• Filmarksトップ
  • メットガラ ドレスをまとった美術館の感想・レビュー

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

The First Monday in May

上映日:2017年04月15日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:91分
    監督
    アンドリュー・ロッシ
    脚本
    アンドリュー・ロッシ
    キャスト
    アナ・ウィンター
    アンドリュー・ボルトン
    ウォン・カーウァイ
    ジョン・ガリアーノ
    ジャン=ポール・ゴルチエ
    カール・ラガーフェルド
    リアーナ
    アンドリュー・ロッシ
    あらすじ
    2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩する豪華セレブリティたち―。

    「メットガラ ドレスをまとった美術館」に投稿された感想・レビュー

    Toshi
    Toshiの感想・レビュー
    2時間
    -
    西欧から見た中国は鏡の背面にある存在感、イメージの違いを観ることが出来る。ファションショーは虚像を追及しているのだろうー
    kimnorah
    kimnorahの感想・レビュー
    12時間
    4.0
    さすがアナ ウィンター。凄い手腕を発揮するアメリカ人の好例。あの男性も。
    アメリカンヴォーグのエディターさん達の仕事振りも面白かった。カメラ回ってない時もあんな感じなのかな。
    chanmiwo
    chanmiwoの感想・レビュー
    14時間
    4.8
    死ぬほど良かった!
    まず目で楽しすぎて、なのにこの苦労とかそれぞれの立場とか考えとか、創り上げる楽しさと辛さがもう。

    ファッションとかクリエイティブ系の仕事の人ならより楽しめるかも。
    映画というよりドキュメンタリーだけどスクリーンでもう一回観たい。
    Ryo
    Ryoの感想・レビュー
    16時間
    3.0
    前半寝むくて仕方なかったけど、後半ばたばたし始めて、目が離せない程楽しくなる。
    ひこうき
    ひこうきの感想・レビュー
    17時間
    4.4
    かなり内容の濃い映画だった。
    題材がファッションと芸術という、私の関心にごく近いところにあったこともあり、考えさせられることが多く、一瞬で時間が過ぎた。

    ファッションは芸術足り得ると私は思う。
    しかし、世間では軽く見られがちであることや、それが故に生じるポリティカルコレクトが展示の障害となるという現実は、こうした裏側を見なければ決して気づかなかっただろう。

    作り手の意図や想いを感じさせる箇所が目立ったように感じるが、わたしの考えとそう遠くなかったので不快ではなかったかな。
    監督は絶対ジャスティン・ビーバー嫌いだと思う(笑)

    ファッションの芸術性と商業性という一見相反する要素を、1つの形に落とし込むことが出来ることがアナ・ウィンターの凄さというのが納得。

    就活中であることもあり、仕事とは、という面にもかなり意識がいった。
    働くことの大変さも感じたけど、楽しみにもなったな◎

    いろいろ書いたけど、とにかく出てくる人が豪華なので、それを目で追うだけでも楽しい。
    piper
    piperの感想・レビュー
    1日
    4.0
    キュレーターの喜びと苦悩を垣間見ることができる贅沢な時間だった。

    ドキュメンタリーという映像作品を介しての間接的な手段であっても、展示対象の作品、空間演出、関係者の仕事の素晴らしさの一端を感じる事ができた。

    生粋の欧米人達が中国をテーマにとかチャレンジ過ぎるけど、バズ・ラーマンが良い感じでバランサーになったりしてて素直に素敵だと思った。

    アンドリュー・ボルトンが映る度にデヴィッド・ボウイを連想してしまった。苦悩してる場面はあったけど、あらゆる側面でパーフェクトなバランスで敬服。

    アナ・ウィンターについてはプラダを着た悪魔よりもこっち、てか本人だから当たり前だけどw
    こんなボスと仕事できたら毎日エキサイティング過ぎる。

    ジョン・ガリアーノと一緒に展示を観て回れるとか、羨まし過ぎて震えた。

    繰り返し観たくなる作品。
    KExit
    KExitの感想・レビュー
    1日
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    映し出された衣装の美しさに息を飲んだ。カール・ラガーフェルドは否定していたけど、確かにファッションは芸術になり得ると思った。ファッション・ショーに出てくる衣装で、凡人には理解出来ない作品があったりするけど、それは一つの芸術として鑑賞するものだと改めて理解。

    展覧会・パーティの運営について、相当な信念を持たないと心折れそうな面倒臭そうな出来事がたっぷり。特に政治的問題を孕んでいるということで、実際記者がそこばかり焦点を当てて攻撃しようとしてきている。揉め事を避けようとする過剰な配慮によって、結果つまらなくなってしまうことが世の中にはいっぱいあるんだろう。
    そんな中、アンドリュー・ボルトン、アナ・ウィンター、ウォン・カーウァイ監督の切り返し方はさすがだった。

    アナ・ウィンターは、冷酷で高圧的という言い方をされることが多いけど、実際あれだけのことを管理し、自らの名前を出して責任を担っているのだから凄いと思う。メトロポリタンの関係者が途中、「たった1晩でこんな大騒ぎ」と運営金を集めて貰っていながら言っているのが信じられなかった。
    ウォン・カーウァイ監督も、冷静でズバリ核心を突く。よく言う監修というのがどこまで何をしているか不明だったけど、あそこまで運営に関わっているんだ、と驚いた。途中で言う台詞、「情報が多すぎるのは、何もないのと同じだ」という言葉が響いた。
    Minita
    Minitaの感想・レビュー
    1日
    3.5
    セレブリティが集うメットガラのオープニングパーティーよりもむしろ展覧会の準備過程により焦点をおくドキュメンタリー。
    華やかな舞台裏で奔走するプロの仕事ぶりに痺れる「ディオールと私」に通ずる面白さ!『鏡の中の中国』展準備にキュレーターが直面する問題の数々。ファッションはアートか?商業的成功と芸術の尊重の両立。毛沢東の扱いにナーバスな中国との折衝。
    KiyoTachibana
    KiyoTachibanaの感想・レビュー
    1日
    3.5
    2017/4/26
    @シネリーブル梅田

    衣装をまとった、セレブ達が一同に集まる様は
    圧巻!

    中国4000年の歴史から、何を立ち上げて、現代の中国をファッション、アートと表現していくのか、別テーマとして興味あり。
    olly
    ollyの感想・レビュー
    1日
    3.5
    流石はメトロポリタン美術館の服飾部門キュレーター+ヴォーグの編集長。ストイックofストイック。
    プラダを着た悪魔を彷彿とさせるようなシーンもいくつか入ってて、ふふふっとなる場面も。

    映画の本筋ではないけど、西洋で作られた中国的イメージに如何に差別的でなく、押し付けでも、政治的でもない「ファッション」として認識させるか。オリエンタルな国に無い感覚。良い。
    >|