皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグの作品情報・感想・評価

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」に投稿された感想・評価

ポスターに踊る「胸熱。」の文字、そういう映画だよ。ポスターに胸熱。って書いてあるの、ウケるな。ウケるか?
nyoloner

nyolonerの感想・評価

4.3
わがままボディなイタリア男版レオンと言いましょうか、体はおっさん、中身もおっさんなシャザムとでも言いましょうか。

これ、めっちゃ好きだー!




孤独なチンピラおっさんエンツォがかわい過ぎる。その歳で恋に不慣れか!想像力まるでなしのデパートのくだり、顔がだらしなくデレちゃってるのが可愛い。アレッシアにがっついちゃうのもなんだかんだで可愛いのだ。

強いのにしょもないことに力使うのが、ATM?シャザんでる?って感じでダメダメなおっさんなんですが、徐々に、孤独だったけど愛を知り、力を他人のために使うことに目覚める、という流れがとても良かった。

強いっていっても、怪我もするし、頭蓋骨グシャァいってるところがクールじゃなくて逆に親近感湧いた。終盤もキャップとアイアンマンみたいな、シャザムとマーク・ストロング(役名忘れた)みたいな戦いなんだけど、パーカーのおっさんだもんね。でもカッコよかった。

一生懸命編んでたの、それなんだ。妙にハイクオリティ!そしてビルからジャンプ!シャザムか!




あ、思い出したからメモメモ。
久々のイッヌがぶがぶ。犬種はロットワイラー、なかなか強い犬です。が、ちょっと見切れすぎて迫力はイマイチだったかな。
監督の談話でパートナーが主人公を援護するのはミッチーがビッグシューターを駆って腕が飛び出すババンバンへのオマージュと聞いてそれはすごい!と感心すると同時にいやわかんねえよとw
初めと終わりで主人公の顔つきがまったく変わるのが印象的でした。ところどころソレ要る?て描写が好み分かれると思いますが、そんなところも永井豪スパイスと思うと全部許す
POKYO

POKYOの感想・評価

4.2
超能力の使い道が私利私欲を満たすことという等身大の底辺主人公が、知的障害持ちのヒロインと恋に落ち、なんやかんやで真のヒーローとして目覚める話。2あったら観る。

人間って自分のことは簡単に裏切れるけど、自分に期待してくれていたり愛していてくれたりする人間は裏切りにくいと思います。他人に応えるために立ち上がるって王道だけれども感動しますね。たとえラストバトルがいまいちしょぼくても名作です。
shiro

shiroの感想・評価

3.0
待て待て、私は一体なぜこの映画を見ようと思ったのだ?
〜日本のアニメをモチーフに作られたイタリア映画、SFアクション、『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』〜
面白そう!!
ワクワクして見始めたのだが…?
うーん、これ面白いのか?と思いつつも…
2度の挫折を乗り越えてちゃんと最後まで見たのは、興味をそそる出来事がひょいひょい起きて、結局気になっちゃった。
エンツォがヒーローにあるまじき、頭悪い、人でなし、でも純情という、街のチンピラとしてはリアルな人物像。
そんなエンツォがヒーロー魂に目覚め、めちゃくちゃ気持ち悪い(誰この役者さん?)ジンガロとの死闘に突入。
何だかんだ、頑張れ!負けるな!と応援してました。危なっかしいヒーローだな、全く。
YellTao

YellTaoの感想・評価

1.5
鋼鉄ジーグって、本当にあったんだ!
映画の中の架空アニメかと思ってた!
とかって、感動してたのに…。

ただの中年独身男性の生々しさとかは別に良いとして、アリッシアの登場から嫌な予感がしてたんだよね。
いつの時代だよ⁉︎ 2015年なのに女性をあんな風に描いたの⁉︎ しかも女優賞⁉︎って、大ショック⤵︎⤵︎⤵︎
フィッティングルームのとこから、もう無理アウト。気分はダダ下がりーー⤵︎。例えとかじゃなく、鑑賞後もしばらく本気で気持ちが悪かった。

ファンの方と同じようにヒーロー感をアゲて観たかったけど、アリッシアの描き方が頭を離れず⤵︎⤵︎⤵︎
唯一ハマった、クレイジーというよりお馬鹿なジンガロだけの加点にしときます。
ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.1
イタリアではもっとも有名なダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で2016年に最多7部門を受賞した作品。
永井豪さん原作の日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」がモチーフとなっていますが、原作は名前しか知らないけど、楽しめた。
日本のアニメが、イタリアでも根付いていたとは嬉しい限りです。

主人公は街のゴロツキでダメ人間。
悪役はもとより、ヒロインまでもイカれているという個性的なキャラの設定が面白い。

チンピラが、ヒーローに成長する姿は共感できる。
今は誰も振り返ってもらえないような立場であっても、いつかは他人を見返したい。
ダメ人間であっても他人から必要とされたり、期待されたり、愛されれば、ヒトは変わるもの。
そんな人間の本質を描いた作品。

ヒーロー作品というよりはヒューマンドラマ。
シャマラン監督の「アンブレイカブル」とどことなく通じるものがあるような、いや無いです。
Blu-ray貰ったので観賞。

白のスマフォらしきものを間違って買ってきた弱そうなやつがいつ消されたかわからなかった🤪
ぼり

ぼりの感想・評価

2.7
ヒーローもののイロモノ

アングラですら半端者の主人公が突然手にするスーパーパワー

イタリア治安悪い
扇

扇の感想・評価

1.4
ヒロインが主人公(イタリア人のおじさん)のことを「ヒロシ!」と呼ぶ度になんで俺がこんなこっぱずかしい気持ちにならなければいけないのだという被害者意識に全て持っていかれた。
>|