ハルチカの作品情報・感想・評価

ハルチカ2017年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:118分

3.0

あらすじ

恋じゃない。けど―友達よりもトクベツ。 音楽を通して重なり合う、二人のまっすぐな想い。 ちょっぴり頼りないけど気の優しい美男子のハルタ(佐藤勝利)と、真っ直ぐな性格で負けん気の強いチカ(橋本環奈)。小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだった二人は、高校入学式の日に運命的な再会を果たす。 入学後、ずっと憧れていた吹奏楽部に入ろうと心に決めていたチカ。しかし、吹奏楽部はな…

恋じゃない。けど―友達よりもトクベツ。 音楽を通して重なり合う、二人のまっすぐな想い。 ちょっぴり頼りないけど気の優しい美男子のハルタ(佐藤勝利)と、真っ直ぐな性格で負けん気の強いチカ(橋本環奈)。小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだった二人は、高校入学式の日に運命的な再会を果たす。 入学後、ずっと憧れていた吹奏楽部に入ろうと心に決めていたチカ。しかし、吹奏楽部はなんと廃部寸前の危機だった!大好きなフルートを諦めきれず、チカはホルン経験者のハルタを巻き込んで部員集めに奔走し、コンクール出場という一つの目標に向かってひたむきに突き進む。そんなチカの姿を見て、ただの幼なじみだったハルタのチカを想う気持ちに、少しずつ変化が生まれ始める。それに合わせて二人の関係も動き始め……?

「ハルチカ」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

予告見て、ただただ橋本環奈ちゃんと佐藤勝利くんの顔面と絡みを観るためだけに選んだ作品。
簡潔に言うなら、橋本環奈ちゃんに本気で叩かれ橋本環奈ちゃんを容赦無く叩く仲間感最高〜!
マジで語るなら、3点言いたい。
1、檜山界雄役清水尋也くん
顔面の破壊力マックスW主人公と共に青春を送る脇役として選ばれ、実力抜群わけあり不登校になる吹奏楽部元部長を演じる。
君は最高か??めっちゃイケメンってわけでもないのに、動きを見てしまうのは身長が高いからだけではないはず。
彼の影ある横顔も、ラスト青空を背景に上(にいるチカちゃん)を見上げる君の横顔も、片桐と野口の間に入って諭すように背中を押す君も、「チカならやれるよ」と声だけ出演の君もどれも最高だったよ…(あしたのジョー風)惚れたよね。調べてみたらソロモンにも出てる彼やった。あの作品も君に惹かれてたの思い出したわ。好きだ、
2、CMですか?
いやいやCMですか?冒頭から転句から。制服姿で走るチカちゃん。泣きながら、髪の毛をほどきながら走るチカちゃん。海辺で走るチカちゃん。風に吹かれるチカちゃん。美しすぎんか?いや主にハルタとチカの顔面をピックアップしてる作品になってるけど、こんなに画面を切り取りたくなる映画ある??ここにある。この映画の一番の魅力は「絵の美しさ」だと思うよ。
3、学生がつくった作品
途中で急にはじまるミュージカル風練習描写。どうしたどうしたァ?唐突に学生が作るMVみたいなクオリティなるから焦る。でもみんな楽しそうだね…。(界雄くんも踊ってたから)いいと思います。あともう一つの意味もあって、この作品、圧倒的に「大人」が介入してくるシーンが少ない。親とか、行きつけの店人生相談マスターみたいなのが出てこなくて、出てくる大人が学校の先生のみ。その「大人」役の日下部先生も、「生徒の自主性を重んじて」あえてチカちゃんに吹けてない事だけ伝えて自主練させたり、余計な言葉をかけずに目線で伝えたりと生徒だけで部内をまとめさせてて良かった。青春ってこういう事だよな。悩んで喧嘩して自分たちで考えて乗り越えてそこに大人の介入はいらんと思うのですよ。入った所で言う事聞きませ〜んって感じよな。知らんけど。
これだけ語れるくらいには気に入った作品だった。御都合主義から始まったメンバー集めやけど、途中からまぁまぁ現実的で。でもそれを乗り越えて大人になってくって思う。最後、何回も始まり繰り返したハルタは強いな。挫けなかったチカちゃんも強い。橋本環奈ちゃんの瞳とかみんながチカちゃんを見上げるところとか、何回も見ちゃうくらい好きなラスト。佐藤勝利くんが楽器吹く姿どえら萌える。あと小出恵介の笑顔な…。ハルタの険しい顔からの笑顔でチカも笑顔になる締め方最高。最高な気持ちで観終わった。
観終わってから見た予告はこれでもかってくらい最高な所しか予告されてなかった。
廃部になりかけてる吹奏楽部を復活させたいチカちゃんと、それを支える幼馴染のハルタのお話。顔面人間国宝のようなメイン2人なので、どこを切り取っても綺麗で可愛らしいのですが、ストーリーがゆるゆるというか…敵だったやつはすぐに仲間になるし、何か理由がありそうなやつもすぐ仲間になる。とにかく展開は早い割りに変なとこで長引いたりと…誰にも感情移入できないままでした…
個人的には、父親の仕事を引き継いだ男の子の設定がすごく面白かったから、あの子をもっと話膨らませて欲しかったなぁ。
まぁ、うだうだ言いましたが、顔面が綺麗なお二人が主演なので最高でした(?)
7se

