呼ばれてるのが悲しい。


ちなみに2018年のテーマは【カトリック】でした!ブレイク・ライブリーの着ていたヴェルサーチのドレスがゴージャス&エレガンスで印象的だったなあ。一度でいいから着てみたいけど……うん、どっかの国の女王にでもなったらにしておこう。←

けど一番はヴェルサーチの鎧のようなドレスを着たゼンデイヤ。圧倒的な存在感を放っていてすごく素敵だった。彼女の意志の強そうな眼差しと相まってまるで勝利の女神ジャンヌ・ダルクの様でした\( ¨̮ )/あれはゼンデイヤちゃん専用ドレスだ。


来年のメットガラも楽しみです♡
ファッションが好きな人、一流ブランドを着た一流セレブ達を拝みたい人にオススメです♪♪




【メモ】ベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンが『ズーランダー』の顔で登場した瞬間ニヤついちゃった♡♡もう大好き!
Nagisa

Nagisaの感想・評価

4.8
ファッションや服飾に興味があるなら勿論、直接携わってなくても美術を学んで創造している人は一度見たほうが良い
メトロポリタン美術館で行われるファッションの祭典「メットガラ」

アナウィンター本人が世間で思われているステレオタイプなイメージを否定的に捉えず、受け止めて彼女自身がそれを演出している姿勢はさすが
ウォンカーウァイの映画を全部観たくなった
m

mの感想・評価

4.3

こだわり抜かれた世界観が素敵(^^)♡

正直、メットガラがアナウィンター主催でメトロポリタン美術館で行われていること自体まったく知らなかったです…(笑)

地道な準備期間からの華やかな本番の大舞台とゆう、ファッションドキュメンタリー作品としては大好きすぎる構成!
仕事に対する熱意がクールすぎました!
shon

shonの感想・評価

5.0
アナのリーダーとしての揺るぎない判断力
美術館、博物館の仕事に関わる身として尊敬できるチームだった。
takita

takitaの感想・評価

5.0
幻想がなければファッションじゃない、お客ならまた来週来るわ、

このレビューはネタバレを含みます

『アートは絵画、建築、彫刻を指し それ以外は装飾美術として軽視されていた でもファッションも概念と審美性に満ち、究極の技術を要する アートの求める基準そのもの  服飾はアートなのだ』

洋服というより作品に近い、あんまり触っていると壊れてしまいそうな緻密で繊細なドレスたちが劇中にはたくさん出てきた。素晴らしいというのは知っていたけど、まだまだ遠くから眺めてたんだなと気が付いた。
こんなに巧みな技術が表現されてるって...職人技というか...、もっと高い存在......。細かな刺繍も全て美しく飾られて これが人の手作業だと思うと思わず息を止めていた。

このような大規模な展覧会の裏側、制作サイドを知ること面白い!いつもは完成されたものを見て「すごい展覧会ですね!」って感想しか出なかったのが、これだけ苦労して妥協を許さず何千人もの人間が動いたから出来上がったんだ......って感動がものすごく込み上げてくる。素晴らしい。

王家衛出演ということで鑑賞しましたが、花様年華でのチャイナドレスがこの世に存在する最も美しいチャイナドレスと評されていて やっぱり彼の美的センスは素晴らしいものなんだと改めて実感。

ガリアーノの気取っていない感じ、カールラガーフェルドの博識さ、グオペイの緻密さ、ボルトンのインスタレーションテクニック、アナウインターの気高さ、美しさを知ることができた、自分にとってバイブル的な作品
キムカーダシアンめっちゃケツでかい
こういうきらびやかな世界が好きです。どっちかっていうときらびやかの裏側だけど。
早川

早川の感想・評価

4.1
メットガラの裏側が見れて良かった。開催日が近づいていくにつれてこっちまでハラハラした。アンドリューボルトンが魅力的。
>|