メットガラ ドレスをまとった美術館の作品情報・感想・評価

メットガラ ドレスをまとった美術館2016年製作の映画)

The First Monday in May

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:91分

3.9

あらすじ

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩…

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩する豪華セレブリティたち―。

「メットガラ ドレスをまとった美術館」に投稿された感想・評価

ゼミで鑑賞。ゼミにいててもこの作品を観ても思うけれど、わたしはやっぱり服飾という文化が好き 「洋服と経済を切り離して考えるのは不可能だから洋服は芸術ではない」みたいな意見がこの作品中でも登場したけど、それでも誰かが「これは芸術だ」と言い出してしまう魔法のような魅力が洋服にあるのだとしたら、それはそれでほんとうに素敵な話だよなあと思った
u

uの感想・評価

4.0
美術館は素晴らしい、なぜなら、わたしの知らない世界へ連れていってくれるから。ありとあらゆる新しい五感を与えてくれるから。
YP子

YP子の感想・評価

4.5
服飾デザイナーを目指して、服飾専門学校に行っていた私としてはこれほどトキメク資格の映画はありません。

渋谷での上映を見逃して、沖縄のミニシアターで観賞。



メトロポリタン美術館服飾部門の資金集め大大式典.
メットガラ。
数ある“ガラ”の中も有名だよね。
だって主催は米国VOGUE誌の編集長アナ・ウィンターだもの!
毎年話題を集めるファッション界最大のイベント。

アナとキュレーターのアンドリュー・ボルトンを中心に2015年のメットガラ開催までの8カ月を追ったドキュメンタリー。

この年のテーマは「China: Through the Looking Glass」(鏡の中の中国)。
トム・フォードやディオールが中国のアートに刺激を受けてデザインしたドレスも展示。その美しさったら、タメ息ものです。

ウォン・カーウァイ、ジョン・ガリアーノ、ジャン=ポール・ゴルチエ、カール・ラガーフェルドなどの出演や、もうキラッキラに輝いたセレブがガラを堪能しいる映像も多数。
一番のキャッチとなってるリアーナの登場シーンはもう圧巻。
最高すぎます。


中国をテーマにしてのオートクチュール。
これ以上ないほどの美しい装飾やオリエンタルな空間。
40人以上のデザイナーによる150点以上の服飾を展示。
映像越しでもオートクチュールのその手仕事の素晴らしさは感じる事ができて、本当に素晴らしかった。
この作品はキュレーターやアナが主役だから作品がそこまでものすごく詳細には映らなかった(ような気がする)けど、大満足。

そして企画側の大変さもこれまた痛いほど伝わってきました(笑)
ファッションショーとかやったことある人なら分かるはず!(笑)あっちこっちで“選択”の嵐でもう頭がぐっちゃぐちゃになるんだよね。
こんな規模の企画はそりゃもう大変だろうよ!と思ってハラハラしながら目を離せなかった!
アンドリュー、素晴らしい!


もうこればっかりは、百聞は一見に如かずってことでファッションが好きな人は絶対観た方がよいと思う!
目がキラキラしちゃうこと間違いなし!
m

mの感想・評価

-
美術館はひとつの世界
ひとつの都市です

人は文化的経験を積み
自分たちについて学び
生きるための旅を続けていく
派手なアナウィンターに目が行きがちだけど、1番美しい仕事をしているのは地味な美術館のキュレーター。

あんな荘厳な美術館でファッションショーのようなパーティをやる。その発想がぶっ飛んでる。
Taka

Takaの感想・評価

4.0
アナの仕事ぶりが素晴らしくて毎度脱帽。繊細かつ大胆。センスの塊。シノワズリな世界観が、変な懐古趣味でなく煌びやかに表現されていて素晴らしかった。ファッション、て何。って考えることもひとつの面白味。
他の文化を表現するということには思想的な意味合いも併せて危険が伴うと思うけれど、表現された側があらためて自国を見つめることもできるのでは。

アナとメトロポリタン美術館の人々がもし日本を表現するならどのような形にするのか見てみたい。
アナは伝説的な人物になりつつあるけれど出来るだけ長く彼女の活躍が見たい、と強く願う。
necococo

necococoの感想・評価

3.8
メトロポリタン美術館のファッション部門、学芸員のアンドリューを追ったアートドキュメンタリー。
アナ・ウィンターが指揮を執るファッションの祭典メット・ガラと同時にお披露目になる「China: Through The looking Glass" -鏡の中の中国-」展公開に向け、スケジュールぎりぎりな中調整に走り回るアンドリュー。
彼から滲みだすファッション・アートへの愛情、この企画を成功させたいと願う情熱がじわじわと周りを巻き込んで行く様は観ていてほんとうに清々しくて、一生懸命何かに想いを傾けることの大事さと尊さを思い知らせてくれ胸打たれます。

企画の「舞台裏」を覗ける楽しみもありながら、何か大きいことを成し遂げるための調整の難しさやお互いに譲れないことは何かをすり合わせていく意識合わせの大切さ、そして何よりやっていることが「ビジネス」として成功することを前提としたプロ同士のクオリティの高さとプライドを賭けた闘い。リアーナを筆頭にセレブで溢れたパーティの様子も観ていてうっとりしてしまうほど豪華絢爛できらびやか!
こんな諸々が随所に盛り込まれドキュメンタリーとして完成度も高く想像していた以上に内容が濃くて充実した映画でした。

観に行った直接の要因は「China: Through The looking Glass" -鏡の中の中国-」展の美術監督がウォンカーウァイだったこと!!
花様年華の美意識を張り巡らした展示、、観て見たかったなぁ(泣)
「見過ぎるのは見ないのと同じ」の言葉が胸に刺さりました。

アート・ファッションが好きな人は勿論、そうでない人にも広くお勧めしたい作品。
AkiAmano

AkiAmanoの感想・評価

4.2
アンドリューの静かにそして内に秘める燃え上がる思いが素晴らしく、アナの即決さにもはやえ、いいの?ほんとにいいの?となってしまうほど。
かっこいいです、プロ意識がすごい。

美しい服に妥協を許さない空間造り
吸い込まれるような映像ばかり。

見応えあったなぁ。

ファッションは私にとってはアートとして通用するものだと思うし、そうであってほしい。
個を表現するものであり、時代や文化を色ごく表すものだと思う。
slow

slowの感想・評価

3.6
メトロポリタン美術館服飾部門の活動資金調達を目的として行われる、年に一度の美の祭典「メットガラ」。そして本展覧会「鏡の中の中国」開催までの舞台裏に迫ったドキュメンタリー。
続々と集まってくるセレブやハリウッドスターらと、名だたる一流ブランドとの共演。そして芸術的価値、評価を得たファッション史に名を残すドレスの数々と、展覧会のテーマである「西洋にとっての東洋」のイメージも興味深かった。映画との関係性も強く、ウォン・カーウァイ監督が企画に参加したことでも話題になった。
それにしても、企画するイベントのスケールには驚くばかり。指揮をとった2人、敏腕キュレーターのアンドリューの仕事への情熱と、米ヴォーグ誌の編集長であり美術館の理事でもあるアナの変わらないバイタリティーには感服した。
あき

あきの感想・評価

4.0
なんて美しいんだろう
人間のつくりだすものってすごい

見惚れるドレスがあふれんばかりでてくる
素晴らしい映画

展覧会の難しさやキュレーターの仕事も垣間見れる
とてもいいドキュメンタリー
>|