7seの感想・評価

1.0
『ハルチカ』

お気に入り度:★(1.0/5.0)
鑑賞方法   :DVD

http://xxxchumsxxx.blog.fc2.com/blog-entry-98.html
まぁ

まぁの感想・評価

4.0
素直に言います〜(笑)
羨ましい〜〜〜〜〜♪…(笑)

高校吹奏楽部が舞台…♪
…それだけで…加点…(笑)

青春だな〜♪ 良いな〜(笑)

部員集め、個人練習、パート練、木管、金管練、全体練習、コンクール…♪
あ〜〜懐かしい〜♪

譜面、譜面台、屋上、渡り廊下、階段、廊下、音楽室、音楽準備室、下駄箱、校庭、体育館…あ〜〜懐かしい〜♪

「映画」…としては…う〜ん…です…(^^;;

でもね〜「音楽」…大好きなので…♪
許しちゃう〜(笑)

仲間、友情、意見のすれ違い、喧嘩、いざこざ、仲直りetc…「この時代」にしか経験できないもの…って…あると思うので…(笑)

深く考えないで…「楽しんじゃおう〜♪」…☆
ラストシーンからエンドロール…自然に…涙〜(涙)…良い演奏だった〜♪

しつこいけれど…もう一回…(笑)
あ〜羨ましい〜(笑)

音楽…大好き〜(o^^o)

このレビューはネタバレを含みます

 廃部寸前の吹奏楽部を復活させる部員たちの話。

 主人公が吹奏楽部に入部希望しようとしたら誰も部員がいなくて、人数を確保しないと廃部という約束をして1人また1人と仲間を集めていく。この仲間集めという流れはどの映画でも面白くなる設定ですが、この映画の仲間集めが結構退屈で、辞めたり不登校になったりしている仲間たちを主人公が推理的なことをして相手の気持ちを察して距離を縮めていきますが、どちらかというとファンタジーな設定で進んで行くので、終始ズッコケる展開の繰り返しでした。不登校になってラジオをやっている同級生とか外で演奏されて嬉しいのだろうか? ご近所迷惑なのではないかと思ってしまう展開でした。というかこの手の音楽青春もので何百回とやられてきたかのような外で室内の人に向かって演奏。というシーンはもう面白くもなんともなかったです。映画の半分くらいを使って、仲間集めをやってなんとか廃部の危機を突破したと思いきや、モンタージュであっという間に部員が集まっていくのも今までの苦労は何だったのかと呆然としながら見てました。

 幼馴染の恋愛要素も薄くかといって音楽青春ものとしても熱量がすくなくて、フルート初心者の主人公が廃部寸前の部活を建て直して猛練習の末コンクールに出場して…。という設定自体がゆるゆるで乗り切れないまま、クライマックスのある「感動的な演出」に感動さよりありえなさが上回ってしまって、みんなで狂喜乱舞するところはドラッグ描写にしか見えず全員のハイテンションさにホラー映画かと勘違いしてしまいました。

 とはいえ主演2人の美男美女のアップの連続でファンサービスいっぱいだし。劇中で流れる音楽は聞いていて心地のいい音楽でよかった映画でした。
AK

AKの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

本番のソロ、私はてっきり成功した良かったね!と思って観てたので、その後の展開にしばらく疑問ばかり…
その後のやり直しも成功のメロディが正直わからなかったので
「やったー!成功した!」も無く、「…あ、今の成功したんだ」という置いてけぼり感。

そのほかにもストーリーには突っ込みたいところがたくさん…
せっかく美男美女が主演なので、二人の関係性とか青春っぷりを見せていけばもっと良い映画になったのでは。
とりあえず、橋本環奈ちゃんが可愛いかったです。(私的には暴力設定は違和感でしたが…)
T

Tの感想・評価

2.2
橋本環奈に「オイお前!」とか言われて殴られたいなとおもいました。こういう部活再興モノは、メンバー集めを深く描くか簡略化するかどちらかの選択になるんだけど、本作は後者の方。不良じみた野球青年の加入に無理がある以外はどうにか上手くいっていた。映画と連続アニメで形式も違うとは言え某『バンドリ』がダラダラずっとやっていたのを思い出すと、及第点か。小出恵介が高校教師役、なるほど。クライマックス、僕ならプレッシャーで吐きます。ラストのラスト数ショットは良かった。
AiMi

AiMiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最後の演奏感動した。
音楽が分からない私からしたら間違ったのか間違ってないのかさえ分からない。笑
ゆ

ゆの感想・評価

2.0
勝利くんと環奈ちゃんが美しいだけの映画。
吹キュンというキャッチフレーズだったけど、恋も、部活への思いも中途半端な描かれ方。
部員集めが難航していたのに、気づけばすごく人数が増えていたり、屋外で吹奏楽部員が楽器を演奏するシーンが挟み込まれるのもよくわからなかったし、吹奏楽部に入ってくれた人、最後まで断った人の気持ちの動きも掴めない。
ラストも、ハルタと部員の優しさを描きたかったのだろうけど、ちょっとよくわからないし。。
唯一、パーカッションの彼の気持ちの移り変わりだけは理解できたかな。
不思議な映画だった。。
ぴぴ

ぴぴの感想・評価

2.5
話の展開はちょっとついていけないけど、ただただ橋本環奈と佐藤勝利の顔面が美しい映画。
>|