メットガラ ドレスをまとった美術館の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • メットガラ ドレスをまとった美術館の作品情報・感想・評価

メットガラ ドレスをまとった美術館2016年製作の映画)

The First Monday in May

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:91分

3.9

あらすじ

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩…

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩する豪華セレブリティたち―。

「メットガラ ドレスをまとった美術館」に投稿された感想・評価

き

きの感想・評価

4.8

ファッションは間違いなくアートだと思った。

そして何よりもグオペイのコスチュームが美しすぎた。
天才デザイナー達の声が聞けるのも良かった。特にジョンガリアーノ。

中国側の苦言に対してあの人には1949年以前が存在しないのねみたいな事言ったりするアナやアンドリューがすごい格好良く見えた。常に正しいとこ突く感じが。アナウィンターはとんでもなく素晴らしい人。
めぐ

めぐの感想・評価

3.0
リナーー!ア
mononcle

mononcleの感想・評価

3.5
メットガラと企画展の準備風景をデザイナーの視点ではなく、プロデューサーとMET(メトロポリタン美術館)のキュレーターの視点で描かれているところが興味深い。一晩で数十億を捻出するメットガラ観覧の配席へのこだわりなどは、アートとビジネスのバランスを考える上で必見である。L.P.ゴルチェ、J.ガリアーノ、K.ラガーフェルトなどの登場。そして、展示ディレクターにウォン・カーウァイを依頼するあたりMETの見識の深さが窺える。そして、あらためてアレクサンダー・マックィーンの喪失はファッション界にとって大きいものであったことがわかる・・。
1号

1号の感想・評価

3.9
めくるめくきらびやかな世界、だけでなく、支える人の努力、プロフェッショナリズムを知ることができる。
ファッションの天才たちの仕事は目に楽しく、ため息が出る美しさだし、この世界に興味がある人には間違いなく一見の価値あり。
yu

yuの感想・評価

5.0
わざわざ仕事終わりに観に行った映画。
ファッション好きにはたまらない。
ドキュメンタリー式の撮り方って好き。

とにかくリアーナのレッドカーペットのシーンに惚れる。❤
いちご

いちごの感想・評価

4.8
ファッションアートを研究しているので興味があり観た。私は、ファッションはアートだと思っているが、まだ賛否両論ある分野だと思う。この映画を見てファッションはアートだと認識する人が増えたら素晴らしいと思った。メッドガラの映画ではなく、裏方のドキュメンタリーである。その通りだと思った。ファッションショーであり、パーティーであり、展示会であり。 様々な分野が融合して、それを美術館で行うというのが胸熱。
インスタレーションとのコラボも最高だし、ドレスを着た歌手に実際にステージで歌ってもらう演出も素晴らしいエンターテイメントだった。
アンドリューのスーツの着こなしに惚れる。
キモリ

キモリの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

マックイーンも、ガリアーノもほんと素人目に見ても、見てて楽しくなる服創るし、演出も良いよね。メットガラの裏側が見れて面白かった。アナ・ウィンター女史も昔より丸くなったような印象(笑)。キュレーター、アンドリュー・ボルトンの髪型が良いな、どことなくデヴィッド・ボウイに似てない?なんて思いながら楽しめました。
yoji

yojiの感想・評価

3.9
05.Aug.2017.キネマ旬報シアター
岡谷

岡谷の感想・評価

3.6
こんなにも人間の近くにあるのに、自分は服飾を芸術と捉えたことが無かったな、と再認識した…。奥深い世界だ。
>|