皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグの作品情報・感想・評価

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ2015年製作の映画)

Lo chiamavano Jeeg Robot/They Call Me Jeeg Robot/

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリ…

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリネッリのスター俳優が共演。

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり 力を手に入れて一番さきにするのは強盗なのかな?

マーベル見馴れてるとかなり衝撃的だけど、これがリアルか?



誰も 鋼鉄ジーグと呼んでない事が良い。
教授から借りたのを催促されて観る羽目に
アクションはハリウッドには勝てないんだから平凡をやるなと言いたい
長所を挙げるならコントラストの高い映像に惚れました
bopapa

bopapaの感想・評価

3.0
2018年 119本目

「変なタイトル〜!何だソレ?」で逆に気になってた奴。鋼鉄ジーグってのは僕が2〜3歳の頃に放映されてたアニメだそうですね、全然知らなかったわ〜。で、それの実写なの?そうでは無いの?みたいな不思議な映画でした。


ところで本日関西では大きな地震があり大変でしたが皆さん大丈夫でしたか?神戸から京都までの全ての道が通行止めになったので、京都へ向かう仕事が延期になり、もうこれは無理だわ!と割り切って休みにして映画観てました。

スーパーヒーローの話は話なのですが、イタリアの映画という事でMARVEL作品みたいな爽快な起承転結がある訳でもなく割とダークで血が多めで変なエロスも有り。

この流れだとどうやってオチつけるのかな〜と思ってたら後半にかけてちゃんと真の悪役が登場してくれてひと安心。主人公だけが強すぎるとただのヒーロー無双になってしまいますもんね。

単体としても面白かったですが、この流れだと続編が作られるかも知れませんね。アイアンマン1やトビー・マグワイア版のスパイダーマンみたいに、ヒーローの初期はデザインダサいけど、それが逆にカッコ良い。みたいなのは素敵。
そもそもイタリアでなぜ鋼鉄ジーグっていう疑問。物語はハリウッド映画のスーパーヒーロー物に馴染んでいたら中盤以降はすんなり入ってくるような起承転結な流れ。ラスボスのキャラ付けがかなり唐突過ぎかな。ラストはスパイダーマンっぽい終わり方で笑った。
鋼鉄ジーグを観た事はないけれど
とても面白かった!
子悪党なおっさん(ヨーグルトを食べながらポルノビデオを観るのが趣味)が不思議ちゃん(おっぱいがキレイ&ジーグ例え話が上手)に出会って、本当のヒーローになる!ってサイコーじゃないですかっ!

悪役も兄弟分を犬に食べさせたりとドイヒーだし

自分勝手なセックスはやめようと心に誓いました~
え?冒頭のオヤジが主人公なの?もっとイタリアンダンディーなイケメンが主役では?などと訝しげに観始めたけど、ベタい展開にすんなり盛り上がります。観終わる頃には、このオヤジだから良いんだよ!てなるし。
イタリア映画、鋼鉄ジーグ、ちょっとダサ目な邦題、イタリアで賞を総ナメ。前からずっとジャケットを見て変な違和感を感じながら気になっていた作品です。

大体こういった違和感を感じた時は、吉と出るか凶と出るかで、思わぬ良作に出会えるチャンスでもあります。

ーーーーーーーーーー

主人公のエンツォはアウトローで、くだらない犯罪を請け負ってその日暮らしの毎日。そんなエンツォは警察から逃げている最中、川に不法投棄された放射性物質が入ったドラム缶に浸かってしまい、著しく体調を崩してしまいます。

エンツォは体調を崩しながらも、自分の身体の異変に気付きます。ビルから落ちても傷がなく、拳の力は鉄の扉も打ち抜くのです。

エンツォはその力を犯罪に使いました。その怪力でATMごと盗んだり、単身で現金輸送車を襲撃したりし、その異様な犯罪の動画がネットに流れ、"スーパークリミナル"として一躍有名になります…

