ハルチカの作品情報・感想・評価

ハルチカ2017年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:118分

3.0

あらすじ

恋じゃない。けど―友達よりもトクベツ。 音楽を通して重なり合う、二人のまっすぐな想い。 ちょっぴり頼りないけど気の優しい美男子のハルタ(佐藤勝利)と、真っ直ぐな性格で負けん気の強いチカ(橋本環奈)。小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだった二人は、高校入学式の日に運命的な再会を果たす。 入学後、ずっと憧れていた吹奏楽部に入ろうと心に決めていたチカ。しかし、吹奏楽部はな…

恋じゃない。けど―友達よりもトクベツ。 音楽を通して重なり合う、二人のまっすぐな想い。 ちょっぴり頼りないけど気の優しい美男子のハルタ(佐藤勝利)と、真っ直ぐな性格で負けん気の強いチカ(橋本環奈)。小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだった二人は、高校入学式の日に運命的な再会を果たす。 入学後、ずっと憧れていた吹奏楽部に入ろうと心に決めていたチカ。しかし、吹奏楽部はなんと廃部寸前の危機だった!大好きなフルートを諦めきれず、チカはホルン経験者のハルタを巻き込んで部員集めに奔走し、コンクール出場という一つの目標に向かってひたむきに突き進む。そんなチカの姿を見て、ただの幼なじみだったハルタのチカを想う気持ちに、少しずつ変化が生まれ始める。それに合わせて二人の関係も動き始め……?

「ハルチカ」に投稿された感想・評価

kanaaalice

kanaaaliceの感想・評価

2.6
主演のお二人はとても可愛らしい。

映画の内容はいまひとつ。。。な感じ。
Kamomy

Kamomyの感想・評価

2.4
突然の浮上。突然のJCJK向けラブコメ(笑)
お友達に貸してくれたけどあまり気が乗らないまま放置…だけど来週返さなきゃいけないので焦って朝から鑑賞。

まずは想像通り感情移入はZEROです!
なぜなら!!!主役二人の顔面偏差値が高すぎるから我々の入る隙間がZEROなのです…。勝利くんは敢えてのモサ男風だからかいつもよりはイケメン度は敢えての下げ目だったけど橋本環奈ちゃんまじでなんなのー!?可愛すぎる。整い過ぎている。眼の色まで美しいときた!女神。環奈ちゃんに誘われたら全学年男子部員になるだろって感じ…なので現実味がなさすぎる。
なのでそんな2人が作る綺麗で美しい画面を120分弱観て癒される映画です!

ただコメディー要素もあるし皆演技も悪くないので純な若者たちは純粋に楽しめるはず。ツッコミどころは私も笑った。最後はぶっとんだ青春って感じ映画ならではの良さが出ていたしね。

なので御二方のファンはもちろん、美しい映像を観て汚い心を浄化したい方、ピュアなヤングたちは是非観てくれよな!

ただ小出恵介がチラつくのは許してあげて。いい役なのがまたなんとも(笑)
かず

かずの感想・評価

3.5
青春映画
見終えた後に何かに熱中したくなる。
途中話が急展開すぎてビックリしたし、ラストも普通ではあり得ない感じでした。
でも、演奏部分はとてもよかったです!あの曲が頭から離れない!!
自分も吹奏楽をやりたくなるような映画でした。
kanon

kanonの感想・評価

4.0
期待せずに見たら意外にも良作。この作品で初めて主演2人の演技を見たけど思っていたよりずっと上手で、吹奏楽部の演奏もやっぱり耳に心地良くて最後まで楽しめた。
あやか

あやかの感想・評価

3.5
終始画面が美しかった。自分も吹奏楽やってたからよかった。音楽やってた人に見てほしい。
ツ

ツの感想・評価

3.0
顔面・脚の長さ・腰の細さどれを取っても画面における説得力がすさまじい佐藤勝利くんはやっぱり推せる
小説ともアニメともまた違ったけど上条春太を踏襲してた

内容はあえてこういう言い方するけどザ・邦画
好きなひとは世界観に浸れるし、嫌いなひとはふつうに寝ると思う
sugenon

sugenonの感想・評価

3.1
カラフルトロピカルミックスラーメン

SexyZoneの佐藤勝利、橋本環奈の2大若手アイドルによる青春ラブストーリーと思いきや。。。という噂を聞いたので見てみました。
思いきや。。。楽器素人ドS女子とヘタレ男子が廃部寸前の吹奏楽部の過去の謎を解き、部員を集めコンクール出場を果たそうとする前半戦。
噂通りにラブストーリー要素はほとんどない青春部活展開だったので、やっぱり予告詐欺やなあとか、結構橋本環奈のキレっぷりがいいなあ笑とか、とは言え所詮はアイドル映画の範疇、練習して、大会に出て、金賞!わーいわーいだろうなとか、それはそれでまあ面白いかな。

