ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

リアルなビジネスの話。弱肉強食の世界をあえてドラマティックに描かないところにこの映画の独自性を感じる。大企業は悪、下町の町工場が正義の勧善懲悪ものとは一線を画す。野心や欲望のために突き進む主人公の転落がありそうで、実際はないまま覇道を進む。後味が悪いと表現するのは簡単だが、これが現実という重みなのだと思う。
Tyk98

Tyk98の感想・評価

4.4
この映画は本当に学ぶことが多い
胸糞悪いストーリーの中にもマクドナルドが成長していくザマが爽快
2016年公開
監督 : ジョン・リー・ハンコック
===
今や世界を代表する飲食チェーンがいかにして広がっていったかを、一人のセールスマンの視点で描いたお話。

残念ながら、「動く欲」のほうが「動かない欲」より人を引き付けてしまうという物語。創業者の二人は、きっと今こんなにマクドナルドが世界中にある状態を望んでなかったわけだけど、「儲けなくていい」「こんなに広げなくていい」という彼らの要望より、「ガンガン儲けてどんどん広げてアメリカ制覇じゃ!」という欲のほうが、動いていくのかもなあと。個人的には、本人がありたいようにあることが尊重される世の中がいいよなあと思うタイプなので、なんだか切ない物語でした。ビジネス至上主義者は苦手でありますw

勢いと執念と下品さが、マイケル・キートンはまり役。
Shuu

Shuuの感想・評価

4.0
マクドナルド・コーポレーションの創業者、レイ・クロックの伝記ドラマ。1軒のレストランを世界最大規模のファストフード・チェーンにした彼の辣腕(らつわん)ぶりや苦悩を描く。マイケル・キートンの熱演が光る。レイの並外れた経営術に注目。

1954年、アメリカ。シェイクミキサーのセールスマンである52歳のレイ・クロックは、8台もミキサーをオーダーしてきたマクドナルドというドライブインレストランに興味を覚え訪ねてみる。そこでレイは、経営者のディックとマック兄弟による、高品質、コスト削減、合理性、スピード性などを徹底させたビジネスコンセプトに感銘を受ける。契約を交わしてチェーン化を進めるが、ひたすら利益を求めるレイと兄弟の仲は険悪になっていき……… 。

執念と野心と裏切りが必要になる作品。タイトル以上に凄みを感じさせた作品でした。アメリカで成功するためにレイがやってきたことが凄すぎて並みの人間では絶対にできないです。後味さえ良ければね、もっと良かったと思うのだけど、現実そう簡単にはいかないよな。
Naga

Nagaの感想・評価

3.5
執念とか野心とかいきすぎると狂気だし、悪にもなりえるけど
マクドナルド兄弟が100%悪くないのかって言われるとそういうわけではない。

あと個人的にマックシェイクアイスに戻したって言ってたけどほんとかな〜笑

マクドナルドって響きが大事ってめちゃめちゃわかるな。違う名前だったらここまで売れてないのかもね?
Mazma

Mazmaの感想・評価

3.0
「執念」と「覚悟」があれば無敵という強烈なメッセージがある。劇中で自分で言ってるし。
それは才能にも勝ると。
普通の人が言っても響かないが、やはり、成功者の言葉はパワーがある。
レイは決して悪人ではないし、レイの野心には共感できる。ノウハウを知っていても、尚マクドナルドにこだわった理由も、なんか納得!
そういう、物の見つけ方に関しては才能もあるでしょうね。でも、やはり「執念」ありきだね。
マクドナルド社って不動産業なのね!土地は財産だねぇ。
マクドナルド兄弟の人間性も好きでした。
そいえば、彼らは独身?独身だとしたら、またレイとは違う何かがあるのかね?
いや、やめとこうかな、こういう話題は笑
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.5
マクドナルド好きとしては見逃せません。今ある姿には兄弟とひとりの男の存在があったのですね。看板が取り外される時の兄弟の後ろ姿とマイケル・キートンが鏡に向かって話している姿が印象に残ります。利益や有名になる為には必ずしがらみや誰かとの確執、失うものの多さが付いてくるものなのでしょうか。全部が全部とは言わないだろうけど。

特典も興味深く会見でみんながそれぞれファストフードのありかたについて話してるのに兄弟を演じたジョン・キャロル・リンチはファストフードが好きって口にしちゃうのが共感と好感がゲキ上げ!ジェレミ・レナーはプロデュースで参加してるのかな?劇中ではアベンジャーズでホークアイの奥様を演じた女優さんも出演してたね。
はせ

はせの感想・評価

4.0
1954年、アメリカ中西部。あんまり売れないシェイクミキサーのセールスマンのレイ・クロック(マイケル・キートン)のもとに、ミキサー8台の注文が入る。発注元のマクドナルドというドライブインレストランに興味を持ったレイは、経営者のディックとマック兄弟による、高品質、コスト削減、スピードといった合理主義を徹底させたビジネスコンセプトに感銘を受ける。契約を交わしてチェーン化を進めるが、ひたすら利益を求めるレイと兄弟の仲は険悪になっていき…

マイケル・キートンがマクドナルドの創業者(ファウンダー)レイ・クロックを演じる伝記ドラマ。創業者はマクドナルドさんではなかった!怪物のような資本主義が兄弟からマクドナルドの看板を奪い取るまでを、飽くまで中立に、淡々と描いている。

マイケル・キートン、本当に素晴らしい。特典映像の記者会見で他の俳優が指摘していた、兄弟への罪悪感がほんのちょっぴりだけ垣間見えるシーン。確認のために見直したら確かに一瞬だけ目の色が変わっていた!

レイ・クロックは言う。「マクドナルドの良いところは…名前だね!名前の響きがいかにもアメリカらしい。クロックなんてスラブ系の名前のバーガー店に食べに来るか?」
raika

raikaの感想・評価

3.5
私は嫌いじゃないな。こういう映画🎬
確かに、作り上げてきたディック、マック兄弟には可哀想な話だけどこのストーリーはレイ・クロックにフォーカス当てた映画だしテンポも私好みだった!

"執念"あるのもの成功者、と彼は言ってたけど確かにそうだなと。動いた者がどれだけ成功に近いか。食って食われるビジネス世界だからこそ、失敗成功を重く経験した彼の強い執念が感じられたな〜。

怪物かどうかと言われたら、怪物だけどね😂

どうかフィクションであってください。
マック兄弟が可哀想過ぎる。

でもレイのウィキペディアを見てみたら、大体映画通りだった。
なんてこった。


怪物か、英雄か。

いやアンタ悪魔だよっ!


それにしても、ローラ・ダーンっていつもちょうど良い脇役するわよね〜。
>|