ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

  • Filmarksトップ
  • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.9
マクドナルド関連で初めて読んだ本が、当時日本マクドナルド社長だった藤田田氏が書いた『ユダヤの商法』。これが十代後半の自分にはとても面白く、藤田田氏の他の本もほとんど読んだ。

マクドナルドの英語の発音は全然違うのだけれど日本語で言いやすいようにマクドナルドにしたとか、ロゴマークの赤と黄色の色使いが注意を引いて食欲にも訴えるとか、コーラの温度は4℃が一番おいしいとか、家族をターゲットにして子どもの頃からハンバーガーを食べてもらえば、一生ハンバーガーを食べてもらえるし、さらにその人の子どももハンバーガーを食べるようになるとか。

マーケティングの手法として今では当然のことかもしれないけれど、当時としては斬新で、自分に無限の可能性があるかのように感じていた歳ということもあってか、こりゃスゴイや、いつか自分も、と夢中になった。

2007年に『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝』という、本作のもととなる本が出版され、これも読んだ。内容はユニクロの柳井正氏、ソフトバンクの孫正義氏が絶賛する、金儲けの指南書みたいな感じ。しかし、この頃になると自分への幻想はほぼ消滅し、金儲けが疑いもなく価値があり、良いことであるとも思えなくなっていた。

そして本作は、本にはなかった(と思う)レイ・クロックのダークサイドの部分やマクドナルド兄弟との関係についてもしっかり描かれていて、そこがイイ。

画期的で合理的なビジネスモデルを考案するも、品質と顧客サービスを第一に考え店舗展開に慎重なマクドナルド兄弟(特に弟)に対し、パートナーになりたいレイ・クロックはイケイケ。そりが合わない者同士のはずだけれど、マクドナルド兄弟もそこは弱い人間(特に兄)だからか、レイ・クロックと組むことにしてしまう。

自分達の承諾なしでは何もできないように契約でレイ・クロックを縛ったマクドナルド兄弟だったが、レイ・クロックはコンサルタントの入れ知恵によって盲点をつき、契約をなし崩しにしていく。

レイ・クロックの非人間的な振る舞いにより、大切なはずの人々との関係は破綻していく。悪役のレイ・クロックには落とし穴にはまるとかしてもらいたいところだけれど、実話をもとにしているだけに、溜飲が下がることはない。

ビジネスの世界で大成功するような人というのは非人間的な部分がある。逆に言えば、どこかしら非人間でないと大成功はできない、ということかもしれない。「ああはなれないし、なりたくもない」(マクドナルド兄)というのが一般人の本音だと思うけれど、成功した者にはヒガミに聞こえるだろうなあ。

レイ・クロックの手腕なしにはマクドナルドが全世界に展開することもなく、従って日本でマクドナルドのハンバーガーを食べられなかったかもしれない。しかし、マクドナルド、もしくは似たようなチェーン店がなかったら世界は不幸だったのかといえばどうだろう?

2014年7月、マクドナルドで食品消費期限切れ問題が発覚する。こうした問題についても映画で描いて欲しかった。とはいえ、レイ・クロックが顧客よりも利益を重視する“ファウンダー”であったことは十分描かれているから、そこは察してくれよ、ということなのかもしれない。

●物語(50%×4.0):2.00
・レイ・クロックとマクドナルド兄弟がきっちり描かれていて面白い。もっとスカッとしたかったけど、これはこれで良しかな。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・マクドナルド兄弟が理想のキッチンを設計していくシーンが好き。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・普通に良し。
marie

marieの感想・評価

3.8
マクドナルドが好きか嫌いか、また見たあとにマクドナルドに対する思いが変わるかどうかはさて置き、作品としての面白さは◎
テンポも良いし、個人的にはマイケル・キートンがバードマンの時よりも良い演技をしていると思う。
会社を大きくすること=成功すること、かはわからないが、そこにはセンスが必要なのだと強く実感した。
マクドナルドが今日に至るまでの仕組みがよくわかる一作。
honobon

honobonの感想・評価

3.7
野心と根気があればなんでも出来る。と教えてくれる作品。かなりエグい方法だとしても。
冒頭からマイケル・キートンの見せ場が始まり、レイ・クロックという人間と当時のアメリカ郊外での外食産業について兄弟で始めたマクドナルドというお店がどれだけ画期的だったのか自然と入ってきた。
ともあれ、この作品の重要点はレイ・クロックのどこまでがフェアでどこからがアンフェアなのか。だろうし、この考えは人それぞれだろうから話をするのは面白いだろうな。
最初のうちはレイクロックを応援しながら観てたけど、だんだんコイツが嫌いになる良い映画

ラストにレイクロックがマクドナルドにこだわる理由はに素直に感心した。
ロマ

ロマの感想・評価

-
🍔不快感しか残らなかった🍔 あんな男がでっかくしたんだからさぞかしコスパのいい品質の悪いもの使ってんだろうなと思いつつマックに吸い寄せられ…🍔
あ、途中から主人公のレイがト◯ンプにしか見えなかった。
Snowkuouks

Snowkuouksの感想・評価

4.5
やはりアメリカは1950年代が面白い。資本主義国においてアイディアをビッグビジネスにするために必要な支配力をどのようにして手に入れて行ったかについてのドキュメント。なお、これを見た後にマネーショートなんか見ると肝が冷えるのでオススメ。
マイケルキートンが生き生きと演技してて良かった
ローラダーンが老け過ぎてビビった

見て勉強になるし話のテンポも良くて面白い

ビジネスにおいて私は溺れる人の口にホースを突っ込むんだって言ってたように
救いが無さすぎる人もいるのは実話だけになかなか辛い
ひわも

ひわもの感想・評価

4.0
ほんとうに、
怪物か英雄か…

私には怪物に見えました。

企業を大きくしていくっていうのはこういうことなのかと思い知らされる映画。
過度に賞賛も罵倒もしない描写で観た人によって主人公の見え方が違うと思います。

わたしはもうマクドナルドは食べない…
マクドナルドがいかにして巨大企業になっていったのか。
マクドナルドのシステムと魅力の面白さ、野心に溢れる52歳のビジネスマンの根気と横暴と仁義。テンポのいいストーリー運びとマイケル・キートンの演技で魅せられた。面白い。
>|