ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

野心家。
ただあの兄弟はもうちょっと戦えたんじゃないかな

「幸運は大胆さを好む」
「君らの店を見て思ったんだ、手に入れようって」
執念やら努力やら何を言ってもレイクロックは人のアイデアをかっさらったクズ。
クズがマクドを世界に広めたと思うと妙に納得。
まあでもおいしそうな話にはなりふり構わず乗っかろうとする姿勢は素晴らしいんじゃないかな。
kanikiya

kanikiyaの感想・評価

3.7
弱肉強食がすごく描かれてた。観終わった後の後味悪い感覚も逆にすごくリアル。社会に出たらレイ側の気持ちが理解できてしまうんだろうか。それが怖くなった。
執念というよりは執着な気がしました。
carameldog

carameldogの感想・評価

4.0
行動するしないは置いといて、単純にビジネスマンとして見習うべき行動が沢山あった。
胸糞悪いというコメントが目立ってる気がしたけど、現代の方が何万倍も汚い事ばっかやし、
レイ氏は、全て戦略的というより、ただチャンスを確実に掴む努力をしてきた人を描いているように思えた。
頑張ればチャンスになり、チャンスを確実に掴めば報われる、なんて単純でいい時代やったんや。って、羨ましくも思えた。
6PENSE

6PENSEの感想・評価

3.5
内容としては普段からお世話になっているのですごく見応えがあった!
だけど、マクドナルド兄弟に同情しすぎてレイをシリアルキラーと重ねてしまった私はビジネスマンには全く向いていないことが改めてわかりました。
レイの執念があるから今マクドナルドが当たり前になっているけど。。
戦争ってこうやって起きるんだよね。
兄弟たちは負けを認めて、株式を売却したあとにマクドナルドの商標を使用することも許されず「BIG M」に変えさせられました。
細々とやっていた最中、レイは兄弟たちのすぐ隣にマクドナルドをオープンさせて潰しにかかり、店を閉店させたってことは本当に胸糞悪かった。。
兄弟たちに感情移入しすぎて疲れました。。
EGM

EGMの感想・評価

2.0
ぬぅっ!このマザー◯ァッカー!!

スーパーサイズミー以来、久しぶりにマックに対して◯ァックな気持ちになっています。
それはパッケージのゲス男!このバットマン!いや、バードマン!!
男なら野心を持つことはいいことだと思います。野心が人を狂わせることもあるでしょう。しかし!このバット……、バードマンはこともあろうか、ハナから乗っ取りを企てていた盗っ人の詐欺師野郎!!
こうなったら不買運動開始じゃ!!
ざまあみろ!!!

人が苦労して手に入れた宝物を横から掻っさらうような真似は男として許せねえ!

いいか⁉︎ゲスにつける薬はねえってこった!この、バッキャローーーッ!!
matsunikki

matsunikkiの感想・評価

3.5
マック創設にこんな黒歴史があるとは知らなかった。

自信家で女好きで冷酷な男。マイケル・キートンはハマってた。ストーリーは面白かったけど、なんせこの男がクソ野郎で。妻にもマクドナルド兄弟が不憫で。兄弟にも落ち度あるけど。
地位や権力を手に入れてビジネスとしては大成功。だけどうらやましいとか憧れとか、そういった感情は全く生まれない。
ただ大企業の始まりは、どの企業も汚いものかも。70
ギャス

ギャスの感想・評価

3.2
今この映画が作られる意味があると感じた。
均一化、大量生産、システム、法律、今のアメリカになった過程を体現する映画。
ビッグMが廃業になったことが切ない。
おかき

おかきの感想・評価

3.6
主人公の自信家な演技が凄くよかった!
視点偏りすぎててそのまま鵜呑みにして良いのか分からないけど、とりあえずマクドナルドの歴史には興味沸いた。
NaoNao

NaoNaoの感想・評価

3.6
これくらいじゃないと欲しいものは手に入らないんだろうな、とぼんやり考えてしまった。カッコウに目を付けられた巣のような話だ。知らない間に大事な物が奪われ、立場が入れ替わる。押しの強い曲者、マイケル・キートンがハマり役。

こういう作品を自らプロデュースするジェレミー・レナーの事がますます好きになってしまった。
>|