と、思いきや。。。
その吹奏楽の大会目指す映画の後半戦。今までの展開とは明らかに一線を画す演出に釘付けになりました。
カラフルトロピカルな具材で人を集めようとしてたと思ったら、スープも麺もしっかりしている真剣なラーメン出す店だったわ。というシナリオと演出でした。骨太。
終盤、吹奏楽部の面々でのワンカット長回しの部分があるんだけど、まるで舞台を見ているかのような緊張感でとてもいいシーンでした。真剣だからこそぶつかるし、怒るし、達成した時の喜びはやはりひとしお。いい意味で予想を裏切られながら大会は終了となり。。。

ラストシーンはまあ絶対にありえないんだけど、映画だからいいのだ。スッキリ観終わりました。
散歩する侵略者にも出演していた恒松祐里が今作もやはり良かったです。今後が楽しみですね。
namie

namieの感想・評価

5.0
こちらも何度も舞台挨拶に伺って思い入れがある作品(笑)主演2人の眼福感もさることながら、ストーリーの青苦いさやきらきら感が大好きで何度も見たい衝動に駆られました!自分の10代を振り返って苦くも愛おしい気持ちにさせてくれる作品
「青空エール」の太鳳ちゃんのトランペットや「四月は君の嘘」のすずちゃんのピアニカは永久保存も、橋本環奈のフルートなんぞ1回だけアナルに突っ込んだら用無しだぜ!ゲラゲラ、言うてスルーしてた本作ですが…
「咲 阿知賀編」のくろちゃん役や、「散歩する侵略者」の宇宙人役で瞬く間にマシンボーイを虜にした垣松祐里ちゃんが出てるし観ねば!観ねば〜!って観たよ
祐里ちゃんは何の楽器やるんや?ぺろぺろ、永久保存や!ぺろぺろ…って吹かへんのんかい!ぷんすか!(後半ちょっとだけクラリネット吹いてたかな?祐里ちゃんのクラリネットよこせ!ぺろぺろ)

吹奏楽部復活させて大会でんよ、って話

祐里ちゃんあんま出番多くなかった…スンスン
ってか、清水くんもあんまり出番無いし…
ほぼ橋本環奈とジャニーズ君のPVやん、実力派俳優の無駄遣い!
まぁ前田航基はなかなか頑張ってたわ、太ったなぁ…

しかもな、今どきこんなん良く企画通ったな…ってくらいにスッカスカで取り留めのないストーリーに、ダサ過ぎる演出
なんとか部活続けられる最低人数である9人を集めて何とか吹奏楽部続けられるぜ!はっぴ〜、なった直後にいきなりメンバー倍増するシステムなんなん?
学校中でテロのごとく演奏する吹奏楽部に、周りの学生達も最初は怒ってた教師達まで一丸となって踊り狂う馬鹿騒ぎなんなん?

しかも橋本環奈演じるムチムチヒロインがなやたらとバイオレンスフィーバーしてましてな、ジャニーズ君をどつき回すんですわ…、監督の趣味?原作者の趣味?
Mっ子なマシンボーイは大喜びなんちゃうって?マシンボーイはな橋本環奈なんかよりも、「散歩する侵略者」でのアクションシーンでまさかの身体能力の高さを見せつけた祐里ちゃんにハイキックされたくてたまらんちんやわ!ぺろぺろ

ただな、唯一、固定カメラで長いこと吹奏楽部の喧嘩映してるシーンだけはなんかドキドキした、そのシーンに免じてスコア1点台は勘弁してやろう!

さて、祐里ちゃんだけを目的に「サクラダリセット」も観ねば…先が思いやられるぞぉ
環奈ちゃんの殴る蹴るは巻き返して観るくらいテンポがよかった笑
>|