ーーーーーーーーーー

汚染された廃棄物をかぶって超人になるところは「悪魔の毒々モンスター」みたいだなぁって思ったんですけど… 「スパイダーマン」でクモに噛まれたっていう方が分かりやすいですよね。

ですから見方によれば、MARVELやDCコミックのダークヒーロー作品みたいに見れなくもないのですが、気持ちシリアス路線でアクションは少なめですからアメコミ感覚で観ると、期待を裏切られるかもしれません。

肝心の"鋼鉄ジーグ"の件ですが、僕が見たところ「別に鋼鉄ジーグじゃなくても」って感じです。僕が期待した以上に、鋼鉄ジーグとしての哲学を感じ取れませんでした。そもそも鋼鉄ジーグに哲学なんてあるのかな? 作者が「鋼鉄ジーグが好き」という理由だけで用いられたのならば、それはそれで微笑ましい気がします。

僕が一番驚いたのは、「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」というダサ目の邦題。この邦題がオープニングクレジットで、日本語のままパッと画面に出てきた時の、
「それ、原題やったんかーーい🥂」
っていう驚き。そこが僕のピークだったと思います。

映画を観て「吉とでるか、凶とでるか」なんて、本当蓋を開けるまで分かんないですよね。でも、イタリア映画なんて観るの初めてだから、それはそれで"吉"になるかも。
kakkoka

kakkokaの感想・評価

4.8
最高。クールにアツい。

タバコ吸いながら大好きなヨーグルト食べながらAV見るのが生きがいの最底辺の男が
怪力の力を得る。その力で最初にやったことがATM強盗。あ〜〜〜なんて等身大のスーパーパワーなのか。でもそのスタンスが最後には義務的な正義感じゃなく、真のヒーローになるからマジカッケェ。

そして美意識高いヴィランとのステゴロ勝負のアガりっぷりすごい。この映画の好きなシーンをひたすら語る会やったら一晩あかせそう。
ストーリーは王道のヒーロードラマ。
「スパイダーマン2」とか「ダークナイト」とかをはじめとしたヒーロー物の3部作の2作品目ででテーマになりがちな「ヒーローがヒーローとして生きていく覚悟」みたいなのを1作品完結でやってる感じかな。 でもラストのスタジアムの格闘シーンとかは日本の特撮シリーズでよくやる演出だし、「レオン」とか「マジカルガール」にもちょっと似てる。なんだろうとりあえずジャンル分けは出来ないっすw
この監督すげぇ映画好きなんだろうなって思いましたw
一つ思ったのはエロ グロ多めなのは嬉しいんだけどちょっとテーマが霞むよね...
ねむ

ねむの感想・評価

3.7
先ずタイトルのフォントがフラットや…。
かっこつけないなぁ。(褒めてる

主役、素っ裸で寝てるのに靴下履いて…!
そして自分の身体の変化に気づくまでの一連の流れショック強め…。

そこから中盤にかけてのバイオレンスな流れも私クラスにはホラー…😭😫(弱
こ、こ、怖い…
なんで観ちゃったんだろ…と、思いましたが

最後の最後で、なんかちょびっとだけ泣きそうになった。
悪いことしても悪い人間になったみたいに見えても分かれ道あるなって思った。

自分のこと信じてくれる人がたった一人だけでも存在するなら、ひとって何をすべきかちゃんと選ぶんだ。

正しいと思うこと、弱い存在、自分の意思、誰かのこと、そういうものを守るという胸の中のスイッチが入るタイミングって そういえばいつなんだろう。

追記
主役のヒロシみたいな鷲鼻、今まであまり好きではなかったのですが、見ているうちに矢印みたいでイメージが好転しました。
あと、自分が思ってる『グロい』はどうしてもエイリアンとか未知なる生物が誕生する様とかなので、身体的な欠損などを一般的にグロいと表現するんだと理解するのに まだもう一秒はかかってしまう🙄
>|